1. ホーム
  2. レビュー
  3. ≫私がコスモウォーターを選んだ際に評判・口コミより重要だった特徴

私がコスモウォーターを選んだ際に評判・口コミより重要だった特徴


実は、わたくし、最近自宅にコスモウォーターを設置しました。
口の中が乾いているのが嫌いで、いつもめっちゃ水を飲むので、いちいちコンビニやスーパーで重たい水を購入するのがめんどくさくなり、ついにいろいろ調べた結果、コスモウォーターを導入することにしました。

よくシェアオフィスで仕事しているので、たいていのシェアオフィスにはウォーターサーバーがあり、いつも便利でいいなぁとみていたのです。で、調べてみると、たしかにちょっと高いのですが、その値段以上のメリットがあるので、実際に自宅に導入してみることにしました。今回は、そんな私がウォーターサーバーでコスモウォーターを選んだ理由を紹介していきたいと思います!

一番おトクなコスモウォーターはこれ!

コスモウォーターとは?

天然水の宅配で、いちばん売れているウォーターサーバーです。
なんとこれまでの累計出荷台数100万台を軽く突破している超人気のヒット商品なんです。

ここまで人気になった理由は、

  • 最も徹底された衛生管理
  • 天然水の種類が3種類から選べ、途中で変更することも可能
  • 放射性物質が一度も検出されたことがない
  • 女性や高齢者でも設定しやすいボトルになっている
  • エコボタンで年間約7,200円も電気代削減が可能

といった特徴が、広いユーザーに受けているためだといわれています。
別にコスモウォーターの特徴をたらたらと解説したいわけじゃないので、コスモウォーターの詳細を以下の票にまとめておきます。

サーバーレンタル料 無料
水の料金 「富士の響き」12Lボトル:1,944円
「古都の天然水」12Lボトル:1,900円
「日田の誉」12Lボトル:2,052円
「プラスプレミアム」12Lボトル:1,350円
水の最低注文単位 2本~
サーバーメンテナンス 不要
送料 無料
500mlあたりの価格 「富士の響き」:81.0円
「古都の天然水」:79.1円
「日田の誉」:85.5円
「プラスプレミアム」:56.2円
合計費用  「富士の響き」:
12Lボトル2本(24L):3,888円
12Lボトル4本(48L):7,776円
12Lボトル6本(72L):11,664円「古都の天然水」:
12Lボトル2本(24L):3,800円
12Lボトル4本(48L):7,600円
12Lボトル6本(72L):11,400円「日田の誉」:
12Lボトル2本(24L):4,104円
12Lボトル4本(48L):8,208円
12Lボトル6本(72L):12,312円「プラスプレミアム」:
12Lボトル3本(36L):4,050円
12Lボトル6本(72L):8,100円
12Lボトル9本(108L):12,150円
配達エリア 全国(沖縄・北海道・離島を除く)
解約手数料 らく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラスの場合:
2年未満の解約で9,720円
それ以外のサーバーの場合:
1年未満の解約で5,400円
支払い方法 クレジットカード、代金引換
水の種類 ナチュラルミネラルウォーター
デザインウォーター(RO水+ミネラル)
採水地 「富士の響き」:静岡県御殿場市
「古都の天然水」:京都府福知山市
「日田の誉」:大分県日田市
賞味期限  6ヶ月
ボトルのタイプ  使い捨て
電気料金 らく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラス:約403円~/月
スタイルセレクトサーバー:約688円/月

他のウォーターサーバーとの違い

と、ここまでコスモウォーターの特徴やオススメポイントを見てきましたが、他のウォーターサーバーとそんなに変わるのでしょうか。

いろいろなウォーターサーバーのサイトをみたけど、全然違いがわからない!取り扱っている天然水の種類はどのウォーターサーバーもいたようなものしかないし、採水地も値段も大体一緒。どこのウォーターサーバーにもメリットとデメリットがそれぞれあって、決定的な違いはサーバーのデザインくらいなもの。

ウォーターサーバーを設置するにあたり、徹底的にいろいろなウォーターサーバーの会社を調べまくりました。
でも、調べれば調べるほど、本当に違いがわかりません。

しかも、例えば、最近ちょっと話題になった業者でいうと、真空ボトルで水の状態を維持しているシステムを導入しているところが出てきたのですが、じゃあこの真空ボトルだからと言って水の味や品質の何が変わるのかさっぱりわかりません。
あと、日田天領水や財宝温泉水等の仰々しいネーミングがついている水もありますが、よくよく調べてみると、コスモウォーターとそんなに水の品質がかわらないですし、そもそも1リットルあたり単価もほぼ同じなので、そんなに違いが出るはずもありません。

そこで、ひとつの疑問が出てきました・・・

ウォーターサーバーは実は不要!?

