1. ホーム
  2. mineo(マイネオ)
  3. ≫mineo(マイネオ)の800円×3カ月割引キャンペーンってどうなの?エントリーコードとの併用可能で事務手数料3,000円割引も!

mineo(マイネオ)の800円×3カ月割引キャンペーンってどうなの?エントリーコードとの併用可能で事務手数料3,000円割引も!


mineo(マイネオ)では、800円×3カ月割引キャンペーンという月額料金の割引キャンペーンをやっています!
しかも、エントリーコードでの事務手数料無料などの他のキャンペーンとの併用もできるので、格安SIM(MVNO)にしてはそこそこの割引になっています!

⇛一番おトクなmineoの申し込み先はこちら

格安スマホ(MVNO)って、あんまり通信料の現金の割引キャンペーンって少ないですよね。
データプレゼントとか、端末代とかはありますが、データ通信量はもう限界まで下げているのか、あまり月額料金の割合って少ないんです。

今回は、そんな数少ない月額料金の割引であるmineo(マイネオ)の800円×3カ月割引キャンペーンについて、解説していきたいと思います!

mineoの800円×3カ月割引キャンペーンとは

mineo(マイネオ)の800円x3ヶ月割引キャンペーンは、その名の通り、mineo(マイネオ)の月額料金800円が3ヶ月分割り引かれるキャンペーンです。
2017年1月20日(金)~2017年5月9日(火)のキャンペーン期間内に、mineo(マイネオ)に申し込むだけで、月額料金が割り引かれます。

格安SIM(MVNO)は、そもそもの月額料金が安いため、月額料金をさらに安くするキャンペーンはそれほど多くありません。
あったとしても、データSIM限定だったり、大容量の料金プランに申し込まないといけないといった条件が付いていることがほとんどです。
ところが、mineo(マイネオ)の800円x3ヶ月割引キャンペーンは、そうした条件がなく、だれでも割引が受けられる、他の格安SIM(MVNO)より一歩踏み込んだキャンペーンなんです!

mineoの800円x3ヶ月割引キャンペーンの特徴

mineo(マイネオ)の800円x3ヶ月割引キャンペーンは、月々の携帯代が安くなるのが魅力のキャンペーンです。
どうせ格安SIM(MVNO)にするんだったら、少しでも月額料金の安いところにしたいという方にオススメのキャンペーンです。
800円x3ヶ月割引キャンペーンがどんな内容のものなのか、キャンペーンの特徴を見ていきたいと思います。

割引総額は2,400円

mineo(マイネオ)の800円x3ヶ月割引キャンペーンは、800円x3ヶ月=2,400円ということで、総額2,400円の割引が受けられるキャンペーンです。
割引は、mineo(マイネオ)を利用開始した月の翌月から開始され3ヶ月間続きます。

注意したいのは、割引の適用期間の約4ヶ月の間に、mineo(マイネオ)を解約すると、割引はそこでストップしまう点です。
2,400円分の割引を満額受けるには、最低約4ヶ月間はmineo(マイネオ)に契約しておく必要があります。
でも、約4ヶ月の間に解約したとしても、割引が受けられなくなるだけで、キャンペーン期間中にmineo(マイネオ)に申し込むデメリットは特にありません。
800円x3ヶ月割引キャンペーンは、割引額がそれほど多くない分、デメリット少ないキャンペーンです。

音声SIMに申し込むだけでキャンペーンは適用

mineo(マイネオ)の800円x3ヶ月割引キャンペーンは、音声SIMに新規契約するだけで、適用されます。
余計なオプションを付けたり、データ容量が大容量のプランに申し込む必要がありません。
mineo(マイネオ)に、セット割の端末+音声SIMで契約した場合も、キャンペーンは適用されますが、音声SIMを契約するだけでも割引は受けられます。
メインのスマホを利用する場合は、音声SIM(デュアルタイプ)を利用される方が多いと思います。
なので、mineo(マイネオ)に契約するほとんどの方が割引を受けられるのが、800円x3ヶ月割引キャンペーンのポイントです。

