1. ホーム

nuroモバイル(ニューロモバイル)で5ヶ月間700円引きキャンペーン開始!2GB分のデータ通信量が実質無料の割引!

nuroモバイル(ニューロモバイル)から月額料金700円が5ヶ月分無料になるキャンペーンが開始されました。
2016年12月1日からなのですが、午前0時に開始される気合の入り方がちょっとおもしろかったです(笑)

気合が入ってるなぁっておもったのは、通常格安SIM(MVNO)は元々月額料金が安いため、月額料金の割引があるところは少ないのですが、nuroモバイル(ニューロモバイル)では今回さらに踏み込んで、月額料金の割引に出てきました。

nuromobile700yen2

■一番おトクなnuroモバイルの申し込み先はこちら

端末代金は、元々利用していたスマホを利用したり、中古サイトで購入すればいくらでも安くすることは可能ですが、SIMにかかる月額料金を安く出来るキャンペーンは中々ありません。
今回は、そんな気合が入ってるなぁと思うneroモバイル(ニューロモバイル)の5ヶ月間700円引きキャンペーンについて、見ていきたいと思います。

nuroモバイルの5ヶ月間700円引きキャンペーンとは?

5ヶ月700円引きキャンペーンは、nuroモバイル(ニューロモバイル)で月額料金700円の割引x5ヶ月間の割引が受けられます。
読んで字のごとくですみません。
月額700円の割引が5ヶ月なので、合計3,500円の割引ということになります。

これ、一見大した割引に見えないかもしれませんが、月額料金の割引は実は格安スマホ(MVNO)業界では大変踏み込んだ割引キャンペーンなのです。
色々なキャンペーンをどこの会社も実施していますが、月額料金の割引キャンペーンをやっているところはほとんどなく、

  • データ容量が増えるキャンペーン(DMMモバイルなど)
  • 端末代金が安くなるキャンペーン(楽天モバイルなど)

といった端末の割引やデータのプレゼント系のキャンペーンがほとんどなんです。
格安SIM(MVNO)は元々月額料金が安く、これ以上安く出来ないんでしょうね。
同様の月額料金の割引キャンペーンでいうと、mineo(マイネオ)では月額料金800円を3ヶ月無料などのキャンペーンを実施していましたが、2016年10月にあっという間に打ち切りとなりました。

5ヶ月間700円引きキャンペーンのキャンペーン期間

今回新しく投入されたnuroモバイル(ニューロモバイル)の5ヶ月700円引きキャンペーンは、

  • 2016年12月1日~2017年2月28日の間に申し込みの方

を対象に、2ヶ月間開催されるとのことです。
ずっとやっているキャンペーンじゃありません!

既にnuroモバイル(ニューロモバイル)に申し込み済の方は残念ながらキャンペーン対象外ですが、12月1日〜1月31日までの間に申し込みの方であれば、新規契約・MNPどちらの場合でもキャンペーン対象です。

ちなみに、初月無料になるので、実質は2ヶ月目からの適用になります。
2ヶ月目から6ヶ月目の月額料金から700円が割り引かれることになります。

5ヶ月700円引きキャンペーンの適用条件は?

nuroモバイル(ニューロモバイル)の5ヶ月間700円引きキャンペーンの適用条件について見ていきましょう。
今回のnuroモバイル(ニューロモバイル)のキャンペーンは、

  • 音声SIM、データSIMの全ての料金プランが対象

です。
MNP(機種変更)であろうと、新規契約であろうと、しかもどの料金プランであろうと対象になります。
ただし、音声機能使用料やSMS機能使用料、端末費用はキャンペーン対象外になります。

他の格安SIM(MVNO)のキャンペーンと比べておトク?

nuromobile700yen1

nuroモバイル(ニューロモバイル)以外にも、他の格安SIM(MVNO)でどんなキャンペーンがあるのか気になったので、他の格安SIM(MVNO)で月額料金や端末代金が安くなるキャッシュバックキャンペーンをまとめてみました!
2016年12月時点でキャンペーンを実施している格安SIM(MVNO)は、以下の通りです。

  • 楽天モバイル
  • OCNモバイルONE
  • IIJmio(みおふぉん)
  • TONEモバイル
  • LINEモバイル
  • UQmobile(UQモバイル)
  • mineo(マイネオ)
  • FiiMo(フィーモ)
  • ワイモバイル(Ymobile)

それぞれの格安SIM(MVNO)のキャンペーンの内容や割引額について、見ていきましょう!
ちなみに、格安SIM(MVNO)のキャンペーンは、非常によく入れ替わったり、突然終わったり、突然始まったりします。
なので、詳細は、一度それぞれの格安SIM(MVNO)のサイトで確認してくださいね。

楽天モバイル

楽天モバイルは、端末代金の割引に強い格安SIM(MVNO)です。
端末の種類も豊富で、ロースペックな端末からハイスペックな端末まで、キャンペーンの対象になっているので、SIMとセットで端末を購入されようとしている方に人気です。

  • HUAWEIP9lite 10,000円割引キャンペーン→端末代金が29,980円→19,980円(12/20まで)
  • ZenFone3 7,000円割引キャンペーン→端末代金が39,800円→32,800円(12/20まで)
  • arrowsM03 3,300円割引キャンペーン→端末代金が32,800円→29,500円(12/20まで)
  • BLADE E01 3,300円割引キャンペーン→端末代金が12,800円→9,500円(12/20まで)
  • honor8 10,000円割引キャンペーン→端末代金が42,800円→32,800円(12/20まで)

⇛楽天モバイルのキャンペーンはこちら

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEでは、以下の事務手数料の割引を受けられるキャンペーンを実施しています。

  • エントリーパッケージによる初期費用割引→事務手数料3,000円が90%引き(終了日未定)

事務手数料と聞くと大した額でないと思われるかもしれませんが、スマホの月額料金に換算すると2〜3ヶ月分程度はあり、意外に馬鹿にできません。

⇛OCNモバイルのキャンペーンはこちら

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)も楽天モバイル、OCNモバイルONEと同様、格安SIM(MVNO)では最大手の一つです。
キャンペーンはあまりやっていないのですが、以下の割引を終了日未定で実施中です。

  • お友達紹介キャンペーン→紹介1件につき月額料金500円割引(終了日未定)

なかなか知り合いに紹介してスマホを契約するということはないかもしれませんが、お友達が多い方などは活用できるキャンペーンかもしれませんね。

⇛IIJmioのキャンペーンはこちら

TONEモバイル

TONEモバイルは、TUTAYAが提供している格安SIM(MVNO)です。
nuroモバイル(ニューロモバイル)と同様に、月額料金の割引がある数少ない格安SIM(MVNO)です。
また、IIJmio(みおふぉん)よりも紹介によるキャッシュバックの額が割高で、おトクな格安SIM(MVNO)と言えます。

  • 3周年キャンペーン→月額料金3ヶ月無料(12/31)
  • 紹介キャンペーン→紹介1件で月額料金3,000円無料(終了日未定)

⇛Toneモバイルのキャンペーンはこちら

LINEモバイル

LINEモバイルは16年10月にサービスを開始したばかりのLINEが提供する格安SIM(MVNO)です。
まだキャンペーンは少なめですが、端末代金の割引が受けられます。

  • Instagramカウントフリー開始キャンペーン→HUAWEIP9liteが28,800円→18,800円(終了日未定)

LINEモバイルも楽天モバイル同様、端末の種類が豊富な格安SIM(MVNO)です。
割引金額も結構高めなので、端末とセット購入を検討されている方は使える格安SIM(MVNO)ですね。

⇛LINEモバイルのキャンペーンはこちら

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)もOCNモバイルONE同様、事務手数料の割引が受けられます。

  • エントリーパッケージによる初期費用割引→事務手数料3,000円が70%引き(終了日未定)

OCNモバイルONEより事務手数料の割引は少ないですが、元々ドコモ、auどちらをご利用の方でもmineo(マイネオ)のSIMが利用できるマルチキャリアサービスを提供していて、特にauプランは通信速度が速いという特長があります。
mineoでもnuroモバイル同様、月額◯◯円x◯◯ヶ月割引キャンペーンを実施していたのですが、16年10月でキャンペーンは終了してしまいました。

⇛mineoのキャンペーンはこちら

FiiMo(フィーモ)

あまり知名度は高くありませんが、FiiMoもmineo同様ドコモプラン、auプランを提供しているマルチキャリアの格安SIM(MVNO)です。
FiiMo(フィーモ)のキャンペーンは月額料金の割引が大きいのが特長ですね。

  • ウルトラながーくお得なキャンペーン→月額料金500円割引きx8ヶ月(1/10まで)

FiiMo(フィーモ)は四国電力が提供している格安SIM(MVNO)で、15年12月にサービスを提供し始めた割りと新しい事業者です。
割引金額は多いのですが、ローカルなイメージ(四国の方すみません)が強いのと、通信速度の評判があまり良くないため、利用される方はよくよく調べてからにした方が良いでしょう。

⇛フィーモのキャンペーンはこちら

UQmobile(UQモバイル)

格安UQモバイルは、格安SIM(MVNO)の中では通信速度が最も速い事業者です。
無料通話やデータ容量が増えるキャンペーンや、事務手数料無料のキャンペーンを実施しています。

  • おしゃべりプラン新登場キャンペーン→無料通話3倍、データ容量2倍(2/21まで)
  • エントリーパッケージによる初期費用割引→事務手数料3,000円が70%引き(終了日未定)

⇛UQモバイルのキャンペーンはこちら

ワイモバイル(Ymobile)

ワイモバイル(Ymobile)は、ソフトバンクのサブブランドとしてサービスを提供している格安スマホです。
ワイモバイル(Ymobile)では、下取りプログラムというものを実施中です。

  • 下取りプログラム→利用している端末を下取りに出すと、機種に応じて月額料金を割引(終了日未定)

⇛ワイモバイルのキャンペーンはこちら

まとめ

今回は、nuroモバイル(ニューロモバイル)の5ヶ月間700円引きキャンペーンについて解説してきました。

nuroモバイル(ニューロモバイル)のは、元々月額料金が安く、月額料金の割引はないと思っていた矢先に5ヶ月間700円引きキャンペーンが始まりました。
CMをガンガンやっている楽天モバイルやUQモバイルのように、派手さはないですが、安くて速いを追求しているnuroモバイル(ニューロモバイル)も悪くないかもしれません。
まぁずっと続くキャンペーンじゃないですが。

一番おトクなnuroモバイルはこちら

LINEモバイルのエントリーコードで事務手数料3000円が無料!エントリーパッケージの入手方法、有効期限、使い方などを解説

LINEモバイルにもエントリーコードというものがあり、エントリーコードを利用すると事務手数料の3,000円が無料になります。
mineoやUQモバイルにもありますが、LINEモバイルでも始まったということで、結構好評なんだと思います。
確かに、LINEモバイルを申し込みする際に、たった一手間かけるだけで、事務手数料が無料になるので、いいですね。

entrycode6

今回は、LINEモバイルのエントリーパッケージ/エントリーコードについて、解説していきたいと思います。
もちろん、私たち格安スマホ(MVNO)に詳しい人の間では、エントリーコードやエントリーパッケージというと、あのことねって感じで有名なのですが、初めて格安スマホ(MVNO)にする方など、なにそれって感じの方も多いかと思います。
ほんとに簡単な手間を一手間かけるだけなので、個人的にはLINEモバイルを購入するなら、ぜひトライすることをオススメしています。

LINEモバイルのエントリーコードとは?

enrtycode8

LINEモバイルのエントリーコードとは、LINEモバイル契約の際に使える割引券のようなもので、16桁のコードを申し込み時に入力するだけで事務手数料3,000円を無料にすることができます。
このエントリーコードですが、2016年11月21日に販売が開始されたもので、意外とLINEモバイルにこのエントリーコードがあることはまだあまり知られていません。
LINEモバイルのエントリーコードは、LINEモバイルに新規・MNPで契約をするすべての方が利用できるので、ぜひこれからLINEモバイルを申し込みする際は、利用されるとよいかと思います。

LINEモバイルのエントリーコードの入手方法

では、そのLINEモバイルのエントリーコードの入手方法について解説していきましょう。
LINEモバイルのエントリーコードは、何かの景品やプレゼントで無料でもらえるものではなく、誰でも購入して入手することが出来ます。

「え?ただじゃないってことは、買って損したりしないの?」

って思うかと思います。
一応、購入しても、事務手数料3,000円よりも安い値段なので、損をすることはありません。
エントリーコードは音声SIM用とデータSIM用の2種類があり、どちらも1,000円で購入することが可能です。

「データSIM用のエントリーコードを購入→音声SIMの契約時に利用」といったことは出来ないので、必ず契約タイプと同じタイプのエントリーコードを購入するよう必要があります。
ちなみに、データSIM(SMSなし)用のエントリーコードは用意されていないようなので注意してください。
データSIM(SMSなし)は、そもそも月額料金が安いので、事務手数料の割引はないということかもしれません。

肝心のエントリーコードの入手先ですが、Amazonで購入することができます。

こちらのページだと、今はどちらのエントリーコードも990円で販売されていますね。
そうすると、

事務手数料3,000円ー990円=2,010円

おトクということになります。
作業時間にしたら5分程度で、後は2〜3日エントリーコードが届くのを待つだけなので、手間もそれほどかからないのに、2,000円ちょっとの割引が受けられることになります。

ちなみに、注意点としては、LINEモバイルのエントリーコードには有効期限があります。
公式ホームページなどには具体的な期限は明記されていないのですが、コールセンターに確認したところ、

  • 有効期限→181日以上

がある状態のエントリーコードがAmazonで販売されているようです。
エントリーコードを購入してから約半年間は使えるので、あまり気にする必要はありませんが念のため。

エントリーコードのメリット・デメリット

entrycode4

LINEモバイル以外にも、エントリーコードを提供している格安SIM(MVNO)は、mineoやUQmobileがありますが、時々Amazonで在庫がなくなる程人気です。
誰でも購入できて事務手数料が無料になるのですから、多くの人が使っている手法です。
とはいえ、エントリーコードはお金を払って購入するものなので、メリット・デメリットをしっかり確認してから使うようにした方がいいですよね。

メリット

LINEモバイルのエントリーコードのメリットは、言うまでもなく、事務手数料が3,000円安くなるということです。
もちろん、実質的には、990円でエントリーパッケージ/エントリーコードを購入しないといけないので、事務手数料3,000円と990円の差額の2,010円ほどがおトクになります。

たった2,010円なのですが、やはり格安スマホ(MVNO)にする方は、1円でも通信料を安くしたいという方が多いですよね。
なので、みなさんこのエントリーコードは使っている人気の手法なんです。

デメリット

一方、もちろんエントリーコードを使うデメリットもあります。

  • 郵送されるまで2〜3日待つ必要がある
  • データSIM(SMSなし)の方は利用できない
  • 返品やキャンセルはできない

Amazonからエントリーコードが郵送されるまでに2~3日の時間がかかるのは、今すぐLINEモバイルに契約しようとしている方はちょっと足止めを食らった感じになってしまいますね。
また、データSIM(SMSなし)ではエントリーコードは利用できないので、月額500円〜利用できると思ってLINEモバイルに契約しようとされている方にとっては少しがっかりかもしれないです。

ただ、事務手数料が2,000円割引になるので、1年間で計算した場合、

  • データSIM(SMSなし) 3GBプラン→ 6,000円(500円x12ヶ月)
  • データSIM(SMSあり) 3GBプラン→ 7,200円(620円x12ヶ月)

となり、エントリーコードを利用できるデータSIM(SMSあり)の方が安くなることになります。
1年限定ではありますが、最安値でLINEモバイルを契約したい場合は、データSIM(SMSあり)にしてエントリーコードを使うという方法もあります。

なお、エントリーコード自体は返品やキャンセルはできないので、LINEモバイルに申し込むことを決めた後で、エントリーコードを購入するようにしましょう。
エントリーコードを購入したのに、LINEモバイルに契約しなかったり別の格安SIM(MVNO)にした場合、1,000円が無駄になってしまいます。

エントリーコードの使った申し込み方法

entrycode3

エントリーコードがどういうものか分かったところで、いよいよエントリーコードを使ってLINEモバイルに申し込みをしましょう。
エントリーコードを利用して事務手数料3,000円を無料にする方法は、以下の3つのステップです。

  1. エントリーパッケージを購入
  2. 必要書類を準備
  3. エントリーコードを利用して申し込み

最初にエントリーコードを購入しておいて、Amazonから郵送される間に必要書類を準備しておくのが効率が良いでしょう。
それでは順番に見ていきます。

エントリーパッケージを購入

entrycode1

LINEモバイルに申し込むことが決まったら、まず最初にエントリーコードを購入しましょう。
エントリーパッケージとは、エントリーコードのAmazonでの商品名です。

Amazonで販売されているLINEモバイルのエントリーパッケージは音声SIM用とデータSIM(SMSあり)用の2種類しかないので、契約タイプだけ注意しましょう。
また、Amazonは通常2,000円以上商品を購入しないと送料がかかってしまいますが、LINEモバイルのエントリーパッケージは送料無料です。

必要書類を準備

エントリーパッケージをAmazonで購入したら、LINEモバイルにの契約に必要な書類を準備します。
LINEモバイルの契約に必要な書類は以下3点です。

  1. 本人確認書類(運転免許証、保険証、パスポートなど)
  2. クレジットカード、または、LINEPayカード
  3. MNP予約番号

新規契約の方はMNP予約番号は不要なので、1、2のみだけ準備すれば大丈夫です。

MNPで契約される方は、元々契約している携帯電話会社に電話をして、MNP予約番号というものをもらっておく必要があります。
MNP予約番号は以下に電話をして入手することができます。
電話の受付時間は9:00-20:00なので、お仕事の昼休みか休みの日に電話をするといいかもしれないですね。

  • ドコモ→151
  • au→0077-75470
  • ソフトバンク→0800-100-5533
  • ワイモバイル→0570-039-157

特に月末の受付時間終了間際は電話が混み合うので、ちょっと時間を持って電話をした方が安全です。
なお、裏技として「#」を3〜4回程度押すと、直接オペレーターに繋がり、時間を短縮してMNP予約番号を入手することができます。

申し込み手続き

entrycode2

エントリーコードが自宅に届くと、いよいよエントリーコードを利用してLINEモバイルに申し込みをしましょう。
LINEモバイルの申し込み画面で、

  • 通常申し込み
  • コードを使用して申し込み

の2つの項目があるので、「コードを使用して申し込み」を選択すると、エントリーコードを入力する欄が現れます。
エントリーコードは16桁で空欄が4つ表示されるので、エントリーコードを4桁ずつ入力して申し込みを完了させれば、事務手数料が無事無料になります。

エントリーコード利用の注意点!

entrycode5

こうして見ていくと、エントリーコードを利用した申し込みはそれほど難しくないように思えますが、なるべくスムーズに事務手数料無料でLINEモバイルに申込むために、エントリーコード利用する上での注意点も解説しておきます。

未成年(18歳未満)の方は利用不可

元々LINEモバイル自体は、未成年の方は利用できず、エントリーコードも利用できません。
中学生や高校生のお子さんを持つお父さん、お母さんは、親御さんご自身が、エントリーコードを利用してLINEモバイルに契約して上げる必要があります。

エントリーコードの入力し忘れ

entrycode3

エントリーコードをせっかく購入したのに、申し込み画面で「通常申し込み」から契約をしてしまうと、エントリーコードを利用せずに申し込みが完了してしまいます。
一旦申し込みが完了すると、キャンセルが出来ず、エントリーコードも後から利用できないので、エントリーコードを買った分余計に初期費用(事務手数料3,000円+エントリーパッケージ代1,000円)がかかってしまうことになります。
エントリーコードを利用する場合は、必ずLINEモバイルの申し込み画面で「コードを使用して申し込み」から契約するようにしましょう。

エントリーコードの打ち間違え

エントリーコードを打ち間違えて、「このエントリーコード使えない?」と焦ることがあります。
エントリーコードは英語と数字の組み合わせで、英語は全て大文字です。
I(大文字のアイ)とl(小文字のエル)の見間違いなどがよくあるので、気をつけてみてください。
入力し間違えのまま申し込みが進むことはないので、エントリーコードが無駄になってしまうことはないのですが、何度も間違って時間が立ってしまうと申し込みが画面がタイムアウトになり、最初から申し込みし直しになってしまうので注意してください。

エントリーパッケージ/エントリーコードでよくある質問

entrycode2

最後に、エントリーパッケージ/エントリーコードでよくある質問をまとめておきたいと思います。
公式サイトに書かれていない内容も含めて紹介していきますので、エントリーパッケージ/エントリーコードで不明点や疑問点があった場合の参考にして頂けると嬉しいです。

エントリーパッケージとエントリーコードの違いは?

エントリーパッケージとエントリーコードの違いが分からないという方が結構いらっしゃるようですが、

  • エントリーパッケージ→Amazonで購入する商品名
  • エントリーコード→エントリーパッケージに記載されているエントリーコード

という違いがあります。
事務手数料の割引を受けるのに重要なのはエントリーコードの方で、申し込み時にもこのコードを申し込み画面に入力すれば事務手数料が無料になります。
エントリーパッケージを失くしてしまう心配がある方は、エントリーパッケージが自宅に届いたら16桁のエントリーコードをスマホのカメラで写真を取っておくといいかもしれません。

エントリーパッケージにSIMは入っている?

LINEモバイルのエントリーパッケージは、商品名が

  • LINEモバイル 音声通話SIMエントリーパック (ナノ/マイクロ/標準SIM)[カウントフリー・iPhone/Android共通・ドコモ対応]

と、あたかもSIMが入っているかのような商品名ですが、エントリーパッケージの中にSIMは入っていません。
なのでAmazonでエントリーパッケージを購入した段階では、LINEモバイルの契約は完了せず月額料金もかかりません。
LINEモバイルの契約自体は、LINEモバイルの申し込みページから行うので、

  • Amazon→エントリーパッケージの購入
  • LINEモバイルの申し込みページ→LINEモバイルの契約

というようにエントリーパッケージの購入と契約は分かれているんですね。

エントリーコードはなくても申し込み可能?

Amazonなどでエントリーパッケージを見ると「エントリーコードがないとLINEモバイルに申し込みができないんじゃないの?」と思ってしまう方もいらっしゃるようです。
エントリーコード自体はなくても、LINEモバイルの申し込みは可能です。
あくまで事務手数料無料になる割引券的なものとしてとらえてください。

ひとつのエントリーコードで複数のSIMは契約可能か?

「事務手数料が無料になるんだったら、エントリーコードを使って複数のSIMを契約したら、全部のSIMの事務手数料が無料になる?」

という質問を受けました。
家族でLINEモバイルを複数台契約しようとされている方でした。
なかなかの商売人的な発想で、個人的には嫌いじゃないのですが、残念ながら、

  • エントリーコード一つにつき、SIMは一契約まで

しか利用できません。
複数のSIMを契約しようとされている方は、契約するSIMの数だけエントリーパッケージを購入する必要があります。

エントリーパッケージはAmazon以外で入手可能?

公式サイトにも記載があるのですが、今のところエントリーパッケージは、

  • Amazonでのみ購入可能

のようです。
今のところ他の店舗やオンラインストアでも販売はされる予定もないようです。
今後ヤフオクなどで中古販売される可能性もありますが、エントリーパッケージはAmazonが唯一の入手先となります。

エントリーコードのメール配送はある?

エントリーパッケージの中にあるエントリーコードさえ分かれば、事務手数料が無料になるんだったら、エントリーコードだけメールで送ってくれてもええやんって感じではあります。
ただ今のところ、

  • エントリーコードのメール配送サービスは無し

のようです。
mineo(マイネオ)など他の格安SIM(MVNO)では、エントリーコードをメールで受け取れることもあるようですが、LINEモバイルでエントリーコードを入手するためには、Amazonからエントリーパッケージを購入するしかありません。

エントリーコードと併用できるキャンペーンはある?

LINEモバイルは、以下のキャンペーンを実施中です。

  • 3GB x 3ヶ月データ容量増量キャンペーン
  • HUAWEIP9lite 10,000円割引キャンペーン
  • BladeV7lite 3,000円割引キャンペーン
  • arrowsM02 2,000円割引キャンペーン

これら全てのキャンペーンは、エントリーコードを使った申し込みと併用可能です。
端末とセット購入の方は、事務手数料無料、端末代金の割引、データ容量の増量と3つもキャンペーンが併用できておトクですね。

まとめ

今回は、LINEモバイルの事務手数料が無料になるエントリーコードについて、解説してきました。
エントリーコードによる事務手数料の割引は、よくある商品の景品や抽選による割引ではなく、これからLINEモバイルに契約される全ての方が利用できる割引なので、エントリーコードの存在を知っているだけで割引を受けることができます。
ほんのひとてまをかけるだけで、2,000円以上おトクになるので、せっかく格安スマホ(MVNO)を申し込みするなら、ぜひ1円でも安くこういう裏技を活用していきたいですね。

LINEモバイルって実際どうなの?料金(LINE/コミュニケーションフリープラン)や特徴、本人確認書類など

LINEモバイルが2016年9月に登場して少し話題になりましたが、その後あまり話題に上がらなくなりましたよね。
TVCMもないですし、しばらく様子見をしてよさそうだったらLINEモバイルにしようかと思っていた人も少なくないはず。
結局LINEモバイルってどうなのか気になります。

shogetsumuryou2

そこで、今回は、発売から数ヶ月たって、ようやくいろいろなサービスや端末が出揃って、今なら実際LINEモバイルってどうなのかを分析していきたいと思います。
結論的には、FacebookやTwitter、LINEやInstagramをよくやる人で、しかもかなりスマホの月額料金を抑えたい人にはオススメです。

LINEモバイルとは?

LINEモバイルは、みなさんがよく使っているアプリのLINEが始めた格安スマホ(MVNO)です。
正確には、LINEの子会社のLINEモバイル株式会社が運営しています。
社長は嘉戸彩乃という方なのですが、ネット上では美人で才色兼備だと、LINEモバイルより話題になっています。
慶應義塾大学→UBS証券を経て、LINEに来て、しかも社長になるというなかなかの絵に描いた餅のようなキャリアを歩んでいる方です。

「LINEが運営している格安SIMってことは、やっぱりLINEはただで使い放題?」

って、思いますよね。
はい、その通りみたいです。
もちろん料金プランによって違いはありますが、LINEだけではなく、TwitterやFacebook、Instagramとの通信はデータ通信量がカウントされない「カウントフリー機能」が特徴的な格安SIMとなっています。

LINEモバイルの料金プランは?

では、次は、LINEモバイルの料金プランについて、解説していきたいと思います。
LINEモバイルには、

  • LINEフリープラン
  • コミュニケーションフリープラン

の2つのプランがあります。
それぞれ、無料で使えるSNSが異なるほか、データ通信量に応じた料金を選ぶことができます。

LINEフリープラン

LINEフリープランは、月々1GBのデータ容量が利用できるプランです。
データ通信量は1GBしか選ぶことはできません。

LINEフリープランには、

  • データSIM(SMSなし)→500円
  • データSIM(SMSあり)→620円
  • 音声SIM→1,200円

の3種類の料金プランから選ぶことができます。
着目すべきは、月額500円のデータSIM(SMSあり)のプランです。
この月額500円でデータSIMを使えるというのは、格安SIM(MVNO)の中でもかなり最安値の水準になっています。

また、このプランは、プラン名そのままなのですが、LINEが無制限に無料で使えます。
通話も含めて、LINEのほとんどの機能が無料なのです。
月間の1GBを超えてしまっても、LINEだけは無料で使い続けられます。

コミュニケーションフリープラン

コミュニケーションプランは、3GB〜10GBからデータ容量を選ぶことができるプランです。
フリープランとの違いは、LINEだけでなく、Twitter、Facebook、Instagramの4つSNSが無料で利用できる点です。
料金プランは、一ヶ月のデータ通信量に応じて、以下のようになっています。

データSIM(SMSあり) 音声SIM
3GB  1,110円 1,690円
5GB  1,640円 2,220円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円

LINEコミュニケーションフリープランにはデータSIM(SMSなし)がありません。
データSIM(SMSあり)か音声SIMのどちらかから選ばないといけません

LINEモバイルの本人確認書類は?

LINEモバイルの申し込み方法をする際に準備が必要なものを解説したいと思います。
LINEモバイルに申し込みするには、他の格安SIM(MVNO)同様、本人確認書類をまず準備する必要があります。

本人確認書類といっても、わざわざコンビニにいってコピーを取って、郵送するみたいなめんどくさい手続きは必要ないので、ご安心ください。
下記の本人確認のいずれかを、スマホのカメラ、デジカメ、スキャナーなどで読み取りアップロードすればOKです。
一応、申し込み内容と本人確認書類の内容が一致しない場合や、書類の不備がある場合又は、お申し込みをキャンセルになりますので、注意してください。

本人確認書類

以下のいずれかの本人確認書類をご準備ください。
ちなみに、マイナンバーカードは使えないので、ご注意ください。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 日本国パスポート+補助書類
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証+補助書類
  • 後期高齢者医療被保険者証+補助書類
  • 届出避難場所証明書
  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障害者保険福祉手帳
  • 特定疾患医療受給証+補助書類
  • 特定疾患医療登録者証+補助書類

補助書類

本人確認書類の中にも、単独では有効にはならず、補助書類が必要な本人確認書類があります。
また、本人確認書類にかかれている住所が、最新のものではない場合、以下の本人確認書類の補助書類をあわせて提出してください。

  • 公共料金領収書
  • 住民票

本人確認書類のアップロード方法

本人確認書類は、LINEモバイルの申し込みの際、

  1. 本人確認書類一覧から提出する書類名を選択
  2. 記載している提出方法を確認し撮影
  3. 画面下部にあるアップロードボタンを押して写真を送信

の3ステップでアップロードしてください。
特に難しかったり、戸惑うことはなく、画面の指示に従うだけです。

結局LINEモバイルって実際どうなの?