調べれば調べるほど、どのウォーターサーバーも似たようなものなのですが、それ以前にそもそもウォーターサーバーって必要なのかどうかわからなくなってきました。なんかオフィスや自宅にウォーターサーバーがあれば、そこから水やお湯をすぐに入れられて便利なんて思っていましたが、別に冷蔵庫に水を取に行って水を飲むのとそんなに変わらないじゃんかと。

個人的には、ウォーターサーバーを導入しようと思いだしたのは、

  • コンビニに水を買に行かなくて済むし、便利そう
  • 災害備蓄
  • 水代の節約

という3つの理由からでした。

でも、コンビニに水を買いに行かなくてよいくらいなら、楽天やamazonでペットボトルを注文したらいいだけ。

また、災害時に役立つという接客トークでウォーターサーバーをオススメしてくる業者も多いのですが、その場合でも賞味期限2年もあるペットボトル入り天然水2リットルをケース買いして、常に一定の予備を切らさないようにいつも楽天やamazonで注文して保存しておけばよいのです。
しかも、災害時でいうと、重たいサーバーを持ち運ぶわけにもいかないので、もし自宅に住めなくて避難場所に移動しないといけなくなったとき、ウォーターサーバーは役立ちません。
ペットボトルなら、必要な分を鞄に入れて、避難場所に持っていけばいいんです。

あと、水代の節約になるという点ですが、安くつくウォーターサーバーの多くは、天然水ではなくRO水が利用されています。
RO水とは、水道水を特殊なフィルターで浄水しているだけのものです。
このRO水を採用している代表的なウォーターサーバーの業者が、クリクラやアクアクララです。
このあたりだと、たしかにコンビニで天然水を買ってくるよりは安くなりますが、ほんの微々たる金額程度の節約で、水道水を浄水している水をわざわざ買うことに抵抗がありました。

それでも私がコスモウォーターを設置した理由

やはりウォーターサーバーは不要かなと思ったのですが、それでも私は設置することにしました。最初は、便利そうとか、安そうとか、災害で役に立ちそうとかという理由でウォーターサーバーの導入を考えていたのですが、調べていくとそれとは別の理由で導入しようと思い、結果導入するに至りました。

私が最終的にコスモウォーターの導入を決めた理由は、

  • 水道水以外で放射能汚染の心配がない安全な水
  • 離乳食に軟水を使用したい
  • お湯が沸かさずに手に入る

の3点でした。

水道水以外で放射能汚染の心配がない安全な水

最近は少し原発関連の話題も落ち着いていますが、それでも日本は福島の原発で旧ソ連のチェルノブイリ同様のレベル7の大事故を起こしています。
この事故によって拡散した放射能の量は半端ではありませんし、確たる証拠や科学的な立正はされていませんが、拡散した放射能は水道水に含まれていた可能性も否定できません。
東京や千葉では、一時的ではあるにしろ極めて高い放射性物質が水道水に含まれていたという報道があったことも事実です。

私は普段はそこまで原発事故の影響や放射能の影響を心配しているわけではありませんが、子どもには万が一を考えて、放射能汚染の可能性がたとえ1%でもあるものは絶対に与えないようにしたいものです。

水道水は、東京にいると、間違いなく関東圏を流れている川や近隣のダムからの水をろ過して使っていますので、採水地を選ぶことができません。
一方、天然水の場合、自分が採水地を選んで購入することができます。

コスモウォーターの場合は、

  • 静岡「富士の響き」
  • 京都「古都の天然水」
  • 大分「日田の誉」

の3ヶ所の採水地から選ぶことができます。
京都や大分のような、絶対に放射能汚染の可能性がないような水を選べば、子どもにリスクをとらせなくてすみます。

離乳食に軟水を利用したい

離乳食には、軟水を利用した方がよいと言われています。
水道水にはトリハロメタンという発がん性物質が含まれており、このトリハロメタンは水道水を沸騰させても飛ばすことができません。

じゃあ、ミネラルウォーターでいいのではないかと思うかもしれませんが、ミネラルウォーターにはカルシウムが含まれており、カルシウムは下剤に使用するものなので、離乳食としては避けたいところです。

そこで、天然水型のウォーターサーバーを調べてみると、軟水で離乳食に最適だったというわけです。
しかも、お湯の温度も調節できるので、電気ポットやティファールなどのちょっと熱過ぎるお湯ではなく、離乳食や哺乳瓶にいれる粉ミルクにちょうどいい感じの温度のお湯がでてきます。

