1. ホーム
  2. 楽天モバイル
  3. ≫楽天モバイルのスーパーホーダイってぶっちゃけどうなの?口コミ・評判、メリット・デメリットからオススメな人や意外な落とし穴

楽天モバイルのスーパーホーダイってぶっちゃけどうなの?口コミ・評判、メリット・デメリットからオススメな人や意外な落とし穴


楽天モバイルのスーパーホーダイは、月額1,980円で5分かけ放題が使えて、通信速度が1Mbpsで無制限に使える料金プランです。
さらに、5分かけ放題で月額1,980円のプランにありがちな2年縛りもなく、SIMのみの契約も、iPhoneのセット割も可能なので、今すごく人気があるそうです。
たしかによく出来たプランで、思わぬ落とし穴がありそうな気もしてしまいますが、実際に使った方の口コミや評判を詳しく聞いても、スーパーホーダイには致命的といえる欠点は出てきませんでした。

一番おトクな楽天モバイルの申し込み先はこちら

5分かけ放題が付いて月額1,980円という料金プランはよくあるのですが、楽天モバイルのスーパーホーダイのように、パケットを使い切っても1Mbpsでネットが使えるというプランは非常に珍しいです。
1Mbpsというのは、Google検索ができて、Twitterのタイムラインが観れて、YouTubeの動画再生もギリギリできる通信速度と言われています。
つまり、スーパーホーダイはネットが無制限で利用できるのに、月額1,980円の画期的な料金プランとなっているわけなので、人気が出ています。

今回は、そんな楽天モバイルのスーパーホーダイについて、ぶっちゃけどうなのかを、実際に使った人のインタビューも含めながら、徹底的に解説していきたいと思います。

この記事はこんな方にオススメです!
  • 楽天モバイルのスーパーホーダイがどんな料金プランなのか詳しく知りたい方
  • 楽天モバイルのスーパーホーダイの口コミ・評判、メリット・デメリットを踏まえて、オススメな人、オススメでない人を知りたい方
  • 楽天モバイルのスーパーホーダイを実際に使った人の感想・評価を知りたい方

Contents

楽天モバイルのスーパーホーダイとは?

楽天モバイルのスーパーホーダイとは、月額1,980円で5分かけ放題とネットが1Mbpsで使い放題の料金プランです。
特に、基本データ容量を使い切っても、通信速度が1Mbpsとそこまでネットが遅くならないというネットが使い放題が好評の料金プランです。
また、こうした使い放題プランは、最低利用期間が長かったり、端末とセット契約が必須だったりして条件が厳しいことも多いのですが、楽天モバイルのスーパーホーダイは申し込みの条件がめちゃくちゃ緩いところも見逃せない点です。
ということで、楽天モバイルのスーパーホーダイとはそもそもどんなプランなのか、解説していきたいと思います。

月額基本料

楽天モバイルのスーパーホーダイの月額基本料は、以下の3つのプランが利用できます。

  • プランS(2GB):1年目1,980円/月、2年目以降:2,980円
  • プランM(6GB):1年目2,980円/月、2年目以降:3,980円
  • プランS(14GB):1年目4,980円/月、2年目以降:5,980円

上記の月額基本料の中に、

  • 通話:国内通話5分間が何度でもかけ放題
  • ネット:基本データ容量を使い切っても、通信速度は1Mbps

という通話とネットのサービスが含まれています。
月額基本料が1,980円から使えて、電話は5分だけなら何度でもかけ放題、ネットは1Mbpsで使い放題です。
月額基本料が安いのに、電話だけでなくネットも使い放題というところが、他の格安SIM(MVNO)にない特長となっています。

スマホアドバイザー

月額1,980円で5分かけ放題とセットになった料金プランは、ワイモバイルやUQモバイルにもあります。ただ、電話はかけ放題でも、ネットのデータ容量が少なく、毎月パケットが不足しがちという声もあります。楽天モバイルのスーパーホーダイは、ネットも使い放題の月額1,980円プランということで、料金は抑えたいけどネットもたくさんしたいという方にオススメのプランです。

申し込みの条件

楽天モバイルのスーパーホーダイは、申し込みの条件は、通話SIMに新規契約(MNP転入含む)することです。
以前、楽天モバイルには、5分かけ放題が月額基本料に含まれたプランとして、コミコミプランという料金プランがあったのですが、コミコミプランは通話SIM+端末とセットで契約が必須でした。
しかし、楽天モバイルのスーパーホーダイは、通話SIMのみでも契約可能になったので、ドコモやSIMフリーのスマホを持ち込んで楽天モバイルに契約したいという方でも、利用できる料金プランなんです。
つまり、楽天モバイルのスーパーホーダイの申し込みが可能なのは、以下のような契約です。

  • 申し込みタイプ:端末+SIMセット、SIMのみ
  • SIMタイプ:通話SIM ※データSIMは不可
  • 契約:新規契約/MNP

既に楽天モバイルで、組み合わせプラン(高速通信容量、通話オプションなどを組み合わせて申し込みをする従来の月額料金プラン)に契約していて、スーパーホーダイへプラン変更は、2017年9月時点では不可で、2017年冬を目処に対応予定となっています。

なお、楽天モバイルのスーパーホーダイは楽天会員でないと、楽天会員割が受けられず1年目の月額料金が1,000円値上がりしてしまいます。
スーパーホーダイで楽天会員割を受けるには、楽天会員に登録している必要があります。
ただ、楽天会員は、登録手数料も年会費もかからず、楽天モバイルのスーパーホーダイを申し込むタイミングで、同時に会員登録も可能です。
なので、まだ楽天会員でない方でも、これから楽天会員に登録すれば、楽天会員割はちゃんと適用されるので安心してください。

また、よく質問を受けるのですが、スーパーホーダイの申し込みに楽天カードは必須ではなく、どのクレジットカードで申し込みをしても大丈夫です。
ただ、楽天カード(クレジットカード)を持っておくと、楽天市場で買い物が通常の3倍貯まります。
通常楽天市場で買い物をすると商品代の1%の楽天ポイントが貯まります。
楽天モバイルに契約すると+1倍貯まり、楽天カードで買い物をするさらに+3倍楽天ポイントが貯まります。
なので、楽天モバイルに契約して、楽天カードで、楽天市場で買い物をすると、どの商品を選んでも、商品代の5%分の楽天ポイントが貯まることになります。
楽天カードは、楽天モバイルのスーパーホーダイに申し込みをするのに必須ではありませんが、年会費も発行手数料も無料なので、持っておいて損はないクレジットカードです!