【未成年でも割引が受けられる】
mineo(マイネオ)の800円x3ヶ月割引キャンペーンは、20歳未満の未成年の方でも利用可能です。
未成年の方だと、学割を利用した方がおトクと思われるかもしれませんが、実はそうでもありません。
もうすぐ卒業シーズンということもあって、2017年に入って、ドコモ、au、ソフトバンクやワイモバイル(Ymobile)で学割が始まっています。
例えばワイモバイル(Ymobile)の場合、端末代込みで月額料金が1,980円〜と、月額料金の安さが目を引きます。
ただ、これらの学割は、割引を受けるのにいろいろ条件があるので、ちょっと注意が必要です。

  • 2年縛りの契約が必要
  • au、ソフトバンクで最大限に割引を受けるには、家族の新規契約や固定回線の契約が必要

ドコモ、au、ソフトバンクやワイモバイル(Ymobile)の学割を利用するには、セット割端末を購入する必要があり、2年縛りによる契約が必須です。
また、au、ソフトバンクの学割は、家族の新規契約や、固定回線の契約を狙った学割なので、単独で学割を利用する分にはあまりおトクではありません。

mineo(マイネオ)の800円x3ヶ月割引キャンペーンは、音声SIMに契約しさえすれば、2年縛りもなく利用できます。
学割と名は付いていないものの、学生さんにもおすすめのキャンペーンです。

mineoの800円×3カ月割引キャンペーンってどうなの?

mineo(マイネオ)の800円x3ヶ月割引キャンペーンは、大きなデメリットなく、月額料金が安くできるのが魅力ですが、結局オススメなのかというところを見ていきたいと思います。

キャンペーン適用後の月額料金

mineo(マイネオ)の800円x3ヶ月割引キャンペーンを適用後の、mineo(マイネオ)の月額料金は、以下のようになります。
mineo(マイネオ)には、ドコモのスマホが利用できるドコモプラン(Dプラン)と、auのスマホが利用できるauプラン(Aプラン)があるので、それぞれについて見ていきます。

ドコモプラン(Dプラン)の月額料金

  • 500MB:1,400円→割引後600円
  • 1GB:1,500円→割引後700円
  • 3GB:1,600円→割引後800円
  • 5GB:2,280円→割引後1,480円
  • 10GB:3,220円→割引後2,420円

auプラン(Aプラン)の月額料金

  • 500MB:1,400円→割引後510円
  • 1GB:1,500円→割引後610円
  • 3GB:1,600円→割引後710円
  • 5GB:2,280円→割引後1,390円
  • 10GB:3,220円→割引後2,330円

mineo(マイネオ)の800円x3ヶ月割引キャンペーンは、どのプランに申し込んでも、3ヶ月間、月額料金800円分の割引が受けられます。
3ヶ月間は、音声SIM(デュアルタイプ)でも、データSIM(シングルタイプ)くらいの月額料金でmineo(マイネオ)を利用することが出来ます。

他の格安SIM(MVNO)のキャンペーンと比較

他の格安SIM(MVNO)でも、キャンペーンを実施しているところはたくさんあります。
他の格安SIM(MVNO)のキャンペーンと比較して、mineo(マイネオ)の800円x3ヶ月割引キャンペーンがオススメできるのか、見ていきたいと思います。

2017年1月時点で実施している、格安SIM(MVNO)のキャンペーンには以下のようなものがあります。
格安SIM(MVNO)のキャンペーンには、大きく分けて、SIMのみの契約で割引や特典が受けられるタイプのキャンペーンと、セット割端末を購入して割引を受けるタイプのキャンペーンがあります。

SIMのみの契約で割引や特典が受けられる格安SIM(MVNO)