結局、LINEモバイルってどうなのということですが、カウントフリー機能がやはり特徴的なので、

「SNS(LINE, Facebook, Twitter, Instagram)をよくやる人で、毎月の携帯代を抑えたい人」

にオススメできるかと思います。

カウントフリー機能というのは、料金プランによって、以下のSNSのデータ通信料が無料になる機能です。

  • LINEフリープラン→LINE
  • コミュニケーションフリープラン→LINE、Twitter、Facebook、Instagram

大体みなさん、普段毎月のデータ通信量を使うといったら、このあたりのSNSのアプリという方が多いかと思います。
LINEだと通話にデータを使いますし、Facebookも最近は動画が多いですよね。
あと、Instagramはいうまでもなく写真データが大きいです。

「でも、どうせデータ通信量をめちゃくちゃ使う機能は有料とかいうオチなんじゃないの??」

って、思いませんか。
私は、そう思っていました。
それで調べたところ、

  • LINE→無料通話+トーク+画像・動画の送受信+タイムライン
  • Twitter→タイムライン表示+画像付きツイート+ツイート+DM(ダイレクトメール)
  • Facebook→タイムライン+画像・動画の投稿+コメント+お知らせ表示
  • Instagram→タイムライン+画像・動画の投稿+アクティビティ+ダイレクトメッセージ

とのことで、全然ほとんどすべての機能が使えます。
LINEで無料通話が出来れば、そもそも通信料よりも電話代も実質的にいらないということになりますよね。

ただ、Snapchatとか、最近出てきた新しいSNSは対象ではありません。
あと、Greeとかmixiみたいなちょっと古いSNSも対象にはならないところが、時代の移り変わりを感じます(笑)

話を元に戻すと、こういうSNSの利用が非常に多く、かつ毎月のスマホ代の月額料金を下げたいという方には、オススメできます。
しかも、通話のほとんどをLINEとかでしているような方だと、完璧ですね。
どれだけでも通話できるので、もし遠距離恋愛しているとか、単身赴任しているとかで、毎月の電話代が高い人も、一番安いプランでLINEモバイルのSIMを持つのも節約になってよいかと思います。

まとめ

LINEモバイルの初月無料は月初と月末どちらに利用開始がいい?締め日から初期費用を抑えるベストな申し込みのタイミングを解説!

LINEモバイルは、初月の月額料金が無料になります!
でも、初月が日割りじゃなく初月無料になる格安スマホ(MVNO)こそ、申し込みのタイミングが重要って知っていますか?

実は、この初月無料、月初と月末のどちらでに利用開始をするかによって、LINEモバイルを無料で利用できる期間が最大30日も変わってくるんです。
LINEモバイルを月初に利用開始すると、1ヶ月分丸々無料でLINEモバイルを利用できる一方、月末に利用開始してしまうと、たった1日で初月無料の特典が終わってしまいます。
LINEモバイルを利用開始するタイミングの差だけで無料期間が全然違うんです。

shogetsumuryou1

ただ、さらに考えないと行けないのは、元々ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアを利用されている方がLINEモバイルにMNPする場合は、ドコモ、au、ソフトバンクの解約違約金や月額料金も考慮して節約を考える必要があります。
LINEモバイルの初月無料を最大限に活用するために、ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアの月額料金を払っていては、むしろドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアの月額料金の方が安いので損をしてしまいます。
その辺りも含めて、今回は、LINEモバイルにいつ申し込むのが結局おトクなの?という点を掘り下げて見ていきたいと思います。

LINEモバイルの初月無料とは?

shogetsumuryou2

LINEモバイルの初月無料は、

「LINEモバイルを利用開始した月の月額料金が無料になる」

というのものです。
通常よくあるケースは、初月の利用料金を日割りしてくれるケースです。
日割りの場合は、1ヶ月まるまるではなく、月の残りの日数を計算して、その分だけの月額料金が請求されます。

でも、LINEモバイルでは、初月が無料になります。
日割りとかけちくさいことはせず、いっそ無料にしてくれます。
思い切っていて、しかも計算とかしなくていい分、ありがたいですね。

初月無料でいくらトクするの?

LINEモバイルの初月の月額料金が無料になることは解説してきました。
ただ、初月が無料になるということは、どれだけおトクになるのでしょうか。
ここでは、初月無料の対象となるLINEモバイルの月額料金の料金プランにどのようなものがあるのか解説していきたいと思います。

LINEモバイルは大きく「LINEフリープラン」と「LINEコミュニケーションフリープラン」の二つのプランがあります。

LINEフリープラン

LINEフリープランは、月々1GBのデータ容量が利用できるプランです。
ただ、月1GBしかデータ容量は使えないのですが、1GBを使い切った後でも、LINEは無料で利用し続けられるのが特徴です。
契約タイプは、データSIM(SMSなし)、データSIM(SMSあり)、音声SIMの3つのタイプがあります。

  • データSIM(SMSなし)→500円
  • データSIM(SMSあり)→620円
  • 音声SIM→1,200円

LINEモバイルが最安値で利用できるのは、月額500円のデータSIM(SMSあり)のプランです。
この月額500円でデータSIMを使えるというのは、格安SIM(MVNO)の中でもかなり安い部類です。
高いところだとmineoの800円/月、安いところだとDMMモバイルやイオンモバイルが480円/月で1GBプランを提供しています。
同じ格安SIM(MVNO)でも、たとえばmineoと比べるとLINEモバイルは300円も安く、年間で3,600円も差が出てきます。
格安SIM(MVNO)の中でも月額料金が安いのがLINEモバイルの特長です。

コミュニケーションフリープラン

コミュニケーションプランは、3GB〜10GBからデータ容量を選ぶことができるプランです。
フリープランとの違いは、LINEだけでなく、Twitter、Facebook、Instagramの4つサービスが無料で利用できる点です。
LINE、Twitter、Facebook、Instagramの4つのSNSはデータ容量を消費せずに利用できるので、これらのSNSを沢山利用する方は、同じ料金プランでも他の格安SIM(MVNO)より沢山ネットが使えるということになります。

データSIM(SMSあり) 音声SIM
3GB  1,110円 1,690円
5GB  1,640円 2,220円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円

LINEコミュニケーションフリープランにはデータSIM(SMSなし)がありません。
データSIM(SMSあり)か音声SIMのどちらかから選ばないといけません。

初月無料を最大限活用できる料金プランは?

初月無料は、初月の月額料金が無料になります。
なので、初月無料を最大限活用するのは、月額料金が一番高いプランになります。
つまり、LINEモバイルで一番大容量のプランは10GBプランで、

  • 音声SIMの10GB⇛月額3,220円

が最もおトクなプランということになります。

「え?でも、そんな大容量とか必要ないよ・・・」

と思うかもしれまえん。
でも、初月はこの大容量の月額料金が高い10GBプランで申し込んでおいて、月末までにプラン変更をすればいいんです。
月末までにプラン変更をLINEモバイルのマイページから行うと、翌月1日から通常のプランに変更をすることができます。
データSIM⇔音声SIMへのプラン変更はできませんが、たとえば10GBプランから3GBプランや、10GBプランから1GBプランへ変更することは可能なので、申し込みの時点では音声SIMにするかデータSIMにするかを決めておいて、月額料金が無料の初月は10GBプランにから始めるのがオススメです。

初月無料の「初月」はいつのこと?

shogetsumuryou4

LINEモバイルの初月というのは、

「LINEモバイルを利用を開始した日〜その月の月末まで」

を指します。
まぁこれは読んで字のごとくですよね。
むしろ重要なのは、この「利用を開始した日」というのがいつかなんです。
Webサイトから申し込みをした日なのか、届いた日なのか、SIMを使い始めた日なのか、一体どこの時点からが「利用を開始した日」になるのでしょうか。

LINEモバイルにオンラインから申し込みをすると大まかには以下のような流れを経てLINEモバイルを使い始めることになります。

  1. 本人確認書類、クレジットカードなど必要書類を準備
  2. オンラインでLINEモバイルに申し込み
  3. 2〜3日でLINEモバイルのSIMが届く
  4. 端末にLINEモバイルのSIMを挿入
  5. 同梱のマニュアルに沿ってAPN設定をする
  6. 端末でインターネットが利用可能になる ←この日が利用開始日

LINEモバイルのウェブページから申し込みボタンを押した日が利用開始日だと思われている方もいるかもしれませんが、利用開始日はLINEモバイルのSIMを使ってインターネットを利用し始めた日になるんですね。
ということは、この利用開始日を1日に持ってくるのが、初月無料を最大限に活かす方法になります。

ちなみに、なかなかこんな方いないとは思いますが、念のため注意点です。LINEモバイルを利用開始した月の月額料金は無料になりますが、利用開始月に解約すると、1ヶ月分の月額料金が丸々発生してしまいます。これはLINEモバイルに契約して、キャンペーンで値引きされている端末だけ入手するといったユーザーを防止するためだと思われます。初月に解約すると、事務手数料3,000円に加えて、月額料金も発生するので注意しましょう。

初月無料を活用するベストな申し込みタイミングは?

shogetsumuryou

LINEモバイルに乗り替える場合に、初期費用を安くするポイントは、

  • LINEモバイルに乗り替えるタイミング
  • 元のドコモ、au、ソフトバンクを解約するタイミング

の2つのタイミングから検討する必要があります。
元々利用している携帯電話の電話番号が変わっても良いという方は、LINEモバイルに新規契約するタイミングだけを考えておけば大丈夫です。
一方、ドコモ、au、ソフトバンクからLINEモバイルにMNP(機種変更)する方は、ドコモ、au、ソフトバンクの解約違約金や解約月の月額料金も考慮する必要があります。
せっかく初月無料になっても、月額料金がそもそも安いLINEモバイルの1ヶ月が無料になるのと、月額料金が倍以上する大手キャリアの今お使いのスマホの月額料金が発生してしまうのだと、圧倒的に後者の方が損をする可能性があります。

以下では、LINEモバイルに新規契約する場合とMNPする場合について、いつLINEモバイルに申し込むのがベストなのかを見ていきたいと思います。

LINEモバイルに新規契約する場合

LINEモバイルに新規契約する場合で、初月無料の特典を最大限受けようとする場合、月下旬にLINEモバイルに申し込むのがベストです。
たとえば、11月25日にLINEモバイルに申し込むと以下のように、月初の12月1日にLINEモバイルを利用開始することが出来て、12月1日〜12月31日まで丸々初月無料の特典を受けることができます。
こんな感じの流れですね↓↓

  • 11月25日→LINEモバイルに申し込み
  • 11月28日→LINEモバイルのSIM到着
  • 11月1日→LINEモバイルのSIMでインターネットに接続

逆に、最も損をしてしまうのは、月末にLINEモバイルを利用開始してしまうことです。
上の例だと、SIMが到着してすぐに11月28日とかにLINEモバイルのSIMでインターネットに接続してしまうと、初月無料期間が3日間で終わってしまいます。
おトクな申し込みのタイミングは、お住いの地域によって郵送期間が変わってくるので、申し込みのタイミングは一概に何日が良いというのは難しいですが、月の下旬に申し込みをして利用開始を1日に持ってくるのが、初月無料を最大限に活用する方法になります。

LINEモバイルにMNP(機種変更)する場合

ドコモ、au、ソフトバンクの解約違約金は9,500円、月額料金はスマホの場合は安くても7,000円程度します。
なので、LINEモバイルにMNPする場合は、LINEモバイルの初月無料を最大に活かすよりも、ドコモ、au、ソフトバンクの解約違約金、月額料金を節約する方が重要になってきます。
ドコモ、au、ソフトバンクの解約違約金は、2年毎にしか無料にならないので、ドコモ、au、ソフトバンクの契約が満了月にMNPされる方と、それ以外の方でドコモ、au、ソフトバンクの解約違約金と月額料金を節約する方法を見ていきます。

解約違約金が発生しない方

解約違約金が発生しない方がLINEモバイルにMNPする場合に注意したいのは、解約月のドコモ、au、ソフトバンクの月額料金です。
たとえば11月にLINEモバイルに申し込む場合に、解約したドコモ、au、ソフトバンクの12月分の月額料金を取られてしまうと、12月はLINEモバイルと元のドコモ、au、ソフトバンクの両方のキャリアで月額料金が発生するので、めちゃくちゃ損ですよね。
以下のタイミングの解約すると、12月分のドコモ、au、ソフトバンクの月額料金を取られなくて済みます。

  • ドコモ→月末解約
  • au→翌月1日解約
  • ソフトバンク→20日解約

MNPする場合にかかるドコモ、au、ソフトバンクの月額料金は、キャリアによってルールが違うのでぞれぞれ見ていきます。

ドコモユーザーの場合

ドコモの月額料金の支払いは末日締めなので、1日に解約をしてしまうと12月分の月額料金を支払う必要があります。
MNPをする方は、LINEモバイルのSIMでインターネットに接続したタイミングでドコモの解約が完了し、それと同時にLINEモバイルが利用開始となります。
そのため、月末にLINEモバイルを利用開始すると、LINEモバイルの初月無料が1日で終わってしまいますが、それでもドコモに7,000円もの月額料金を余計に払うのは損ですよね。
ドコモを契約されている方は、LINEモバイルの初月無料の特典をあまり活用できないものの、なるべく月末に近い日時でLINEモバイルを利用開始するのがオススメです。

auユーザーの場合

auの月額料金の支払いもドコモと同じ末日締めなのですが、2年縛りが解ける方のみ1日に限り当月の月額料金が発生しない仕組みになっています。
たとえば11月にLINEモバイルに申し込みをする場合、

  • 12月1日にauを解約→auの11月分の月額料金のみで、12月分の月額料金は発生しない
  • 12月2日にauを解約→auの11月分、12月分の月額料金が発生する

ということになります。
12月1日にLINEモバイルを利用開始すれば、auの12月分の月額料金も発生せず、LINEモバイルの初月無料が12月1日〜12月31日まで丸々使えるので、LINEモバイルの初月無料がデメリットなく最大限に活用できます。
ただ、2日にLINEモバイルを利用開始すると12月分のauの月額料金が発生してしまうので、LINEモバイルのSIMでインターネットに接続するタイミングは確実に1日でないといけない必要がある点には注意しないといけないですね。

ソフトバンクユーザーの場合

ソフトバンクの月額料金の締め日は20日の方が多いのですが、実は契約したタイミングによって、締め日が10日や30日の方もいます。
ご自身の締め日を確認するには、157に電話をして問い合わせをする必要があります。
2012年以降にソフトバンクに契約した方は20日が締め日の方が多いようなので、ここでは20日締めの方について説明していきます。

20日締めの方は、たとえば11月21日になると12月分の月額料金が発生するので、LINEモバイルを利用開始するのは20日がベストです。
11月15日前後にLINEモバイルに申し込んで、11月20日にLINEモバイルのSIMでインターネットに接続すれば11月20日ソフトバンクの解約が完了するので、ソフトバンクの12月分の月額料金は発生せずに済みます。
LINEモバイルの月額料金は11月21日〜11月30日まで無料で利用できるので、auほどではないですが、初月無料の特典を活用することができます。

スマホアドバイザー

ドコモの場合、初月無料期間は1日で終わってしまいますが、初月無料でもらったデータ容量は翌月末まで繰り越して利用することができます。初月にもらったデータ容量の有効期限は、auと比べると1ヶ月分少なくなりますが、翌月分のデータ容量として利用できるので、初月は10GBプランで申し込む方がおトクなことは変わりありません。ただ、その場合も翌月になってからデータ容量を変更すると10GB分の月額料金が発生してしまうので、申し込みをした月内に、データ容量を小容量のプランに変更しておくという点には注意が必要ですよ。

解約違約金が発生する方

「解約違約金があるから2年経つまでドコモ、au、ソフトバンクに残っておこう」というのはかなり損する場合が多いです。
ドコモ、au、ソフトバンクで支払っている月額料金が7,000円として、LINEモバイルの月額料金は3GBプランの場合1,690円です。
差額は5,310円なので2ヶ月利用すると10,620円になり、解約違約金9,500円を支払ってでも、LINEモバイルに契約した方が安くなることになります。

なので、来月になれば解約違約金が発生しなくなるという方以外は、解約違約金が発生しない方と同様、早めにLINEモバイルに乗り替える方がおトクです。
ドコモ、au、ソフトバンクのベストな解約タイミングは、解約違約金が発生しない方と同じで、

  • ドコモ→当月末解約
  • au→翌月1日解約
  • ソフトバンク→当月20日解約

になります。

スマホアドバイザー

ドコモを利用していて、末日にSIMの切り替え作業をしようとしたら、忙しくて忘れてたということも可能性としてはありますよね。そうすると、ドコモの翌月の月額料金が丸々取られてしまってかなり損です。そこで、LINEモバイルに切り替える前にドコモに連絡して翌月の料金プランを最安にしておくと、SIMの切り替えが遅れてしまった場合も、余計に支払う金額が最小限で済みます。MNPされる場合は、ドコモ、au、ソフトバンクにMNP予約番号を発行してもらう必要があるので、その際に同時に翌月のプラン変更もお願いしておくと良いでしょう。ドコモ、au、ソフトバンクのMNP予約番号は以下に電話をすると発行することができます。

  • ドコモ→151
  • au→0077-75470
  • ソフトバンク→0800-100-5533

いずれも、受付時間は9:00-20:00で、終了間際の20:00近くになると電話が中々繋がらなくなるので、時間に余裕を持って電話をかけるようにしましょう。

まとめ

初月無料と聞くと、初月の日割り計算をしなくていいのでいつ申し込んでも同じと思いがちです。
でも、細かく見ていくとLINEモバイルを利用開始するタイミングによって、初月に使えるデータ容量や、解約するドコモ、au、ソフトバンクの月額料金が大きく変わってくるんです。

LINEモバイルに新規契約される方は、月初に利用開始すれば丸々データ容量をもらうことができます。
一方、LINEモバイルにMNPされる方は、LINEモバイルの初月無料特典よりもドコモ、au、ソフトバンクの翌月分の月額料金を払わなくて済むように解約タイミングを確認するのが、初期費用を抑えるポイントです。
乗り換えのタイミングを見て、初月無料の特典を最大限に活かして、無駄な支払いを抑えるようにしたいですね。

NEXTmobile(ネクストモバイル)って実際どうなの?データ容量12GBで月額2,760円が特徴のポケットWiFi

恥ずかしながら、NEXTmobile(ネクストモバイル)がこんなに話題になっているって知りませんでした!
たしかに、ポケットWiFi(PocketWiFi)が、月間12GB使えて月額2,760円は安くていいですね!

nuro

⇛一番おトクなNEXTmobile(ネクストモバイル)の申し込み先はこちら!

NEXTmobile(ネクストモバイル)で使えるのは、ソフトバンク/ワイモバイルのポケットWiFi。
通常ソフトバンクやワイモバイルだと、月額4,000円程度します。
それが2,760円は、通信費を抑えたい方にはなかなかいいですね。

今回は、NEXTmobile(ネクストモバイル)について、その特徴や評判・口コミを見ていきたいと思います。

NEXTmobile(ネクストモバイル)とは?

NEXTmobile(ネクストモバイル)とは、株式会社 グッド・ラックが提供するソフトバンク系のMVNOです。
なんと福井に本社がある後発型のMVNOサービスで、ポケットWiFiやスマホを提供しています。
ドコモ系やKDDI系のMVNOは多いですが、ソフトバンク系はなかなか珍しいですね。
しかも、福井の会社って、さすがにまだ認知がないのかと思いきや、ネットではその価格のやすさからめちゃくちゃ売れているようです。

ソフトバンク系のMVNOということは、利用する回線はソフトバンク。
ソフトバンクの回線って、都会はたしかにめちゃくちゃ品質がいいのですが、田舎はいまいちな印象があります。
そのソフトバンクの電波を選んで、MVNOを福井の会社が行っているっていうのは、いろいろ考えさせられるものがあります。

もちろんソフトバンクの電波は、実際はいまはかなり改善されています。
通信業界にめっちゃ強いジャーナリストの分析では、ネットワークの品質はドコモ>ソフトバンク>auまで来ているようです。
実際、KDDIの東京における通話中の電話の切断がすごいそうです。
ドコモやソフトバンクで電話がよく切れるなーってことはめったにないですが、auはひどいってみんないいますよね。
なので、ソフトバンク系MVNOといっても、そんなに問題はありません。

NEXTmobile(ネクストモバイル)の電波って大丈夫?

NEXTmobile(ネクストモバイル)って、あまり聞いたことありませんよね。
なので、いざ契約しようか悩んだときに心配になるのは電波。
すこし先走って解説してしまいましたが、NEXTmobile(ネクストモバイル)が使っているのはソフトバンクの電波です。

「え??ソフトバンクってむしろ大丈夫?(笑)」

って、みんな思いますよね。
きっとVodafoneをソフトバンクが買収した当時の電波を経験している方は、絶対にそう思うはずです。

でも、その後、900MHz帯といういわゆるプラチナバンドが総務省から割り当てられ、かなり全国の特に田舎エリアでの電波が改善しています。
一説によると、エリアが2倍くらいに広がったとか広がってないとか。
昔どんなけひどかってんっていう話ですが、いずれにせよ改善したことにはかわりありません。

よくモバイルWiFiルーターを購入しようとすると、みなさんワイモバイル(Ymobile)のポケットWiFiとUQコミュニケーションズのWiMAXで迷われる方が多いです。
どっちがいいかは電波だけでは判断できませんが、電波のよさについては、ワイモバイル(Ymobile)の方がプラチナバンドをオプション追加料金なしで使えるので、優れているといわれているようです。
なので、とくに地方にお住まいの方や出張で地方に行かれることが多い方は、ポケットWiFiを選ばれることが多いですね。

そのソフトバンク/ワイモバイル(Ymobile)と同じ電波なので、NEXTmobile(ネクストモバイル)を使ってそんなにめちゃくちゃ電波が悪いということはないかと思います。

実際、実は私の友人で一人新しいもの好きの人がNEXTmobile(ネクストモバイル)を持っていたので使わせてもらいました。東京の港区三田にいたので、電波が悪いなんてことはありえないのですが、NEXTmobile(ネクストモバイル)でもちゃんと使えました。田舎では、すみません、まだ試していませんが、おそらくソフトバンクの電波ということなので、大丈夫ではないかと思います。

月額2,760円で12GBと激安が特徴

Pocket WiFiでいままで激安といえば、Yahoo WiFiでした。
Yahoo WiFiは、月額料金2,480円で毎月7GBが利用できます。

「え??でも、それじゃあYahooWiFiの方がNEXTmobile(ネクストモバイル)より安くない??」

はい、もちろん、月額料金の単純な比較だと、Yahoo WiFiの方が安いです。
月額2,760円と月額2480円なので、280円だけYahooWiFiの方が安いことになります。
なので、どうしても月額料金の安いポケットWiFiをお探しの方は、これまで通りYahooWiFiがよいかと思います。

⇛月額料金がより安いポケットWiFiを持ちたいという方はこのYahooWiFi

でも、NEXTmobile(ネクストモバイル)は、ほんの月額280円を追加するだけで、

  • YahooWiFi⇛月間データ通信量7GB
  • NEXTmobile(ネクストモバイル)⇛月間データ通信量12GB

と、なんと焼く1.7倍もデータが使えることになります。
コスパでいうと、5GBをたった280円で変えるって、めちゃくちゃいいです。
格安スマホですら、データ単価が5GB280円を切ることはありません。

⇛月額2,760円で12GB使えるNEXTmobile(ネクストモバイル)はこちら

キャッシュバックも高額!

また、NEXTmobile(ネクストモバイル)はキャッシュバックもあります。
ただ、残念ながら、WiMAXのキャッシュバックみたいにモバイルWiFiルーターを購入すればもらえるキャッシュバックではありません。

ドコモやauでスマホを持っている人が、ソフトバンクのスマホに乗り換えた場合に適用されるキャッシュバックです。
ただ、キャッシュバック額はめっちゃでかいです。
2,760円の利用料金12ヶ月分がキャッシュバックされるキャンペーンなので、

2,760×12=33,120円

ということで、なんとキャッシュバックが3万円以上になります。
iPhoneが半額で変えるみたいな感じですね。
そんなに多くないかもしれませんが、モバイルWiFiルーターを購入するついでにスマホも変えようと思っている方には、いい感じのキャンペーンですね。

最短翌日発送なので到着も早い

NEXTmobile(ネクストモバイル)をネットで申し込みすると、最短で翌日発送です。
なので、到着まで何日も待つことはありません。
別にせっかちじゃない人はいいんですが、たとえば、引っ越してすぐで早くインターネット回線がほしいという方は、やっぱり到着まで時間がかかってほしくないものですよね。

格安スマホやキャッシュバック額の多いモバイルWiFiルーターのプロバイダーとかだと、発送まで数営業日かけてくるところもありますが、NEXTmobile(ネクストモバイル)はこの点は安心です。
翌日発送なので、早ければ翌々日には到着すると思います。

注意点・デメリット

NEXTmobile(ネクストモバイル)の最大の注意点は、「使い放題じゃない」という点かと。
最近はWiMAX(ワイマックス)もYmobile(ワイモバイル)も使い放題のプランを出しています。
一昔まえは、月間7GBまでの通信制限が当たり前だったのですが、最近は月間何GB使っても定額という料金体系が主流です。
もちろん使い放題プランのモバイルWiFiルーターは、月額料金も高いので、そもそも安いモバイルWiFiルーターを探している人の検討対象にはならないかとは思いますが、それでももし家で主回線として使おうと思っている方は念のため注意が必要です。

option

ただ、NEXTmobile(ネクストモバイル)は月間12GB使えます。
30日で割ると、1日0.6GB使えることになります。
正直、よほどひたすら動画を見る人じゃない限り、十分といえば十分です。

逆に、YouTubeなどの動画をやたら見る人は、注意してください。
たぶん月12GBじゃたりません。
私はめっちゃYouTubeでドラマを見るので、月30GBくらいつかいます。
なので、普段はWiMAX(ワイマックス)を使っています。

契約期間と解約違約金(いわゆる「縛り」)

残念ながら、NEXTmobile(ネクストモバイル)にも縛りがあります。
これはモバイルWiFiルーターならポケットWiFiもWiMAX(ワイマックス)も含めて、宿命ですね。
一定期間利用せずに解約すると、解約違約金が発生します。
解約違約金は、

  • 26ヶ月以内⇛29,500円
  • 27ヶ月目⇛0円
  • 28ヶ月目以降⇛9,500円

となります。
もしどうしても解約違約金を払いたくないという方は、27ヶ月目にタイミングをあわせて解約してください。

また、端末は購入ではなく、レンタル扱いです。
解約時に返却する必要があります。
もし解約後に端末を返却しない場合、損害金として40,000円が請求されます。
さらに、SIMカードもレンタルなので、端末と一緒に返してください。
もしSIMカードも無くした場合、再発行料の手数料3,000円が必要になります。
さらにさらに、ちょっとけちくさいですが、返却時の送料は利用者負担です。
まぁ格安なモバイルWiFiルーターなので、仕方がないですね、これくらいは。

まとめ

今回は、NEXTmobile(ネクストモバイル)について解説してきました。
全国でTVCMをやっているわけでも、提供元の会社が有名なわけでもないので、まだNEXTmobile(ネクストモバイル)を知っている方はそんなに多くないかと思います。

でも、月額料金を抑えて、それなりに毎月のデータ通信量を使いたいという方には、たしかに魅力的なポケットWiFiですね。
人気がでるのもわかります。

一番おトクなネクストモバイルはこちら

nuroモバイル(ニューロモバイル)の特徴と評判・口コミの徹底分析!通信速度と料金が人気の秘密!

nuroモバイル(ニューロモバイル)が開始され1ヶ月が経ちましたが、評判が非常に良いようですね。
楽天モバイルやmineoみたいにTVCMを流しているわけではないので、まだまだnuroモバイル(ニューロモバイル)ってなにって方も多いかもしれませんが、意外に人気が出てきています。

nuromobile

■一番おトクなnuroモバイルの申し込み先はこちら

nuroといえば、最近テレビCMが流れているnuro光をまず思いつく方も多いかと思います。
じつは、nuro光は、今国内の固定回線(光回線)で最も通信速度の速いプロバイダーです。
NTT光とかOCN光じゃなく、nuro光が一番光回線の中でも速いです。
なので、nuro光を知っている人では、nuro=速い印象がありますが、実際のところとにnuroモバイル(ニューロモバイル)も通信速度の評判がいいようです。
ちなみに、私も、nuroモバイル(ニューロモバイル)が発売されたと聞いて、さっそくビックカメラに立ち寄って、実際にnuroモバイル(ニューロモバイル)の通信速度を試してみたんですが、確かにネットの速度が速いと感じました。

今回は、そんなnuroモバイル(ニューロモバイル)の特徴や口コミ・評判について、解説や分析をしていきたいと思います。

nuroモバイル(ニューロモバイル)の特徴

nuroモバイル(ニューロモバイル)はSo-netというソニーの子会社が提供しているMVNOで、

  • 通信速度の速さ
  • 1GB毎にプランが選べる料金プラン

が特徴の格安SIMです。
通信速度については、まだユーザー数が少ないので、回線が空いているのかもしれません。
料金プランは、実際に最安を追求しているレベルかと思います。

まずは、このnuroモバイル(ニューロモバイル)の特徴について、詳しく見ていきましょう。

料金

nuroモバイル(ニューロモバイル)に契約すると、他の格安SIM(MVNO)と同じように事務手数料、通話料、月額料金の3つがかかります。
それぞれの料金について解説していきます。

事務手数料

  • 3,000円

事務手数料は、他の格安SIM(MVNO)と同じ水準で、3,000円です。
事務手数料はどの格安SIM(MVNO)も同じ3,000円で、高くもなく安くもなくですね。
よくmineoやUQモバイルだとエントリーコードとかで事務手数料を無料にできる方法がありますが、nuroモバイル(ニューロモバイル)では今のところなさそうです。