最低利用期間・解約違約金

楽天モバイルのスーパーホーダイは、最低利用期間が1年、2年、3年から選べ、最低利用期間に応じて解約違約金(契約解除料)が以下のように異なります。

最低利用期間1年

開通月を1ヶ月目として12ヶ月以内の解約→契約解除料9,800円

最低利用期間2年

  • 開通月を1ヶ月目として12ヶ月以内の解約→契約解除料19,800円
  • 開通月を1ヶ月目として13ヶ月〜24ヶ月以内の解約→契約解除料9,800円、

最低利用期間3年

  • 開通月を1ヶ月目として12ヶ月以内の解約→契約解除料29,800円
  • 開通月を1ヶ月目として13ヶ月〜24ヶ月以内の解約→契約解除料19,800円
  • 開通月を1ヶ月目として25ヶ月〜36ヶ月以内の解約→契約解除料9,800円

スーパーホーダイでは、長期優待ボーナスとして、最低利用期間が2年の場合は10,000円の割引、3年の場合は20,000円の割引を受けることができます。
先のことは分からないので、契約期間はなるべく短くしておきたいという方は最低利用期間を1年とすればよく、安く契約したい方は最低利用期間を2年、3年と長めに設定して契約すればいいんです。
また、楽天モバイルのスーパーホーダイは、契約の自動更新がなく、上記の最低利用期間を過ぎたらいつ解約をしても契約解除料は0円なんです。
契約の自動更新がないため、大手3キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)のように、契約から2年後に勝手に契約が更新されていて、ずるずると契約を続ける羽目になったということもなく、楽天モバイルのスーパーホーダイはとても良心的なプランです。

スマホアドバイザー

楽天モバイルのスーパーホーダイは、SIMのみで申し込みが出来たり、契約の自動更新がないなど、契約するに当たって余計な条件がないのが魅力のプランです。お試しで1年間だけスーパーホーダイを使ってみることもできますし、逆に長く契約して割引をたくさん受けることもできるということで、スーパーホーダイはとても自由度の高い料金プランになっています!

楽天モバイルのスーパーホーダイの要点整理
  • 楽天モバイルのスーパーホーダイは、月額1,980円で5分かけ放題とネットが1Mbpsで使い放題のプラン
  • 基本データ容量を使い切っても、通信速度が1Mbpsで無制限に使える点が好評のプラン
  • また、通話SIMのみでも申し込めたり、契約の自動更新がないなど、契約に当たって余計な条件がない点も魅力

楽天モバイルのスーパーホーダイの特長

楽天モバイルのスーパーホーダイは、電話をたくさん利用する方にも、ネットをたくさん利用する方にも便利なプランで、月額基本料も安く抑えられています。
スーパーホーダイの特長を確認して、スーパーホーダイについて掘り下げていきましょう!

月額基本料に5分かけ放題が含まれている

楽天モバイルのスーパーホーダイは、5分かけ放題のオプション料が月額1,980円の中に含まれています。
つまり、スーパーホーダイに加入すると、5分かけ放題が自動的に使えるため、固定電話にかけても、携帯電話にかけても、国内の5分以内の通話であれば、何度電話をしても無料です。

5分かけ放題は、「楽天でんわアプリ」を使用して発信するか、音声通話の発信時に「003768」を通話番号の先頭に付けると適用されます。
また、楽天でんわアプリを利用すれば、5分以降の通話料も30秒10円と、通常の通話料の半額で電話をかけることができます。
そして、楽天でんわアプリは、インターネット回線を使って通話をするIP電話ではなく、090/080/070の電話番号がそのまま使える電話回線を使った電話なので、相手に普段使っている番号と別の番号を伝える必要もないため、手間もかかりません。

5分かけ放題は、従来の組み合わせプランを選択した場合だと、オプション扱いとなるため、月額基本料の他に月額850円のオプション料が発生します。
一方、スーパーホーダイでは、5分かけ放題オプションが月額基本料に含まれているため、5分かけ放題を利用する場合は、スーパーホーダイに加入した方が月々の支払いは安く済みます。

基本データ容量を使い切っても1Mbpsで利用可能

楽天モバイルのスーパーホーダイは、基本データ容量を使い切っても、極端に低速化することなく、1Mbpsでネットが利用可能です。
他の格安SIM(MVNO)では、基本データ容量を使い切ると、速度制限を受けて、200Kbpsに低速化されます。
200Kbpsまで低速化すると、動画再生はブツブツと途切れ、ネット検索やSNSを利用する際も待ち時間が長くなり、かなりストレスが溜まります。
一方、1Mbpsという通信速度は、動画再生、ネット検索、SNSが利用できるギリギリの速度と言われています。
つまり、スーパーホーダイでは、プランS:2GB、プランM:6GB、プランL:14GBの基本データ容量を超えた後でも、ぎりぎり動画やネットが使える通信速度を維持できるプランということになります。

スーパーホーダイの基本データ容量超過時の1Mbps(低速時)と、基本データ容量内でネットを使った場合の4Mbps(高速データ通信)でできることを比べると、

  • メッセージやメールのやり取り:1Mbpsの場合⇒快適、高速通信の場合⇒快適
  • Webブラウジング:1Mbpsの場合⇒ストレスなく閲覧可能、高速通信の場合⇒快適
  • 地図・ゲームアプリ:1Mbpsの場合⇒ストレスなく閲覧可能、高速通信の場合⇒快適
  • 動画再生:1Mbpsの場合⇒問題のないレベル、高速通信の場合⇒快適
  • アプリダウンロード:1Mbpsの場合⇒まぁ耐えられるレベル、高速通信の場合⇒快適