  • IIJmio→複数回線申し込みで月額700円x3ヶ月割引
  • NifMo(ニフモ)→3GB/5GB/10GBのデータSIM申し込みで3,000円キャッシュバック
  • U-mobile→5GBのデータSIM申し込みで事務手数料無料、月額料金2ヶ月分が無料
  • DTI SIM→データSIMの3GBプラン申し込みで、月額料金6ヶ月分が無料
  • TONE(トーン)→月額500円のIP電話かけ放題オプション申し込みで、T-POINT5,000円分プレゼント
  • BIGLOBE(ビッグローブ)→6GB/12GBプラン申し込みで月額料金6ヶ月が無料
  • イオンモバイル→20GB以上の料金プラン加入で、月額料金が最大4,000円割引
  • OCNモバイルONE→月額700円x2ヶ月割引
  • FiiMo(フィーモ)→月額1,000円x3ヶ月割引
  • LINEモバイル→データ容量3GBx3ヶ月増量

mineo(マイネオ)の800円x3ヶ月割引キャンペーンも、SIMのみの契約で割引が受けられるので、こちらのタイプのキャンペーンに分類されます。
上記のほとんどの格安SIM(MVNO)では、月額料金の割引やデータ容量の増量の特典を受けるために、いろいろと条件が多いです。
例えば、複数の回線を申し込んだり、オプションを付けたりする必要があったり、データSIMのみでしか割引が受けらなかったり、といった感じです。

そんな中、OCNモバイルONEや、FiiMo(フィーモ)については、特に条件なく、割引が受けられます。
OCNモバイルONEは、大手の格安SIM(MVNO)で安心感もありますが、割引額がmineo(マイネオ)より少なめです。
FiiMo(フィーモ)は、割引額は大きいですが、四国電力の子会社が提供する格安SIM(MVNO)ということでややマイナーで、通信速度が遅いなど評判があまりよくありません。
mineo(マイネオ)は、契約者数が格安SIM(MVNO)全体で第4位で、利用者も増えている格安SIM(MVNO)で、安心感もあり、割引額も多いです。

セット割端末を購入すると割引が受けられる格安SIM(MVNO)

一方、セット割端末を購入すると割引が受けられるタイプの格安SIM(MVNO)には上記のようなものがあります。
割引額は多めで、格安SIM(MVNO)の契約と同時にセット割の端末を購入しようとしている方には割安に見えるかもしれません。
ただ、セット割端末のキャンペーンを利用すると、2年縛りの契約が必要だったり、割引額の多い端末は古めの機種だったりするので、実はそれほどおトクでなかったりします。
mineo(マイネオ)の800円x3ヶ月割引キャンペーンは、端末を購入する必要もなく、2年縛りもないので、シンプルに月額料金を安くできる点が魅力です。

800円x3ヶ月割引キャンペーンをデータSIMでも利用する裏ワザ

mineo(マイネオ)の800円x3ヶ月割引は、音声SIM(デュアルタイプ)で新規契約した方のみ適用されるキャンペーンですが、実はデータSIMでも、割引を受ける方法があります。
といってもやり方は簡単で、音声SIMを契約後に、データSIMに契約変更をするだけです。
音声SIMからデータSIMに契約を変更するには、事務手数料2,000円がかかりますが、事務手数料2,000円払っても、音声SIMを契約して800円x3ヶ月割引を受けた方が、割安になります。
どういうことかと言うと、音声SIMからデータSIMに変更する場合、

  • データSIMに変更時の事務手数料:2,000円
  • 800円x3ヶ月割引の割引額:2,400円

となり、事務手数料2,000円より、800円x3ヶ月割引キャンペーンの割引額2,400円の方が、大きいんです。
つまり、最初からデータSIMで契約するより、音声SIMに契約後にデータSIMに契約変更する方が、2,400円-2000円=400円おトクになります。

mineo(マイネオ)の800円x3ヶ月割引キャンペーンは、データSIMに契約変更後も、割引が継続されるので、こうした方法が使えるわけです。
キャンペーン期間中の2017年5月9日(火)までは、mineo(マイネオ)をデータSIMで申し込もうとしている方も、まずは音声SIMに契約して、あとでデータSIMに契約変更をするという方法がオススメです。