通話料

  • 1分40円

通話料も他の格安SIM(MVNO)と同じく1分40円です。
nuroモバイル(ニューロモバイル)は10月にサービスを提供し始めたばかりということもあり、電話かけ放題オプションといった+αのサービスはまだありません。
料金面では、料金プランの細かさと月額料金の安さで勝負しているという印象です。

月額料金

nuroモバイル(ニューロモバイル)の料金プランは、ご自身のスマホの利用量に応じて、1GB刻みで料金プランを選べるのが最大の特徴です。
スマホを使ってたら、意外にデータ容量が大量に余ってしまったもしくは、思ったより使い過ぎて速度制限を受けてしまったという経験がある方が多いかと思います。
nuroモバイル(ニューロモバイル)だと、細かく料金プランが選べるので、

  • 面白い動画サイトを見つけたから来月1GBプランを上げる
  • 来月は海外出張だから月額料金を抑えるために最安の2GBプランに下げる
  • 最近データ容量が余りがちだけど、あんまりプランを下げすぎると足りなくなるかもしれないから実験的に1GB下げてみる

などといった無駄のない使い方ができるので、使い勝手がよく評判が高いようですね。
そもそも、毎月ネットを利用する量が同じという方というのはそれほどいないと思いますので、スマホの使い方によって料金プランを細かく変えられるのは便利ですよね。

【データSIM(SMSなし)】
  • 2GBプラン→700円
  • 3GBプラン→900円
  • 4GBプラン→1,110円
  • 5GBプラン→1,300円
  • 6GBプラン→1,500円
  • 7GBプラン→1,700円
  • 8GBプラン→1,900円
  • 9GBプラン→2,100円
  • 10GBプラン→2,300円
【データSIM(SMSあり)】
  • 2GBプラン→850円
  • 3GBプラン→1,050円
  • 4GBプラン→1,250円
  • 5GBプラン→1,450円
  • 6GBプラン→1,650円
  • 7GBプラン→1,850円
  • 8GBプラン→2,050円
  • 9GBプラン→2,250円
  • 10GBプラン→2,450円
【音声SIM】
  • 2GBプラン→1,4000円
  • 3GBプラン→1,600円
  • 4GBプラン→1,800円
  • 5GBプラン→2,000円
  • 6GBプラン→2,220円
  • 7GBプラン→2,400円
  • 8GBプラン→2,600円
  • 9GBプラン→2,800円
  • 10GBプラン→3,000円

ちなみに、月額料金が安い格安SIM(MVNO)というとDMMモバイルが有名です。
DMMモバイルは月額料金が業界最安なのが特徴ですが、他の格安SIM(MVNO)が値下げしてきたらすぐに料金を下げて対抗する、ということを繰り返しており、大体最安料金をしらべるとこのDMMモバイルが候補にあがります。
では、DMMモバイルとnuroモバイル(ニューロモバイル)の月額料金と比べるとどうなのかというと、タイミングによるものの2GB、5GB、8GBの料金プランではnuroモバイル(ニューロモバイル)の方が安いです。
nuroモバイル(ニューロモバイル)の月額料金の安さは、ネット上の口コミを見ても評判になっていて、「通信速度が速くて、月額料金が安いんだったら最強じゃない?」と考えてnuroモバイルを選ばれている方も多いようです。

解約違約金

nuroモバイル(ニューロモバイル)にも解約違約金はあります。
いわゆる縛りというやつですね。

kaiyaku

nuroモバイル(ニューロモバイル)の解約違約金は、

  • 12,000円
  • 1ヶ月経過する毎に1,000円ずつ減額

となっています。
最低契約期間は1年で、1年以内に解約すると最大12,000円の解約違約金が発生します。
ただし、使った月に応じて減額されていくシステムです。

月額料金が安い分、解約違約金は他の格安SIM(MVNO)と比べると、少し割高ですね。
nuroモバイル(ニューロモバイル)に契約してすぐに解約するのは、やめた方がよさそうです。
ただ、nuroモバイル(ニューロモバイル)を1ヶ月利用する毎に解約違約金は1,000円ずつ減っていくので、例えば4ヶ月利用すると解約違約金が9,000円で済みます。
他の格安SIM(MVNO)では解約違約金が1年間ずっと9,500円というところが多いので、4ヶ月以上利用すれば、他の格安SIM(MVNO)よりも解約違約金を安く抑えることができます。
格安SIM(MVNO)の月額料金は毎月のように変わり、キャンペーンを新たに始めることも多いので、解約して別のSIMに乗り替えやすいのもnuroモバイルのメリットです。

通信速度

先日、ソニープラザという最新のソニー製品が体感できるショールームに行った際に、So-netが提供しているnuro光のネットの速度を試してみました。
世界最速の2Gbpsってどんなくらいの速度なんだろうと思ってパソコンを触ってみたら、確かにネットの速度がめちゃくちゃ速かったです。

そうなると、当然、同じSo-netが提供するnuroモバイル(ニューロモバイル)にも期待を持ってしまうのですが、格安SIM(MVNO)のnuroモバイル(ニューロモバイル)の通信速度はどのくらいの通信速度なのでしょうか。

すでにnuroモバイルを購入した知人と、実際に各MVNOの通信速度を測定してきました。
測定した場所は渋谷の住宅街で、夕方の11月3日の15時頃の下りの通信速度結果です。
下りの通信速度とは、YahooやTwitterなどページを開いた時にページを読み込む時の通信速度のことで、この値が高いとスマホを使った時にストレスなくネットが使えることになります。
通信速度が1Mbps以下だと、Yahooのトップページ見る時に中々次のページに行かなかったり、Twitterのツイートの読み込みに時間がかかったり、動画を見ている途中で止まることがあります。
1Mbpsを超えているかどうかが、ストレスなくスマホでネットを見れるかどうかの目安という感じです。

【格安SIM(MVNO)通信速度比較(11月3日15時・渋谷)】
  1. ワイモバイル(Ymobile)→35.22Mbps
  2. UQモバイル→15.22Mbps
  3. nuroモバイル→8.53Mbps
  4. mineo(マイネオ)→7.88Mbps
  5. LINEモバイル→7.54Mbps
  6. ロケットモバイル→7.50Mbps
  7. イオンモバイル→5.81Mbps
  8. DTI SIM→5.43Mbpz
  9. hi-ho(ハイホー)→4.32Mbps
  10. LEQUIOSmobile→4.11Mbps
  11. TNC→3.67Mbps
  12. TikimoSIM→3.13Mbps
  13. スマモバ→3.28Mbps
  14. GMOとくとくBB→2.44Mbps
  15. BBIQスマホ→2.40Mbps
  16. SeversManSIM→2.29Mbps
  17. FiiMo→2.20Mbps
  18. AsahiNet→2.11Mbps
  19. Wonderlink→1.05Mbps
  20. NifMo(ニフモ)→0.78Mbps
  21. DMMモバイル→0.77Mbps
  22. IIJmio(みおふぉん)→0.55Mbps
  23. ぷららモバイル→0.51Mbps
  24. OCNモバイルONE→0.44Mbps
  25. U-mobile→0.39Mbps
  26. b-mobile→0.39Mbps
  27. 楽天モバイル→0.32Mbps
  28. BIGLOBE(ビッグローブ)→0.21Mbps

通信速度は、道路の混み具合と同じと言われています。
周囲に同じ通信キャリアのスマホを使っている人が多いと、通信速度が遅くなります。
ちょうど道路が渋滞するイメージです。
契約者が多いOCNモバイルONEや楽天モバイルなどの格安SIM(MVNO)は、必然的に通信速度も遅りがちです。
nuroモバイル(ニューロモバイル)の通信速度が速くなっているのは、まだ発売されて間がないため、ユーザ数が少なく、道路がスカスカなのかもしれあません。

実際に知人のnuroモバイル(ニューロモバイル)を借りて試してみたところ、ページの読み込みが遅いという不満はなく、高画質のYoutubeの動画を再生する時もパソコンで見るのとそれほど変わらない速度で再生することが出来ました。
通信速度は評判通りに快適な感じでした。
もっとも、今契約者数が少ないから快適なだけかもしれないので、今後nuroモバイル(ニューロモバイル)の契約者が増えると、通信速度が下がってくる可能性もあります。

スマホアドバイザー

多くの格安SIM(MVNO)と同じく、nuroモバイルにも3日間の速度制限というものがあります。3日間の速度制限とは、直近3日間で利用したデータ容量が一定以上超えると、しばらくの間通信速度が200Kbpsに低速化される仕組みです。nuroモバイル(ニューロモバイル)では、どれだけネットを使うと3日間の速度制限に引っ掛かるかは明らかにされていませんが、かりに通信速度の制限を受けたとしても、速度制限にかかった日の翌深夜〜朝方まで待つと制限が解除され、通常の通信速度に戻るようです。

端末

続いてnuroモバイル(ニューロモバイル)でセット販売されている端末について見ていきましょう。
nuroモバイル(ニューロモバイル)では、発売当初の2016年11月現在では、以下の3機種をSIMの契約と同時に購入することができます。

  • ZenFone3→分割1,971円x24回(合計47,304円)
  • arrowsM03→分割1,417円x24回(合計34,008円)
  • BladeE03→分割583円x24回(合計13,992円)

では、それぞれの端末の特徴をみていきたいと思います。

◆ZenFone3

zenfone3

ZenFone3はハイレゾ音源の再生、4Kの動画撮影など高性能なサウンドやなカメラが楽しめるハイスペック端末です。

先日電化製品の展示会にいって、ハイレゾ音源対応のスピーカーから出るモーツァルトとかベートベンを聞いてきたのですが、めちゃくちゃいい音でした。
さすがソニーです。
あと、4Kの動画撮影も、同じ展示会で試してみたんですが、解像度が4Kの動画を大きな液晶テレビに写してみたら、めちゃくちゃキレイですね。

【ZenFone3のスペック】
  • サイズ(幅x高さx厚さ)→幅73.9mm x 高さ146.8mm x 厚さ7.6mm
  • 重さ→144g
  • CPU→Qualcomm Snapdragon 625 (オクタコアCPU)
  • カメラ→背面→背面カメラ 1,600万画素, 前面カメラ 800万画素
  • バッテリー容量→2200mAh
  • ディスプレイ→5.0インチ 720×1280 HD
  • RAM/ROM→3GB/32GB
  • SIMカード→microSIMスロット
  • 外部メモリ→microSD対応 ※nanoSIMスロットと共有
  • OS→Android™ 6.0.1
  • Wi-Fi→IEEE802.11a/b/g/n/ac
  • 最大通信速度→下り300Mbps/上り50Mbps

特にZenFone3はカメラ機能に定評があり、デジカメだったら4-5万円する性能のカメラが入っています。
端末価格が総額47,304円とやや高めですが、デザインも高級感があって、アプリを沢山立ち上げてもサクサク動くので、価格に見合うだけの価値は十分ある機種だと思います。

◆arrowsM03

arrowsm03

arrowsM03は国産の富士通製のスマホで、壊れにくい頑丈な端末です。
arrowsM03は特に、

  • 落としたりしても物理的に壊れない耐久性
  • スマホを操作していて急にシャットダウンしたり、端末がフリーズしてしまったりしないという動作の安定性

の2点が優れています。

一つ目の耐久性ですが、arrowsM03はディスプレイがGorilla Glassという硬度の高いガラスで出来ているため、机からスマホを落としたくらいでは画面は割れません。
arrowsM03は総額34,008円とそれほど安い端末ではないので、24回支払う前に壊れてしまったらかなり痛手になりますが、一番壊れやすいディスプレイが衝撃に強い素材で出来ているのは安心感がありますよね。

二つ目の動作の安定性については、国産のスマホとしては当たり前なのですが、Huaweiなどの中華メーカーのスマホと比べてみるとその差は歴然です。
中華系のスマホだと、最初は全然問題なく電話もネットもできるのですが、次第に電話をしている時に急に電源が落ちたり、沢山アプリを立ち上げると画面が真っ暗になったりして、やっぱり電化製品は国産に限ると感じたことがあります。
スペック上は国産メーカーよりむしろ中華メーカーの方が上だったりしますが、長くスマホを利用するなら、国産のスマホの方が今はいい印象です。

【arrowsM03のスペック】
  • サイズ(幅x高さx厚さ)→幅72mm×高さ144mm×厚さ7.8mm
  • 重さ→141g
  • CPU→MSM8916 1.2GHz Quad Core
  • カメラ→背面カメラ 1310万画素 CMOS, 前面カメラ 500万画素 CMOS
  • バッテリー容量→2580mAh
  • ディスプレイ→5.0インチHD IPS液晶(720×1280)
  • RAM/ROM→2GB/16GB
  • SIMカード→nano SIM×1
  • 外部メモリ→microSD対応
  • OS→Android™ 6.0
  • Wi-Fi→IEEE802.11a/b/g/n
  • 最大通信速度→下り150Mbps/上り50Mbps

富士通のスマホの開発工場を見学したことがあるのですが、プレス機みたいなものでディスプレイも何千回も叩いたり、1mくらいある筒の中に水を溜めてそこにスマホを沈めたり色んな試験をしていました。
万一初期不良がありましたら、1年間は無償で修理対応させて頂きますという説明もあり、メーカーでの修理もかなり信頼できます。
外観もがっちりしていていかにも頑丈そうなスマホで、とても安心感のある端末です。

◆BladeE03

bladee03

BladeE03は1万円台のnuroモバイル最安のスマホです。
1万円台のスマホって大丈夫?と疑いたくなりますが、実際にビックカメラに行って操作してみたところ、ネットを使った時の反応速度は意外に速くて「全然これでいいんじゃないの?」と驚きました。
TwitterやInstagramなどの画像の多いメモリを使うサービスをやってみると、画像の読み込みがちょっと時間がかかる場合もありますが、ヤフーのトップページなど比較的文字が多いサイトであれば、ZenFone3やarrowsM03とサイト閲覧にそれほど大きな差はないと感じると思います。

【BladeE03のスペック】
  • サイズ(幅x高さx厚さ)→幅71mm×高さ142.5mm×厚さ7.8mm
  • 重さ→155g
  • CPU→Quad-Core MT6735P(1.0GHz)
  • カメラ→背面カメラ 800万画素 前面カメラ 500万画素
  • バッテリー容量→2200mAh
  • ディスプレイ→5.0インチ 720×1280 HD
  • RAM/ROM→1GB/8GB
  • SIMカード→Dual nano SIM
  • 外部メモリ→microSD
  • OS→Android™ 5.1
  • Wi-Fi→IEEE802.11 b/g/n
  • 最大通信速度→下り150Mbps/上り50Mbps

安いスマホを選ぶ上時に、長く使える少し高めの端末を買っておくという考え方がありますが、BladeE03のように格安の端末を買って壊れたら買い替えるという方法もあります。
iPhoneなど高い端末を買っても、1年くらい経つと急にバッテリーの持ちが悪くなり、フル充電しても電池が1日持たないということもそれほど珍しくありません。
それだったらとりあえずBladeE03のような格安スマホを買って、壊れなかったらそのまま使って、不具合が起きたらAmazonなどで安いSIMフリースマホを買うというのも一つの節約のやり方ですね。

オプション

security

nuroモバイル(ニューロモバイル)のオプションはとてもシンプルで、本当に必要な最低限のものに絞られています。
以下5つのオプションの中では、迷惑電話ストップサービスだけは申し込み不要で利用することが出来ます。

  • 転送電話→月額料金0円
  • 迷惑電話ストップサービス→月額料金0円
  • 国際電話・国際SMS・国際ローミング→月額料金0円
  • キャッチホン→月額200円
  • 留守番電話→月額300円

上記以外に、端末とセットで購入するとスマートフォンセキュリティというセキュリティオプションを無料で付けることが出来ます。
スマートフォンセキュリティは、ウィルスに感染する可能性のあるサイトへのアクセスを自動的にブロックしてくれるアプリで、架空請求や個人情報の流出の被害に合うリスクを減らしてくれるサービスです。
通常月額300円の有料オプションなので、2年も使えば12,000円も節約できることになります。

nuroモバイル(ニューロモバイル)のどのSIMがおトク?

nuroモバイル(ニューロモバイル)は、端末やオプションなどはシンプルですが、SIMの種類が実は多いんです。
nuroモバイル(ニューロモバイル)のSIMを通常のSIMの契約とは別に、以下のような3つのSIMのタイプがあります。

  1. 0SIM
  2. MILEAGE SIM
  3. プリペイドSIM

0SIMやMILEAGE SIMはnuroモバイル独自のサービスです。
使う人は限られているかもしれませんが、人によってはめちゃくちゃ便利と感じる方もいらっしゃると思います。

それぞれの特徴について解説していきます。

0SIM

0sim

0SIMとは、毎月500MB未満まで無料でネットが使えるプランです。
その後100MBごとに100円が自動課金されて、5GBで自動課金がストップします。
データSIM(SMSなし)の月額料金は以下の通りです。

  • 600MB〜2GB→100MBごとに100円ずつ増額
  • 2GB〜5GB→1,600円

事務手数料は一律3,394円で、SMSを付けると月額+150円、音声SIMだと月額+700円になります。

毎月2GB以上利用される方にとっては通常の音声SIM、データSIMプランの方が安いですが、スマホでネットを全然使わない月があったり、スマホを予備にもう一台持っておくという方には、月額料金を節約できるプランですね。
0SIMも、通常のプランと同様に音声SIM、データSIM(SMSあり)、データSIM(SMSなし)の3つのプランを選ぶことができます。

MILEAGE SIM

mileage-sim

MILEAGE SIMはスマホの利用量に応じてANAのマイルが貯まるSIMです。
特に何も意識しなくてもスマホを使ってるだけでマイルが貯まっていくので、海外旅行が趣味の方や海外出張が多い方で、マイルを貯めている方に人気のようです。
300MB使うごとに10マイル貯まるので、例えば2年間毎月7GB利用すると2,300マイル貯まります。

MILEAGE SIMは通常の音声SIM、データSIMのように1GB刻みの料金プランではなく、

  • 3.5GB→1,100円/月
  • 7GB→2,100円/月

の二つのプランがあります。
事務手数料は通常プランと同額の3,000円で、SMSを付けると月額+140円、音声SIMだと月額+700円になります。
データ容量プランが通常のnuroモバイル(ニューロモバイル)のSIMと違って、3.5GBや7GBなど大容量のプランしかありません。
Dropboxなどのオンライン上のストレージを利用したり、ネット検索をよく利用して3GB以上利用する方であれば、マイルも貯まるのでMILEAGE SIMにするというのも良いと思います。

プリペイドSIM

prepaid

プリペイドSIMは30日間だけインターネットが使えるSIMです。
主に海外旅行に来た外国人や一時的に日本に滞在する留学生が利用するSIMで、全国の空港やAmazonなどで契約できます。
料金プランは購入する場所によって違うようですが、Amazonだと2GBプラン→3,700円、12GBプラン→13,500円で購入することが出来ます。
事務手数料3,000円がかからないので、短期的に日本で利用する場合はプリペイドSIMの方がおトクな場合もあります。

neroモバイル(ニューロモバイル)の口コミ・評判

nuro

16年10月にサービスを提供し始めたばかりのnuroモバイル(ニューロモバイル)ですが、特に使い方に応じて自由に選べる料金プランや通信速度の速さで評判がいいようです。
ここでは、nuroモバイル(ニューロモバイル)の口コミや評判を見ていきましょう。

料金

料金プランが2GBから10GBまで1GB刻みで料金が選べて、2GB、5GB、8GBプランについては業界最安の月額料金です。
nuroモバイルがDMMモバイルとイオンモバイルよりも安い料金を仕掛けてきたことが、どのように捉えられているのか気になるところです。

◆いい評判

nuroモバイル(ニューロモバイル)は、nuro光の通信速度が速いことを知っていて「nuroブランドのSIMだったら間違いない」と考える方や比較的MVNOや固定回線に詳しい方を中心に使い始めているようですね。
nuroモバイル(ニューロモバイル)はまだサービスを提供し始めたばかりで、利用者はスマホに詳しめの方が中心ですが、自分に合った料金プランを選べて悪いことはないので、スマホ初心者の方も今後少しずつ利用者が増えていくと思います。

これまでドコモを使っていて、月額料金を安くしたくてnuroモバイル(ニューロモバイル)に乗り替えました。ドコモを利用している時は、毎月データ容量を使い切れない時があって多い時は2GBくらいデータ容量が余る月がありました。nuroモバイル(ニューロモバイル)は1GB刻みでデータ容量が選べるので、何度かプラン変更をしながら、自分が消費するデータ容量に合ったプランを見つけたいと思います。

業界最安のDMMとnuroモバイル(ニューロモバイル)のどちらにしようか迷っていたのですが、料金表を調べていたら2GBと5GBと8GBはnuroモバイルの方が安いです。私は5GBのプランを普段のプランにして、通勤時間に見てるYoutubeのですが、通常の5GBプランで足りなくなったら8GBに変えようと思います。海外出張などで全然スマホを使わない時もあるのですが、海外出張の際は2GBにに変更するなど、スマホの利用状況に応じて無駄なく料金プランを選べるのが良いですね。

毎月3GBをちょっと超えるくらいだったので、月末になると速度制限を受けて、低速状態でスマホを利用していました。どうしても高速通信でネットを利用しないといけない時は、データ容量を追加購入していたのですが、500MBで500円と結構割高なんですよね。nuroモバイル(ニューロモバイル)は他社にはない4GBプランがあるので、助かっています。4GBプランはイオンモバイルもあるのですが、イオンのSIMって大丈夫?と思うところがあって、ネットの速度が速いnuroモバイルで4GBを使えて良かったです。

月額料金の割引や事務手数料無料といったキャンペーンがなくても、nuroモバイル(ニューロモバイル)を早くも使い始めたというのは、1GB毎に選べる料金プランを利用して、無駄のない料金プランでスマホを使いたいという方が多いようです。
ただ、自分が何GB使っているというのは把握していない方がほとんどだと思います。
最初は、最安で使える2GB、5GB、8GBの中から、ネットはほとんど使わないから2GB、データ容量は気にしたくないから8GBというように、それほど神経質にならずに選べば良いと思います。

◆悪い評判

nuroモバイル(ニューロモバイル)は良くも悪くも料金プランがシンプルなので、キャンペーンや割引目当ての方には物足りなく感じる方もいるようです。
長く同じ格安SIM(MVNO)を使う方であれば、nuroモバイル(ニューロモバイル)は安いのですが、半年や1年など短期的に解約する方にとっては、事務手数料無料や最初の数ヶ月に月額料金の割引が受けられる格安SIM(MVNO)の方がいい場合もあります。

たしかに月額料金は安いのですが、mineoだったら事務手数料無料のキャンペーンをやってたり、U-mobileだったら月額料金の割引を受けられるので、もっと得なMVNOはあったなと契約後に知りました。
1年nuroモバイル(ニューロモバイル)を使ったら、キャンペーンをやってる他のMVNOに乗り換えてもいいかなと思ってます。

nuro光を使っているので、nuroモバイル(ニューロモバイル)にしてみましたが、同じnuroにしたからといって割引がある訳でもないようです。ソフトバンクを使っていた時は、家の固定回線をソフトバンクにすると、自分も家族もスマホの月額料金が1,500円も割引を受けられたので、nuro光契約者でも割引があると期待してたんですが。せっかくSo-netに沢山お金を払ってるんだから、少しくらい割引があってもいいんじゃないと思いますが、元々月額料金の安いMVNOだからしょうがないんですかねぇ。

月額料金が1GB刻みで選べるから、自分のデータ利用量によって無駄のないプランにできると思ったのですが、実際使ってみたら結局プラン変更とかしないなと思いました。実際ドコモを使ってる時は、毎月1GBずつくらい余らせて、そのまま放置してましたし。とりあえず5GBはMVNOの中でも安いと聞いたので、5GBのまま使っていこうかなと思います。

たしかに格安SIM(MVNO)の中には、派手なキャンペーンを実施しているところも多く、nuroモバイル(ニューロモバイル)はどちらかというと地味な格安SIM(MVNO)に分類されます。
キャンペーンは契約時もしくは、最初の数ヶ月だけ割引が受けられるというものが多いので2年間の総額で考えるとそれほど安くならないことが多いのですが、nuroモバイル(ニューロモバイル)は表面的なお得感がないということは言えるかもしれません。

通信速度

私がnuroモバイル(ニューロモバイル)を試してみた時は、さすがnuroブランドのMVNOだなぁと思ったのですが、他の方がnuroモバイル(ニューロモバイル)の通信速度をどのように感じているのかも見てみましょう。

◆いい評判

通信速度は、口コミ・評判を見ていく限り、nuroモバイル(ニューロモバイル)は速いという声はとても多いですね。

楽天モバイルを1年ほど使っていたのですが、契約者数が増えたのか、夕方になると「速度制限に引っ掛かったのか?」と思うほど、低速になる日が続きました。MVNOの中でも通信速度が速そうなところを探していて、nuroモバイル(ニューロモバイル)にしてみたのですが、夕方の低速状態が解消されて非常に満足しています。契約者数が増えて、速度が遅くなるのはいやなので、あまり知られて欲しくないですが、ドコモ系のMVNOでは通信速度が速く料金も安いので、一番使えるMVNOだと思います。

 電車に乗って移動することが多いのですが、乗車乗り替えのアプリを利用して、電車の時間を調べる時にネットの速度が速いと助かるなぁと思っていました。電車の中でもメールの確認をしたり、結構色んなアプリを立ち上げたりするのですが、nuroモバイル(ニューロモバイル)にしてから作業が捗って、かなり効率的になったと思います。

MVNOは何十社もあるので、何を基準に選んで良いか迷っていましたが、よくよく見てみると、月額料金は100円前後しか差がありませんでした。逆に通信速度は、結構な差があるようなので、通信速度の速さで選べば間違いないと思いました。nuroモバイルはなんとなくブランドの信頼性もあって、nuro光で通信速度の実績もあるので、nuroモバイル(ニューロモバイル)に切り替えたのですが、動画やネット検索をしていて、前使ってたソフトバンクと全く違いを感じません。月額料金は安くしたいけど、通信速度を犠牲にしたくない方にはnuroモバイル(ニューロモバイル)はオススメだと思います。

◆悪い評判

口コミの量としてはそれほど多くなかったのですが、nuroモバイル(ニューロモバイル)の通信速度が思った程速くなかったと感じている方もいるようです。
ただ、さすがに格安SIMなので、大手キャリアと同じ通信速度を期待して乗り換えても意味がありません。
ある程度は遅いのを覚悟してください。
それでも、格安SIMの中では、速い分類に入りますし、実際に使う上での不都合はなく、むしろ満足されている方が多いです。

nuro光が世界最速ということで、nuroモバイル(ニューロモバイル)にも期待していたのですが、かなりモタモタしています。地下鉄に乗って移動している時は、ネットの検索で画面が表示されるまで30秒くらいかかるので、なるべく検索は辞めて電子書籍など通信速度をあまり使わないアプリを利用することにしています。場所によってはネットが速い場合もあるのですが、私の移動圏内ではnuroモバイル(ニューロモバイル)の通信速度は遅いことが多いです。

よくnuro光が世界最速だからnuroモバイルも速いと勘違いされている方がいますが、nuro光はNTTの回線でnuroモバイル(ニューロモバイル)はドコモの回線なので、この二つはあんまり関係ありません。
たしかにnuro光は他のフレッツ光と比べてもかなり通信速度は速いのですが、nuroモバイル(ニューロモバイル)はそれほどの感動はありませんでした。普通のMVNOと思っておく方が良いでしょう。

端末

nuroモバイル(ニューロモバイル)の端末はZenFone3、arrowsM03、BladeE03の3機種をセット販売端末として購入できます。
いずれも人気機種で、スペック重視の方から料金重視の方まで幅広いニーズをカバーしているラインナップです。

◆いい評判

2-3年前だと、ドコモ、au、ソフトバンクで取り扱っている端末と、格安SIM(MVNO)で取り扱っている端末では、処理性能などでかなりの差がありました。
最近は格安SIM(MVNO)とドコモ、au、ソフトバンクで取り扱っている端末でそれほど性能に差がなくなってきていて、口コミを見ても端末代金が安い機種でも十分使えるという声が多いです。

iPhone6を使っていたのですが、画面が割れてしまったので、nuroモバイルに乗り換えと同時に、ZenFone3を購入しました。Twitterを見たり、GoogleMapを見たりする時の画像の読み込みがZenFone3の方が圧倒的に速いです。ASUSというメーカーであまり知らなかったのですが、今まで端末代金に10万円近く払っていたのが半額になったので、もうiPhoneを利用することはないだろうと思うほどZenFone3に満足しています。

価格.comのレビューを見て、評判が良かったのでarrowsM03にしました。防水・防塵、ワンセグが付いてて、3万円代はかなりコストパフォーマンスが良いと思います。日本製で安心感もあり、動作も安定しているので、勝って良かったと思いました。

とにかく月額料金を抑えようと思って、nuroモバイルで一番安いBladeE03にしました。月額の分割払いだと500円程度なので、オプション一つ付けるのと変わらない値段で、ちょっと不安になるほど安いです。ネットで調べ物をしたり、音楽を聞いたりして使っているのですが、5万、6万もする端末と何が変わるのか分からないくらい普通に使えます。たしかにデザインはややチープかもしれませんが、カバーを付けてるのであんまり気になりません。

arrowsM03の前モデルになるarrowsM02は、価格と性能のバランスが良いということで、MM総研が主催するMM総研大賞2016の格安スマホ部門で1位を獲得しています。
arrowsM03はarrowsM02の性能をさらにバージョンアップさせた機種で、価格.comなどでもかなり評判の良い機種です。
どの機種もそれぞれ魅力はありますが、どれか1機種選ぶとしたら満足度が高くて長く利用できるarrowsM03がオススメです。