といった感じになります。
一般的に、基本データ容量を超過したら、月末にデータ容量がリセットされるまで待つか、データ容量を追加購入(チャージ)するかになりますが、スーパーホーダイなら、基本データ容量を超過してもストレス無くなんとかネットを使い続けることができるんです。

スマホアドバイザー

スーパーホーダイと似たようなプランに、UQモバイル(UQmobile)の無制限プラン(月額2,450円)があります。しかし、UQモバイル(UQmobile)の無制限プランは、基本データ容量がなくずっと500Kbpsの通信速度です。料金的にも、通信速度的にも、UQモバイル(UQmobile)の無制限プランを選ぶ理由はなくなり、使い放題プランならスーパーホーダイの方が断然オススメです。

余ったデータ容量を翌月に繰り越し可能

楽天モバイルのスーパーホーダイは、データ通信量の繰り越しにも対応しています。
スーパーホーダイのプランS:2GB、プランM:6GB、プランL:14GBの基本データ容量を使い切らなかった場合、余ったデータ通信量は翌月分として繰り越しができるんです。

毎月ネットを使う時間が一定でないという方も多いと思うので、データ容量の繰り越しが利用できるのはとても便利です。
データ繰り越しがあれば、たまたまネットを使わなかった月があっても、データ容量が無駄になることがなく、翌月分として有効活用できます。

楽天モバイルのSIMアプリで、基本データ容量が余っている内に、高速データ通信をON→OFFにすれば、通信速度を200Kbpsに抑えて、データ容量の消費をゼロにできます。
楽天モバイルではバースト転送機能という機能が備わっており、200Kbpsの低速モードでも、Webページを開いた数秒間は、高速通信をしてくれます。
なので、月末までデータ通信量を使い切ってしまいそうな方は、高速データ通信をOFFにしてバースト転送機能を活用して、データ通信量を温存させておくことも可能です。

ちなみに、ワイモバイルの月額1,980円のプランではデータ繰り越しに対応していないため、パケット不足に陥りがちな方も結構いらっしゃり、不満の声も多いです。
楽天モバイルのスーパーホーダイなら、2GBプランでも丸々パケットを繰り越せば、最大4GBまで利用できるので、データ容量に余裕を持ってスマホを使うことができます。

スマホアドバイザー

楽天モバイルのスーパーホーダイは、基本データ容量を使い切っても1Mbpsが使え、逆に基本データ容量が余っても翌月に繰り越しが使えるので、どちらに転んでも安心です。

長期優待ボーナスで最大20,000円の割引

楽天モバイルのスーパーホーダイは、長期優待ボーナスで、最低利用期間が2年で10,000円の割引、最低利用期間が3年で20,000円の割引を受けることができます。

  • 端末+SIMカードをセット⇒端末代が割引
  • SIMカードのみ⇒楽天スーパーポイントプレゼント

ということで、端末を購入するしないに関わらず、割引が受けることが可能です。
楽天モバイルのスーパーホーダイは、2年目以降、月額基本料が1,000円値上がりします。
でも、最低利用期間を2年/3年にした場合、長期優待ボーナスがもらえるため、2年目以降の月額基本料の値上がり分を帳消しにできます。

UQモバイル(UQmobile)の月額1,980円(2年目は2,980円)の料金プランは、最低利用期間が選べず2年契約が必須で、長期間契約することによる割引もありません。
割引がないため、月額1,980円といいつつ、2年目は2,980円を確実に支払う必要が出てくるため、実は意外と安くありません。
楽天モバイルのスーパーホーダイで、長期割引ボーナスを利用すれば、UQモバイル(UQmobile)の月額1,980円のプランよりも、トータルの支払いは安く済みます。

スマホアドバイザー

楽天モバイルのスーパーホーダイは、最低利用期間を1年にして1年後に解約してもOKですし、最低利用期間を2年/3年にすればその分割引を受けられます。最低利用期間は契約時に選択する必要があり、契約後は変更できなくなる点には注意ですが、使い方に応じて、契約期間を自由に選べるのはとても便利だと思います。

ダイヤモンド会員だと月額基本料が1,480円に

楽天スーパーホーダイの利用月の楽天会員の会員ランクが、ダイヤモンド会員になると、月額基本料が以下のように500円割引になります。

プランS(2GB):1,980円/月⇒1,480円/月
プランM(6GB):2,980円/月⇒2,480円/月
プランS(14GB):4,980円/月⇒4,480円/月

楽天会員ランクは毎月判定され、毎月2日0時までに更新されます。
そして、毎月の会員ランクにより、ダイヤモンド割対象かどうかが確定します。

従って、ずっとダイヤモンド会員になれるわけでなく、上記のように、ダイヤモンド会員だった月は500円の割引が受けられ、ダイヤモンド会員でなかった月は割引はうけられないという仕組みになっています。
ダイヤモンド会員割は、新規契約した回線の「スーパーホーダイ」1年目の月額基本料が割引対象となるため、2年目以降ダイヤモンド会員だったとしても割引は受けられないので注意してください。

ダイヤモンド会員になるには、

  • 楽天ポイントを6ヶ月で4,000ポイント獲得
  • 楽天ポイントを6ヶ月で30回獲得
  • 楽天カードを保有

という3つの条件をクリアする必要があります。

楽天市場で買い物をすると商品代の1%の楽天ポイントが貯まります。
楽天モバイルに契約すると+1倍、楽天カードで支払いをすると+3倍なので、商品代の5%分の楽天ポイントが貯まることになります。
そうすると、ダイヤモンド会員の条件である4,000ポイント貯めるためには、ざっと、4,000円÷5%=80,000円分の買い物を楽天市場でする必要があるということになります。
80,000円÷6ヶ月=13,333円で、1ヶ月に約13,333円、楽天市場で買い物をすれば、ダイヤモンド会員です。
ただ、スーパーホーダイのダイヤモンド会員割は、スーパーホーダイに加入して1年目にしか適用されないため、ちょっとずつ楽天ポイントを貯めて、半年後にダイヤモンド会員になっても6ヶ月分しか割引が受けられません。
つまり、ダイヤモンド会員割は、元々楽天市場をたくさん利用していて、会員ランクがある程度高い方が受けられる割引だと考えた方がよいと思います。