なので、離乳食前後のお子さんを持っている方には、コスモウォーターが非常に便利だと思いました。

お湯が沸かさずに手に入る

放射能や離乳食など、子どもへの影響を第一には考えたのですが、そうはいってもやはり自分が使う水としての便利さもありました。

私は家でも仕事をすることが多く、よくコーヒーや紅茶、カップラーメンなどのお湯を使うことが多いのです。
そのたびにお湯を沸かしていたのですが、ウォーターサーバーが1台あれば、お湯を沸かす手間がなくなります。
これは、ペットボトルで備蓄する作戦にはない、非常に大きなメリットです。

実際に使ってみて、たとえば暖かいココアやコーヒーがほしくなったら、ほしくなったタイミングで数秒で準備できるのはめちゃくちゃ快適です。
めっちゃ気に入っています。

購入にあたって心配したこと

その他、購入にあたって、私が心配したことと、調べた結果や利用した感想としてどうだったのかをご紹介しておきます。

電気代はどれくらい?

これ、やっぱり心配になりますよね。
調べてみると、各社のメジャーどころでいうと、公式サイト上では、

  • アクアクララ⇒350円~
  • コスモウォーター⇒400円~
  • フレシャス⇒700円~
  • クリクラやアルピナウォーター⇒1000円~

ただ、もちろん使用頻度や環境にもよりますので、使ってみた感想としては1000円程度は見ておいた方が良いでしょう。

家族で飲みきれる?

個人的には、一人でも飲みきれる気がします(笑)
っま、それは私がよく飲むからなので、平均的な話をすると、未開封であれば製造から6ヶ月持つのでさすがに半年あれば大丈夫かと。

たしかに、市販されているミネラルウォーターは、賞味期限が1~2年持つのに対し、コスモウォーターはたったの6ヶ月。
これは、裏を返すと、品質の高さなのです。
コスモウォーターは、天然水なので、一度空気に触れてしまうと水質が変化しやすくなる特徴があります。
品質を守るため塩素などの消毒剤が一切含まれていません。

コスモウォーターのモーター音はうるさい?

ネットでいろいろ調べてみると、

「中には、モーターの作動音が冷蔵庫よりもうるさい。」
「自動販売機レベルの作動音がする。」

といった評判が出てきます。
たぶん神経質な方が、うるさくて感情的になり、少し話を持っていると思います。
もし本当だったとしたら、これは完全に初期不良状態かと。

実際に使ってみると、そんなに気になりません。
そもそも、冷蔵庫でも結構な音が実はしていますし。

浄水器で十分?

カートリッジ交換型の浄水器の方がよいのではないかと思ったこともありました。
カートリッジ交換型の浄水器にすると、電気代もかかりませんし、サーバーを設置する場所もとりません。

しかし、浄水器は水道水です。

  • 水道水以外で放射能汚染の心配がない安全な水
  • 離乳食に軟水を使用したい

のような利点はなく、タダの水道水を少しきれいにして飲む程度。
もちろん1円でも安くという方はこれでいいのかもしれませんが、そういう方はそもそも水道水でもそんなに害のレベルは変わらないかと思うので、浄水器すら必要ないかもしれません。

水漏れは大丈夫?

設置してしばらく経ちますが、今のところは大丈夫です。

でも、水漏れの可能性はウォーターサーバーである以上、避けられません。
ただ、水漏れを防ぐように気を付けることはできます。
一番多い水漏れの原因は、「ボトルを真っ直ぐさせないことによる設置不良」で、これは設置の時に力ない女性や高齢者がよく起こしてしまう事象のようです。
コスモウォーターの場合、ボトルの設置タイプを上置き型、下置き型の2種類がありますので、設置に自信の無い方は下置き型を選択することで、水漏れのリスクはかなり軽減できます。

まとめ

せっかく自宅にウォーターサーバーを設置したので、設置する際にいろいろ調べたことや、なぜ設置したか、設置してどうかなどをご紹介しました。
もちろん、ウォーターサーバーにもメリット・デメリットがありますが、総合的には自宅に導入して満足度は高いです。

実は、上記でいろいろななぜ設置しようと思ったかなどの理由などを紹介しましたが、結果気に入っているのは、やはり手間がかからないこと。
ほしいときにお湯や水があるので、

「今、コーヒーが飲みたい。でも、忙しくて手が離せなくてお湯をわかそうか迷い中。」

みたいなストレスがなくなり、自宅での仕事が効率化しました。
子どもへの配慮もあるのですが、やはり自分への満足度の高さが大きかったです。

私が申し込んだのはここです

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。