◆悪い評判

nuroモバイル(ニューロモバイル)は端末の機種としては魅力的なものを揃えていますが、端末の割引がなかったり、一括払いができないといったデメリットもあり、その辺りをネガティブに捉えている口コミがあります。

楽天モバイルだとZenFone3、arrowsM03、BladeE03がそれぞれ数千円引きで購入することができます。通信速度に難があるので楽天モバイルにはしなかったのですが、端末代金の月々の支払いに占める割合は結構大きいので、nuroモバイル(ニューロモバイル)でも端末の割り引きをしてくれるともっといいんですが。

月額料金を抑えたいので、端末は一括で払っておきたいのですが、nuroモバイル(ニューロモバイル)は一括払いが選べないんですね。総額で払う料金は変わらないので、問題ないと言えば問題ないのですが、気分的に一括が選べたら一括にしたいです。

BladeE03を買ったのですが、1週間くらい使ってたら、急に電源が落ちて動かなくなりました。やっぱり安いのに手を出すとこういうことも起きるんだって感じです。ハズレぐじを引いたみたいで、若干落ち込んでます。

nuroモバイル(ニューロモバイル)はキャンペーンがあまりなく、通信速度で勝負している格安SIM(MVNO)なので、端末の割引などは正直言って弱いです。
またnuroモバイル(ニューロモバイル)は一括払いに対応しておらず、不満に思う方もいるようです。

オプション

nuroモバイル(ニューロモバイル)のオプションは、シンプルですが必要最低限のものは揃っています。
オプションについて口コミをしている方はそれほど多くなかったのですが、いい評判、悪い評判をそれぞれ見ていこうと思います。

◆いい評判

オプションは多い所だと、楽天モバイルのように10個以上のオプションがある格安SIM(MVNO)もありますが、nuroモバイル(ニューロモバイル)は留守電など基本的なオプション6つです。
数は少なくても、一部オプションについては以下のように好評のようです。

迷惑電話が多くて困っていたのですが、nuroモバイルには申し込み不要で、迷惑電話対策ができるオプションが付いています。他のMVNOでは非通知の着信拒否ができませんが、nuroモバイルの迷惑電話ブロックサービスでは可能なので、迷惑電話の拒否登録をしている内に、迷惑電話がほとんどかかってこなくすることができました。

通常月額300円のオプションがセット販売端末を購入すると無料で利用できます。端末はBladeE03を購入したのですが、端末代金は大体月額500円程度。毎月300円ずつトクなので、月々の支払いがかなり抑えられていると思います。

セキュリティオプションはウィルスからスマホを守るだけでなく、端末を紛失した時にGPS機能を使って、端末の位置をパソコンやタブレットから確認する機能が付いているサービスです。
nuroモバイル(ニューロモバイル)のスマートフォンセキュリティは、ドイツのセキュリティの信頼度を調査する機関「AV-TEST」で最高ランクの性能と評価されていて、かなり信頼性の高いウィルス対策アプリのようです。

◆悪い評判

反対に、オプションの数が少ないゆえにこんなオプションがあったら良かったのといった要望や不満もあるようです。

通話が結構多いので、通話定額オプションがあると助かったのですが、nuroモバイル(ニューロモバイル)の通話料は1分40円なんですね。友達に待ち合わせで連絡したり、カード会社など事務連絡をしたりで細かな通話が結構多いので、月額料金が少し割高になりそうで心配です。

nuroモバイル(ニューロモバイル)は1GBごとに料金プランを選べていいのですが、データ容量追加がかなり高いです。100MB追加で500円なので、他のMVNOと比べると5倍ですね。データ容量を追加しないでプラン変更をしろってことなのでしょうが、さすがに高すぎでしょと思います。

nuroモバイル(ニューロモバイル)はまだまだサービスが始まったばかりでかけ放題オプションなどのオプションがないので、電話を沢山する方にはちょっと不便かもしれません。
また、データ容量の追加は口コミの方が言っているようにかなり割高です。
データ容量が1GB毎に選べるので、沢山ネットを使いそうな時は、少しデータ容量の大きいプランを選んでおくと良いかもしれません。
nuroモバイル(ニューロモバイル)ではデータ容量繰り越しにも対応しているので、余ったデータ容量は翌月に回せるので、データ容量を使い切れなかったとしても損がないです。

スマホアドバイザー

nuroモバイル(ニューロモバイル)は端末の数やキャンペーンがそれほど豊富ではなく、どちらかというと地味な印象のnuroモバイルですが、「月額料金が安く通信速度が速い」というシンプルな特徴が、スマホ初心者の方からマニアックな方まで幅広く支持されているようです。余計なオプションは要らないから月額料金が安いMVNOが良いとか、料金は安くてもネットが繋がりづらかったりするのはイヤだという方に好評なようですね。

nuroモバイル(ニューロモバイル)の注意点!

lalacalldemerit

料金や通信速度については、特に評判の良いnuroモバイル(ニューロモバイル)ですが、新しいMVNOがゆえにあまり知られていない注意点もあります。
契約後にこんなはずじゃなかった!とならないように特に問題になりそうな点について確認していきましょう。

電話かけ放題プランがない

格安SIM・格安スマホ(MVNO)でも、ドコモ、au、ソフトバンクで提供されているような電話かけ放題プランを提供している事業者が増えてきましたが、nuroモバイル(ニューロモバイル)には電話かけ放題サービスはありません。
電話を沢山かける方は、楽天でんわなど格安で電話がかけられる通話アプリを利用すると良いでしょう。
楽天でんわなどの通話料が半額で固定電話にもかけられるアプリは、nuroモバイル(ニューロモバイル)の利用者でも使えるので、通話料節約に使えます。

データ容量追加の料金が高い

nuroモバイルは月額料金が1GB刻みで細かく選べる分、月途中でデータ容量を追加する場合の料金が割高です。

  • 100MB追加→500円
  • 500MB追加→2,100円
  • 1GB追加→3,800円

他の格安SIM・格安スマホ(MVNO)だと、500MBで500円が一般的なので、nuroモバイルのデータ容量追加の料金はかなり高いですね。

データ容量を使い切ってしまって速度制限に引っかかってしまった場合は、当月中は我慢して、データ容量を大容量のプランに変更する方が良いかもしれませんね。
何度も速度制限に掛かってしまう場合は、料金プランの変更は無料でできるので、前もって少し大容量のプランに変更しておくのがオススメです。

0SIMは3ヶ月間利用しないと自動解約

500MBまで月額料金が無料で利用できる0SIMですが、3ヶ月全くネットを使わないと自動的に解約されます。
1MBでもネットを使えば解約とはならないので、2台目のスマホに0SIMを利用される方などは特に注意が必要ですね。

まとめ

今回は、2016年9月にはじまったばかりのnuroモバイル(ニューロモバイル)について、特徴や口コミ、評判を解説してきました。
最初は微妙なネーミングで、売れないんだろうなと思っていたのですが、料金のやすさとnuro光のイメージから、意外と売れているようです。

口コミや評判も徹底的に分析してみたのですが、正直悪くないです。
もちろん全員が全員にフィットする格安SIMはないので、使い方があわずネガティブなことを書かれている方もいらっしゃいます。
ただ、大方がポジティブで、私も知人のnuroモバイル(ニューロモバイル)を借りてためしてみたところ、わるくないというのが正直な印象です。

一番おトクなnuroモバイルはこちら

市ヶ谷でオススメのカレー専門店5選!カレーにはいろんな種類があるので、意外な穴場も!?

最近仕事で市ヶ谷にいくことが多くなって、ランチで一番手軽なカレーをよく食べるようになりました。
別にめっちゃカレーが好きというわけでもないのですが、カレーを食べる量が最近半端ないんです(笑)

taberuhito

これまでは特にカレーにこだわりはなく、よく食べていたのは近くのココイチにあるビーフカレーにチーズをトッピングするやつ。
週に1回くらいでした。

それがいきなり、カレーマニアかというくらいカレーを食べだしました。。
別に理由はありません。
冒頭で書いたように、たまたまカレー屋さんの多い市ヶ谷にいくことが多くて、しかもお昼に時間がなくて、比較的に空いているカレーを選ぶことが多いからです。

今回は、そんな私が市ヶ谷で食べまくったカレー屋さんのオススメを紹介していきたいと思います!
すみません、今日はスマホの情報ではありません。。。

そもそもカレーってどこも同じ?

もともとココイチのビーフカレーにチーズをトッピングしたカレーしか食べるカレーといえばなかったので、カレーなんて、どこでも同じじゃないかって思っていました。
ココイチで食べようが、すき家で食べようが、そんなに変わらないですよね。

ところが、市ヶ谷でいろんな本格カレーを食べだして、全然違うということに気が付きました!
カレーにもいろんなカレーがあるんです!

ネパール料理のカレーで、ネパール人のシェフが作るめっちゃ美味しいAsian Forestという最近できたカレー屋さんがあります。
ちょうど法政大学のキャンパスのすぐとなりで、法政大学の学生さんなんかは通学途中にみたことがあるのではないでしょうか。

asianforest

こんな感じで、ネパール料理のカレー屋さんなのに、変なアジアンな怪しい感じではなく、水槽があって、すっきりとしたおしゃれな店内になっています。
まぁ店内のおしゃれさは、味さえよければ関係ないのですが、夜とかも普通に市ヶ谷の法政大学の周りではあまりないいい雰囲気の店で、飲みにいくところとしてもありですよ。

で、ここのカレーの何が美味しいかというと、

「ナンがミルキー」

なんです!
私も詳しくないのですが、片言の日本語しかしゃべれないネパール人のシェフと話したところ、インドのなんと違い、ミルクを混ぜている割合が高いとか。
普段はカレーはライスで食うものと頑なに主張し続けている私でも、この店ではナンを食べます。

えっと、本題に戻ると、カレーって、こんな感じで、店によって、全然味が違うんですね。
そもそもカレーにインドカレーと日本のカレーがあるのは知っていましたが、ネパールのカレーがあるのもしりませんでした。
新しい発見です。
ちなみに、世界でいうと、

  • インド風
  • ネパール風
  • 東南アジア風
  • ヨーロッパ風
  • 日本風

など、いろんな種類があるそうです!

あと、カレーにももちろん種類がありますよね。
私もあまりカレーについて詳しくなかったのですが、

  • チキンカレー
  • グリーンカレー
  • キーマカレー
  • スープカレー

などなど。
ココイチのビーフカレーしか食べてなくて、ホントすみませんって感じです。

市ヶ谷のカレー屋さん5選

ここで、これだけカレーには種類があることがわかったので、本題の市ヶ谷のカレー屋さんを紹介していきたいと思います。

Asian Forest(アジアンフォレスト)

まずは、私の一番のお気に入りのカレーですね。
法政大学のすぐよこにあって、法政大学のロースクールとかがある通り沿いです。

ネパールからきたシェフが作ってくれるミルクの配分率が多いナンが自慢って言ってました!
あとは、なんのサイズもめっちゃ大きくて、おかわり自由だそうなのですが、1枚でお腹がいっぱいになります。
まだリニューアルされてすぐ(もともとはリンズカフェダイニングとか言ったらしいです)で、ぶっちゃけ空いているので、忙しいときによく行きます!

なぜか水槽があって、ネパール料理っぽくないおしゃれさがあります。
なぜか水槽があります。
別にシーフードカレーがあるわけではないのに、水槽に魚が泳いでいます(笑)
まだ夜行ったことはないですが、結構合コンとかでも使われているみたいです。

Asian Forest(アジアンフォレスト)
03-6261-2829
東京都千代田区九段北4-3-27-1F
⇛Asian Forestのページ

ノールドグダン

路地裏にひっそりと佇むノールドグダン。
一見カレー屋さんではないのですが、実はカレー屋さんという、こちらもおしゃれなカレー屋さん。
こちらは欧州風のカレー屋さんで、マスターが一人でやっているような昔ながらのカレー屋さんです。

11種類のスパイスを調合して作られるカレーがおいしいです!
私はいつも野菜のカレーライスを食べています。
インド風カレーやネパール風カレーと違い、野菜が合うのが欧州風カレー。

ノールドグダン
03-3222-3329
東京都千代田区九段北4-3-20 九段フラワーホーム1F

カレーの王様 市ヶ谷店

Google先生で検索すると、「カレー 市ヶ谷」で一番ヒットしてしまうのが、このカレーの王様。
いかつい名前でめっちゃ期待していくと、普通過ぎて。。。
S&Bカレーのアンテナショップです。

一応チェーン店で、

  • 市ヶ谷
  • 青山
  • 西新宿
  • 後楽園

にあります。

カレーは500円からあり、いろいろとトッピングができます。
駅から近いのはいいですが、ここだったらココイチでいいじゃんって思ってしまいます。

カレーの王様 市ヶ谷店
03-3262-7465
東京都千代田区九段北4-2-15 市ヶ谷プラザ 1F
⇛カレーの王様のページ

Cafe de MoMo

ここも特徴的なカレーで、なんとコンビといって2週類のカレーが食べられます。
よくオムライスで、ケチャップとデミグラスソースが半々になったやつありますよね。
そのカレー版だと思ってください。
もちろん1種類でもOKです。

正直、私はあまり2種類のカレーを同時に食べたいわけではないので、いつも1種類のカレーにしています。
ただ、たしかに、カレーって、お腹が空いているうちはめっちゃ美味しいんですが、ちょっと膨れてくると、味に飽きがくることもあります。
そういう人は、この2種類カレーがよいのではないでしょうか。

  • ビーフカレー
  • バターチキンカレー
  • キーマカレー
  • 辛いキーマカレー
  • ミルクカレー
  • ミックス野菜カレー
  • ほうれん草のカレー

があって、私は、よくビーフカレーを食べています。
この間、友人といったら、友人はキーマカレーを食べて、めっちゃ辛いと言っていました。

Cafe de MoMo
03-3269-8893
東京都新宿区市谷左内町27-1LALLAビル1階
⇛モモのページ

アッサム

創業12年と、カレー屋さんにしては老舗?のお店。
もともとは飯田橋にあったとか。
アッサムっていうインドの地名が付いていることからわかるように、インド風のカレー屋さんです。
北インドにありがちなスープカレーのような感じのカレーです。

ここもナンが大きく、1枚でめっちゃお腹いっぱいになってしまいます。
私はいつもホットチキンカレーを食べています。

結構まわりでは美味しいと評判ではありますが、私は普通だと。
まぁたまにはインド風のカレーも混ぜてみてもいいかなって感じで、たまに行くくらいです。

アッサム
03-5215-8338
東京都千代田区九段南3-5-13 伊東ビル 1F

まとめ

今回は、私が市ヶ谷でよくいくカレー屋さんを5つ紹介しました。
もちろん、他にも喫茶店や松屋、すき家など、カレーを扱っているところは他にもあります。
ただ、せっかくなので、カレー専門店で絞って、今回はご紹介してみました。

冒頭でも書きましたが、カレーってどこもそんなに違いがないんだろうなと思っていませんか。
私は、はっきりとそう思っていました。
でも、こうやって食べ歩いて見ると、大きいナンのカレーがあったり、ミルキーなナンのカレーがあったり、2種類のカレーがあったり、本当にいろんなカレーがあるなと気づきました。

日常何気なく、ココイチや松屋、すき家などのファーストフードっぽい店で食べているものでも、地域で調べてみると意外とたくさんのこだわりのものがあるんですね。
これからもいろいろ食べ歩いて、ここでもご紹介していきたいと思います!

楽天モバイルのオプションは不要か!?オススメの必要なオプションは「5分かけ放題」と「スマート留守電」!

楽天モバイルを申し込みしようと思ったら、「オプションっているの?」って絶対悩みますよね。
結論からいうと、ほとんど必要ないのですが、「5分かけ放題」と「スマート留守電」は加入しておくことをオススメしています。

たしかに楽天モバイルのオプションを数えてみたら10個以上あります。
これだけ沢山あると、一つひとつ必要か考えるのはめっちゃめんどくさいですよね。
しかも、オプションって、なんだか入らないと損した気分というか、大丈夫かという気分になっちゃうことも。
でも、上で紹介した「5分かけ放題」と「スマート留守電」の2つのオプションがあれば、大丈夫ですよ!

option

■一番おトクな楽天モバイルの申し込み先はこちら

楽天モバイルのオプションは、端末補償サービスやデータ移行の補助サービス以外は、全てが後からでも加入できます。
なので、基本的に楽天モバイルに契約するタイミングでは加入不要で、あとから便利そうだなと思ったら、付け足してください。

今回は、楽天モバイルのオプションの内容やメリット・デメリットなどについて解説していきます。
「5分かけ放題」と「スマート留守電」以外のオプションも詳しく解説していくので、この2つ以外でも関心があれば、最初から入ってください。
繰り返しますが、ほとんどあとから加入できるので、とりあえずは焦らずにどれも加入せず、あとでどうしても加入したいというものを足せばOKかと思います。

楽天モバイルのオプションってどういうものがあるの?

楽天モバイルのオプションには、大きく分けて、

  1. 無料オプション
  2. 最初の2ヶ月が無料のオプション
  3. 有料オプション

の3つがあります。

1の無料オプションについては、金銭的なデメリットはなく、今は必要性を感じなくても何かの時に役に立つかもしれないので、一応付けておきましょう。
加入方法は後ほど詳しく説明させて頂きますが、楽天モバイルの契約時にチェックを入れるだけで加入できます。

2のオプションは最初の2ヶ月だけ無料で利用できるので、無料期間だけお試しで使ってみるのはオススメです。
無料期間の間に役に立たないと思ったらオプションを解約すれば良いです。

3の有料オプションは、ご自身がどうしても必要と思うものは加入しても良いと思いますが、端末補償とデータ移行補助のオプション以外は、楽天モバイルに契約した後でも、マイページから加入することができます。
利用用途がハッキリしている場合以外は、楽天モバイル契約時に入る必要がないと考えて良いと思います。

それでは、これらの楽天モバイルのオプションについて一つずつ説明していきます。

無料オプション

楽天モバイルの無料オプションは、以下の5つです。
これらは全て無料のオプションなので、基本的には全部付けておきましょう。
申し込みの後でも加入したり解約したり、楽天モバイルを申し込みの際に一括で加入しておく方が手間がなくて良いと思います。

ジャンル オプションサービス
電話 ①楽天でんわ
②転送電話
③国際電話/国際ローミング
メール ④楽天メール

まずは、これらの4つの無料オプションの内容について解説していきます。

①楽天でんわ

rakutendenwa

楽天でんわは、通話料金が半額になる無料通話アプリです。
遠距離恋愛で長時間電話をする彼氏彼女や、単身赴任で家族と電話をするお父さんは、今使っているスマホに楽天でんわを使うだけで、今までの半額の通話料金で電話をすることができます。
しかも、通話する相手も楽天でんわを利用すれば、通話料が無料になるんです。
格安SIM(MVNO)はたしかに通話料金が高いですが、楽天でんわを使えば、通話料をかなり安く抑えることが出来ます。

■楽天でんわの利用条件
  • 楽天モバイルの音声SIMの全ての料金プランで利用可能
  • 楽天モバイル以外の方でも利用可能

楽天でんわは音声SIM限定のオプションです。
データSIMプランでは利用できないので注意してください。

また、楽天モバイルのオプションの中で、楽天でんわだけは、楽天モバイル契約者以外の方でも利用可能です。
通話する相手が楽天モバイルを使っていなくても、楽天でんわをインストールしておいてもらえば、誰でも通話料金無料で電話をかけることができます。

■楽天でんわの利用料金
  • 月額料金:無料
  • 通話料金:1分20円、楽天でんわ同士なら通話料無料

通話料金は通常の090/080の電話の半額です。
普段かけている電話を楽天でんわ経由でかけるだけで、通話料金をどんどん節約することが出来ます。
よく電話する相手には、通話料金が無料になる楽天でんわを使って電話すると良いですね。

■楽天でんわの特長・メリット
1)090/080の電話番号が月額無料で通話料半額で使える

楽天でんわは、アプリがリリースされてから3日間で10万件ダウンロードされた人気のアプリです。
人気の一番の理由は「090/080の電話番号そのままで通話料が半額になる」というところにあります。

通話料が半額になるアプリは050plusSkypeoutなど他にもありますが、そのほとんどが電話番号が050だったり、電話番号が無い通話アプリです。
楽天でんわは今使っている090/080の電話番号をそのまま利用できて、通話料金が半額になる点が他の通話アプリより便利です。
というのも、050の電話だと相手に事前に「050の番号からかけるから」と断りを入れておかないと電話に出てくれない可能性があるので、結局面倒になって利用しないということも多く、090/080の電話番号がそのまま利用できるだけでかなり使い勝手が良いんですね。

2)楽天でんわ同士なら通話料無料

楽天でんわは、スマホやガラケー、固定電話宛の通話は、通話料金が半額以下で通話ができますが、楽天でんわ同士であれば通話料無料で電話をすることが出来ます。
仲の良い友達や、彼氏彼女、大学で上京している息子さん、娘さんなど定期的に長時間電話をする方宛には、楽天でんわを使って電話をすると良いでしょう。

3)楽天モバイル契約者以外でも、ガラケーやPHSでも利用できる

楽天モバイルの契約者以外や、ガラケーやPHSからでも利用することができ、よく電話をする相手に楽天でんわをインストールしておいてもらえば、楽天でんわ同士で通話料無料で電話をすることができます。

4)通話料100円につき、楽天市場で使える楽天ポイントが1ポイント貯まる

楽天でんわは通話料が安いだけでなく、楽天でんわから電話をかけるだけで、楽天市場で使える楽天ポイントが貯まります。
通話料金100円につき1ポイントなので、年間1万円分電話をしたとして、100円分の楽天ポイントが貯まります。
通常こうしたポイントを貯めるには、買い物をする度にポイントカードを提示しないといけませんが、楽天でんわの場合、電話をするだけで勝手にポイントが貯まっていきます。
貯まったポイントは、楽天市場で現金同様に使えるので、ポイントが貯まったら日用品や友達へのプレゼントなどに充てることができますね。

5)電話回線なので通常の電話と同様の音質で、途切れにくい

仕事の電話等で相手の言葉が聞き取れない場合ということがあると、いくら通話料金が安くても使えないですよね。
楽天でんわなら、LINEやSkypeなどと違って、通常の電話回線を利用していて、通常の電話と同じように電話ができるので、 仕事用の電話としても利用できます。

■楽天でんわの注意点・デメリット
1)緊急通報(110や119)への通話料金は安くならない

楽天でんわは、楽天でんわ経由で電話をかけると自動的に「0037-68」を付けて発信するプレフィックス方式という仕組みの電話です。
警察(110)や消防署(119)は、頭に0037-68を付けると電話がかからないので、警察や消防署に電話をかける場合は通常の通話料金になります。

2)090/080の電話より使い勝手が悪い

また、着信の際は楽天でんわは起動せず、通常の電話が起動するため、着信履歴は通常の電話に残ります。
なので、着信から折り返す際は、通常の電話にかかってきた番号を楽天でんわにコピペして、電話をかけ直す必要があるのは、やや不便です。

楽天でんわは、遠距離恋愛をしている彼氏彼女や、上京でお子さんの様子が気になる親御さんなど、特定の相手に長電話をする方にはオススメですが、緊急時や折り返しの電話の多い方には使いにくい面があります。

楽天でんわだけあれば、通常の電話が必要ないという訳ではなく、通常の電話と楽天でんわを使い分けをすれば、通話料金を節約するという使い方が良さそうすね。

■楽天でんわの使い方

楽天でんわは通常の電話とほぼ同じような見た目で、使い方もスマホの電話になれている方であれば、それほど抵抗なく使えると思います。

楽天モバイルの申し込みの画面から、楽天でんわにチェックを入れれば申し込みは完了し、その後お使いのスマホに応じて、楽天でんわのiOS/Androidのどちらかのアプリをインストールします。

1.電話帳の読み込み

アプリを立ち上げると、自動的に電話帳を読み込んでくれるので、通常の電話帳から楽天でんわに電話帳のデータを移行させる必要はありません。

1

2.電話のかけ方

電話をかける画面も通常の電話と同じです。
電話番号をタップすると、どのように発信するかを選択できます。

  • 楽天でんわから発信→ 通話料金半額で電話ができます。
  • 003768を付けずに発信→ 110などにも電話ができます。ただし通常の通話料金
  • 184をつけて発信→ 非通知で電話ができます。

通常の電話を起動しなくても、110や119に電話ができたり、非通知で電話をかけられるのは便利ですね。

7 9

ちなみに、楽天でんわについては、楽天モバイルのオプションの選択画面でなく、個人情報を入力する画面の一番上で、楽天でんわを付けるかどうかを選びます。

オプション選択画面で「楽天でんわ」を選ぶ画面がないと困っていらっしゃる方がいるようですので、注意してください。
楽天でんわも転送電話サービスと同様、以下の選択画面でチェックを入れないと使えません。
無料なので、チェックを入れておきましょう。

rakutendenwa

■楽天でんわはこんな方にオススメ
  • 長時間の電話が多く、通話料を安く抑えたい方
  • 留守番電話を無料で利用したい方
  • 通話料金は安くしたいけど、050から始まる電話番号は使いたくない方
  • ガラケーやPHSでも無料通話アプリを利用したい方
■楽天でんわはこんな方は不要
  • 折り返しの通話が多く、通話料金はあまり気にしない方
  • そもそも電話をあまり利用せず、不要なアプリをあまり入れたくない方
スマホアドバイザー

楽天でんわは月額料金がかからず、通話料金を安くできるおトクなアプリなので、通話料を安くしたい全ての方にオススメできます。
電話場号も今のご自身の番号をそのまま使えるので、これまで通常の電話からかけていた電話を楽天でんわに切り替えるだけでどんどん通話料金を節約していけます。

②転送電話

転送電話とは、かかってきた電話を指定の電話番号に、転送する機能のことです。
一定時間出れなかった電話を転送することができます。

  1. スマホで出れなかった電話を自宅や2台目の携帯電話に転送
  2. 留守番電話が無料の050の電話に着信を転送

などの使い方があります。
「留守番電話?」と思われる方もいると思いますが、楽天モバイルでは留守番電話が月額300円の有料オプションなので、留守番電話が無料の050の電話に着信を転送すれば、無料で留守番電話を使うことができます。
こちらついては後ほど詳しく説明していきます。

■転送電話の利用条件
  • 楽天モバイルの全ての料金プランで利用可能
■転送電話の利用料金
  • 月額料金:無料
  • 利用料金:30秒 20円(通常の通話料金と同じ)
■転送電話を使って留守番電話を無料にする裏ワザ

転送電話は、スマホで電話が出れなかった時に別の電話に着信を転送する機能なのですが、裏ワザとして、050の電話番号に転送して、留守番電話を無料で利用するという使い方があります。

SMARTTalkという050IP電話アプリがあり、こちらは月額料金無料で使えます。
IP電話というのは、インターネット回線を使った電話のことで、LINEやSkypeなどと同じようにネットが繋がるところならどこでも電話をすることができます。
LINEやSkypeとの違いは050の電話番号が、通常の電話とは別にもらえる点で、申し込みをするとその日から050の電話番号を使い始められるんです。

SMARTTalkの特徴は、楽天でんわと同じように通話料金が半額になるところですが、留守番電話も無料なんです。
楽天モバイルでは留守番電話が月額300円の有料オプションになっているので、それを利用せず、050の番号のSMARTTalkに着信を転送して、SMARTTalkで留守番電話を受けると留守番電話が無料で利用できます。

tensou

図のような流れで、SMARTTalkを利用して留守番電話を無料で利用します。

設定は以下の二つです。

  1. 通常の090/080の電話でSMARTTalkに転送設定をする
  2. SMARTTalkで留守番電話の設定をする
1.転送設定

転送設定は以下の通りです。

  • 090/080の電話から「1429」に電話→「1」を入力
  • 呼出があってから転送されるまでの時間を「1〜120」の間で入力→「#」

これで090/080にかかってきた電話をSMARTTalkに転送することができます。

2.留守番電話の設定

SMARTTalkへの転送設定が完了したら、SMARTTalkで留守番電話の設定を行います。
アプリを立ち上げて初期設定をすれば、何も設定をしなくても、留守番電話は利用できますが、以下を設定しておくと、さらに便利に留守番電話を利用できます。

  • 着信のメール転送
  • 留守番電話に繋がるまでの時間を最小に設定

SMARTTalkは、かかってきた留守番電話をお使いのメールアドレスに音声ファイルとして通知する機能があります。
留守番電話センターに問い合わせをしなくても、留守番電話を確認できるので、確認のための通話料金も掛からず、手軽に確認できて一石二鳥です。
また、電話を転送してから留守番電話に繋ぐので、電話が転送されてからなるべく早く留守番電話に繋いだ方が、電話をかけた相手もストレスなく留守番のメッセージを入れることができます。

■転送電話はこんな方にオススメ
  • 2台スマホを持っていて片方の電話を家においている場合がある方
  • 留守番電話を無料で利用したい方

転送電話は本来はメインの電話とは別の電話に着信を転送するためのサービスですが、SMARTTalkを使えばメインの電話に090/080と050の電話番号を持てるので、スマホが一台の方でも、転送電話を留守番電話を無料にするためのサービスとして活用できます。

■転送電話はこんな方は不要
  • スマホは1台で特に着信を転送する必要がない方
  • 留守番電話機能をそれほど使わない方
  • 伝言メモで十分な方

伝言メモというのは、端末に付いている簡易留守電機能です。
圏外や話し中の場合には利用できませんが、着信ができる状態の場合は、伝言メモにメッセージを残すことができます。
なので、圏外や話し中の場合なども全て留守番電話を残せる設定にしたいということでなければ、伝言メモだけで良いという方もいるでしょう。
そういう場合は、無理にSMARTTalkを使った留守番電話を利用する必要はないと思います。