スマホアドバイザー

これまで全然楽天市場を利用していない方にとってはダイヤモンド会員になるのは結構大変です。でも、買い物はいつも楽天市場という方や、楽天カードで普段から買い物をしているという方は、ダイヤモンド会員になるのはそこまで難しくないと思います。すでにダイヤモンド会員の方や、もうすぐダイヤモンド会員という方は、楽天モバイルのスーパーホーダイに申し込んで、ダイヤモンド会員割を適用させましょう!

楽天モバイルのスーパーホーダイの特長の要点整理
  • 楽天モバイルのスーパーホーダイは電話もネットも使い放題で、月額1,980円で利用できる料金プラン
  • パケットが余ればデータ容量は繰り越しができ、パケットを使い切っても、通信速度が1Mbpsとそこまでネットが遅くならない
  • 最低利用期間を1年にして手軽に解約することもできる一方で、最低利用期間を2年/3年にして長期優待ボーナスを受けることもできる
  • 楽天市場や楽天カードの利用頻度が高い方は、ダイヤモンド会員割で、スーパーホーダイがさらに安く契約できる

楽天モバイルのスーパーホーダイを実際に使ってみた感想と評価

スマホアドバイザー

楽天モバイルのスーパーホーダイを使ってるって聞いたんですけど、使ってみてどうですか?

まもるくん

データ容量を気にせずネットが使えて、月額料金も安くていいなと思って、スーパーホーダイにしてみました。プランS(2GB)で申し込んで、早速2GBを使い切ってしまったんですが、快適にネット使えてますよ。

スマホアドバイザー

おお、それはよかったですね。月々のパケットを使い切っても1Mbpsっていうのが気になってたんです。1Mbpsって実際使ってみるとどんな感じなんですか?

まもるくん

Googleで検索したり、Twitterでタイムライン流し読みする時に、多少画像が表示されるのが遅いのはあります。でも、全く月々のデータ容量を気にせず使えるのはかなりよいと思います。

スマホアドバイザー

たしかに、パケット気にしながらネット使うのは、ストレスですもんね。1Mbpsあれば、動画も問題なく観れるんでしょうか?

まもるくん

動画も観れることは観れますよ。再生ボタンを押してから動画が再生されるまでの間は結構時間かかったり、途中で止まったりはしますが、なんとか観れる感じです。通勤とか通学で毎日huluとかNetflix観たいとかいう人は、スーパーホーダイじゃなくて、楽天モバイルの通常の20GBプランとかにしといた方が良いかなと思います。

スマホアドバイザー

動画は観れることは観れるけど、毎日観るには厳しいんですね。ちなみに最低利用期間は何年にしたんでしょうか?

まもるくん

一応1年にしておきました。割引も欲しかったですけど。ネットがちゃんと使えないとキツイんで、とりあえず1年でいいかなと。

スマホアドバイザー

たしかに、まだ始まったばかりのプランですし、それが正解かもしれないですね。

まもるくん

スーパーホーダイから通常の3GBとか5GBプランにはプラン変更できないんで、最低利用期間は短めが安全だと思いますよ。

スマホアドバイザー

欲張って長く契約して、途中で解約できなくなるリスクもありますもんね。あと、端末は購入したんでしょうか?

まもるくん

私はiPhoneにしてみたんですけど、これはかなりオススメですよ。以前、中古のiPhoneを使ってたんですが、バッテリー持ちが最悪だったんです。でも、今回、楽天モバイルの整備済品のiPhoneを使ってみたんですけど、電池持ちもバッチリで、かなり得した気分です。ヤフオクとか中古スマホサイトで購入するより、品質がよくて、粗悪品を掴まされる心配もないです。

スマホアドバイザー

整備済のiPhoneって大丈夫なのか気になってたんですが、良さそうで安心しました。あと、最後になにかスーパーホーダイを使ってて、気になることとか、思ってたのと違ったとかいうことがあったら教えてもらえないでしょうか?

まもるくん

うーん、これは人によると思うんですが、5分かけ放題が意外と使わないんですよね。友だちとはLINEで電話しますし、意外と電話する機会がないなと。まぁ5分かけ放題がいつでも使える安心感はありますけどね。私みたいに、総合的には、電話もネットもほどほどに使うという方には、スーパーホーダイはかなり良い料金プランだと思いますよ。

スマホアドバイザー

なるほど。貴重なお話ありがとうございました。とっても参考になりました!

楽天モバイルのスーパーホーダイを実際に使ってみた感想と評価の要点整理
  • 基本データ容量を使い切った後の1Mbpsは、ネットも動画もそこそこ使える。
  • ただし、動画は途中で停止したりするため、通勤・通学などで、毎日動画を観るような方には、1Mbpsでは厳しい
  • iPhoneは楽天モバイルによる整備済品のため、ヤフオクや中古スマホサイトで購入できる端末より、品質がよい
  • 目立った欠点はなく、電話もネットもほどほどに使う方にはオススメの料金プラン

楽天モバイルのスーパーホーダイの口コミ・評判

楽天モバイルのスーパーホーダイは、月額1,980円で電話もネットも使い放題ということで、私の周りでもスーパーホーダイを使い始めている方が増えています。
実際にスーパーホーダイを使っている方の口コミ・評判を良いもの、イマイチなものどちらも見ていきたいと思います!