音声SIMからデータSIMへの契約変更は、毎月25日まで、mineo(マイネオ)のマイページから行えます。
25日までに音声SIMからデータSIMに契約変更を行えば、翌月1日からデータSIMの月額料金になるので、音声SIMでかかる費用は初月の日割り料金だけです。

mineo(マイネオ)に申し込みをすると、大体2日程度でSIMが届きます。
なので、大体以下のような日程感で、mineo(マイネオ)の申し込みと、契約変更手続きをすると、

  • 20日:mineo(マイネオ)に音声SIMに申し込みをする
  • 22日:mineo(マイネオ)の音声SIMが届く
  • 25日:データSIMに契約変更をする

音声SIMの月額料金は、音声SIMが届いた22日〜25日までの約3日程度で済むので、余計な費用をかけずに済みます。
ちょっとした節約ですが、mineo(マイネオ)をデータSIMで使いたい方はやってみても良いと思います。

800円×3カ月割引キャンペーンと併用可能なmineoの特典

mineo(マイネオ)には、800円x3ヶ月割引キャンペーンと併用できる特典が、いくつかあるので見ていきたいと思います。
800円x3ヶ月割引キャンペーンは、キャンペーン期間中に音声SIM(デュアルタイプ)に申し込めば自動的に適用されますが、その他の特典は、自分から使おうとしないと適用されません。
せっかく使える特典を利用しないのは、もったいないので、ぜひmineo(マイネオ)の他の特典も併用しましょう。

エントリーコード

800円x3ヶ月割引キャンペーン以外にも、mineo(マイネオ)に支払う費用をさらに安くする方法があります。
それが、

エントリーコードを利用して事務手数料3,000円を無料にする

という方法です。
エントリーコードというのは、Amazonなどで購入できる割引券(エントリーパッケージ)に書いてある16桁のコードです。
この16桁のエントリーコードを利用してmineo(マイネオ)に申し込むだけで、事務手数料が無料になるんです。

  • Amazonでエントリーコードを購入:約1,000円
  • mineoの事務手数料:無料

なので、mineo(マイネオ)の事務手数料が、約1,000円になるのと同じ意味になります。
エントリーコードは、以下のAmazonでも購入するのが最安です。

【Amazon】mineo エントリーパッケージ au/ドコモ対応SIMカード データ通信/音声通話 (ナノ/マイクロ/標準SIM/VoLTE)

以下のeoショッピングモールでエントリーコードを購入することもできます。

eoショッピングモール

ただ、eoショッピングモールとAmazon、それぞれのエントリーコードの価格は、

  • eoショッピングモールのエントリーコードの価格:1,080円
  • Amazonのエントリーコードの価格:909円

と、eoショッピングモールのエントリーコードの方が180円ほど高いです。

データ増量キャンペーン

mineo(マイネオ)には、フリータンクといって、毎月1GBのデータ容量を無料でもらえるサービスがあります。
月末にデータ容量を使い切ってしまって、追加でデータ容量を購入するのは勿体ないという時に使えます。

フリータンクの利用方法は、以下の通りです。

マイネ王というのは、mineo(マイネオ)の使い方などが書かれている掲示板で、mineo(マイネオ)に契約しなくても無料で会員登録ができます。
eoIDは、mineo(マイネオ)に契約するともらえるIDです。
マイネ王に会員登録した上で、マイネ王の会員情報と、eoIDを連携すると、フリータンクでデータ容量が引き出せるようになります。

フリータンクは、mineo(マイネオ)ユーザーが余ったデータ容量を預けているWebサイトで、mineo(マイネオ)ユーザーなら誰でも、フリータンクからデータ容量を毎月1GBまで引き出すことが出来ます。
特にフリータンクにデータ容量を預けていない方でも、データ容量は引き出せます。
データ容量が足りなくなったら、フリータンクを利用してデータ容量をもらうようにすると良いと思います。