③国際電話、国際ローミング

楽天モバイルは、海外でも利用することができます。
海外でスマホを利用する可能性のある方は、国際電話サービスと国際ローミングサービスのオプションを付けておきましょう。

それぞれのオプションの内容は

  1. 国際電話サービス→ 海外でも電話ができるサービス
  2. 国際ローミングサービス→ 海外でもネットが利用できるサービス

というものです。
この二つのオプションを付けておけば、海外でも国内と同じように電話やネットが利用できます。
月額料金はかからないのですが、利用料金が以上に高いので、利用される場合は注意しましょう。

■国際電話、国際ローミングの利用条件
  • 楽天モバイルの全ての料金プランで利用可能
■国際電話、国際ローミングの利用料金
  • 月額料金:無料
  • 国際電話:1分100円
  • 国際ローミング:データ通信1パケット0.2円

通話料金もかなり割高ですが、データ通信はさらに高額です。
1パケットは128KBなので、1MB通信すると大体10パケット、1GB通信すると大体10,000パケットになります。
Youtubeの動画を数十分見ると、2,000円も料金が発生することになります。
なので、国際ローミングはオプションとして付けておいても良いですが、海外に行く際はデータ通信は利用しない方が良いでしょう。

海外でスマホを利用する場合は、機内モードに設定をして、ホテルや飲食店のWiFiを利用してネットを使うか、渡航前に空港でポケットWiFiをレンタルして、ポケットWiFi経由でネットを使う方が無難です。

④楽天メール

rakutenmail

楽天モバイルに加入すると、無料で15GBのストレージが付いた「@rakuten.jp」のメールアドレスが使えます。
15GBもストレージがあるので、動画や写真の添付ファイルが沢山届いても、メールボックスがすぐには一杯になりません。
また、@docomo.ne.jpのようないわゆるキャリアメールは、パソコンメールからはメールが送れないことがあるのですが、楽天メールは携帯メールなので、キャリアメールに対してもメールが送れるという特徴もあります。

■楽天メールの利用条件
  • 楽天モバイルの全ての料金プランで利用可能
  • Androidのみ

楽天メールはAndroid専用アプリなので、iPhoneを楽天モバイルで利用する方は、別のアプリを利用する必要があります。

■楽天メールの利用料金
  • 無料
■楽天メールの特長・メリット
1)docomo、au、ソフトバンクのキャリアメールにもメールが送れる

通常、格安SIM(MVNO)は携帯メールを利用することができません。
格安SIM(MVNO)に移行したら、Gmailやヤフーメールを利用するのが一般的ですが、PTAのメーリングリストに入ろうと思ったら、携帯メールじゃないとメールが送れなかったという話も聞きます。
携帯メールを使う機会は減ってきていますが、上記のPTAのメーリングリストやガラケーを使っている親御さんなどに連絡が取れなくなってしまうこともあります。

楽天メールは、ドコモ、au、ソフトバンクのキャリアメールと同じ携帯メールです。
携帯メールにメールが送れることはもちろん、絵文字が送れたり、迷惑メールフィルタが使えるので、PTAのメーリングリストやガラケーを使っている親御さんにもメールを送ることが可能です。
格安SIM(MVNO)になっても携帯メールが使えるのは、助かりますよね。

2)メールの保存容量が15BGもあり沢山の写真をやり取りしても大丈夫

楽天メールは、インターネット上にデータを貯めておくウェブメールというサービスなのですが、保存できるデータ容量が15GBと大きいことが特徴です。
多くの方が利用しているヤフーメール(10GB)、Gmail(15GB)と比べても遜色がないストレージの容量で、写真を添付したメールを沢山やり取りしても、すぐに容量が一杯にならず、安心して利用できます。

3)楽天銀行や楽天証券の本人確認に使える

オンラインの銀行や証券口座を解説したり、ネットのサービスに登録する場合に、Gmail、ヤフーメール、Hotmailなどのパソコンメールが利用できない場合があります。
楽天メール以外の多くの格安SIM(MVNO)では、携帯メールが貰えないので、オンライン銀行の口座を解説する時に、メールでの本人確認が利用できないということになってしまいます。
楽天メールは一契約辺り、一つのメールアドレスがもらえるので、メールでも本人確認ができるんです。

■楽天メールの注意点・デメリット
1)メールの通知が分かりづらい

docomo、au、ソフトバンクのガラケーは、メールが来るとメールの着信音が鳴ったり、バイブレーションが鳴ってすぐにメールに気づけるのですが、楽天メールは、アプリを開かないと、メールを端末本体に受信してくれません。
楽天メールはアプリが度々アップデートされて、操作性などが改善されているので、しばらくすると改善されるかもしれませんが、すぐにメールに気付かないといけない方には不便に感じるかもしれません。

2)パソコンメールとして認識される場合がある

楽天メールは携帯メールですが、稀にパソコンメールとして認識されてしまうようです。
docomo、au、ソフトバンクのメールもそうした不具合は付きものなので、楽天メールに限った話ではないですが、どうしても相手に送れない時は、SMSでメッセージを送るなど他の連絡手段を試した方が良い場合もあります。

■楽天メールの申し込み方法

楽天メールは以下の2ステップで利用できます。

  1. 楽天メールの登録
  2. アプリストア(GooglePlay)から楽天メールのインストール

楽天モバイルの申し込みの時点では申し込む欄がなく、楽天モバイル契約後にメンバーズステーションという楽天モバイルのマイページから申し込み、楽天メールのアプリをインストールして利用します。

■楽天メールはこんな方にオススメ
  • 親御さんやおじいちゃん、おばあちゃんなどガラケー利用者の方とのメールのやり取りが多い方
  • PTAのメーリングリストなど、ガラケーのメーリングリストに送ることが多い方
  • 写真の送受信が多く大容量のストレージが必要な方
  • 楽天銀行や楽天証券などの金融機関の口座を開設したい方

楽天メールは、ガラケーとのやり取りが多い方にオススメです。
docomo、au、ソフトバンクのメールが使い慣れている方にとっては、Gmailやヤフーメールは使いづらいという方も多いので、携帯メールを持てるのは安心感がありますね。

■楽天メールはこんな方は不要
  • ガラケー利用者とメールのやり取りをしない方
  • メールのデータを楽天モバイルを解約しても保存しておきたい方

そもそもガラケーを持っている方とあまりメールのやり取りをしない方は、Gmailやヤフーメールを利用する方がオススメです。
メールのデータは楽天モバイルを解約すると消えてしまうので、大切なデータはGmailやヤフーメールなど半永久的に利用できるサービスに保存しておいた方が良いでしょう。

【無料オプションも自分で選ばないと利用できない】

なお、楽天メール以外のオプションは、楽天モバイルに申し込む際に、オプションの選択画面でチェックを入れないと、利用できないので注意してください。
無料のオプションは無料だから何もしなくても勝手に加入できる思ってしまいますが、例えば転送電話にチェックを入れるのを忘れて、上記の留守番電話設定をしても、留守番電話に転送がされず後からマイページで申し込みをし直すことになってしまいます。
二度手間にならないように、無料オプションは楽天モバイル契約時に加入しておきましょう。

option

2ヶ月無料で使えるオプション

以下のオプションサービスは、楽天モバイルに申し込んだ月を1ヶ月目として、2ヶ月間無料で利用することができます。
たとえば、11月25日に申し込んだ場合、11月と12月が無料になり、1月から課金されます。
なので、なるべく月初に申し込んだ方が、無料期間が長くなっておトクです。

ジャンル オプションサービス
電話 ①スマート留守電:290円/月
サポート
・あんしんリモートサポート:500円/月
・端末補償/あんしんリモートサポートパック:800円/月
セキュリティ/データ復旧
・スマートフォンセキュリティ:300円/月
・データ復旧サービス:300円/月
・データ復旧サービス・マカフィーマルチ アクセスパック:500円/月
データ通信 ④楽天モバイルWiFi by エコネクト:362円/月

これらのオプションは楽天モバイルに契約するタイミングで加入しないといけないものではなく、後からでも加入出来て、加入したタイミングから2ヶ月間の無料期間が始まります。
2ヶ月無料とはいえ、一気に全部加入してしまうと、全部のサービスを利用しきれないということもあると思うので、お試しで使うにしても必要そうなサービスだけ一つずつ加入していくのがオススメです。

①スマート留守電

smartrusuden

スマート留守電は、留守番電話のメッセージを文章で受け取れるサービスです。
「電話の内容を文字で受けれるってどういうこと?」と思いますよね。
スマート留守電は、留守番電話の音声を自動的に文字に変換してアプリ内やメールで確認できるんです。

留守番電話のメッセージを文章で確認できるので、電車の中や会議中でも、用件をさっと確認してメールやSMSで返信ということもできるので、忙しいビジネスマンの方に人気のオプションです。

利用条件
  • 楽天モバイルの全ての料金プランで利用可能
  • Android→Android OS4.1以上、iPhone→iOS9以上
利用料金
  • 290円/月

楽天モバイルの通常の留守番電話が300円/月なので、それよりも安いですね。
スマート留守電は、文字だけでなく音声でもメッセージを確認できるので、留守番電話を利用する場合は、通常の留守番電話ではなくスマート留守電を利用する方がオススメです。

特長・メリット
1)留守番電話の内容がパッと確認できる

smartrusuden1

スマート留守電をiPhone/Androidのアプリをスマホにインストールすると、上の写真のようにアプリ上でメッセージを確認することができます。
通常の留守番電話だと、留守番電話センターに問い合わせ→ガイダンスを聞く→メッセージを確認と一つの留守電メッセージを確認するだけで1分くらいかかりますが、スマート留守電なら5秒でメッセージを確認できます。
忙しい方や留守番電話の多い方にはかなり便利なオプションですね。

2)プッシュ通知で見逃さずに確認できる

smartrusuden2

先日、留守番電話を確認しようとしたら、3日前の日付だったということがあったのですが、スマート留守電はスマホのロック画面の通知のところにSMSが届いた時のように留守電のメッセージを表示してくれます。
通知画面に留守電の内容が表示されれば見逃すこともないですし、わざわざアプリを開いてメッセージを確認しなくても、大体の内容かが分かって便利ですよね。

3)知らないところからかかってきても相手がわかる

smartrusuden3

知らない番号から留守番電話が入ってるとぎょっとしますよね。
スマート留守電は、宅配便のドライバーやお店や銀行など知らないところでも、相手の名前を表示してくれるんです。
これって地味に凄い機能ですよね。
590万件のデータベースから電話番号と相手の名前を紐付けているらしく、自分が電話帳登録していない方から留守番電話がかかってきても、ちゃんと相手の名前が表示できるんです。
全ての電話番号で名前が表示される訳ではありませんが、宅配便からかかってきた場合であれば、仕事の電話じゃないからすぐに折り返さなくていいと判断できて便利ですよね。

4)複数の留守番電話メッセージを一つのアプリで確認できる

この機能はスマホを2台持っている方に便利な機能です。
メインのスマホとサブのスマホを持っていた場合、アプリに二つの電話番号を登録できるので、スマート留守電のアプリだけを確認しておけば、全ての留守番電話が一括で確認できます。
重要な留守番電話を見逃す心配も減って便利ですよね。

5)海外でも高額な通話料がかからず留守番電話を受けられる

海外旅行や出張をしている時に、留守番電話を確認すると、1分100円などの高額な通話料を払うことになります。
留守番電話をちょっと確認しただけで100円っていうのは高すぎますよね。
スマート留守電は、ネットが繋がっている環境であれば、アプリや通知画面から留守電の内容を確認できるので、通話料金がかかりません。

注意点・デメリット

スマート留守電は、音声情報を文字に変換してくれる結構画期的なサービスですが、文字情報に変換する時に誤字が結構出てしまうようです。
たとえば、相手の息が文字に変換されて「はぁはぁ」などが表示されてしまうなどです。
一言一句完璧に留守電の内容が分かるわけではなく、あくまで留守電の概要を確認できるサービスということですね。
スマート留守電に加入しておけば、音声でも留守電の内容は確認できるので、留守番電話の正確な内容は、音声で確認することもできるので、両方使い分ければいいですね。

こんな方にオススメ
  • 忙しいビジネスマンでどこでも留守番電話の内容を確認したい方
  • 聴覚障害者の方で、文字情報で留守番電話の内容を確認したい方

スマート留守電は、アプリや通知画面で留守番電話の内容を文字でぱっと確認できるので、忙しいビジネスマンの方に特に人気のオプションです。
そもそも留守番電話にメッセージを入れる場合は、折り返しの電話が必要な場合や、急用であることが多いと思います。
会議中や電車の中で音が出せない状況でも、留守番電話の内容が確認できて相手を待たせず反応できるのは助かりますよね。

また、聴覚障害者の方も留守番電話が文字で確認できるので助かったという方もいらっしゃるようです。

こんな方は不要
  • Androidユーザーの方で、伝言メモで間に合う方
  • SMARTtalkでメールで留守番電話を確認できれば間に合う方

iPhoneにはないですが、Androidには伝言メモ機能という留守番電話とよく似た機能があります。
伝言メモは、電波の届く状況や電源が入っている状況で使えるサービスで、留守番電話センターに問い合わせなくても、端末上で音声を再生できます。
端末に無料で付いている機能なので、圏外や電源が入っていない状況でメッセージを受け取らなくても良いという方は、伝言メモでも間に合うでしょう。

また、上記で紹介させて頂いたSMARTTalkを利用すれば、留守番電話は無料で利用できます。
留守番電話を文字で表示させる機能はないですが、メールで音声ファイルで留守番電話を確認できれば良いという方でしたら、SMARTTalkの留守番電話を利用すれば良いと思います。

②サポート系のオプション

anshin

  • あんしんリモートサポート
  • 端末補償/あんしんリモートサポートパック

2ヶ月間無料のオプションで、サポート系のオプションは、初期設定の電話サポートが受けられる「あんしんリモートパック」と、端末が壊れた時に格安で端末を交換できる「端末補償」とリモートサポートがセットになった「端末補償/あんしんリモートサポートパック」の2つがあります。
これらは、ITやスマホに弱い方や、端末を落としてしまうなど壊しやすい方に人気のサービスです。

サポート系のオプションの利用条件
  • あんしんリモートサポートパック→ 楽天モバイルの全ての料金プランで利用可能
  • 端末補償/あんしんリモートサポートパック→ 楽天モバイルの端末購入と同時のみ申し込み可能

「端末補償/あんしんリモートサポートパック」は楽天モバイルでセット販売端末を購入した方のみ利用できるサービスで、端末購入時にしか申し込むことができません。
端末補償は、端末が故障したり壊れてしまった際に、格安で端末を交換できるサービスです。
端末が壊れてからオプションに申し込めばいいという方が出てこないように、補償系のサービスは、楽天モバイル契約時にしか加入できないようになっているんですね。

サポート系のオプションの利用料金
  • あんしんリモートサポート:500円/月 2ヶ月無料
  • 端末補償/あんしんリモートサポートパック:800円/月 2ヶ月無料
    端末補償は、端末を交換の場合に別途4,000円〜7,000円を負担

端末補償/あんしんリモートサポートパックは、端末補償とあんしんリモートサポートがセットになったオプションで、あんしんリモートサポートと端末補償のオプションが一つになって安くなったセットオプションです。

端末補償単体で申し込むと、月額500円ですが、あんしんリモートサポートパックとセットで申し込むと300円/月安く利用できます。
2ヶ月無料の特典も、端末補償オプション単体では適用されずないので、セットで申し込む方がお試しで使いたい方にもメリットがあります。

サポート系のオプションの特長・メリット

それぞれのオプションの特長、メリットを説明していきます。

1.あんしんリモートサポートの特長・メリット
remote
  • 楽天モバイルのスマホ以外のスマホやパソコン、タブレットのことを聞ける
  • LINEやFacebookなど楽天モバイル以外のサービスについても聞ける
  • 月額500円で何度でも分からないところを専門アドバイザーに聞ける
  • 専門アドバイザーが画面を遠隔操作して、一つ一つの操作を聞ける

あんしんリモートサポートは、通常の電話サポートと違って、楽天モバイル以外のスマホやパソコン、タブレットやLINEやFacebookなどのサービスについて、電話で詳しく聞くことができます。

月額500円で何度でも利用できるので、分からないことが出てきたらいつでも電話をして確認することが出来ます。
店頭でスマホを契約した時に「何か分からないことはありませんか?」と聞かれても、その場では中々思い付かなくて家に帰ってスマホを触っていたら、分からないことが出てきて、あの時聞いておけば良かった!ということってありますよね。
あんしんリモートサポートなら、思いついたその時に電話で聞けるので、細かい疑問をどんどんその場で解決できるので、スマホやパソコン初心者の方にオススメです。

Androidのスマホを使っている方であれば、楽天モバイルのスマホかどうかに関係なく、遠隔操作で操作方法を教えてもらうことができます。
Androidの専用アプリをスマホにインストールすると、専門アドバイザーがこちらのスマホの画面を電話の向こうで表示しながら、細かい操作方法を教えてくれるので、対面で聞くのと同じくらい分かりやすく操作方法を聞くことができます。

2.端末補償の特長・メリット
koshou
  • 急に電源が入らなくなったり、画面がフリーズするなどの故障した端末を格安で交換できる
  • スマホでありがちな画面割れや落下による破損も対象
  • メーカー補償が効かない「水濡れ」でも補償対象

端末補償は、スマホが壊れてしまった時に、新しいスマホに格安で交換してもらえるオプションです。
よく電車などで、画面がバキバキに割れてたままスマホを触っている方いますよね。
そういう方を見ると補償オプションに入ってなかったんだなぁと同情してしまうことがあります。
安い端末だったら、端末を買い替えるという選択肢もありますが、まだ買ったばかりの端末や高価な端末だとそうもいきません。
かといって実費で修理すると、端末を買い替えるのと同じくらいの料金がかかってしまうこともあるので、補償サービスに入っておく方は結構多いです。

スマホが画面がむき出しになっているので、ポケットから落として、運悪く画面側が地面に付いただけで傷がいったり割れてしまうこともあります。
比較的値段が高めの端末を買おうと思っている方は、入っておいた方が良いでしょう。

サポート系のオプションの注意点・デメリット
1.あんしんリモートサポートの注意点・デメリット
  • 楽天モバイルのスマホであれば、無料のサポート窓口が使える
  • iPhoneやWindows端末、AndroidのOS4.3以下は遠隔サポートはない

あんしんリモートサポートは、スマホの使い方だけでなくLINEやFacebookなどのアプリやパソコンなどについて、幅広くサポートを受けたい方向けのオプションです。
楽天モバイルの端末のことであれば、無料の電話窓口(0800-6000-100)があるので、そちらで分からないことを聞く事ができます。
また、iPhoneやWindows端末などAndroidであっても3-4年前の古い端末はサポート対象外です。

2.端末補償の注意点・デメリット
  • 端末を交換する場合に、月額料金以外に端末交換費用が4,000円〜7,000円かかる
  • 端末交換の上限は年間2回まで
  • 楽天モバイルの端末購入と同時にしか加入できない

最初補償オプションを見た時、「端末補償に入っておけば、壊れた時に無償で交換してくれるの?」と勘違いしていましたが、端末の交換の際は、月額料金とは別に端末交換費用が4,000円〜7,000円かかります。
端末の交換上限も年間2回までと決まっているので、端末補償に入っているからといっていつ壊れてもいいやと雑にスマホを扱わない方が良いでしょう。

また、補償オプションは楽天モバイルの端末購入時にしか加入できません。
楽天モバイルの端末を買った後に補償サービスを利用したい場合は、以下のような外部のサービスを利用すると良いでしょう。

端末の状態を撮影した写真が必要など、保険に加入するのに条件がありますが、楽天モバイルの端末を購入した時に補償には入れ忘れた方や、後でやっぱり補償に入っておきたくなった方には使えると思います。

サポート系のオプションはこんな方にオススメ
2.あんしんリモートサポートはこんな方にオススメ
  • スマホの使い方だけでなく、パソコンやタブレットの操作方法を聞きたい方
  • LINEやFacebook、Instagramなど流行りのアプリの使い方を知りたい方
  • 周りにスマホを勉強したい知り合いや家族がいる方

あんしんサポートはスマホやITに詳しくない方にオススメのサービスですが、応用的な使い方として、自分の知り合いのサポート窓口としても利用できます。
私も父親や知り合いの年配の方から、スマホやパソコンのことについてよく聞かれるのですが、時間がなくて事細かに教えることができません。
そこで、楽天モバイルに契約した方で、周りにスマホやパソコンで困っている方がいれば、専用のサポート窓口を活用して、自分の代わりにスマホやパソコンの操作を教えてもらうことが出来ます。
遠隔サポートは本人しか利用することが出来ませんが、LINEやFacebookなど楽天モバイル以外のサービスやパソコンの使い方については、電話口の方に契約者本人の名前を伝えればサポートを受けることが出来ます。
月額500円でメカに詳しくないお父さんやおじいちゃんがスマホをメキメキ使えるようになるんだったら、結構おトクですよね。

2.端末補償はこんな方にオススメ
  • 高価な端末を購入した方
  • 一つのスマホを長く利用したい方
  • スマホを水に落としたり、落下させたりする不安のある方

スマホを購入してすぐは、慎重にスマホを使っているので落としたりすることはありませんが、長く利用しているとうっかりトイレに落としてしまったり、机やポケットから滑り落ちてしまったりすることは結構起こります。
一つの考え方として、今のスマホで過去1-2年の間に画面を割ったり、水濡れさせてしまったかを基準に、加入するかを考えるというやり方があります。
端末を購入する時は、「壊さなかった場合は無駄金になるので勿体無い」と思っていても、自分の使い方だと大体1年に1回くらいはスマホを故障させてるなと思えば加入しておいた方が良いでしょう。

サポート系のオプションはこんな方は不要

1.あんしんリモートサポートはこんな方は不要
  • 自力でネットで分からないことは調べられる方
  • 楽天モバイルのスマホのことについて聞きたい方

専門アドバイザーと言っても結局のところ、分からないところはネットで調べながら答えるので、そもそも自分でネットで調べれば分かるという方はあんしんリモートサポートは不要です。
ネットで調べるのが苦手な方も、各種スマホのサポート窓口を利用するという方法もあります。

  • iPhone→0120-277-535
  • Android
    ・SHARP製→050-5846-5416
    ・京セラ製→0120-500-349

上記のメーカーは、かなりサポートがしっかりしているので、端末の操作方法であれば、こちらの窓口を利用してもほとんどのことが解決できると思います。

2.端末補償はこんな方は不要
  • スマホはカバーやガラスシートを付けて絶対壊さないと考えている方
  • 安いスマホだから壊れたら買い替えると決めている方

スマホはカバーやガラスシートを付けていれば、少し落としたくらいでは壊れません。
ただこの場合も防水端末でなければ、水濡れは防げないので、後ろポケットに入れてトイレに座るときなどには注意した方が良いです。
また、そもそもスマホが壊れたら買い替えるというやり方もあります。
端末補償は月額500円なので、たとえば2年間加入すると、12,000円です。
従って、楽天モバイルのZenFoneGoやLiquidZ330など1万円前後の端末であれば、補償に入らずに、書い直した方が安いので、その場合は補償は不要でしょう。

③セキュリティ/データ復旧のオプション

  • スマートフォンセキュリティ:300円/月
  • データ復旧サービス:300円/月
  • データ復旧サービス・マカフィーマルチ アクセスパック:500円/月

2ヶ月無料でできるセキュリティやデータ復旧系のオプションは上記3つのオプションがあります。
スマホのウイルスも不安、万が一データが消えてしまった時にデータを復旧もさせたいという場合は、セキュリティもデータ復旧も両方対応できる「データ復旧サービス・マカフィーマルチ アクセスパック」に加入すると良いでしょう。

セキュリティ/データ復旧のオプションの利用条件
  • 楽天モバイルの全ての料金プランで利用可能
  • セキュリティーオプションの対応端末
    ・スマートフォンセキュリティ:Android OS 3.0以上
    ・データ復旧サービス:Android OSを搭載した全ての端末
    ・マカフィーマルチ アクセスパック:Android OS 2.3以上

データ復旧サービスは、楽天モバイル契約後でも加入できるので、データが消えてしまってからの加入でも間に合います。
なので、楽天モバイル契約時に入るか特に考えたほうが良いのは「スマートフォンセキュリティ」「データ復旧サービス・マカフィーマルチ アクセスパック」の2つになります。

なお、上記3つのオプションは、楽天モバイルに契約していれば他で購入した端末を利用することは可能ですが、iPhoneやWindows端末では利用できず、利用できるのはAndroidのみなのでご注意ください。

セキュリティ/データ復旧のオプションの利用料金
  • スマートフォンセキュリティ:300円/月 2ヶ月無料
  • データ復旧サービス:300円/月 2ヶ月無料
  • データ復旧サービス・マカフィーマルチ アクセスパック:500円/月 2ヶ月無料
セキュリティ/データ復旧のオプションの特長・メリット
1.スマートフォンセキュリティの特長・メリット

security

  • 端末だけでなくSDカードのウィルスもチェック
  • 紛失した端末をパソコンや別のスマホから探せる
  • 紛失した端末のデータをパソコンや別のスマホから消せる
  • 紛失した端末のにアラームを鳴らせる

スマートフォンセキュリティはウィルスから端末を守るだけでなく、端末が盗難・紛失にあった時に別の端末やパソコンから遠隔操作できるのが特長です。

飲み会で酔っ払ってスマホを失くしてしまったり、そういう人を見かけたりすることって数年にに1回はありますよね。
スマホには、大切な写真やメールのデータが沢山詰まっているので、悪い人に拾われでもしたら夜も眠れないという方も多いと思います。
そんな時に遠隔で、データを消せたり、端末をロックできたらかなり安心ですよね。
アラートを鳴らせば、近くに親切な人が見つけてくれて交番に届けてくれるかもしれません。

スマホを無くさないに越したことはありませんが、スマートフォンセキュリティがあれば、まさかの時に役に経つので、過去にスマホを失くしてヒヤッとした事が有る方はオプション加入しておいても良いでしょう。

2.データ復旧サービスの特長・メリット

restore

  • 一般的なサービスだと30,000円〜100,000円程度かかるデータ復旧が5,000円で利用できる
  • 電話帳、メール、写真、動画、音楽など幅広くデータを復旧できる
  • SDカードのデータも復旧できる

スマホを触っていたら、急に動かなくなって中にあるデータが取り出せなくなったり、データが消えてしまったらめちゃくちゃ焦りますよね。
バックアップを取っていればまだいいですが、そういう時に限ってバックアップが消えていたりして、思い出の写真や好きな音楽データなどが無くなってしまった、という方を何人も見たことがあります。
データ復旧サービスは、自分で間違って消してしまったデータを復旧したり、水没させてしまって動かなくなってしまった端末からデータを取り出したりすることができるサービスです。

自分で削除してしまったデータは基本的には復旧できないのですが、秋葉原などに行くとスマホを分解してデータを復旧できるサービスがあります。
でもそういうサービスを使うと、最大100,000円とか以上に高い金額を払わないといけない場合があって、それだったら諦めるという方が多いです。

楽天モバイルのデータ復旧サービスなら、端末がどんな状態でも一律5,000円でデータを復旧させることが出来ます。
大切なデータが5,000円で復旧できるんだったら、それほど高くないですよね。

しかも、このサービスはデータが消えてしまった後でも、楽天モバイルのマイページから申し込むことが出来ます。

楽天モバイルなら万一データが消えてしまった時にも、格安でデータが復旧できるので安心ですね。

3.マカフィーマルチ アクセスの特長・メリット

security3

  • 端末やSDカードのウィルスからスマホを守ってくれる
  • バッテリーを大量に消費するアプリを止めたりして、バッテリーを長持ちさせてくれる
  • スマホだけでなく、お手持ちのパソコンやタブレットなど3台までウィルスソフトをインストールできる

データ復旧サービス・マカフィーマルチ アクセスパックのセキュリテイソフトのマカフィーマルチ アクセスについて解説していきます。
マカフィーマルチ アクセスは、マカフィーというセキュリティソフトの中で最も有名なセキュリティソフトで、ドイツやオーストリアのセキュリティ評価機関で最高評価を得ているという、信頼性の高いセキュリティソフトです。

セキュリティ機能だけでなく、スマホ全体のアプリの電池消費量を監視して、バッテリー持ちを良くしてくれるという機能もあり、スマホの電池がなくなりがちな方にもオススメです。

また、スマホだけでなく、お手持ちのパソコンやタブレットにもインストールできるので、パソコン用、タブレット用に個別にセキュリティソフトを買わなくても良いのでおトクです。
マカフィーをパソコン用に購入すると、5,,000円程度するので、楽天モバイルのオプションでマカフィーマルチ アクセスに加入しておけば、パソコン1台につき5,000円の節約になります。
パソコンやタブレットのセキュリティが心配な方にもオススメのオプションです。

セキュリティ/データ復旧のオプションの注意点・デメリット
1.スマートフォンセキュリティの注意点・デメリット
  • ウィルスソフトがあれば個人情報流出が100%防げる訳ではない
  • 電源が切れていると、端末捜索機能が働かない
  • アプリを入れることでバッテリー持ちが悪くなったり、動作が遅くなったりすることがある

ウィルスソフトで防げるのは、そもそも怪しいサイトにアクセスできないようにブロックしたり、ウィルスの入ったソフトをダウンロードできないようにする所までです。
端末を落としてしまって個人情報を盗まれたり、IDやパスワードを人に教えてしまって誰かが自分の銀行口座に不正アクセスするというところまでは、防ぐことが出来ません。
なので、ウィルスソフトを入れているから絶対データは流出しないということではないので注意してください。

スマートフォンセキュリティには端末を失くした時に、パソコンやタブレットからスマホがどこにあるかGPSで調べる機能がありますが、スマホの電源が切れていると、場所を調べることができません。
スマホを失くしてすぐに調べれば、スマホの場所を特定する確率は高いですが、誰かが拾って電源を落としたりしてしまうと、この機能は使えません。