良い口コミ・評判

月額1,980円で5分かけ放題がついて、1Mbpsで実質使い放題なのは最強だと思います。しかも大手キャリアみたいに2年縛りがなく、1年で解約できるのも、有り難いです。

パケットを使い切っても、1Mbpsでネットが使い放題なのはかなり気に入ってます。ニュースを観たり、Facebookをするくらいなら、多少遅さは感じるものの、問題なく使えてます。

スーパーホーダイはSIMカードのみでも契約できるのがいいと思います。前のコミコミプランは2年契約で端末とセットでしか使えなかったので、プラン内容がかなり改善されたと思います。

iPhone6sがセット割で購入できるので、スーパーホーダイにしました。UQやワイモバイルでもiPhoneが買えますが、iPhoneSEなので。大画面のiPhoneがセット割で購入できる格安SIMは、今のところ楽天モバイルしかないと思います。

スマホアドバイザー

スーパーホーダイは、これまで他の格安SIM(MVNO)でもあった月額1,980円の料金プランで不満に挙がりがちだった「2年縛り」「パケットが足りない」「SIMのみで契約できない」といった点を改良したプランです。大手キャリアの利用者だけでなく、ワイモバイルなど他の格安SIMから、楽天モバイルのスーパーホーダイに乗り換えたという方もいて、月額1,980円のプランとしてはめちゃくちゃ評判がよいです。

イマイチな口コミ・評判

パケット使い切っても1Mbpsということでしたが、実際には1Mbps出てないです。たしかにネットが使えなくはないですが、アプリをダウンロードしたりするのは厳しいです。

パケットを使い切った後の通信速度ですが、昼間はめちゃくちゃ遅くなります。

1Mbpsでもネットが使えないことはないですが、そもそもそこまでネットは使わないので、通常の5GBプランとかでいいかもしれないです。

5分かけ放題で利用する楽天でんわアプリの電話が繋がりにくいです。あと、アプリ起動後すぐに落ちます。対応お願いいたします。

スマホアドバイザー

パケットを使い切った後の通信速度は、最大1Mbpsなので、地域や時間帯によっては1Mbps出ない場合もあります。ただ、それでも、他の格安SIMのように200Kbpsに速度制限を比べることを考えると、低速時でもストレスを感じずにネットは使えます。また、楽天でんわアプリは、iOSをiOS11にバージョンアップすると、バグが起きるようです。しばらくするとバグが修正されたアプリがリリースされるので、アプリストアから最新版のアプリをインストールするようにしましょう。

楽天モバイルのスーパーホーダイの口コミ・評判の要点整理
  • スーパーホーダイは、月額1,980円の料金プランで不満に挙がりがちな、2年縛りやパケット不足、SIMのみでしか契約ができないといった欠点を克服したプランで、利用者の評判はよい
  • イマイチな口コミとしては、パケットを使い切った後の1Mbpsの通信速度。時間帯や場所によっては必ずしも1Mbps出るとは限らないため注意が必要
  • ただし、他の格安SIM(MVNO)で、低速時に200Kbpsになるものと比較すると、スーパーホーダイの1Mbpsは断然速い

楽天モバイルのスーパーホーダイのメリット

楽天モバイルのスーパーホーダイのメリットには、以下のようなものがあります。

  • 月額1,980円で電話・ネットが使い放題
  • SIMカードのみでも契約可能
  • セット割でiPhoneを購入可能
  • 最短1年で解約可能で契約の自動更新もない

他の格安SIM(MVNO)でも、かけ放題込みで月額1,980円で利用できる料金プランはありますが、サービス内容や加入条件を見ていくと、楽天モバイルのスーパーホーダイの方が優れているポイントがたくさんあります!

月額1,980円で電話・ネットが使い放題

楽天モバイルのスーパーホーダイは、月額1,980円と月額基本料が安くて、

  • 5分かけ放題⇒ちょっとだけ電話をするのに便利
  • パケット使い切った後でも1Mbps⇒ネットで調べ物したりする分には困らない

と、電話もネットも完全な使い放題ではないですが、少し電話をしたり、ネットを使ったりする分には十分です。
電話もネットもそこそこ利用する方にとっては、楽天モバイルのスーパーホーダイは、通話料やパケットの残量を気にせずにスマホを使えて便利です。

SIMカードのみでも契約可能

楽天モバイルのスーパーホーダイは、端末+SIMカードだけでなく、SIMカードのみでも契約可能です。
UQモバイル(UQmobile)のように月額1,980円で5分かけ放題を利用しようと思ったら、端末とセットで契約しないといけないこともありません。
端末+SIMカードのセット契約は、一見、月額1,980円で端末代が含まれていて便利と思われるかもしれません。
しかし、最新端末は別途端末代を請求されたり、2年以内に解約すると、端末代の分割支払金の残金を支払わなければならなかったりと、SIMカードのみよりも余計な負担がかかることが多いです。
楽天モバイルのスーパーホーダイは、SIMカードのみでも契約できるので、ドコモの端末やSIMフリー端末を、そのまま楽天モバイルのSIMで利用可能です。

セット割でiPhoneを購入可能

楽天モバイルでは、セット割の端末に、iPhoneSE(16GB)、iPhone6s(16GB)、iPhone6sPlus(64GB)、iPhone6sPlus(128GB)を選ぶことができます。
最低利用期間を1年とした場合の端末代金は以下になります。

  • iPhoneSE(16GB)⇒一括:39,800円(税別)、分割:1,791(税込)+分割手数料/月×24
  • 6s(16GB)⇒一括:56,800円(税別)、分割:2,556円(税込)+分割手数料/月×24
  • 6sPlus(64GB)⇒一括:72,800円(税別)、分割:3,276円(税込)+分割手数料/月×24
  • 6sPlus(128GB)⇒一括:79,800円(税別)、分割:3,591円(税込)+分割手数料/月×24

