1. ホーム
  2. mineo(マイネオ)
  3. ≫mineo(マイネオ)の対応機種とAプラン/Dプランの設定方法!Android/iPhoneの動作確認済み端末やオススメのスマホ!

mineo(マイネオ)の対応機種とAプラン/Dプランの設定方法!Android/iPhoneの動作確認済み端末やオススメのスマホ!


mineo(マイネオ)は、au・ドコモどちらのスマホも対応機種(動作確認済み端末)となっているので、今使っているauやドコモのスマホにmineoのSIMを挿入すれば、電話もネットもすぐに利用可能です!
もちろん、SIMロックフリーや中古のスマホも、対応機種(動作確認済み端末)になっているので、新たにiPhoneやAndroidを購入して、mineoのSIMカードを挿しても問題なく動作します。
ただし、ドコモのスマホについてはSIMロック解除は不要なのですが、auのスマホについては対応機種であってもSIMロック解除が必要なので、mineo(マイネオ)に乗り換える際は注意してください!

一番おトクなmineoの申し込み先はこちら

mineo(マイネオ)には、au回線が利用できるAプランと、docomo回線が利用できるDプランがあります。
Androidについては、AプランのSIMではauのAndroidが、DプランのSIMではdocomoのAndroidが動作確認済み端末となっています。
ですが、iPhoneについてはルールが異なるので気をつけましょう!
というのも、iPhoneはドコモ版、au版、そしてソフトバンク版のiPhoneであっても、実はSIMロックを解除すると、SIMフリーのiPhoneと全く同じ端末として使えます。
なので、SIMロック解除に対応しているiPhone6s/6sPlu以降の機種については、auのiPhoneだからといって、AプランのSIMでないと利用できないわけでなく、Dプランでも問題なく利用可能です!
そして、iPhoneの場合、AプランのSIMだとドコモ/au/ソフトバンク/SIMフリー版のすべてのiPhoneでテザリングが利用不可となっています。
なので、mineoでiPhoneを利用するならドコモ/au/ソフトバンク/SIMフリー版のどのiPhoneを使う場合にも、実はDプランのSIMを選ぶのがオススメ
です!

この記事はこんな方にオススメです!
  • 今利用している端末がmineoの対応機種(動作確認済み端末)になっているかを確認したい方
  • mineoのAプラン/Dプランどちらを選ぶのがよいのかを迷っている方
  • mineoで利用するiPhone、Androidのオススメ機種を知りたい方

mineoの対応機種とは?

mineo(マイネオ)ではAプラン/Dプランの二つのプランがあり、Aプランはau回線のSIMカード、Dプランはドコモ回線のSIMカードということになっています。
なので、基本的には、mineo(マイネオ)の対応機種はAプランのSIM⇒auのスマホ、DプランのSIM⇒ドコモのスマホということになります。
申し込み時にプランを間違えて選ぶと、mineo(マイネオ)のSIMをスマホに挿しても動作しないということになってしまうので、Aプラン/Dプランそれぞれの対応機種について確認しておきたいと思います。

Aプランの対応機種

mineo(マイネオ)のAプランの対応機種は、以下の4種類があります。

  • au端末:iPhone・Android
  • SIMフリー端末:iPhone・Android
  • mineoのセット販売端末:Android
  • SIMロック解除済みのドコモやソフトバンク端末:iPhone

Aプランはau回線のSIMカードなので、auのスマホはほぼ全機種が動作確認済みとなっています。
意外にも、AプランはドコモやソフトバンクのiPhoneについては、SIMロック解除をすれば、Aプラン(au回線)のSIMカードでも利用することができます。
なので、必ずしもAプラン=auのスマホしか利用できないということではないです。

ただし、mineo(マイネオ)のAプランのSIMを問題なく利用する場合には、以下の3点に注意をする必要があります。

  • auのAndroid・iPhone:VoLTE SIMを利用するにはSIMロック解除が必要
  • ドコモ/ソフトバンクのiPhone:SIMロック解除が必要
  • ドコモ/au/ソフトバンク/SIMフリーのiPhone:テザリングは利用不可

auのiPhoneやAndroidであっても、auのVoLTE SIMを利用する場合は、まずSIMロック解除をしてからでないと、auプランでは利用できないというルールになっています。
VoLTE SIMというのは、高音質な通話ができるSIMのことで、2015年5月以降にauから発売されたスマホについてはほぼ全機種が、VoLTEに対応しています。
なので、2015年5月以降に発売された比較的新しいau機種で、VoLTEを利用する場合については、SIMロック解除をしてからmineoのAプランを利用する必要があるということになります。