また、スマートフォンセキュリティを入れておくデメリットもあります。
スマートフォンセキュリティはスマホにウィルスがないか常にチェックしているので、アプリが沢山入っているスマホの場合、バッテリーの持ちが悪くなったり、動作が遅くなったりすることがあります。
特に古いスマホを使っている方は、1日電池が持たないとか、動作が極端に遅くなったということになる可能性もあるので注意が必要です。

2.データ復旧サービスの注意点・デメリット
  • 端末が壊れてないのに加入するのは勿体無い
  • データを復旧させると端末は分解されて、使えなくなる

データ復旧サービスは、楽天モバイル契約時にも加入できますが、契約後でも加入できるので、わざわざ端末が壊れていない時から加入する必要はあまりないです。
たとえば1年後に端末が壊れてデータ復旧をしたい場合は、その時に楽天モバイルのマイページから加入すれば、加入料金500円+データ復旧料金5,000円でデータを復旧することができます。
楽天モバイル契約時に入ると、月額料金500円x11ヶ月=5,500円を余計に支払う必要があるので、あまりメリットはないです。

またデータ復旧サービスを利用した場合、端末は分解された状態で返却されるので、データは戻っても、新しいスマホを書い直す必要があります。
データはCD-ROMやSDカードで返却されるので、そこから新しいスマホにデータを戻します。

3.マカフィーマルチ アクセスパックの注意点・デメリット

マカフィーマルチ アクセスパックもスマートフォンセキュリティと同じセキュリティソフトなので、基本的にはスマートフォンセキュリティソフトとデメリットや注意点は同じです。
ただ、マカフィーマルチ アクセスは、バッテリーを大量に消費するアプリを自動的に停止してくれる機能があるので、バッテリーの持ちが逆に良くなるという点で、スマートフォンセキュリティより優れています。

セキュリティ/データ復旧のオプションはこんな方にオススメ
1.スマートフォンセキュリティはこんな方にオススメ
  • スマホに重要なデータが沢山入っているので情報を守りたい方
  • フィッシング詐欺や迷惑メールなどの被害に合いたくない方
  • スマホを失くした時に、スマホがどこにあるか調べられるようにしておきたい方

近年お年寄りを中心にして、ネットを利用した詐欺が増加しています。
よくあるのが、「ウィルスに感染したからこのソフトをインストールしておかないと大変なことになりますよ」という詐欺で、そのソフトをインストールすると、逆にウィルスにかかってしまうというものです。

どんどん手口が巧妙になっているので、スマートフォンセキュリティのようなウィルスソフトを入れて、大切なデータを守るのも重要ですね。

2.データ復旧サービスはこんな方にオススメ
  • 思い出の写真や重要なメールが入っているスマホからデータを取り出せなくなってしまった方
  • 端末は分解されても良いから、とにかくデータを元に戻したい方

docomo、au、ソフトバンクにもデータ復旧サービスを見てみら、復旧できるのは電話帳、メール、写真のみでした。
楽天モバイルのデータ復旧サービスは、それ以外にも、動画や音声メモ、通話履歴、ウェブアクセス履歴など様々なデータを復旧させることができます。
価格的にも、秋葉原にあるような外部のサービスを使うよりずっと安いので、万一端末が壊れてデータが取り出せなくなったときには利用したいサービスです。

3.マカフィーマルチ アクセスパックはこんな方にオススメ

マカフィーマルチ アクセスはスマートフォンセキュリティと同じセキュリティサービスですが、国際的にはウィルスソフトとしてはマカフィーマルチ アクセスの方が有名で、最新のウィルスへの対応はマカフィーマルチ アクセスの方が早いようです。
なので、少しでもセキュリティの高いソフトにしたいという方には、マカフィーマルチ アクセスをオススメします。

ただし、

  • スマートフォンセキュリティ→ウイルス対策がメイン+スマホの場所をGPSで特定可能
  • マカフィーセキュリティ→ウイルス対策

と、スマートフォンセキュリティの方は、スマホが盗難・紛失に合った時にスマホの場所を探索できる機能があります。
スマホを無くす心配のある方は「スマートフォンセキュリティ」をオススメです。

セキュリティ/データ復旧のオプションはこんな方は不要
1.スマートフォンセキュリティはこんな方は不要
  • 有名なサイトやアプリしか利用しない方
  • 3-4年前の古い端末を利用している方

ヤフーやLINE、Facebookなど有名なサイトやアプリしか使わないという方は、ウィルスに感染する可能性はほとんどありません。
海外のあまり知られていないサイトや、あまりインストールされていないアプリを利用する場合にウィルスの感染の可能性が高まります。
なので、みんなが利用している有名なサービスしか利用しないという方であれば、ウィルスソフトはあまり必要がありません。
私の周りの友人にも、スマホにウィルスソフトを入れているというのは聞いたことがないので、ウィルス被害を煽って「これで対策しておいた方が安心ですよ」という詐欺に気をつけるほうが重要だと思います。

また、3-4年前など古い端末を利用している方はウィルスソフトを入れることで動作が遅くなったりバッテリーの持ちが悪くなることもあるので、ほとんどないウィルスのために、普段のスマホの使い勝手が悪くなることになり、メリットが少ないでしょう。

2.データ復旧サービスはこんな方は不要
  • SDカードなどにバックアップを取っている方
  • 以前利用していた端末にデータが残っている方
  • データをオンライン上のサービスに保存している方

端末が動かなくなっても、SDカードや昔利用していた端末にデータが残っていれば、わざわざデータ復旧サービスを利用する必要はありません。
でも、毎回データをバックアップしたりするのは面倒なので、データがSDカードなどに残っていたとしても、データが古くなっていることも多いです。
そこでオススメの方法は、DropBoxなどのオンラインの無料ストレージにデータを保存しておくことです。
こうしたサービスを利用しておけば、万一ウィルスに感染して、スマホが動かなくなった場合もネット上にデータが保存されているので、データの消去を防ぐことができます。

3.マカフィーマルチ アクセスパックはこんな方は不要

マカフィーマルチ アクセスも、スマートフォンセキュリティと同様にウィルスによって端末のデータが盗まれたり、端末が動作しなくなることを防げます。
よく知らない海外のサイトや、あまりダウンロードされていないアプリ使わない限り、ウィルスに感染する可能性はほとんどないので、ほとんどの方は不要だと思います。
どうしても心配という方は無料のものも沢山出ているので、360セキュリティなどの無料ウィルスソフトを入れておくというのでも良いでしょう。

④楽天モバイルWiFi by エコネクト

wifi

楽天モバイルの楽天モバイルWiFi by エコネクトを利用すれば、全国63,000万箇所のWiFiスポットを無料で利用することができます。
WiFiを利用すると、データ容量を節約できるので、動画を見たり、写真をFacebookやLINEにアップロードしたり、テザリングを利用する時などに便利です。

全国63,000箇所と聞いても、どのくらいWiFiが利用できる場所があるのかピンと来ない方も多いと思うので、2ヶ月無料期間の間に試してみるのはオススメです。

利用条件
  • 楽天モバイルの全ての料金プランで利用可能
利用料金
  • 月額料金:362円 2ヶ月無料
特長・メリット
1)動画や写真共有SNSを見る時などにデータ容量を節約できる

WiFiを利用すると、沢山データ容量を消費するYoutubeなどの動画サイトや、Instagramなどの写真共有SNSを利用する時に、パケットを節約できます。
データ容量が大容量のプランにすると月額料金が上がってしまうので、「楽天モバイルWiFi by エコネクト」に加入してデータ容量を節約するというのもありだと思います。

たとえば楽天モバイルの音声SIMの場合、

  • 5GBプラン→ 2,150円
  • 10GBプラン→2,980円

なので、移動しながら動画をみることはない、近くのカフェやレストランでWiFiを使ってYoutubeを見れれば良いという方であれば、5GBプランに契約して楽天モバイルWiFi by エコネクトをオプションで付けた方が月額料金は安くなります。

【渋谷駅周辺のWiFiスポット】
shibuya

たとえば渋谷の駅周辺だとこれだけWiFiスポットが利用できます。
楽天モバイルWiFi by エコネクトに加入すると、スタバなど無料でWiFiスポットを利用できる場所以外でもWiFiを利用できるようになるので、色んな所でWiFiを使って動画を見たり、Instagramで時間を潰すことができますね。

2)楽天モバイル契約者ならパソコンからでも利用できる

カフェやレストランでパソコン作業をしている方がいますよね。
スマホでテザリングをしたり、無料WiFiスポットがある場合は、パソコンを外で利用することができますが、スマホのテザリングはデータ容量の消費が激しいですし、無料WiFiスポットも数が限られています。

楽天モバイルWiFi by エコネクトなら、マクドナルド、びっくりドンキー、コメダ珈琲、ココ壱カレー、ドトールコーヒー、銀座ルノアールなどなど街中の至る場所で、WiFiを利用することができます。

気分を変えて色んな場所でパソコン作業を出来るのも良いですよね。

注意点・デメリット

無料WiFiスポットが増えているので、楽天モバイルWiFi by エコネクトのオプションに入らなくても外でWiFiは使えるところは結構あります。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • スターバックス
  • タリーズコーヒー

近くにスターバックスやタリーズコーヒーがあるし、WiFiを使う時はそこのWiFiを利用すれば良いという方であれば、楽天モバイルWiFi by エコネクトを使わなくても良いでしょう。

こんな方にオススメ
  • 動画や写真共有SNSをスマホでよく使うので、データ容量の消費を抑えたい方
  • 近くに無料でWiFiスポットを利用できる場所がない方
  • 色んな場所で気分を変えてパソコン作業をしたい方
こんな方は不要
  • 月々のデータ容量で十分な方
  • スターバックスやタリーズコーヒーなどの無料WiFiスポットで十分な方

WiFiを利用すると、データ容量が節約できるので、データのバックアップやOSのアップデートなど、大量にデータを消費する作業をする時にも便利です。
自宅や近くにWiFiスポットがない場合は、楽天モバイルWiFi by エコネクトに加入するのもありですが、既に周りにWiFiが使える環境がある方は、あえてこのオプションに加入する必要性は低いと思います。

有料オプション

ジャンル オプションサービス
電話 ①5分かけ放題オプション:850円/月
②留守番電話:300円/月
③キャッチホンサービス:200円/月
補償 ④端末補償:500円/月
⑤つながる端末補償 by 楽天モバイル:362円/月
データ移行 ⑥アドレス帳・写真移行サービス
・一時お預かりプラン→11,000円
・出張設定プラン→5,000円

①5分かけ放題オプション

5minitu

5分かけ放題オプションは、5分以内の国内向けの通話なら、スマホでもガラケーでも固定電話でもどこにかけても無料の通話定額サービスです。
5分かけ放題オプションに加入して、無料オプションの楽天でんわアプリから電話をかけると、5分間なら何度かけても無料で電話をすることが出来ます。

利用条件
  • 楽天モバイルの音声SIMの全ての料金プランで利用可能

5分かけ放題オプションは、090/080発信の楽天でんわから利用するため、音声SIMプランでのみ利用できます。
データSIMでは利用できないので注意してください。

また、楽天でんわは楽天モバイル契約者の方以外でも利用できますが、5分かけ放題オプションは楽天モバイル契約者限定のオプションになります。

利用料金
  • 850円/月
特長・メリット
1)スマホ同士だけでなく、ガラケーや固定電話でも5分かけ放題

5分かけ放題オプションは、LINEやSkypeのようにアプリ同士なら通話料が無料のサービスと違って、国内通話ならどこへかけても5分間は無料で電話ができるサービスです。

週末に友達と出かけた時に、待ち合わせの場所を確認する時や、お店の場所を確認する時などに、通話料金を気にせず電話をかけることが出来ます。

月に10回3分の電話をすると、通常の電話の場合1分40円なので、40円x3分x10回=1,200円の通話料金がかかりますが、5分かけ放題オプションに加入していれば850円/月で済ますことが出来ます。

通話料金が気になるからと電話を控えていた方も、短い電話なら気にせず電話をできるようになります。

2)5分以降も通話料金半額で電話ができる

5分かけ放題オプションは、楽天でんわから電話をするので、5分以降も通話料半額で電話をかけることができます。
通話料金が半額なので、5分経ったら有料になるから急いで切らないとという焦りも減りますよね。

3)5分以内なら何度電話をしなおしても無料

通話料金をもとっと節約したい方は、5分たったら電話を切って、もう一度かけ直せば、最初の5分間は通話料金無料で電話をすることができます。
何回も切り直すのは手間がかかりますが、もう5分間だけ話をしたいという場合や、長電話をした後にちょっと休憩してもう一度電話をすれば、通話料金を節約することができます。

注意点・デメリット
  • 月に4回程度しか電話をしない方にとっては割高
  • 通常の電話から電話をすると5分かけ放題オプションが適用されない

5分かけ放題オプションは月額850円なので、例えば5分間の通話を月に4回程度しかしない場合だと通話料金800円となり、5分かけ放題オプションに加入しない方が安く済みます。

また、5分かけ放題オプションは楽天でんわから通話をしないと適用されないので、間違って通常の電話からかけないように注意しましょう。
楽天でんわの電話番号は、通常の090/080の電話番号と同じなので、着信は通常の電話で受けることになります。
そのため、折り返しの通話をする時にそのまま着信履歴をタップすると、通常の電話で電話をかけることになってしまい、5分かけ放題が適用されません。
5分かけ放題を適用させるためには、少し面倒ですが、着信履歴の電話帳をコピペして、楽天でんわから電話をかける必要があります。

こんな方にオススメ
  • 飲み会の幹事を任されて、色んなお店に電話をしないといけない方
  • 週末に遊びに行って、待ち合わせとかで電話をすることが多い方
  • 遠距離恋愛などで長電話をする方

5分かけ放題オプションは、短い電話が無料になるサービスですが、長電話をする方でも、最初の5分は無料なので、普通に電話をかけるよりは安くなります。
090/080の電話番号でかけられるメリットもあるので、LINEやSkypeなどと使い分けながら利用するとより通話料金を節約できます。

こんな方は不要
  • 電話の回数がそれほど多くない方
  • 電話をかけるのは、スマホ同士が多くLINEやSkypeで足りている方

5分かけ放題オプションは、固定電話やアプリをインストールできないガラケーの方への通話も無料になるところがメリットなのですが、スマホ同士であればLINEやSkypeでも無料で電話ができます。
長電話をする場合でも、電話をかける相手がスマホの方だけなのであれば、5分かけ放題オプションは不要LINEやSkypeで電話をする方が良いでしょう。
ただ、LINEやSkypeの場合、着信に気づきにくい、通話品質が悪いなどのデメリットもあるので、短い通話も組み合わせて利用する場合は、5分かけ放題オプションはオススメです。

②留守番電話

楽天モバイルでは、留守番電話は有料です。
利用料金は300円/月なので、スマート留守電を利用した方が安くて便利です。
留守番電話センターに問い合わせて、メッセージを確認するという従来の留守電の方がどうしても使いやすいという方以外はスマート留守電の方を利用する方がオススメです。

さらにオプション料金を節約するのであれば、上記で説明させて頂いた転送電話とSMARTTalkを組み合わせた留守番電話であれば、月額無料で利用することができます。

利用条件
  • 楽天モバイルの音声SIMの全ての料金プランで利用可能
利用料金
  • 300円/月

③キャッチホン

キャッチホンは通話中に、着信があった場合に「プププ」という音が鳴り、他の方から電話があったことをお知らせしてくれるサービスです。
電話がかかってくることが多い方は付けておいてもよいでしょう。

利用条件
  • 楽天モバイルの全ての料金プランで利用可能
利用料金
  • 290円/月

④端末補償

端末補償は、「端末補償/あんしんリモートサポートパック」のところで解説させて頂いたので、ここでは詳細は省略させて頂きますが、月額500円払っておくと、端末が故障した時に格安で端末を交換できるサービスです。
リモートサポートが不要な方は、端末補償単体で申し込んでおくと良いでしょう。

利用条件
  • 楽天モバイルの全ての料金プランで利用可能
  • 楽天モバイルの端末購入時のみ加入可能
利用料金
  • 300円/月

⑤つながる端末補償 by 楽天モバイル

sim

つながる端末補償 by 楽天モバイルは、楽天モバイル以外の端末が壊れた場合でも、格安で端末を交換してくれるサービスです。
元々ドコモで利用していた端末を楽天モバイルで利用する場合や、Amazonなどでスマホを購入して楽天モバイルで利用する場合に、つながる端末補償 by 楽天モバイルは使えます。

利用条件
  • 楽天モバイルの全ての料金プランで利用可能
  • 楽天モバイルに契約と同時申し込みが必須
  • 補償範囲は、自然故障 および 破損・水没による故障
  • 補償回数は、1契約につき年間2回まで

端末補償と同様に、楽天モバイルの契約と同時でしか申し込みができないので注意してください。

利用料金
  • 月額料金:500円/月
  • 修理の場合は無償、交換の場合は1回目は4,000円、2回目は8,000円

つながる端末補償 by 楽天モバイルを利用する場合は、オプションに申し込んだ後に、楽天モバイルに契約したら、SIMカードを端末に挿入して、専用のウェブページにアクセスして、端末を利用登録します。

端末が壊れたら、コールセンターに連絡すると、代替え機が送られてくるので、そこにデータを移し替えて、端末を郵送します。
基本的には端末補償と同じ流れなのですが、楽天モバイル以外の端末でも利用できるというのは助かりますね。

⑥アドレス帳・写真移行サービス

data

楽天モバイルの端末を購入した時に、ご自身で設定するのが不安だという方にオススメのオプションです。
出張プランだと11,000円もして高いと思われるかもしれませんが、楽天モバイルに問い合わせて見たところ、1ヶ月先まで予約が一杯とのことでした。
出張プランの場合は、データ移行の後にスマホの基本的な操作を教えてもらえるレクチャー付きなので、スマホ初心者の方は利用してみても良いかもしれません。

利用条件
  • 楽天モバイルの全ての料金プランで利用可能
  • 楽天モバイルでスマホを購入と同時申し込みが必須
利用料金
  • 一時お預かりプラン→5,000円+代替機の通話料
  • 出張設定プラン→11,000円

楽天モバイルのオプションは必要?不要?

上記の楽天モバイルのオプションは、結局のところ必要なのでしょうか?
楽天モバイルのオプションは無料のもの以外は不要だと思います。
理由は、

  • 必要になった時に加入すれば良い
  • 端末補償など楽天モバイル契約時しか加入できないものも、必要になったら外部のサービスを利用すれば良い
  • セキュリティなどの有料サービスは、外部の無料のアプリを利用すれば良い

からです。

実際に楽天モバイルの店舗に行ってみたところ、有料オプションに加入している方というのはほとんどいらっしゃらないようです。
私の友人も楽天モバイルにする人が増えていますが、有料オプションを付けている人は一人もいません。

ほとんどのオプションは楽天モバイル契約後でも申し込めるので、必要になった時に利用すればいいでしょう。

楽天モバイルのオプションで特にオススメは?

基本的にはオプションは加入しなくても良いと思うのですが、「5分かけ放題」と「スマート留守電」については、電話の使い方に応じて付けておいても良いと思います。

5分かけ放題

5分かけ放題オプションは、無料通話アプリの楽天でんわから通話するので、楽天でんわを使った場合に、5分かけ放題オプションを付けた場合と付けなかった場合で通話料金がどのくらい変わるのか比較してみましょう。

5分かけ放題オプションを付けた場合

[ 1ヶ月の通話料金]

  • 彼氏に電話(15分x4回)→ 800円
  • 友達と待ち合わせで電話(3分x3回)→ 無料
  • 親に電話(5分x3回)→ 無料
  • お店の行き方の確認に電話(1分x3回)→ 無料

合計:通話定額850円+通話料金800円=1,650円

5分かけ放題オプションを付けなかった場合

[ 1ヶ月の通話料金]

  • 彼氏に電話(15分x4回)→ 1,200円
  • 友達と待ち合わせで電話(3分x3回)→ 180円
  • 親に電話(5分x3回)→ 300円
  • お店の行き方の確認に電話(1分x3回)→ 60円

合計:通話料金=1,740円

5分かけ放題オプションは長電話をした場合はあまり安くなりませんが、短い通話を沢山かける方には、かけた分だけおトクになります。
上記の場合も友達との待ち合わせや親御さんへのちょっとした電話、お店への電話など細かい通話を含めると総額では5分かけ放題オプションを付けたほうが通話料金が安いです。
外出が多い方は、待ち合わせやお店に電話をかける機会も増えると思うので、利用すると通話料が節約できることも多いと思います。

スマート留守電

スマート留守電は、通常の留守番電話より安い料金で、音声でも文字でも留守番電話を確認することができるので、少なくとも通常の留守番電話に加入するよりはおトクで便利です。

では、上記で紹介させて頂いた転送電話とSmartTalkを使た留守番電話と比べた場合はどうでしょうか?
どちらもメリットがあるので、それぞれのやり方のオススメな方を紹介していきます。

スマート留守電がオススメな方

スマート留守番電話がオススメな方は、留守番電話を受ける回数が多い方や、すぐに留守番電話に反応して対応しないといけない、忙しいビジネスマンの方です。
留守番電話に入れるメッセージは

  • 折り返し電話をして欲しいのか
  • こちらから折り返した方が良いか
  • なにもしなくてよいのか

どれかが分かれば良いことがほとんどだと思います。
これらを確認するのに、わざわざ音声を確認する時間が勿体無いという方にスマート留守電はオススメです。

スマート留守電よりSmartTalkがオススメな方

一方SmartTalkによる留守番電話は月額料金無料で利用できます。
頻繁に留守番電話を利用する方は、上記の通り、わざわざ留守番電話の音声を確認するのは手間がかかるかもしれませんが、月に留守番電話を1回,2回程度しか使わないのであれば、わざわざ有料のサービスを使う必要もないでしょう。

楽天モバイルのオプションを後から申し込む方法は?

楽天モバイルのオプションは、

  • 端末補償
  • 端末補償・あんしんリモートサポートパック
  • つながる端末補償 by 楽天モバイル
  • アドレス帳・写真移行サービス

以外は全て、楽天モバイル契約後でも申し込むことができます。
オプションの申し込みは、メンバーズステーションという楽天モバイルのマイページから行います。

オススメの5分かけ放題オプションやスマート留守電もここから申し込めるので、必要性を感じたら上記のマイページから申し込めばいいでしょう。

楽天モバイル契約後は、データ移行など初期設定があったり、操作方法に慣れるまで時間がかかると思うので、色んなオプションを契約時に申し込むことはあまりお勧めしません。

楽天モバイルのオプションの解約方法は?

楽天モバイルのオプションの解約もメンバーズステーションから行えます。
電話でもオプションの解約は可能です。
土日や夕方になると電話がつながりづらくなりますが、平日の午前中などは比較的空いていることが多いです。

  • 楽天モバイルカスタマーセンター:0800-600-000
    受付時間:9:00-18:00(年中無休)

注意したいのは、オプションの締め日です。

楽天モバイルのSIMの契約の締め日は当月15日です。
16日以降に解約すると、翌月分の月額料金が発生してしまうので、15日までの解約がオススメです。

一方、楽天モバイルのオプションの解約の締め日は25日なので、15日に解約しても、25日に解約しても支払う費用は同じです。
それだったら25日にオプションを解約した方が、長くオプションが使えておトクですね。

ただ、5分かけ放題オプションだけは、通話料が発生するサービスなので、他のオプションと締め日が違って、10日が締め日になります。
5分かけ放題オプションを解約する場合は10日までに解約するようにしましょう。

まとめ

楽天モバイルに限ったことではありませんが、スマホに申し込むときのオプションって、どれに入るか、そもそも入った方が良いのか悩みますよね。
私も毎回悩みまくって、ついつい余計なオプションに入ってしまうこともあります。

楽天モバイルでいうと、契約時にしか加入できないオプションは、

  • 補償系のオプション
  • 初期設定のオプション

だけで、ほとんどのオプションは後からでも加入できます。
一見、月額料金2ヶ月無料のオプションを見ると、楽天モバイル契約時に入らないといけないのかなと思ってしまいますが、これも後からでも加入できます。

なので、必要かどうか微妙なオプションには加入せずに、その分のお金をデータ容量や端末に回した方が良いと思いますし、必要だと思ってからあとからオプションに加入しても全然間に合います。
あまり他では言われていないことですが、楽天モバイル契約時は「オプションなし」がオススメです!

一番トクな楽天モバイルの申し込みはこちら

mineo(マイネオ)のLaLaCall(ララコール)なら通話料半額!月額基本料無料で使えて使えるIP電話で家族への通話も便利!

mineo(マイネオ)のLaLaCall(ララコール)なら、通話料半額になります。
しかも、LaLaCall(ララコール)同士の通話なら、どれだけ使っても通話料無料。
格安スマホ(MVNO)にしたいけど、通話料金が心配な方に重宝されているサービスです。

格安SIM(MVNO)は、通信料は確かに「格安」なのですが、通話料は全然格安じゃないって知っていましたか?
むしろ、通話し放題のプランとかがなかったりすると、逆に高いことが普通です。
そんなときに、役立つのがLaLaCall(ララコール)のような通話料半額や無料になるIP電話のサービスです!

lalacall

■一番おトクなmineoの申し込み先はこちら

最近は、別に通話なんて使わないよという方も多い一方、まだまだ単身赴任の方や遠距離恋愛をしていたりすると、遠くの家族や彼氏、彼女に長電話してしまうものですよね。
そんな方は、実は、せっかく通信料の月額料金をさげるために格安スマホ(MVNO)にしたのに、逆に通話料が高くなって、結局もとのドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアがやすかったなんてことも。

もちろん格安スマホ(MVNO)側もわかっているので、IP電話のようなサービスで、通話料を下げにきています。
それが、mineo(マイネオ)でいうと、LaLaCall(ララコール)というサービスで、国内海外問わずスマホ・ケータイ・固定電話の全ての通話料が半額以下に抑えられます。
今回は、そんなmineo(マイネオ)のLaLaCall(ララコール)について詳しく解説していきます。

mineo(マイネオ)の「LaLaCall」とは?