長期優待ボーナスにより、最低利用期間が2年なら10,000円の割引、最低利用期間が3年なら20,000円の割引をそれぞれ受けることができます。

上記のiPhoneは、メーカー認定整備済iPhoneです。
公式ホームページによると、メーカー認定整備済iPhoneとは、メーカーの厳しい品質基準を満たすため、事前に厳格なプロセスで再整備を受けた製品とされています。
実際に、上記のメーカー認定整備済iPhoneを購入した方に話を聞いたところ、中古販売サイトで売られているiPhoneと比べると、バッテリーの持ちがよく、品質がよいと言っていました。
少なくとも、ネットオークションなど個人間で中古スマホを購入するよりも、楽天モバイルから購入した方が、動作不良のリスクは低いと思われます。

最短1年で解約可能で契約の自動更新もない

楽天モバイルのスーパーホーダイは、最低利用期間が最短で1年に指定ができます。
そして、最低利用期間に関わらず、契約の自動更新がないため、最短1年契約したら、あとはいつでも解約が可能です。
1年後に、他の格安SIM(MVNO)でお得なキャンペーンをやっていたり、使ってみたい機種やサービスが出来たら、いつでも違約金なしで乗り換えられるは身軽で便利です。

楽天モバイルのスーパーホーダイのメリットの要点整理
  • 楽天モバイルのスーパーホーダイは、完全な使い放題ではないが、ネットを使ったりする分には十分
  • SIMカードのみでも加入でき、セット割端末にiPhoneも選べて、端末の選択肢が豊富
  • 最短1年で解約可能で契約の自動更新もなく、身軽に解約できる点も魅力

楽天モバイルのスーパーホーダイのデメリット

逆に、楽天モバイルのスーパーホーダイのデメリットには以下のようなものがあります。

  • 組み合わせプランに比べて料金プランの種類が少なめ
  • 契約期間中は組み合わせプランへの変更は不可
  • 2年目以降は月額基本料が値上がりする
  • 1年契約だと端末代金の割引はなし

他の格安SIM(MVNO)のかけ放題込みの月額1,980円と比べると、たしかに欠点はすくないスーパーホーダイですが、デメリットももちろんあるので、しっかり確認しておきましょう。

組み合わせプランに比べて料金プランの種類が少なめ

楽天モバイルのスーパーホーダイはプランS(2GB)/プランM(6GB)/プランL(14GB)の3種類と料金プランのバリエーショが少なめです。
対して、楽天モバイルでは組み合わせプランは、通話SIMの場合、

  • ベーシックプラン⇒1,250円
  • 3.1GBプラン⇒1,600円
  • 5GBプラン⇒2,150円
  • 10GBプラン⇒2,960円
  • 20GBプラン⇒4,750円
  • 30GBプラン⇒6,150円

という形で、6段階の料金プランを選択することができます。
組み合わせプランのよいところは、毎月、6段階のデータ容量の料金プランに変更できたり、毎月オプションの付け外しが自由にできる点です。
スーパーホーダイでもプランS(2GB)⇔プランM(6GB)⇔プランL(14GB)とスーパーホーダイの料金プランの間では、プラン変更は可能なのですが、スーパーホーダイから組み合わせプランには変更することができません。
組み合わせプランの方が、データ容量の種類が豊富ですし、20GBや30GBといった大容量プランを選ぶことも可能です。
また、5分かけ放題オプションも、加入時は必要だったけど、要らなくなったので、やはり外すといったことも、組み合わせプランであれば可能です。

スマホアドバイザー

特に通勤・通学で毎日スマホで動画を観るといった使い方をされる方は、スーパーホーダイのプランL(14GB)よりも、組み合わせプランの20GBプランや30GBプランの方がたくさんネットが使えて便利だと思います。ただ、組み合わせプランは、パケットを使い切ると低速時は200Kbpsになってしまうので、速度制限にかかってもある程度ネットを使えるようにしておきたい方は、やはりスーパーホーダイの方がオススメです。

契約期間中は組み合わせプランへの変更は不可

最低利用期間の間は、楽天モバイルのスーパーホーダイから組み合わせプランに、プラン変更はできない点には注意しましょう。
最低利用期間が過ぎたら、組み合わせプランに変更することは可能です。

スマホアドバイザー

最低利用期間を3年と長くしてしまうと、割引は受けられるものの、組み合わせプランへの変更が3年間もできなくなる点に注意しましょう。しばらくして気分が変わってしまう可能性のある方は、スーパーホーダイにする場合でも最低利用期間は1年にしておくのも一つです。

2年目以降は月額基本料が値上がりする

楽天モバイルのスーパーホーダイは、

  • プランS(2GB):1年目1,980円/月、2年目以降:2,980円
  • プランM(6GB):1年目2,980円/月、2年目以降:3,980円
  • プランS(14GB):1年目4,980円/月、2年目以降:5,980円

2年目以降の月額基本料が値上がりしてしまいます。
UQモバイルやワイモバイルでも上記と同じような料金プランがあり、月額1,980円といいつつ、2年目は2,980円払わないといけず、不満を感じる方も多いです。
しかし、楽天モバイルのスーパーホーダイは、最低利用期間を1〜3年どれにしても、2年目以降の値上がりを回避することは可能です。
最低利用期間が1年なら、値上がりする2年目に差し掛かったら、他社に乗り換えるという選択肢があるんです。
また、最低利用期間を2年なら長期優待ボーナスで、10,000円の割引が受けられます。
すると、10,000円÷12ヶ月=833円ということで、2年目の月額基本料から833円割引が受けられ、長期優待ボーナスによって2年目の月額基本料の値上がりを帳消しにできると考えることもできます。
最低利用期間が3年の場合も、同様に長期優待ボーナスによって2年目以降の値上がりを帳消しにできます。

1年契約だと端末代金の割引はなし

楽天モバイルは最低利用期間が1年だと端末代金の割引はなく、端末代は定価になります。
2〜3万円程度する端末代を割引なく購入するのは、結構な負担なので、スーパーホーダイで端末を購入する場合は、最低利用期間を2〜3年にして、端末代金を安く抑えるのも一つです。