ちなみに、マイネ王に会員登録してeoIDと連携をするだけでも、初回は1GB分のデータ容量がもらえます。
mineo(マイネオ)に契約したら、マイネ王の会員登録とeoIDの連携はしておいて損はないです。

複数回線割・家族割

mineo(マイネオ)には、一人で複数の回線を契約すると月額50円の割引が受けられる複数回線割があります。
また、一人で複数の回線を申し込まない方でも、家族がmineo(マイネオ)に契約すれば、同じように月額50円の割引が受けられる家族割もあります。
おまけ程度の割引ですが、複数回線割・家族割ともに期限なく割引が受けられるので、1年、2年と継続してmineo(マイネオ)を利用すると、その分割引額も増えていきます。
自分や家族でもう一回線契約する場合は、回線をmineo(マイネオ)にまとめて、割引を受けるのも良いと思います。

eo光とのセット割

mineo(マイネオ)の運営会社のケイ・オプティコムは、自宅の固定回線のeo光というサービスを提供しています。
eo光に契約すると、以下のようなちょっと便利な特典が受けられます。

  • eo光の支払いに口座振替を利用していると、mineo(マイネオ)でも口座振替が利用可能
  • 通常月額100円するLaLaCall(ララコール)が、月額無料で利用可能

mineo(マイネオ)の支払い方法は、通常クレジットカードだけですが、eo光を契約していれば、口座振替も利用可能です。
格安SIM(MVNO)はクレジットカードを持っていないと契約できないところが多いですが、口座振替が利用できるのは助かります。
また、mineo(マイネオ)には、LaLaCall(ララコール)という通話料が半額になる通話アプリが使えます。
mineo(マイネオ)の通話料は1分=40円とちょっと割高です。
無料通話が30分もしくは60分付くかけ放題サービスもありますが、月額料金がかかるので、余計なオプションを付けてまで通話料を下げるのはちょっと、という方もおられると思います。
eo光に契約している方なら、月額無料で通話アプリを利用して、通話料を節約することが可能です。

紹介キャンペーン

mineo(マイネオ)を契約している方が、周りにいらっしゃれば、その方から紹介を受けると、紹介した方もされた方もAmazonのギフト券1,000円分がもらえます。

2017年1月20日(金)~2017年5月9日(火)のキャンペーン期間中は、紹介した方もされた方もAmazonのギフト券が2,000円分もらえるという紹介料倍増キャンペーンを実施しています。
mineo(マイネオ)に既に契約している方が家族や友人にいる場合しかつかえませんが、もしまわりにそういう方がいれば使ってみてもいいかもしれません。

キャンペーンの申し込み方法

mineo(マイネオ)の800円x3ヶ月割引キャンペーンを利用するために特別な手続きは必要なく、キャンペーン期間中にmineo(マイネオ)の音声SIM(デュアルタイプ)に申し込めば割引が適用されます。
申し込み画面を見ながら、キャンペーンの申し込み方法を確認していきましょう。

mineo(マイネオ)のトップページにアクセス>右上の「お申込みはこちら!」をクリックします。

次は、mineoを新規お申込みをされる方の「お申し込み手続きへ」をクリックします。

そうすると、エントリーコードを入力する画面が現れるので、上で紹介した「Amazon」や「eoショッピングモール」で購入した、エントリーコード16桁を入力します。

次に、料金プランなどが表示されます。
800円x3ヶ月割引キャンペーンが適用されるのは、音声SIM(デュアルタイプ)なので、ここでは必ず音声SIM(デュアルタイプ)を選択します。

その後、上記のページで、契約者情報を入力して、手続きを完了すれば、mineo(マイネオ)への申し込みは完了です。
これで、800円x3ヶ月割引キャンペーンは適用されます。

なお、未成年の方は、成人の方とでは若干申し込み方法が違います。
未成年の方で、18歳、19歳の方は、mineo(マイネオ)に申し込む際に、以下のような画面が現れます。