そもそもLaLaCall(ララコール)ってなんだよって人も多いと思うので、まずはLaLaCall(ララコール)ってなんなのかを解説していきたいと思います。

lalacall2

LaLaCall(ララコール)というのは、IP電話と呼ばれるサービスで、050から始まる電話番号で電話をかける通話アプリです。
通常の電話と違って、インターネット回線を利用して電話をかけるサービスのことをIP電話と呼ぶのですが、LaLaCall(ララコール)もIP電話の一つです。

通話料が半額になるおトクなアプリというと、使い方とかが通常の電話と違ってめんどくさい使い方は普通の電話とほぼ同じです。
なので、使い方はそのままで、国内のスマホに限らず、固定電話やケータイ、海外への通話料金も安くできるため、仕事やプライベートで電話をかける機会の多い方に、幅広く使われています。

mineo(マイネオ)のIP電話「LaLaCall」の機能

LaLaCall(ララコール)の機能ですが、まずはIP電話なので、電話としての機能があります。
見た目も使い方も通常の電話とほとんど変わりません。

lalacall3

また、上記の写真のように電話帳があって、電話帳を押すと電話をかけられます。
電話だけでなくSMSも送れて、このアプリだけで電話やメッセージのやり取りを、誰とでもすることができます。

lalacallmessage

さらに、留守番電話が無料で使えるなど通常の090/080の電話より優れている部分もあり、090/080の電話番号をメインの電話、050の電話番号をサブの電話として使い分けている方も多いようです。

メインの電話番号が050になると不便ですが、LaLaCall(ララコール)は090/080の電話番号は通常通り使えて、090/080の電話番号とは別に追加で050の電話番号を持つことができます。
なので、

  • 仕事用には090/080の電話番号
  • プライベートで長電話する場合は通話料の安い050の電話番号

など使い分けることができるので便利です。

mineo(マイネオ)のIP電話「LaLaCall」の通話料金

090/080の電話でもそうですが、LaLaCall(ララコール)は、かける相手によって通話料金が変わってきます。
LaLaCall(ララコール)の通話料金は以下の通りです。

  • スマホ・ケータイ→ 1分 18円
  • 固定電話→  3分 8円

スマホやケータイへの通話料金は、通常の090/080の電話の半額です。
友達と待ち合わせで集合場所を確認する時に、例えば3分話したとすると1回で66円の節約になります。
毎回の通話料金が節約できるので、人によっては毎月500円、600円と節約できるという方もいると思います。

固定電話への通話はさらに安く、3分8円です。
週末の飲み会の幹事を任されて、良い店を探さないといけない、という場合でも3分8円なら通話料金の負担もかなり抑えられますよね。
1回3分で、5件のお店に電話をした場合、普通の電話を使うよりも560円も節約することができます。
お店にかける時はどうしても固定電話宛てになってしまうので、固定電話の通話料が3分8円というのは嬉しいですよね。

固定電話は3分ごとの課金ですが、1分換算だと約2.7円で、通常の090/080の電話の通話料金の約1/30の値段です。
実家の親御さんの様子が心配という場合も、通話料金が1/30だったら、通話料金を気にすることなく電話で親御さんの様子を確認できますよね。

mineo(マイネオ)のIP電話「LaLaCall」の利用料金

通常、IP電話アプリだと、通話料金とは別にアプリの利用料がかかります。
もちろんmineo(マイネオ)のLaLaCall(ララコール)でもかかるのですが、2017年1月までは、LaLaCall(ララコール)を2017年1月まで月額無料で利用することが出来ます。

17年2月以降は、mineo(マイネオ)の契約者でも月額100円を払わないといけませんが、その分毎月100円分の無料通話がもらえることになっています。
スマホ・ケータイ宛に月に6分以上電話をする方であれば100円の無料通話分を使い切れるので、17年2月以降もLaLaCall(ララコール)の利用料金は変わらず実質0円というわけです。

mineo(マイネオ)のIP電話「LaLaCall」の利用条件

LaLaCall(ララコール)は、アプリなので、利用する条件があります。
ただ、

  • Android4.0以降、iOS6.0以降のスマホ

と、大体のスマホが当てはまっているかと思うので、この点は気になさらなくても大丈夫ですね。

少し詳しく解説しておくと、Androidだと2012年以降の機種、iPhoneだとiPhone4以降の機種であれば、mineo(マイネオ)以外の方も含めて、LaLaCall(ララコール)は利用可能です。
また、mineo(マイネオ)の音声SIM(デュアルタイプ)、データSIM(シングルタイプ)全ての料金プランで、LaLaCall(ララコール)は利用することが出来ます。

mineo(マイネオ)の「LaLaCall」の12個の特長・メリット

kawamurayuka01

LaLaCall(ララコール)は通常の090/080にはない特徴やメリットがあります。
とくにオススメの特徴や特徴的なメリットを12個ほど紹介していきたいと思います。

①通話料が半額になる

LaLaCall(ララコール)を使えば、mineo(マイネオ)のスマホでも、mineo(マイネオ)以外のスマホでも、固定電話でも、どこにかけても通話料金が半額になります。
相手がLaLaCall(ララコール)を利用していない場合でも、通話料金が安くなります。

  • 遠距離恋愛していて、彼氏彼女と長電話をしたい方
  • 単身赴任で、家族と話をしたい方
  • 大学に上京したお子さんの様子が気になる親御さん

など、定期的に長時間電話をするという方には、LaLaCall(ララコール)は特に節約効果が高いですよね。
遠距離恋愛で電話をしたり遠方の家族に電話をする場合、1時間電話をすることもそれほど珍しくないですよね。
そうした場合、通常の電話の場合1分40円なので、1時間通話をすると2,400円です。
それをLaLaCall(ララコール)を利用すれば1,200円の節約になります。
一度にそれほど長電話をしないという方でも、短い通話を積み重ねていくと結構高額な通話料金を支払っていることも少なくないでしょう。

日頃の電話をmineo(マイネオ)のLaLaCall(ララコール)を利用すれば、毎月の通話料金をどんどん節約するこが出来ます。

②mineoユーザーは月額料金が無料

通常mineo以外のユーザーが利用すると月額100円かかるLaLaCall(ララコール)ですが、mineo(マイネオ)の契約者の方は、この月額料金が無料で利用することが出来ます。

ただし、LaLaCall(ララコール)は通話品質や使い勝手の改善のために、17年2月からmineo(マイネオ)契約者の方も月額100円の利用料が発生することになりました。

「え、じゃあ全然得にならないじゃん!!」

って思うかもしれませんが、mineo(マイネオ)契約者は、月額料金の100円分の無料通話がもらえるので、実質無料ということになります。
最初の100円分は無料で電話できるので、ある程度電話する方であれば月額料金100円支払っても損はないということになります。

③mineoのIP電話「LaLaCall」同士なら通話料無料

LaLaCall(ララコール)同士だと、実は通話料が無料になります!

mineo(マイネオ)のLaLaCall(ララコール)は、スマホや固定電話、PHSなどどこにでも電話をかけることができるのですが、LaLaCall(ララコール)同士であれば通話料無料で電話をすることができるんです。
例えば、恋人同士であれば相手にLaLaCall(ララコール)をスマホにインストールしておいてもらえば、どれだけ長電話をしても通話料無料です。
通話料を気にしながら話さなくて良いので、好きなだけ電話ができます。
もっと電話したいけど、通話料金がかかるからあんまり話せなかったということもなくなります。

さらに、eo光という近畿地方の光回線を利用している方であれば、eo光電話という固定電話に対しても無料で電話をかけることができます。
関西から単身赴任で東京にいるお父さんの場合、家にeo光電話があれば、スマホから自宅にいつでも無料で電話ができるのはとても便利ですね。

ちなみに、相手が無料通話の対象かどうかは、LaLaCall(ララコール)の電話帳を見れば分かるようになっています。

lalacall4

上記の「Free」のマークが出ていれば、相手がLaLaCall(ララコール)かeo光電話なので、通話料無料で電話をすることができます。
電話をかける前に通話料無料かどうかが分かるので、通話料無料なのに急いで電話を切ってしまったり、通話料がかかるのに長電話をしてしまったということもなくなって、効率的に通話料金を節約することができますよね。

④電話番号が二つ持てる

LaLaCall(ララコール)は通常の電話の090/080に加えて、050の電話番号を持つことができます。
これが意外と便利で、

  • 懸賞に応募する
  • 会員登録する
  • ヤフオクで知らない人と取引する

といった時に、050の電話番号を使えば、完全にプラーベートなメインの090/080の電話番号はとは別に自由に個人情報とか気にせず人に伝えることのできる番号が出来ます。
050の電話番号は使い捨て感覚で使えるので、LaLaCall(ララコール)宛の迷惑電話が多くなってきたら、一旦LaLaCall(ララコール)を解約して、もう一度別の番号を取り直せばいいんです。

また、090/080は電話回線、050はインターネット回線を利用しているので、災害時に090/080の電話が繋がらない時でも、050で電話をすると電話が繋がる場合もあります。
反対に、050では電話が繋がる場合でも、090/080だと電話が繋がらない場合もありますが、連絡手段を複数持てるというのは、万が一の時に役立ちます。

⑤050の電話番号が選べる

lalacalltel

050の電話番号は、LaLaCall(ララコール)の利用開始する前に、5つの電話番号から自分で選ぶことが出来ます。
自分で好きな電話番号を選べるのは、勝手に電話番号を決められるより良いですよね。
LaLaCall(ララコール)は、mineo(マイネオ)を解約した後でも継続して使えるので、好きな数字が入った番号を選べるので、ラッキーナンバー入りのお気に入りの番号をずっと使えたりするので、意外とこの機能が人気だったります。

⑥通話中にデータ容量を消費しない

IP電話は通常インターネット回線を利用しているので、通話料は安い代わりに、データ通信量を消費します。
たとえば、LINEやSkypeなどの無料通話アプリの場合、大体1時間通話すると30MB、10時間通話すると300MBのデータ容量を消費します。
そうすると、例えばmineo(マイネオ)の最安の500MBプランの場合、通話をするだけで半分以上のデータ容量を消費してしまう計算になります。
せっかく通話料が安くなっても、データ通信量が高くなる意味のないIP電話アプリもあります。

ところが、mineo(マイネオ)ユーザーの場合、LaLaCall(ララコール)はデータ容量を消費せずに通話をすることが出来ます。
データ容量を全く気にせず通話できるので、長電話の方もストレスなく利用できますね。

⑦データSIM(シングルタイプ)でも電話ができる

データSIMの場合でも、通話ができることになります!

「え??データSIMって、データだけのSIMで、通話はできないSIMでしょ・・・」

って、普通は思いますよね。
それがこのLaLaCall(ララコール)のメリットなんです。

どういうことかというと、データSIM(シングルタイプ)の方の場合、たしかに通常の音声SIMで利用できる090/080の電話番号はありません。
ただ、LaLaCall(ララコール)を使うと、050の電話番号がもらえるので、データSIMでも通話ができるというわけです。

これって、データSIMで音声通話ができるので、どうしても090/080の番号が必要という方以外には、月額料金を下げるメリットがあります。

どういうことかというと、データ容量500MBで比較すると、データSIMと音声SIMのそれぞれの月額料金は、

  • データSIM(シングルタイプ)→ 700円/月
  • 音声SIM(デュアルタイプ)→ 1,310円/月

と、090/080の電話番号を付けるだけで毎月610円も余分に支払いが発生しているんです。
2年間利用したとして、14,640円も費用が変わってくるわけです。

電話をできるという点では、090/080の電話番号も、050のLaLaCall(ララコール)も同じです。
1円でも安くスマホを持ちたいという方は、、090/080の電話番号を持たず、データSIM(シングルタイプ)でLaLaCall(ララコール)の050の電話番号を使うと2年間で14,640円も節約できるんですよ!

⑧留守番電話が無料

LaLaCall(ララコール)なら留守番電話が無料で利用できます。
IP電話って、なんか留守電とか使えなさそうなイメージないですか。
LaLaCall(ララコール)は全然そんなことありません。

ちなみに、mineo(マイネオ)の音声SIMでは、留守番電話は月額300円の有料オプションになっています。
通常は090/080の電話番号を使っていると思うので、090/080にかかってきた電話は、LaLaCall(ララコール)の電話番号に転送します。
そうすれば、090/080にかかってきた電話を050の留守番電話に繋げるので、無料で留守番電話を使えます。
つまり、LaLaCall(ララコール)を使うと、留守電が無料どころか、090/080の音声SIMの方の留守電もいらなくなるというわけです。

rusuden1

注意点としては、電話を転送する時の通話料は1分=40円と有料なので、完全留守番電話が無料になる訳ではありません。
留守番電話のオプション料金が無料になるということです。
ただ、留守番電話を受ける回数がそれほど多くなければ、LaLaCall(ララコール)を使った留守番電話を利用する方が安いですよね。
留守番電話オプションは月額300円なので、1回の転送料が40円だとして、留守番電話を受ける回数が月に7回以下の方は、LaLaCall(ララコール)の留守番電話を利用した方が安く済ませられます。

⑨国際電話も安い

国際電話は、通常の090/080の電話からかけると、1分100円など国内の電話よりかなり高額な通話料金が発生します。
LaLaCall(ララコール)なら、国際電話がたとえば、アメリカの場合1分6円とめちゃくちゃ安いです。

海外出張や海外旅行などで、わざわざ現地でスマホをレンタルしたりしなくても、LaLaCall(ララコール)があれば格安で通話することができます。

⑩メッセージがやりとりできる

LaLaCall(ララコール)同士でメッセージもやり取りすることが出来ます。
LINEのように色んなスタンプがあり、メールの代わりの連絡手段としても利用できます。

stanp

LINEや通常の電話番号は、プライベートで使ってるから、あんまり教えたくないという場合でも、LaLaCall(ララコール)をサブのメッセージアカウントとして持っておけば、プライバシーを守れますね。

⑪通話料がどれだけ節約できたか確認できる

lalacallmeisai

LaLaCall(ララコール)のアプリから、毎月の通話料の明細を確認できます。

また、通常の090/080の電話で電話した時に比べてどのくらい節約できたかもLaLaCall(ララコール)のアプリ内で確認する事ができます。
ゲーム感覚で、毎月節約できた通話料を確認していけば、通話料金をどんどん節約していけますね。

⑫mineo(マイネオ)の月額料金と請求を同じにできる

LaLaCall(ララコール)の通話料金は、mineo(マイネオ)の月額料金と合算して支払うことが出来ます。

請求の合算は、LaLaCall(ララコール)の管理画面から行います。
LaLaCall(ララコール)の管理画面のお支払方法で、請求先のご請求に合算の欄で「mineo」を選択します

 

seikyu

そうすると、請求先の合算の承認メールが届くので、これでLaLaCall(ララコール)の請求とmineo(マイネオ)の請求を一緒にできます。

eoid

請求一緒だと家計の管理も楽になるので助かりますね。

mineo(マイネオ)の「LaLaCall」の7個の注意点・デメリット

kawamurayuka02

ここまでLaLaCall(ララコール)のメリットを紹介してきましたが、やはりそれでもIP電話はIP電話。
あくまで090/080の電話番号と併用して活用するのが本当はよくで、LaLaCall(ララコール)だけでは不便なこともあります。

LaLaCall(ララコール)を利用する上での注意点やデメリットを確認しておきましょう。

①通話料金が1分単位に課金される

mineo(マイネオ)は通話料は半額なのですが、通常の090/080が30秒単位の課金なのに対して、LaLaCall(ララコール)は1分単位の課金です。

たとえば、20秒だけ電話をした場合、090/080の電話だと30秒分の通話料金でいいのですが、LaLaCall(ララコール)は1分間分の通話料金が発生するので、

  • 通常の090/080の電話→20円
  • LaLaCall(ララコール)→20円

と支払う料金は同じになります。

LaLaCall(ララコール)の方が通話料が高くなることはないのですが、1〜2分の電話の場合は、LaLaCall(ララコール)にした場合のメリットはあまりなくなります。

もちろん、長時間電話をする場合は、通常の電話番号090/080で電話をすると2,000円かかるところが、LaLaCall(ララコール)で電話をすると1,000円に節約できるので、課金が30秒単位なのか1分単位なのかは余り問題ではなくなります。
あくまで短い通話が多いかたは、通常の090/080もうまく活用されるとよいかと思います。

②フリーダイヤル(0120)や110/119に通話できない

LaLaCall(ララコール)だけでなく090/080の電話番号を持っておいた方が良い理由に、フリーダイヤルや警察、消防署に電話ができないということが挙げられます。
IP電話だけにすればいいのにという方も、この緊急時の警察や消防への電話が使えないのは流石に困るというこおで、090/080の電話番号を持っている方が多いですね。

その他、以下電話番号にもLaLaCall(ララコール)からは電話ができないので注意してください。

  • フリーダイヤル 0120-***-***
  • ナビダイヤル 0570-0**-***
  • テレドーム 0180-99-****
  • 緊急通報 110,118,119
  • 番号案内 104
  • 電報受付 115
  • 時報 117
  • 災害伝言ダイヤル 171
  • 天気予報 177
  • オプション、サービス設定 142
  • 迷惑電話拒否サービス設定 144
  • 転送電話選択サービス設定 147
  • 非通知着信拒否サービス設定 148
  • 指定番号着信選択サービス設定 149
  • 衛星船舶電話 090-302-*****
  • 消費生活相談受付 188
  • 児童虐待通告・児童相談受付 189

データSIM(シングルタイプ)でLaLaCall(ララコール)を利用する方は、090/080の番号がないので、上記には電話ができないということになります。
もしどうしてもデータSIMだけでLaLaCall(ララコール)を使いたいという方は、警察などに頻繁に連絡をする方というのはそれほど多くないと思いますが、一つの方法として、近所の交番の番号を登録しておくというやり方があります。
街の交番であれば、LaLaCall(ララコール)からでも電話ができるので、110の代わりにすることも可能です。
ちなみに、交番に警察の方が不在の場合は、このやり方は通用しません。

③電波環境が悪いと途切れちになる

LaLaCall(ララコール)は、インターネット回線を使っているため、混雑した昼間のオフィス街では電話が途切れがちになることがあります。
混雑した場所では、他の方がスマホでネットを使っていることがあり、その影響でLaLaCall(ララコール)の通話も途切れがちになってしまうようです。

通話品質についても、通常の電話よりはやや悪く、仕事で一言一句聴き逃してはいけないような電話には、090/080の電話番号を使う方がオススメです。

④着信履歴が残らない場合がある

LaLaCall(ララコール)はアプリを起動している時は着信が残るのですが、アプリを起動していない場合に着信があっても、不在着信として、着信履歴が残らない場合があるようです。
周りの友人や知人には基本的には090/080の電話の番号を教えておいて、着信は090/080の電話番号で受けるなどのめんどくさい対策が必要です。
LaLaCall(ララコール)は、長時間の電話をよくかける相手やお店などに発信専用の電話として利用する方が良いでしょう。

⑤着信拒否ができない

mineo(マイネオ)のLaLaCall(ララコール)は、非通知の着信拒否はできるのですが、特定の電話番号から来た着信を一つずつ拒否するといったことは出来ません。
不動産の勧誘などの営業電話が来た時に個別に着信拒否ができないので、不要な電話が何度も来てしまう場合は、LaLaCall(ララコール)の050の電話番号を、新しく取り直すことで対策するなどの対応が必要になります。

⑥バッテリーの消費が多くなる

LaLaCall(ララコール)は着信を待機するための機能が備わっているため、アプリを閉じていても少量ながらバッテリーを消費してしまいます。
mineo(マイネオ)で発売されている最新端末などであれば問題ありませんが、2-3年前の古いSIMフリー端末を利用する場合などは、バッテリーの減りが早くなってしまうということにも繋がります。

その場合は、バッテリー長持ちのためのアプリなどを入れて、電池の消費を抑えるのもありだと思います。

⑦利用するのにクレジットカードが必要

mineo(マイネオ)のSIMの契約や端末の購入には口座振替が利用できるのですが、LaLaCall(ララコール)はクレジットカードによる支払いが出来ません。

クレジットカードがなくて050のIP電話を利用したい場合は、デビットカードを作ることで利用できます。
デビットカードとは、決済したタイミングでご自身の銀行口座からリアルタイムに引き落としがされるタイプのカードで、審査不要でカードを作ることが出来ます。

ちなみに、050のIP電話はLaLaCall(ララコール)以外にもあるのですが、G-CallというIP電話は、デビットカードで申し込めたという情報があります。
G-Callは利用料が月額280円とやや高いですが、クレジットカードがない方は試してみても良いでしょう。

もし今クレジットカードがなくてLaLaCall(ララコール)を使いたい方で、これからクレジットカードを作ってもいいという方は、楽天カードワイジェイカードがオススメです。
新規にクレジットカードを作ってカードを利用すると、楽天カードは5,000円分の楽天ポイント、ワイジェイカードは最大7,000円分のTポイントが貰えます。
貯まったポイントは、コンビニやネットの買い物で現金同様に使えるので、クレジットカードを持っていない方は、この機会に作ってみてもいいかもしれません。

mineo(マイネオ)のIP電話「LaLaCall」の申込方法と使い方

LaLaCall(ララコール)を利用するには、mineo(マイネオ)に申し込みをした後に、

  1. LaLaCall(ララコール)の利用登録
  2. LaLaCall(ララコール)のアプリのインストール

の2ステップの手続きで利用できるようになります。

mineo(マイネオ)の申し込まなくても、LaLaCall(ララコール)は利用できるのですが、mineo(マイネオ)に契約しているとLaLaCall(ララコール)の利用料月額100円が免除されるので、先にmineo(マイネオ)に申し込んでおくべきです。

1.mineo(マイネオ)のIP電話「LaLaCall」の利用登録

こちらのページからLaLaCall(ララコール)の利用登録手続きをします。

①mineo契約の際に登録するeoIDとパスワードを入力

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-22-23-31-03

LaLaCall(ララコール)登録の際の注意事項が表示されるのでOKを押します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-22-23-31-40

  • AndroidもしくはiOSのバージョンが古いと利用不可
  • 月額料金が発生する

ということが記載されていますが、要するに「古い端末では利用できないのと、利用料金がかかるから注意してね」ということです。
mineo(マイネオ)の契約者の方は17年1月までは月額無料で利用することが出来ます。

②利用料金を確認してクレジットカードを登録します。

月額料金は税込みで108円です。
mineo(マイネオ)契約者の方は月額料金が17年1月まで無料で、17年2月以降は月額108円がかかる代わりに、無料通話が108円分付いてくるので、6分以上通話をする方にとっては支払う金額は同じになります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-22-23-32-05

2.mineo(マイネオ)のIP電話「LaLaCall」の使い方

LaLaCall(ララコール)の利用登録が完了したら、LaLaCall(ララコール)のアプリをスマホからインストールします。

アプリをンストールして立ち上げると、初期設定画面が表示されます。

プッシュ通知の設定ができるので、これをオンしておきます。
ここをオンにしておくと、LaLaCall(ララコール)のアプリを立ち上げていない状態でも着信を受けることが出来ます。

ただ、LaLaCall(ララコール)の注意点・デメリットのところでもお伝えしたように、圏外の場合などで不在着信が残らない場合があるので注意してください。

lalacallhowto

続いて、電話帳アップロードなどの設定をします。
一番上の電話帳アップロードのところにチェックを入れておくと、スマホの中に入っている電話帳を自動的にLaLaCall(ララコール)の電話帳に読み込んでくれます。
いちいち手動でLaLaCall(ララコール)に電話帳を移し替える必要がないので便利ですね。

また、無料通話判別にチェックを入れておくと、電話帳に表示されている相手がLaLaCall(ララコール)やeo光電話を利用していると、無料で電話できることが電話帳を見るだけで判ります。
特にデメリットはないので、チェックを入れておきましょう。

その他、LaLaネームの検索を許可、050番号の通知設定、画像の公開設定は、050の番号を知らない方に知られたくない場合はオフにしておいても良いです。
ただ、メインの090/080の電話場号を持っていて、050の電話番号はサブで利用するのであれば、チェックを入れておいてもいいでしょう。
これまで090/080で電話をかけていた相手がLaLaCall(ララコール)を利用するようになった場合などに、LaLaCall(ララコール)の電話帳に表示されるので、無料で電話をできる人が増えるというメリットもあります。

lalacallhowto2

LaLaCall(ララコール)で留守番電話を無料にする方法

LaLaCall(ララコール)を利用するメリットのひとつとして、留守番電話を無料になります。

留守番電話自体は、mineo(マイネオ)でもオプションとして加入できるのですがが、月額300円が必要になります。。
そのため、通常の留守番電話オプションには加入せず、LaLaCall(ララコール)の留守番電話機能を使って、オプションの料金を節約しているという方が結構いらっしゃるんです。

ここでは、LaLaCall(ララコール)を使った留守番電話の設定方法を紹介させて頂こうと思います。

rusuden1

①090/080の電話→LaLaCallへ転送設定

090/080の電話の留守番電話を無料にするには、まず、090/080の電話番号からLaLaCall(ララコール)へ着信の転送設定をします。

090/080からLaLaCall(ララコール)への着信の転送設定は、

  1. 転送先の電話番号の登録
  2. 転送電話の開始
  3. 転送にかかるまでの呼出時間の設定

の3つの設定を行います。

1.転送先の電話番号の登録

初めに090/080にかかってきた着信を、どの電話番号に転送するかを登録します。
ここでは、LaLaCall(ララコール)の電話番号を登録します。

  • 090/080の電話から「1429」に電話をする
  • 「3」を入力後、「050」から始まる電話番号を入力

2.転送電話の開始

続いて、転送電話の開始設定をします。
1の転送先の電話番号の登録だけでは、着信の転送は開始されないので注意してください。
この設定をすると、090/080の電話で着信転送がオンになると考えればいいでしょう。

  • 090/080の電話から「1421」に電話をする

3.転送にかかるまでの呼出時間の設定

最後に、090/080の電話でどのくらいの秒数の間着信が鳴ったらLaLaCall(ララコール)に着信を転送するかを設定します。

  • 090/080の電話から「1429」に電話をする
  • 「1」を入力後、電話が転送されるまでの秒数を設定

電話が転送されるまでの秒数は、0〜120の間で設定できます。
たとえば30秒なら、「1429」→「1」→「30」と入力します。

スマホアドバイザー

Androidの場合、端末に伝言メモの機能が入っていることがあり、これは月額料金無料で利用することができます。
20秒着信に出ないと伝言メモに保存されるので、21秒以上着信に出なかった場合に、LaLaCall(ララコール)に転送しておくと良いでしょう。

こうすれば、

・20秒以内→伝言メモに保存
・圏外時やスマホの電源が切れている時→LaLaCall(ララコール)に転送

という状態にでき、伝言メモの機能を活かしながら、LaLaCall(ララコール)の留守番電話も予備的に利用することができます。

以上で050の電話番号に電話をLaLaCall(ララコール)に転送することができます。

なお、「1420」に電話をすると、設定した転送サービスを止めることができます。

②LaLaCall(ララコール)の留守番電話の設定

LaLaCall(ララコール)の留守番電話の設定は、LaLaCall(ララコール)のアプリ内でできます。

1.LaLaCall(ララコール)の設定をタップします。

050ip1

2.オプション設定をタップします。

050ip2

3.留守番電話/転送設定をタップします。

050ip3

4.以下画面で呼出音量や留守番電話の通知方法を変更することが出来ます。

050ip

オススメの設定は以下の通りです。

  • 呼び出し秒数設定→最短の7秒
  • 留守番電話のメール通知→チェックを入れてメールアドレスを入力
  • メールへの音声添付→チェックを入れる

以上で、留守番電話を指定のメールアドレスに音声添付することができます。
わざわざ留守番電話センターに問い合わせをして、メッセージを確認しなくても良いので、使い勝手も良いですよね。

mineo(マイネオ)のIP電話「LaLaCall」の口コミ・評判

私自身LaLaCall(ララコール)を使ってみて、通話料金をめちゃくちゃ節約できるようになって、もっと早く知っておけばよかった!と思ったのですが、実際にLaLaCall(ララコール)を使っている他の方のネット上の口コミ・評判も見ていきたいと思います。

mineoのIP電話「LaLa Call」の良い口コミ・評判

【東京にいる娘との通話料金が無料になりました】
娘が大学生になって東京で一人暮らしをしているのですが、色々と電話で話さないといけないことがあって、結構電話代がかかっていたんです。
mineoに契約した時にlalacallのことを知って、それから娘にlalacallで電話をするようになりました。
普通の電話と同じように使えて、便利だということで、今では娘もlalacallを使っているので、娘との通話が無料でできるようになりました。
ついつい長電話をして、娘の勉強の邪魔になることもあるのですが、毎月2,000くらいかかっていた通話料金が無料になって、ほんと助かってます。

LaLaCall(ララコール)は長電話をする方には、特に通話料金を節約できるメリットがあります。
相手がLaLaCall(ララコール)でなくても、通話料が半額になるので、実家の親御さんの様子の確認の電話に使ったり、友達に電話をする時にLaLaCall(ララコール)を使ってかけたり、意識的にLaLaCall(ララコール)から電話をするだけで、どんどん通話料金を節約することができます。

【LINEより通話品質が良い】
以前はLINEで彼女と電話をしていたのですが、音が遅れて聞こえてきて、聞き返す頻度が多くて、ちょっとイライラしていました。
「うん」って返事してるのに、「聞いてる?」とか毎回確認されて、他の通話アプリを探していたらlalacallの評判が良かったので、2人ともLaLaCallに変えたら、音質も良くなってとても助かってます。

通話アプリはLINEを使っている方が多いですが、音質が悪かったり、音が遅れて聞こえてきたりするということで、LaLaCall(ララコール)に乗り替える方もいるようです。
LaLaCall(ララコール)は通常の電話よりは通話品質が劣ると言われていますが、インターネット回線を使って電話をするIP電話サービスの中では、比較的通話品質は良いようです。

【留守番電話が無料で使えるのが便利】
lalacallを使うと、留守番電話が無料で使えるという話を聞いて、設定してみたら普通の留守番電話と同じように使えました。
しかもメールに留守番電話の音声が送られてくるので、普通の留守番電話より使いやすいです。
仕事柄、留守番電話を使うことが多いのですが、毎回留守番電話の問い合わせセンターみたいなところに確認するのが手間で、留守番電話を確認する度に通話料もかかっていたので、大変重宝しています。
仕事仲間にもこの方法を教えて上げたらとても喜ばれました。

私も元々留守番電話はオプション料金を払って使っていたのですが、この方と同じく、LaLaCall(ララコール)に090の電話番号から転送して留守番電話を使うようになりました。
それほど頻度は多くないのですが、使い勝手もよく、留守番電話が無料で使えるというだけでもLaLaCall(ララコール)を使う価値はあるなと感じます。

mineoのIP電話「LaLa Call」の悪い口コミ・評判

【時々着信ができない場合がある】
データSIMでlalacallを利用しているのですが、友達から「電話したんだけど」とLINEが来くることが何度かあって、不在着信が残らないことがあるんだと気づきました。
バイブの設定をしているのに、着信の時にバイブが鳴らなかったり、電話に気づきにくいというのがlalacallの弱点ですね。
通話料金が半額になって、lalacall同士では無料で電話できるので、良いアプリだと思うんですが、その当たりを改善してくれるといいなと思います。

やはり普通の090/080の電話よりも、動作の安定性には難があるようです。
LaLaCall(ララコール)が17年1月から有料化されるのは、こうしたサービスの改善を狙ったものであるという話もあるので、近い内に改善されると思います。
まぁ090/080でも、最近のiPhoneは誤発信も多いですし、これはそんなに気にする必要はないかと思います。

【こちら側の声がブツブツと途切れる】
移動しながらlalacallを使って電話をしていると、ブツブツ途切れて相手の声が聞こえないことが結構あります。
家でlalacallで電話をしている時は問題ないのですが、周りに沢山人がいるような遊園地とかライブ会場ではやっぱり普通の電話の方が、クリアに声が聞こえます。

LaLaCall(ララコール)はデータ通信を利用して電話をすることになるので、周りでスマホを使っている方が沢山いるような場所では、音が途切れがちになったり、相手の声が聞こえづらかったりすることがあるようです。
LaLaCall(ララコール)を利用する時は、自宅や混雑していない場所から電話をするなど、少し工夫がいるようです。
あとは、auやソフトバンクを使っていても、この通話中の音声切断はすごく多いので、これはどこのキャリアを使っても仕方ない点でもあります。

【バッテリーの減りが激しい】
LaLaCall(ララコール)をインストールしてから、スマホの電池が1日持たなくなりました。
以前は夜の20時くらいまで仕事をして、帰りの電車でスマホでニュースを見れたのですが、lalacallを入れた後だと、20時くらいになると残り5%くらいしか電池が残らなくなってしまいました。
スマホの買い替え時期なのかもしれませんが、LaLaCallがバックグラウンドで通信しているためかバッテリーの持ちが悪くなりました。