楽天モバイルのスーパーホーダイのデメリットの要点整理
  • 動画を毎日観る方などは、スーパーホーダイよりも組み合わせプランで20GBや30GBを選ぶ方がオススメ
  • ただし、パケットを使い切った後の通信速度は、組み合わせプランよりもスーパーホーダイの方が速いので、低速時の通信速度を維持したい方はスーパーホーダイの方がオススメ
  • 最低利用期間を長くすると、契約期間中はスーパーホーダイから組み合わせプランに変更ができないので注意

楽天モバイルのスーパーホーダイがオススメな人

楽天モバイルのスーパーホーダイのメリット・デメリットを踏まえて、スーパーホーダイがオススメな人は以下のような人です。

  • 5分かけ放題を利用される方
  • 時々ネットを使い過ぎてしまう方
  • 楽天市場で買い物をすることが多い方

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

5分かけ放題を利用される方

楽天モバイルのスーパーホーダイは、5分かけ放題が月額基本料に組み込まれています。
組み合わせプランで、5分かけ放題オプションを付けると、月額850円のオプション料がかかりますが、スーパーホーダイはオプション料金はかかりません。
5分かけ放題を利用する場合は、組み合わせプランで5分かけ放題オプションを付けるよりも、基本的にはスーパーホーダイに加入した方が、月々の支払いは安く抑えられるのでオススメです。

時々ネットを使い過ぎてしまう方

楽天モバイルのスーパーホーダイは、ついついネットを使いすぎてしまっても、通信速度は1Mbpsとそこまでネットは遅くなりません。
組み合わせプランの場合、パケットを使い切ると200Kbpsと通信速度が低速化し、ネットが使えずとても面倒な思いをすることになります。
スーパーホーダイなら、パケットを使い切ってもそこまでネットが遅くならないため、時々ネットを使いすぎてしまう方にオススメです。

楽天市場で買い物をすることが多い方

以下の3つの条件をすべて満たしている方は、スーパーホーダイに加入すると、ダイヤモンド割で、月額500円の割引を受けられます。

  • 楽天ポイントを6ヶ月で4,000ポイント獲得
  • 楽天ポイントを6ヶ月で30回獲得
  • 楽天カードを保有

これまで全く楽天市場を利用していない方は、楽天ポイントを4,000ポイント貯めるのはとても大変ですが、これまで楽天市場でよく買い物をされている方であれば、ポイントを貯めるのはそこまで難しくありません。
毎月ダイヤモンド会員の状態を維持すれば、スーパーホーダイを月額1,480円で利用できるので、楽天市場で買い物をすることが多い方は、スーパーホーダイはオススメです。

楽天モバイルのスーパーホーダイがオススメな人の要点整理
  • 楽天モバイルのスーパーホーダイは、月額基本料に5分かけ放題が込みのため、5分かけ放題を利用する方にはオススメの料金プラン
  • またパケットを使い切っても、1Mbpsが維持されるため、時々ネットを使いすぎてしまう方にもオススメ
  • 楽天市場をたくさん使う方は、ダイヤモンド会員割で月額1,480円でスーパーホーダイが利用できるため、スーパーホーダイはオススメ

楽天モバイルのスーパーホーダイがオススメでない人

一方、楽天モバイルのスーパーホーダイがオススメでない人は以下のような人です。

  • 090/080/070の電話をほとんど利用されない方
  • データ容量を気にせず動画視聴やテザリングをしたい方
  • どの料金プランにするか迷っている方

それぞれについて詳しく解説していきます!

090/080/070の電話をほとんど利用されない方

楽天モバイルのスーパーホーダイは、月額料金の中に、5分かけ放題が込みの料金プランです。
そのため、通話はLINEばかりで、090/080/070を電話をほとんど利用されない方は、スーパーホーダイはそこまでお得な料金プランではありません。
090/080/070の電話をほとんど利用されない方は、3.1GBプランや5GBプランなど組み合わせプランを利用するのがオススメです。

スマホアドバイザー

とはいえ、パケットを使い切っても1Mbpsというのはスーパーホーダイだけのサービスです。090/080/070の電話をほとんど利用しない場合でも、低速時の通信速度を1Mbpsに維持したい方は、スーパーホーダイを利用する価値はあります。

データ容量を気にせず動画視聴やテザリングをしたい方

動画視聴やテザリングなど、ある程度通信速度が必要な操作をスマホでする場合、1Mbpsでは通信速度が遅いと感じる場合があると思います。
動画視聴やテザリングをたくさん利用する場合は、スーパーホーダイよりも、20GBプランや30GBプランを利用する方がオススメです。

どの料金プランにするか迷っている方

スーパーホーダイでは、2GB/6GB/14GBの3つの料金プランの間でしかプラン変更ができません。
一方、組み合わせプランでは、ベーシックプラン/3.1GB/5GB/10GB/20GB/30GBと6段階の料金プランが選択でき、細かく料金プランを変更できます。
また、契約期間中、スーパーホーダイから組み合わせプランには変更はできませんが、組み合わせプランからスーパーホーダイには2017年冬からは変更ができる予定です。
従って、どの料金プランにするか迷っているという方は、スーパーホーダイにせずに、組み合わせプランから楽天モバイルを使い始めるのもオススメです。

楽天モバイルのスーパーホーダイがオススメでない人の要点整理
  • 楽天モバイルのスーパーホーダイは、090/080/070の電話を全く利用しない方にはそこまでお得ではない
  • ただし、パケットを使い切った後ても、1Mbpsで通信速度が維持されるのはスーパーホーダイなので、090/080/070の電話を利用しない方でも、スーパーホーダイの利用価値はある
  • 組み合わせプランからスーパーホーダイには2017年冬からは変更ができる予定なので、料金プランを迷われている方はまずは組み合わせプランから楽天モバイルを使い始めるのもオススメ

楽天モバイルのスーパーホーダイの意外な落とし穴

よい面がクローズアップされがちな楽天モバイルのスーパーホーダイですが、よくよく見てみると、意外な落とし穴もあります。
実際にスーパーホーダイを使い始めた方でも、しばらくしないと気づかないところですが、快適にスマホを使う上では大事なポイントなので、しっかり確認していきたいと思います。