ただし、iPhoneをAプランで利用するのはあまりオススメではありません。
たしかに、iPhoneについては、SIMロック解除をすれば、ドコモ版/au版/ソフトバンク版すべてで、AプランのSIMで利用可能です。
しかし、AプランのSIMを、SIMロック解除したiPhoneに挿しても、テザリングが利用不可となっているんです。
SIMロック解除をしたiPhoneであれば、au版/ソフトバンク版のiPhoneでも、Dプランで利用可能なので、iPhoneはDプランで利用する方がオススメです。

スマホアドバイザー

ということで、Aプランは、auやSIMフリー、セット販売のAndroid端末で利用するために利用するというのが良いと思います。Androidを利用する場合には、特に機能が制限されることはありません。また、Aプランは、Dプランに比べて通信速度が速いという結果も出ており、Androidユーザーの方にはAプランはオススメできます。

Dプランの対応機種

mineo(マイネオ)のDプランの対応機種は、以下の4種類があります。

  • ドコモの端末:iPhone・Android
  • SIMフリー端末:iPhone・Android
  • mineoのセット販売端末:Android
  • SIMロック解除済みのauやソフトバンクの端末:iPhone

DプランのSIMは、ドコモで利用しているiPhoneやAndroidなら、SIMロック解除不要で動作します。
mineo(マイネオ)のDプランのSIMカードをドコモのスマホに挿すだけで、電話もネットもすぐに使えるようになります。
また、iPhoneについて、テザリングが利用できないということはなく、ドコモ/au/ソフトバンク/SIMフリーのiPhoneで問題なく使うことが可能です。

ただし、AプランでiPhoneのテザリングができないように、DプランではAndroidのテザリングが不可になっています。
ドコモ回線でAndroidのテザリングが不可というのは、mineo(マイネオ)だけのルールではなく、どのMVNOでも同じで、ドコモ側がMVNOに対してAndroidのテザリングの機能を利用できないようにしているようです。
なので、ドコモのAndroidを利用されている方は、mineo(マイネオ)乗り換え後は、テザリングは諦めるか、SIMフリーのAndroid端末を購入してテザリングを利用するということになります。

スマホアドバイザー

端末の対応周波数の関係で、Androidについては、auやソフトバンクのAndroidはDプランのSIMカードでは利用不可ということになっています。ですが、それ以外のドコモのiPhone・Androidや、auやソフトバンクのSIMロック解除済みiPhoneについては、Dプランで使うことができます。aプランは通信速度が速いですが、Dプランについては通信エリアが広く、地下や屋内でも電波が途切れにくいのが特徴です。

何が動作確認されている?

mineo(マイネオ)の対応機種で動作確認されている項目は、以下の4つです。

  • データ通信(インターネット)
  • 音声通話
  • テザリング
  • SMS(ショートメッセージ)


【出典】mineo公式サイト

mineo(マイネオ)の動作確認済み端末一覧を見ると、上記のように機種ごとに動作確認がされています。
2015年5月以降に発売された比較的新しい機種については、どの機種もだいたいVoLTE(ボルテ)対応していて、「音声通話が◎」かつ「SIMカード種別がau VoLTE(nano)」という表記になっていれば、VoLTEも動作確認済みということになります。

動作確認済み端末なら、これまでドコモ/au/ソフトバンクで利用していた場合と同じように、電話、SMS、インターネットを利用することができます。
ただし、ドコモ端末についてはタイプDでテザリングが可能なのですが、auのAndroidについては、タイプAでテザリングが利用不可となっているので注意してください。


【出典】mineoでテザリングは利用できるのか(mineoのスタッフブログ)

なお、au/ドコモの通信設備のシステム的な理由で、Aプランではau端末のiPhone、Dプランではドコモ端末のAndroidでテザリングが利用不可となっているので注意しましょう。

mineoの対応機種とはの要点整理
  • mineoのAプランの対応機種は、auのスマホ、SIMフリースマホ、SIMロック解除したiPhone
  • mineoのDプランの対象機種は、ドコモのスマホ、SIMフリースマホ、SIMロック解除したiPhone
  • 動作確認されている項目は、電話・SMS・ネット・テザリング。ただし、AプランについてはiPhoneは全機種テザリング不可

mineoの動作確認済み端末一覧

続いて、mineo(マイネオ)の動作確認済み端末(対応機種)の一覧を見ていきたいと思います。
SIMカードのサイズはiPhone⇒nanoSIM、Android⇒microSIMということが多いですが、Androidについては機種によってはnanoSIMの場合もあります。