LaLaCall(ララコール)は、アプリを立ち上げていなくても電話が来ても着信が受けられるように、裏側でアプリが起動しています。
そのためこの方がおっしゃる通り、スマホのバッテリーの持ちはやや悪くなるようです。
最新のスマホであれば、バッテリーに対する影響は小さいのですが、4-5年前のスマホで、そもそもバッテリーの持ちがあまりよくない場合はLaLaCall(ララコール)を使うと、電池持ちが悪くなったという方はいるようです。
バッテリーの持ちが悪くなるのは、LaLaCall(ララコール)だけでなく他のIP電話も同じなので、バッテリーの持ちがあまりに悪くなってしまった場合は、モバイルバッテリーを持ち歩くか、スマホを新しいものに買い替えるといいかもしれません。

mineo(マイネオ)のIP電話「LaLaCall」がオススメな方、オススメでない方

LaLaCall(ララコール)の特徴や注意点、口コミなどを踏まえて、LaLaCall(ララコール)がオススメな方、オススメできない方を考えていきたいと思います。

LaLaCall(ララコール)がオススメな方

  • 月に6分以上電話をかける方
  • 彼氏彼女、お子さん、親御さんなどに長電話をすることが多い方
  • 飲み会の幹事などでお店に電話をかけることが多い方
  • かけ放題サービスに入るほど通話をしない方
  • 留守番電話を無料で使いたい方
  • データSIM(シングルタイプ)でも電話をしたい方

LaLaCall(ララコール)は、通話料が半額になるので、基本的に電話をかける方であればほとんどの方にオススメできます。
遠距離恋愛している方や単身赴任などで家族と離れて暮らしている方など、声をきいて話したい音声通話を使う方には特にいいかもしれまえん。

また、留守電を無料で使いたい方や、データSIMで通話機能を持ちたい方など、節約したいという方にも、LaLaCall(ララコール)を活用するメリットはあるかと思います。

LaLaCall(ララコール)がオススメでない方

  • 仕事の電話が多い方
  • 4-5年前の古いスマホを使っている方

反対にLaLaCall(ララコール)がオススメでない方は、仕事の電話で着信に気づかなかったでは済まないというような方ですね。
あとは、電話場号が050になるというのも人によっては印象があまり良くないと考える方もいらっしゃるでしょう。
そのような方でもLaLaCall(ララコール)を使うメリットは十分にあるので、LaLaCall(ララコール)はあくまでサブの電話番号として利用するのがオススメです。

他のIP電話サービスとLaLaCall(ララコール)の比較

LaLaCall(ララコール)以外にもIP電話サービスはあります。
通話料が通常の電話よりも安くなるという点では、どれも同じですが、通話料や月額料金が少しずつ違います。

通話料金の比較

サービス名 通話料金
LaLa Call 国内携帯電話:18円/分
国内固定電話:8円/3分
国際電話:7.4円/分 ※アメリカの場合
050plus 国内携帯電話:16円/分
国内固定電話:8円/3分
国際電話:9円/分 ※アメリカの場合
SMART TALK 国内携帯電話:8円/30秒
国内固定電話:8円/30秒
国際電話:16円/分 ※アメリカの場合
G-Call 国内携帯電話:8円/30秒
国内固定電話:8円/30秒
国際電話:16円/分 ※アメリカの場合
050Call 国内携帯電話:14.29円/分
国内固定電話:7.62円/分
国際電話:2円/分 ※アメリカの場合
050free 国内携帯電話:5.5円/30秒
国内固定電話:8円/3分
国際電話:3.99円/分 ※アメリカの場合
ServersMan050 国内携帯電話:16円/3分
国内固定電話:8円/3分
国際電話:2.5円/分 ※アメリカの場合
BIGLOBEフォンモバイル 国内携帯電話:15.9円/分
国内固定電話:8円/3分
国際電話:8円/分 ※アメリカの場合
Flealine Light 国内携帯電話:16円/分
国内固定電話:8円/3分
国際電話:8円/分 ※アメリカの場合
BlueSIPフォン 国内携帯電話:20円/分
国内固定電話:20円/分
国際電話:21円/分 ※アメリカの場合
楽天でんわ 国内携帯電話:10円/30秒
国内固定電話:10円/30秒
国際電話:20円/分 ※アメリカの場合
LINEout 国内携帯電話:14円/分
国内固定電話:3円/分
国際電話:2円/分 ※アメリカの場合
Skypeout 国内携帯電話:10.81円/分
国内固定電話:2.26円/分
国際電話:2.26円/分 ※アメリカの場合

通常の電話は30秒20円なので、どのIP電話にしても通話料は下げられますが、LaLaCall(ララコール)はIP電話の中では、通話料はやや高めの設定です。
ただ、口コミにもあるように、LaLaCall(ララコール)はLINEなどと比べて通話品質は良いので、一概に安いほうが良いということもないと思います。
音質が悪いと、そもそもIP電話を利用しないということにも繋がるので、サービスの品質と通話料金のバランスで、LaLaCall(ララコール)を選ぶ方も多いです。

月額料金の比較

  • LaLaCall(ララコール)→ 無料 ※17年1月から月額100円
  • 050plus→ 月額300円
  • SMART TALK→ 無料
  • G-Call050→ 月額280円
  • 050Call→ 無料
  • 050free→ 無料
  • ServersMan050→ 月額300円
  • BIGLOBEフォンモバイル→ 月額300円
  • Flealine Light→ 月額400円
  • BlueSIPフォン→ 月額600円
  • 楽天でんわ→ 無料
  • LINEout→ 無料
  • Skypeout→ 無料

IP電話は、一番高いもので月額600円のものもあります。
たしかに050の電話番号を発行する訳なので、本来は有料のサービスなんですね。
LaLaCall(ララコール)はmineo(マイネオ)ユーザーの方限定で17年1月まで無料で利用することができます。
17年2月以降、月額100円になった後も、無料通話が100円分付くので、1ヶ月に6分以上通話をする方であれば、LaLaCall(ララコール)は実質無料で利用することができます。

有料サービスを無料で利用できるということで、mineo(マイネオ)契約者の方は、LaLaCall(ララコール)がオススメです。

まとめ

今回は、mineo(マイネオ)のLaLaCall(ララコール)について、解説してきました。
LaLaCall(ララコール)は月額料金が無料で使えて、通話料が半額になる節約アプリです!
しかも、LaLaCall(ララコール)同士だと、通話量無料という、めっちゃ便利なアプリです。

通話料金が高いと、長電話が出来なかったり、通話料金が気になって早めに電話を切ってしまうという方もいますよね。
LINEやFacebookなどテキストでのやり取りが多くなってきた最近でも、やっぱり遠く離れた家族や友人、彼氏彼女とは、電話で声を聞きたいときもよくありますよね。

格安スマホ(MVNO)は出てきてデータ通信量は確かに格安になりました。
でも、音声通話は、依然としてそんなに値下がりしていません。
それでも、音声が使いたい方は多く、そんな方に便利がられているのが、LaLaCall(ララコール)のようなサービスです。

一番トクなmineoの申し込みはこちら

mineo(マイネオ)のエントリーコード/エントリーパッケージを無料で!?購入方法や事務手数料無料のメリット、他キャンペーンとの併用を解説

mineo(マイネオ)のエントリーコードを使うと、初期費用の事務手数料3,000円を無料にすることができます。
意外と知られていないのですが、この方法はめっちゃ簡単なんで、1円でも安くmineo(マイネオ)を申し込みたい人にオススメの裏技なんですよ!

エントリーコードは、mineo(マイネオ)の申し込み時に使えるクーポン券のようなもので、誰でもAmazonなどで1,000円程度で簡単に購入できます。
ちなみに、エントリーコードを無料で入手する方法もあり、この記事の中でも無料入手方法を紹介していますが、めんどくさかったり、グレーだったりするので、正直オススメはしません。
普通にAmazonで購入するのが一番手間をかけずにおトクになる方法です!mineo(マイネオ)に申し込む時は、エントリーコードをぜひ利用しましょう。

entrycode

■一番おトクなmineoの申し込み先はこちら

エントリーコードの費用は、Amazonなどで正規に購入すると1,000円程度で、作業時間としては5分程度で購入できます。
mineo(マイネオ)の契約時にかかる事務手数料は3,000円なので、たった作業時間5分で、2,000円も節約できることになります。
たった5分の作業で、2,000円も節約できるなら、バイトしたり、会社で残業するよりもよっぽど効率的ですよね。
なので、せっかく格安スマホ(MVNO)にするんだから、この方法を活用して1円でも節約するのがオススメです。

今回は、そんなmineo(マイネオ)を申し込みする際に、少しの手間で結構おトクになるエントリーコードについて、入手方法や使い方など徹底的に解説してみたいと思います。

mineo(マイネオ)のエントリーコード/エントリーパッケージとは?

まずは、そもそもエントリーコードってなんなの??って話を解説したいと思います。

「申し込みの際に、エントリーコードって見たけど、なんなの??調べてるとエントリーパッケージも出てくるしよくわからないんだけど・・・」

そんな方、意外と多いんじゃないでしょうか。
たしかに、エントリーコードやエントリーパッケージはそんなにメジャーなものではないので、混乱しますよね。

エントリーコード/エントリーパッケージとは?

エントリーコードとは、以下のような緑色の紙に書いてある16桁のコードのことです。

mineo_entrypack_choice
上の写真の「ABCD 1234 5678 9012」の文字がエントリーコードになります。

そして、この緑色の紙が「エントリーパッケージ」と呼ばれています。
エントリーコードを入手するには、エントリーパッケージをAmazonや楽天などで購入する必要があるのですが、商品名としては「エントリーパッケージ」という名前で販売されています。
なので、厳密には違いますが、エントリーコード=エントリ−パッケージというわけです。

エントリーパッケージの料金は?

エントリーコードを使うと事務手数料の3,000円が無料になるとは言え、そのエントリーコードの書かれているエントリーパッケージが3,000円以上したら、赤字になってしまいますよね。
そこで、エントリーパッケージの料金を調べてみると、大体、

  • 1,000円〜2,000円程度

で購入することができます。
なので、例えば、1,000円で購入したら、事務手数料3,000円分が無料になり、結果2,000円がおトクになるという仕組みです。

エントリーパッケージはAmazon楽天、ヤマダ電機、ビックカメラなどのオンラインストアや、家電量販店で購入することができるのですが、購入する場所によって値段がことなります。
どこで購入しても、事務手数料が無料になるのは同じなので、なるべく安いところで購入してください。

⇛エントリーコードのオススメの購入先はこちら

エントリーコードを利用して申し込むメリットは?

エントリーコードを利用して申し込むメリットは、これまで繰り返してきましたように、

  • 事務手数料3,000円が無料

になる点です。

イマイチまだエントリーコードを使って申し込みすることがイメージできていない方もいらっしゃるかと思います。
すごく簡単にいうと、申し込みの際にエントリーコードを使うイメージは、

「金券ショップで商品券を安く購入して、その商品券で購入する」

ようなものです。
金券ショップにいくと、デパートとかの商品券が通常より数%割引で売られていますよね。
あれを購入してその金券でデパートで買い物するだけで、数%安くいろんなものが購入できます。
そういうイメージで、予めAmazonなどでエントリーコードを購入して、そのエントリーコードを使って申し込みすることで、通常より実質2,000円安く申し込みできるという仕組みです。

事務手数料3,000円が無料ということは、mineoの月額料金できうと、月額料金の1ヶ月〜2ヶ月程度が無料になるのと同じ意味になります。
事務手数料と聞くと、その他の費用みたいな感じで、あんまり大した額でないと思うかもしれませんが、格安スマホ(MVNO)では2,000円も節約できるって結構大きいんですよ。

mineo(マイネオ)のエントリーパッケージの購入方法

mineo(マイネオ)のエントリーパッケージは、大きく家電量販店などの店舗か、Amazonなどのオンラインストアで購入することが出来ます。

もちろん、店頭よりもAmazonなどのオンラインストアで購入することを強くオススメします。
わざわざ店舗に出向かなくても、ボタンを押すだけでエントリーパッケージを購入することができるので、オンラインストアの方が何倍も時間を節約することができます。
最寄りの家電量販店に行ってエントリーパッケージを購入しようと思うと、どんなにお店が近かったとしても30分〜1時間はかかりますよね。
Amazonなどのオンラインストアなら作業時間5分でエントリーパッケージを購入することができるので、特にお忙しい方はオンラインストアがオススメです。

また、購入にかかる時間や手間だけではなく、実店舗とオンラインストアでどちらが安いのかも重要ですよね。
試しに近所のヨドバシカメラやビックカメラに聞いてみたところ2,000円〜2,500円程度でした。
Amazonだと、2016年10月現在、909円で圧倒的に店頭よりも安く購入できます。
手間もそうですが、価格的にもオンラインストアで購入した方がよさそうです。

⇛エントリーコードのオススメの購入先はこちら

正直エントリーコードを購入するならAmazon以外の選択はないかと思うのですが、一応いろんな購入可能箇所でのエントリーパッケージの価格をまとめてみると、こんな感じです。

実店舗(2,000円〜2,500円程度)

オンラインストア(1,000円〜)

ちなみに、eoショッピングモールは、mineo(マイネオ)を運営するケイ・オプティコムのECサイトで、いわばエントリーパッケージの公式サイトです。
そのeoショッピングモールでエントリーパッケージを購入すると、メールで配送してくれるということです。
通常Amazonとかで購入すると、郵送で送られてくるのですが、eoショッピングモールだとメールで送られてくるんです。
とはいいつつ、リアルタイムに購入後すぐに送られてくるわけではなく、

  • 平日15時までの購入→ 当日中にメール配送
  • 平日15時以降もしくは土日の購入→ 翌営業日以降にメール配送

という感じで、タイミング次第では翌営業日になったりします。
正直、これは郵送でもメール配送でもどっちでもいいですよね。
どうしても郵送がNGという方は、eoショッピングモールも選択に入れてもいいかもしれません。

mineo(マイネオ)のエントリーコードの使った申し込み方法

続いて、エントリーコードを使ってmineo(マイネオ)に申し込みを方法を解説していきます。
そのままですが、エントリーコードを使ってmineo(マイネオ)に申し込むのは以下の2ステップです。

  1. mineo(マイネオ)のエントリーコードを購入する
  2. mineo(マイネオ)に申し込みをするする際に16桁のコードを登録

それでは、少し詳しくエントリーコードを使ったmineo(マイネオ)の申し込み方法を解説していきます。

1.mineo(マイネオ)のエントリーパッケージを購入する

まずはAmazonなどで、エントリーパッケージを購入します。
そういえば、意外かもしれませんが、mineo(マイネオ)の公式サイトからはエントリーパッケージは購入できないのです。
かならず、Amazonなどのオンラインストアか、実店舗でしか購入できません。

2.mineo(マイネオ)に申し込みをする

エントリーコードを受け取ったら、mineo(マイネオ)に申し込みをしましょう。
mineo(マイネオ)の申し込みサイトに行くと、以下のようなページが表示されます。

⇛エントリーコードの使えるmineoの申し込み先はこちら

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-21-0-07-31

新規で申し込む方も、他社から乗り替えで申し込む方も、上記のピンク色のボタンから申し込みをします。
関西にお住まいの方で、家のネットをeo光を使っている方は、eoIDというもの持っているはずなので、右側の「eoIDでログイン」から申し込みをします。
それ以外の方は、左側の「お申し込み手続きへ」から申し込みをします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-21-0-24-03

次のページで、エントリーパッケージに記載してある16桁のエントリーコードを入力します。

  • 一番右の「エントリーパッケージをお持ちのお客さま」を選択
  • 「エントリーコード」の欄に16桁のエントリーコードを入力

エントリーコードのことを知らないと、「なんかのキャンペーンでコードを持っている人が入力するものなのかな?」と思って飛ばしてしまいがちですが、ここがとても重要です。
4つの空欄に事前に購入したエントリーコードを入力していきましょう。
これで事務手数料3,000円を無料にすることが出来ます。

エントリーパッケージ/エントリーコードでよくある質問/注意点

上記のステップで事務手数料3,000円を無料にすることができるのですが、エントリーパッケージの購入やエントリーコードの使い方で意外と間違ってできなかったという方もいらっしゃるようなので、特に注意頂きたいポイントを解説していきます。

エントリーパッケージは基本的には購入するもの

エントリーパッケージは、店舗や期間限定のキャンペーンでもらえる場合もありますが、基本的にはAmazonなどで購入して利用します。
以前、mineo(マイネオ)の2周年記念でmineo(マイネオ)契約者に無料で配布されたことがあるので、周りにmineo(マイネオ)の契約者がいれば譲ってもらえる可能性もあります。

別のエントリーパッケージを購入しないよう注意

エントリーパッケージはmineo(マイネオ)以外にも、たとえばUQモバイルが提供していますが、他社のエントリーパッケージを間違えて購入しないように注意しましょう。
「エントリーパッケージって書いてあるから、どれを買っても同じ?」と思って、他社のエントリーパッケージを購入しても、mineo(マイネオ)では利用できないので気をつけてください。

【他社のエントリーパッケージ】
entrypackage

エントリーパッケージ購入だけでは完了しない

mineo(マイネオ)のエントリーパッケージを見ると、「この中にSIMが入っていて、これを買えばmineoを使えるようになるの?」と勘違いしてしまうかもしれませんが、エントリーパッケージは、エントリーコードが書いてあるただの紙です。
エントリーパッケージは、紙に書いてあるエントリーコードをmineo(マイネオ)の申し込み画面で入力して、事務手数料を無料にするためのものなので、エントリーパッケージを買っただけでは申し込みは完了しません。

mineoentrypackage

エントリーパッケージに有効期限はない

Amazonなどで購入したエントリーパッケージには、有効期限はありません。
また、申し込みをするタイミングなどで事務手数料の割引額が変わったりもしないので、エントリーパッケージを購入したら後は好きなタイミングでmineo(マイネオ)に申し込めば、事務手数料は無料になります。

2周年記念などのキャンペーンで配布されたエントリーコードには有効期限があるので、知り合いなどからもらったエントリーコードを利用する場合は期限が切れていないか確認するようにしましょう。

エントリーパッケージが届くまでに時間がかかる

エントリーコードを利用する唯一のデメリットは、「今すぐmineoに申し込めない」という点です。
まぁでも、タイムセールでもない限り、1日くらいエントリーコードが郵送されてくるのを待っても苦にはなりませんよね。
それで、2,000円安くなるんですから。

エントリーコードはなしでも申し込みは可能

「エントリーコードがないとmineoに申し込みができない」と思っている方がいらっしゃるようですが、エントリーコードがないと事務手数料がかかるだけで、エントリーコードなしでもmineo(マイネオ)の申し込みは可能です。
でも、たったの5分程度の作業で事務手数料3,000円が無料になるので、なるべくエントリーコードを使って、mineo(マイネオ)に申し込んだ方がおトクですよね。

エントリーコードの入力し忘れに注意

エントリーパッケージを購入したのに、mineo(マイネオ)の申し込み画面で、エントリーコードを入力せずに、申し込みを進めてしまうと、事務手数料が発生してしまいます。
そうすると、1,000円で購入したエントリーパッケージ分損をすることになるので、必ず申し込み画面で、エントリーコードは入力するようにしましょう。

エントリーコード数字の打ち間違いに注意

エントリーコードは

  • 前半4文字→アルファベット
  • 後半12文字→数字

の組み合わせの16桁のコードです。
O(オー)と0(ゼロ)と、I(アイ)やl(エル)と1(イチ)を見間違ったり、入力間違いをすると、次に進めないので注意してください。

mineo(マイネオ)のエントリーコードを無料で入手する方法

ここまで読んで頂いて、

「事務手数料を無料にするために、お金を払ってエントリーコードを購入するのっておかしくない?エントリーコードを無料で手に入れる方法ってないの?」

と考える方もいらっしゃると思います。
たしかに「クーポン券だったら無料で配ってよ」って思いますよね。
色々調べたところ、エントリーコードを無料で手に入れる方法は以下の二つがあるようです。

雑誌の付録のエントリーコードを利用する

simfreeguide

16年10月17日に発売されたSIMフリー完全ガイドを購入すると、エントリーコードが付録として付いてくるので、無料でエントリーコードを入手することができます。
付録で付いてくるエントリーコードの特典は、以下の二つです。

  1. 事務手数料3,000円が無料になる
  2. パケットギフトとして。データ容量2GBが3ヶ月分無料でもらえる

事務手数料3,000円が無料になる通常のエントリーコードの特典に加えて、データ容量2GB分x3ヶ月分も付いてきます。

パケットギフトとは、mineo(マイネオ)に契約した後に、mineo(マイネオ)のマイページからデータ容量を自分で追加できるサービスです。
以下のような画面で、ギフトコードを入力すると、当月に使えるデータ容量を2GB分追加することができます。

packetgift

「SIMフリー完全ガイド」はAmazonで734円で販売されているので、実質的にあh無料でエントリーコードを手に入れられる訳ではありませんが、Amazonなどよりも安くエントリーコードを購入できる上、追加でデータがもらえるので、結構オススメです。

ちなみに書籍は以下のような内容で、格安SIMや格安スマホについて詳しく解説されています。

  • 格安SIM最強ランキング
  • 最強スマホランキング50
  • SIMフリーの疑問100
  • LINEモバイル徹底レビュー
  • MVNOサポート覆面調査
  • デュアルSIMスマホ辛口採点簿

SIMはmineo(マイネオ)にしようと思うけど、端末は何にしようか悩んでいる方には役に経つと思うので、格安スマホの説明書として読んでおいてもいいかもしれません。

ヤフオクを利用する

yahooauction

mineo(マイネオ)のエントリーコードは、ヤフオクで安く購入できます。
無料で入手できる訳ではありませんが、エントリーコード単品を最安で購入できるのは、実はヤフオクです。

■ヤフオクで販売されているエントリーコードの仕組み

なぜエントリーコードを安く手に入れるというと、出品者は以下のような仕組みでエントリーコードを販売しているからです。

  1. 上記の雑誌の付録のエントリーコード734円で購入
  2. 1のエントリーコードを500円程度で出品
  3. 落札者は、出品者が指定したURLから申し込むと出品者に1,000円分のAmazonギフト券が送られる

というやり方をしていて、

  • 売り上げ→Amazonギフト券1,000円+エントリーコードによる収入500円程度=約1,500円
  • 支出→734円

ということで、出品者はエントリーコードを販売すると、1件当たり700円程度の収入がある訳です。
Amazonギフト券による収入があるので、①で紹介した雑誌の付録として付いてくるエントリーコードよりも安く販売することができるんですね。

■ヤフオクで販売されているエントリーコードの特典

出品されているエントリーコードは、①の雑誌の付録を転売しているものなので、

  1. 事務手数料3,000円が無料になる
  2. パケットギフトとして。データ容量2GBが3ヶ月分無料でもらえる

という二つの特典は同じように付いています。

■ヤフオクでエントリーコードを購入する方法

ヤフオクでエントリーコードを購入するステップは以下の通りです。

  1. ヤフーIDを取得する
  2. エントリーパッケージ/エントリーコードに入札する
  3. 支払いをする
  4. エントリーコード16桁をメールでもらう
  5. mineo(マイネオ)に申し込む
  6. 出品者を評価する
  7. 落札者が評価される

ヤフオクを利用するためのヤフーIDはこちらのページから無料で取得できます。
その後、ヤフオクに移動して、検索窓に「mineo エントリーコード」と入力し、商品ページをクリックして、「落札する」のボタンを押します。

支払い方法は、「かんたん決済」を指定している方が多いです。
かんたん決済とは、落札者からヤフーに一度お金を預けて、取引が全て完了したらヤフーから出品者に料金が支払われる仕組みです。
不正が多い出品者や怪しい商品は、かんたん決済が利用できないようになっているので、かんたん決済を利用するとより安全に取引ができます。

【かんたん決済の取引の流れ】
  • 支払うのボタンを押します。支払い方法はクレジットカードや銀行振込から選べます。

kantankessai0

  • 落札金額を入力します。メール送付なので送料は0で良いです。

kantankessai2

かんたん決済で支払いが完了したら、出品者にヤフーから通知が届き、それを見た出品者は、落札者にエントリーコードをメールで送付します。
メールはヤフーIDを登録した時のメールアドレスになります。

以上の流れで、エントリーコードを手に入れることができます。

ちなみに、この後、普通であれば出品者が指定するURLから申し込むのですが、実はエントリーコードを受け取ったら、出品者が指定するURLから申し込まなくても事務手数料3,000円は無料にすることができます。
エントリーコードの出品者の解説ページには、あたかも出品者が指定するURLから申し込まないと、事務手数料が無料にならないかのように説明されていますが、エントリーコードは別の申し込み先からでも利用できます。

出品者が指定したURLから申し込まないと、ヤフオクの落札者側の評価を悪く付けられる可能性がありますが、新規でヤフーIDを取っておけば悪い評価を付けられても問題ないでしょう。
ヤフーIDは一人で何個でも作ることが出来るので、新規のヤフーIDを作って、エントリーコードを落札すれば、出品者からの評価を気にすることなくエントリーコードを入手することが出来ます。

■ヤフオクの安全性について

事業者ではなく、個人の方が出品しているので不安に思われる方もいるかもしれませんが、エントリーコードは数字16桁をもらうだけなので、商品に傷が付いてたとか不良品を送りつけられたといったトラブルは心配する必要がありません。
また、mineo(マイネオ)の事務局に問い合わせたところ、エントリーコードのヤフオクでの転売は禁止されていないようなので、ヤフオクで購入したエントリーコードを利用しても、mineo(マイネオ)の契約にかかる事務手数料を無料にすることは可能です。

ただし、「ヤフオクに入金しても、エントリーコードを送ってこない」というような詐欺があるんじゃないのかということに関してはあり得ないとも言い切れません。
入金した後に、出品者がIDを削除して連絡が取れなくなったということも実際に起きています。

また、ヤフオクは出品者に対して、氏名、住所、電話番号を公開する必要があり、取引が出来ても、後々個人情報をどのように利用されるかは未知数です。
エントリーコードの転売で出品者が得られる収益は1件あたり700円程度とそれほど多いとは言えません。
従って、実際は落札者の個人情報を、別の事業者に販売するビジネスをしている可能性もなくはありません。
私の知人で、ヤフオクを利用した後に知らない不動産屋などから電話がかかるようになってしまったという話を聞いたこともあるので、ヤフオクを利用する場合はそれなりのリスクはどうしても発生してしまいます。
なので、個人的にはあまりオススメしません。
やはりエントリーコードはAmazonでの購入が無難かと思います。

【mineoのコミュニティサイト「マイネ王」でエントリーコードはもらえる?】

mineoking

mineo(マイネオ)には、mineo(マイネオ)の契約者同士が質問したり、質問に答えたりする「マイネ王」というコミュニティサイトがあります。
このコミュニティサイトで、以前はエントリーコードを譲ってもらうことが出来たようですが、「エントリーコードをください」という掲示板への書き込みなどが頻繁に行われたため、マイネ王では、

  1. 掲示板でエントリーコードをくださいと、書き込むこと
  2. むやみにエントリーコードを要求するメッセージを不特定多数に送信するなどの行為

は禁止されてしまいました。
マイネ王は、mineo(マイネオ)の良さを語り合うアットホームな掲示板なため、金銭的な取引が頻繁に発生すると掲示板の空気を壊してしまう、というのがエントリーコードのやり取りが禁止されている理由のようです。
「エントリーコードをください」などと言ったメッセージをマイネ王のユーザーに送ると、運営者側に通報されることもあるようなので、コミュニティ内でエントリーコードをもらう行為は控えておいた方が良いでしょう。

エントリーコードと併用できるキャンペーン

エントリーコードを利用すると事務手数料が無料になりますが、さらにmineo(マイネオ)をおトクに利用する方法があります。
以下の2つのキャンペーンはエントリーコードを使った上で、併用可能なキャンペーンなので、是非利用しましょう。

①データ通信量6ヶ月キャンペーン

mineocampaign

データ通信量6ヶ月キャンペーンは、mineo(マイネオ)が通年で実施しているキャンペーンです。
データSIM(シングルタイプ)の1GBプランの月額料金相当の毎月800円が6ヶ月間無料になるキャンペーンで、総額4,800円の割引が受けられます。

データ通信量6ヶ月キャンペーンは、mineo(マイネオ)の音声SIM(デュアルタイプ)、データSIM(シングルタイプ)の全てのプランで利用することができるので、エントリーコードを使ってmineo(マイネオ)のSIMを申し込めば、自動的にキャンペーンが適用されます。

エントリーコードで約2,000円、データ通信量6ヶ月キャンペーンで約5,000円で、合計7,000円の割引を受けることができます。
安いスマホであれば、端末本体を購入できるほどの割引額ですね。

②mineo紹介キャンペーン

syokai

併用できるキャンペーンはもう一つあります。
mineo(マイネオ)の紹介キャンペーンというもので、ご家族・友人にmineo(マイネオ)の契約者の方がいらっしゃる場合は、紹介した方、紹介された方両方にAmazonギフト券1,000円分をもらうことができます。

こちらのキャンペーンは、

  • エントリーコードによる事務手数料無料の割引:約2,000円
  • ①のデータ通信量6ヶ月キャンペーンの両方の割引:約5,000円

のどちらとも併用することができ、全てのキャンペーンを併用すると、最大8,00円程度の割引を受けることができます。

mineo(マイネオ)のキャンペーンは色んなところに散りばめられていて、見落としがちですが、全て合わせるとかなりの割引を受けられるので、できるだけすべて併用して申し込むとおトクですね。

まとめ

今回は、mineo(マイネオ)に申し込みする際、エントリーコードを活用することで、事務手数料3,000円を無料にすることができる旨を解説してきました。
この方法は、たしかにAmazonなどでエントリーコードを購入するというひとてまがかかります。
でも、たった5分だけの一手間をかけることで、エントリーコードの購入代(大体Amazonで1,000円弱)をかけるだけで、実質2,000円の割引になる方法です。

もちろん、たかが2,000円だったらそんな手間かけたくないよという方もいらっしゃると思います。
でも、ソフトバンク、au、ドコモなどの大手キャリアの高い月額料金に嫌気がさして、格安スマホ(スマホ)するんだから、通信費は1円でも抑えたいって思う方も多いかと。
そのような方は、ぜひ今回の方法を試してみてください。

一番トクなmineoの申し込みはこちら