1Mbps/300Kbpsの通信速度が保証されるわけではない

楽天モバイルのスーパーホーダイは、パケットを使い切った後の通信速度を、以下の2段階に分けています。

  • 特に通信が混み合う時間帯(12:00~13:00、18:00~19:00)⇒最大300kbps
  • 上記以外の時間帯⇒最大1Mbps

ここで注意したいのは、いずれも、通信速度が保証されているわけではないという点です。
通信が混み合う時間帯は最大300Kbps、それ以外は最大1Mbpsということで、周辺の混雑状況によっては、300Kbps以下にも1Mbps以下にもなるということです。

スマホアドバイザー

とはいえ、MMDLaboによる、2017年9月格安SIMサービスの利用動向調査によると楽天モバイルの契約者数は既に格安SIMでNo1になっています。つまりこれだけ契約者数が増えても、今のところスーパーホーダイの通信速度が極端に悪いという声はほとんど聞きません。1Mbpsという通信速度は保証されているわけではありませんが、他の格安SIM(MVNO)よりも低速時の通信速度が速い点は、今後も変わらないはずです。

5分かけ放題はプレフィックス方式で通常の電話ではない

スーパーホーダイで利用できる5分かけ放題は、楽天でんわアプリから発信します。
楽天でんわは、アプリ経由で電話をすると、自動的に電話番号の先頭に「003768」を付けて発信してくれるプレフィックス方式という電話です。
プレフィックス方式は、電話回線による通話なので、インターネット回線を利用したIP電話よりも音質はよいのですが、通常の090/080/070よりも音質は劣る場合があります。

スマホアドバイザー

ただ、プレフィックス方式の通話アプリの中でも、楽天でんわ(Android/iPhone)はアプリの評価が4/5以上あり、とても評判がよいです。相手に表示される電話番号も通常の090/080/070と同じ番号が表示され、使い勝手も通常の電話と全く同じなので、安心して大丈夫です。

利用開始月は初月無料・日割りなしで満額請求

楽天モバイルのスーパーホーダイは、利用開始月は初月無料にならず、1ヶ月分丸々請求されます。
楽天モバイルの組合わせプランでは、

  • ベーシックプラン⇒1,250円
  • 3.1GBプラン⇒1,600円
  • 5GBプラン⇒2,150円
  • 10GBプラン⇒2,960円
  • 20GBプラン⇒4,750円
  • 30GBプラン⇒6,150円

の月額料金が、利用開始月が無料になります。
したがって、たとえば、10GBプランなら、初月は2,960円分が丸々無料になります。
一方、スーパーホーダイでは、初月から以下の月額料金が丸々発生します。

  • プランS(2GB):1,980円
  • プランM(6GB):2,980円
  • プランS(14GB):4,980円
スマホアドバイザー

ただし、実際には月末に契約したりすると、初月無料は1日で終わってしまうため、そこまでメリットにならないことも多いです。通話料も含めて考えると、5分かけ放題が使えるスーパーホーダイの方が月々の支払いが安くなることが多く、長い目で見ると、初月無料あるなしはそこまで大きな問題でなくなってきます。

楽天モバイルのスーパーホーダイの意外な落とし穴の要点整理
  • パケットを使い切った後の通信速度(1Mbps/300Kbps)は、保証されているわけではない
  • ただし、2017年9月の調査データから楽天モバイルの契約者数が格安SIMでNo1になった今でも、スーパーホーダイの通信速度が極端に悪いという声はほとんど聞かない
  • 楽天でんわは評判がよいので、通常の電話とは違うものの通話品質は安心

まとめ

楽天モバイルのスーパーホーダイは、月額1,980円で5分かけ放題が利用できる新料金プランです。
他の格安SIM(MVNO)でも、似たような料金プランがありますが、スーパーホーダイは、

  • パケットを使い切っても通信速度は1Mbps(実質ネット使い放題)
  • SIMカードのみでも契約可能
  • 端末にiPhoneが選べる
  • 契約の自動更新がない
  • 最短で1年で解約できる
  • 2年以上契約すると長期優待ボーナスという割引が受けられる
  • 楽天でダイヤモンド会員だと月額1,480円になる
  • 余ったデータ容量は翌月に繰り越し可能

など、他社で不満になりがちな部分を改善させたかなりスゴイ料金プランです。
一方、スーパーホーダイの欠点としては、

  • 組み合わせプランに比べて料金プランの種類が少なめ
  • 契約期間中は組み合わせプランへの変更は不可
  • 2年目以降は月額基本料が値上がりする
  • 1年契約だと端末代金の割引はなし
  • 1Mbps/300Kbpsの通信速度が保証されるわけではない
  • 5分かけ放題はプレフィックス方式で通常の電話ではない
  • 利用開始月は初月無料・日割りなしで満額請求

といったものがありますが、他の格安SIM(MVNO)の電話かけ放題や、ネット使い放題のプランに比べると、どれも致命的な欠点とは言えないと思います。
パケットを使い切った後の通信速度が本当に1Mbps出るか不安と思われる方もいらっしゃり、たしかに、人によってはそこまで通信速度が出ないという感想を持つ方もいます。
しかしながら、口コミや私の周りで楽天モバイルのスーパーホーダイを利用している人の意見を見ても、低速時の通信速度が他社に比べて速いことは間違いないです。
また、スーパーホーダイが開始された2017年9月時点で、すでに楽天モバイルは契約者数No1の格安SIM(MVNO)となっており、今以上に急速に速度が遅くなるとは考えにくいです。

ネット使い放題の料金プランは、割高になりがちですが、楽天モバイルのスーパーホーダイは月額1,980円で利用できて、通信速度も1Mbpsとなっていて動画もWebもストレスなく使えます!
通話料も、パケットの消費も気にせずスマホを使うなら、楽天モバイルのスーパーホーダイはめちゃめちゃオススメです!

一番おトクな楽天モバイルの申し込みはこちら