【出典】mineo公式サイト

mineo(マイネオ)のオンラインストアの申し込み画面でも、SIMを選択する画面で、対応機種(動作確認済み端末)を確認することができるので、SIMカードを選択前にオンラインストアで動作確認済み端末を確認しておくようにしましょう。

Aプランの動作確認済み端末

mineo(マイネオ)のAプランの動作確認済み端末は、以下の機種になります。
2015年5月以降に発売されたau VoLTE端末の動作確認については、SIMロック解除が必要になります。
動作不可端末一覧はこちらです。

■iPhone

iPhone(SIMフリー版)
  • iPhone X
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone SE
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 5s
  • iPhone 5c
iPhone(au版)
  • iPhone X
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone SE
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 5s
  • iPhone 5c
iPhone(ドコモ版)
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6s
iPhone(ソフトバンク版)
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6s

■Android

ASUS(mineo版)
  • ZenFone Live【ZB501KL】
  • ZenFone 3【ZE520KL】
  • ZenFone 3 Laser【ZC551KL】
  • ZenFone Go【ZB551KL】
FUJITSU(mineo版)
  • arrows M04
  • arrows M03
  • arrows M02
HUAWEI(mineo版)
  • HUAWEI P10 lite【WAS-LX2J】
  • HUAWEI nova【CAN-L12】
KYOCERA(mineo版)
  • DIGNO(R) V【KYV42】
  • DIGNO(R) M【KYL22】
  • LUCE【KCP01K】
SHARP(mineo版)

AQUOS SERIE【SHL25】

Alcatel(mineo版)

SHINE LITE【5080F】

ASUS(SIMフリー版)
  • ZenFone 4 Selfie Pro【ZD552KL】
  • ZenFone 4【ZE554KL】
  • ZenFone AR【ZS571KL】
  • ZenFone Zoom S【ZE553KL】
  • ZenFone Live【ZB501KL】
  • ZenFone 3 Max【ZC553KL】
  • ZenFone 3【ZE552KL】
  • ZenFone 3 Laser【ZC551KL】
  • ZenFone 3 Ultra【ZU680KL】
  • ZenFone 3 Deluxe【ZS550KL】
  • ZenFone 3 Deluxe【ZS570KL】
  • ZenFone 3【ZE520KL】
  • ZenFone Go【ZB551KL】
  • ZenFone2 Laser【ZE500KL】
HUAWEI(SIMフリー版)
  • HUAWEI P10 lite【WAS-LX2J】
  • HUAWEI nova【CAN-L12】
HP(SIMフリー版)

HP Elite x3

Motorola(SIMフリー版)

Moto G5S Plus【XT1805】

SHARP(SIMフリー版)

AQUOS【SH-M04】

FUJITSU(SIMフリー版)
  • arrows M04
  • arrows M03
  • arrows M02
Wiko(SIMフリー版)

Tommy【P4903JP】

ZTE(SIMフリー版)
  • BLADE E02【ZTE BLADE A521】
  • BLADE V8【ZTE BLADE 0800】
トリニティ(SIMフリー版)

NuAns NEO [Reloaded]【NEO[Reloaded]】

CASIO(au版)

G’zOne TYPE-L【CAL21】

FUJITSU(au版)
  • ARROWS Z【FJL22】
  • ARROWS ef【FJL21】
HTC(au版)
  • HTC 10【HTV32】
  • HTC J butterfly【HTV31】
  • HTC J butterfly【HTL23】
  • HTC J One【HTL22】
  • INFOBAR A02 【HTX21】
  • HTC J butterfly【HTL21】
KYOCERA(au版)
  • TORQUE X01【KYF33】
  • rafre【KYV40】
  • miraie f【KYV39】
  • URBANO V03【KYV38】
  • Qua phone【KYV37】
  • DIGNO rafre【KYV36】
  • TORQUE G02【KYV35】
  • URBANO V02 【KYV34】
  • TORQUE G01 【KYY24】
  • URBANO L03 【KYY23】
  • URBANO L02 【KYY22】
  • DIGNO(R) M【KYL22】
  • URBANO L01 【KYY21】
  • DIGNO(R) S【KYL21】
LG Electronics(au版)
  • isai Beat【LGV34】
  • Qua phone PX【LGV33】
  • isai vivid【LGV32】
  • Fx0【LGL25】
  • isai FL【LGL24】
  • G Flex【LGL23】
  • isai【LGL22】
  • Optimus G【LGL21】
PANTECH(au版)