親権者の同意にチェックを入れます。

親権者の氏名や18歳、19歳の契約者の方との関係などを入力すれば、800円x3ヶ月割引キャンペーンを利用して、mineo(マイネオ)に申し込めます。

一方、18歳未満の方は、mineo(マイネオ)の契約者にはなれないので、お父さんやお母さんに申し込みをしてもらってくささい。
その上で、こちらのフォームの利用者登録のところに、契約者と18歳未満の方との関係を入力すればOKです。

ちなみに、mineo(マイネオ)をWebサイトから申し込む際に、本人確認書類のアップロードが必要ですが、オンラインでの本人確認書類のアップロードに慣れない方は申込書(ドコモプラン/auプラン)を記入して、以下に郵送して申し込みをすることも可能です。

郵便番号530-8780
日本郵便株式会社大阪北郵便局 私書箱75号
株式会社ケイ・オプティコム お客さまサポートセンター行

ただ、送料を負担する必要があるので、Webサイトから申し込んだ方が安く済みますし、簡単で早いです。

【mineo(マイネオ)の審査落ちへの対処法】
mineo(マイネオ)には、申し込み時の審査があるので、キャンペーン終了間際に申し込んで、審査落ちしたりすると、再度申し込みする際にすでにキャンペーンが終わってしまってるということも考えられます。
審査と言っても、住所を本人確認書類に書かれている通りに入力することや、MNP予約番号を10日以上残して申し込みをするといった点に注意すれば、ほとんど落ちる心配はありません。
mineo(マイネオ)の800円x3ヶ月割引キャンペーンは、申し込み後6月30日までにmineo(マイネオ)に承諾されれば、適用されます。
なので、mineo(マイネオ)の申し込みの審査さえ、通ってしまえば、割引は適用されるので、安心してください。
ただ、申し込み不備で審査に落ちた時でも、再度800円x3ヶ月割引キャンペーンをを適用させて申し込みができるよう、なるべく早めに申し込んでおいた方が良いと思います。

mineoの800円×3カ月割引キャンペーンの注意点

mineo(マイネオ)の800円x3ヶ月割引は、キャンペーン期間中に音声SIMに契約するだけで割引が受けられるという気軽なキャンペーンなのですが、注意点もあるので見ていきたいと思います。

キャンペーン適用の確認方法がややこしい

mineo(マイネオ)の800円x3ヶ月割引キャンペーンに申し込みをした際には、月額料金は表示されず、割引が適用されたかどうかが分かりません。
申し込みを完了した後に届くメールにも、800円x3ヶ月割引キャンペーンが適用されたことは記載されないんです。
なので、キャンペーン期間中にmineo(マイネオ)に申し込んだけど、ちゃんと割引が適用されるかが、心配になるという方が結構いらっしゃいます。
でも、mineo(マイネオ)に申し込んだら、あとで契約内容通知書というものが届くので、そこで800円x3ヶ月割引キャンペーンが適用されたことが確認できるので、安心してください。

キャンペーン適用は翌月の月額料金から

mineo(マイネオ)の800円x3ヶ月割引キャンペーンは、mineo(マイネオ)を利用開始した月の翌月から適用されます。
mineo(マイネオ)の初月の明細を見て、割引が適用されていない!」と慌てないようにしましょう。
mineo(マイネオ)の初月は日割り計算なので、800円x3ヶ月割引キャンペーンはどのタイミングで申し込んでも損はありません。

まとめ

今回は、mineo(マイネオ)の800円×3カ月割引キャンペーンってどうなのかについて、解説してきました。
合計で2,400円程度の割引なので、正直あまり大きい額の割引じゃないのですが、それでも格安スマホ(MVNO)にして、1円でも毎月の通信料を安くしたいという方には、ありがたい割引ですよね。
しかも、他のキャンペーンとも併用できますし、そもそもの月額料金も安いですし、mineo、なかなかいいですね!

一番おトクなmineoはこちら