VEGA【PTL21】

SAMSUNG(au版)
  • Galaxy S8【SCV36】
  • Galaxy S8+【SCV35】
  • Galaxy S7 edge【SCV33】
  • GALAXY A8【SCV32】
  • GALAXY S6 edge【SCV31】
  • GALAXY Note Edge【SCL24】
  • GALAXY S5【SCL23】
  • GALAXY Note 3【SCL22】
  • GALAXY SIII Progre【SCL21】
SHARP(au版)
  • AQUOS SERIE mini【SHV38】
  • AQUOS U【SHV37】
  • BASIO2【SHV36】
  • AQUOS U【SHV35】
  • AQUOS SERIE【SHV34】
  • AQUOS SERIE mini【SHV33】
  • AQUOS SERIE【SHV32】
  • AQUOS SERIE【SHL25】
  • AQUOS PHONE SERIE mini【SHL24】
  • AQUOS PHONE SERIE【SHL23】
  • AQUOS PHONE SERIE【SHL22】
  • AQUOS PHONE SERIE【SHL21】
Sony Mobile Communications(au版)
  • Xperia XZs【SOV35】
  • Xperia XZ【SOV34】
  • Xperia X Performance【SOV33】
  • Xperia Z5【SOV32】
  • Xperia Z4【SOV31】
  • Xperia Z3【SOL26】
  • Xperia ZL2【SOL25】
  • Xperia(TM) Z Ultra【SOL24】
  • Xperia(TM) Z1【SOL23】
  • Xperia(TM) UL【SOL22】
  • Xperia(TM) VL【SOL21】

Dプランの動作確認済み端末

mineo(マイネオ)のDプランの動作確認済み端末は、以下の機種になります。
2015年5月以降に発売されたau VoLTE端末の動作確認については、SIMロック解除が必要になります。
動作不可端末一覧はこちらです。
なお、LTE対応端末でLTE圏内で、3G接続からLTE接続に切り替わるのに時間がかかる場合は、機内モードをON⇒OFFと順番に操作を行うことで解決することがあります。

■iPhone

iPhone(SIMフリー版)
  • iPhone X
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone SE
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 5s
  • iPhone 5c
iPhone(docomo版)
  • iPhone X
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone SE
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 5s
  • iPhone 5c
iPhone(au版)
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone SE
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6s
iPhone(ソフトバンク版)
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6s

■Android

ASUS(mineo版)
  • ZenFone Live【ZB501KL】
  • ZenFone 3【ZE520KL】
  • ZenFone 3 Laser【ZC551KL】
  • ZenFone Go【ZB551KL】
FUJITSU(mineo版)
  • arrows M04
  • arrows M03
  • arrows M02
HUAWEI(mineo版)
  • HUAWEI P10 lite【WAS-LX2J】
  • HUAWEI P10【VTR-L29】
  • HUAWEI nova lite【PRA-LX2】
  • HUAWEI nova【CAN-L12】
  • HUAWEI P9 lite【VNS-L22】
Acer(mineo版)
  • Liquid Z330【T01】
  • Liquid Z530
Alcatel(mineo版)
  • PIXI 4【5045F】
  • SHINE LITE【5080F】
  • IDOL 4【6055D】
  • ONETOUCH IDOL 2 S
  • ONETOUCH IDOL 3【6045F】
ASUS(SIMフリー版)
  • ZenFone 4 Selfie Pro【ZD552KL】
  • ZenFone 4【ZE554KL】
  • ZenFone AR【ZS571KL】
  • ZenFone Zoom S【ZE553KL】
  • ZenFone Live【ZB501KL】
  • ZenFone 3 Max【ZC553KL】
  • ZenFone 3【ZE552KL】
  • ZenFone 3 Max【ZC520TL】
  • ZenFone 3 Ultra【ZU680KL】
  • ZenFone 3 Laser【ZC551KL】
  • ZenFone 3 Deluxe【ZS550KL】
  • ZenFone 3 Deluxe【ZS570KL】
  • ZenFone 3【ZE520KL】
  • ZenFone Go【ZB551KL】
  • ZenFone Max【ZC550KL】
  • ZenFone Zoom【ZX551ML】
  • ZenFone Selfie【ZD551KL】
  • ZenFone2 Laser【ZE601KL】
  • ZenFone2 Laser【ZE500KL】
  • ZenFone 5【A500KL】
  • ZenFone 2【ZE551ML】
BlacBerry(SIMフリー版)
  • BlackBerry KEYone【BBB100-6】
  • BlackBerry PRIV【STV100-03】
  • BlackBerry Passport【SQW-100-1】
  • BlackBerry Classic【SQC-100-1】
Covla(SIMフリー版)
  • GRAND M【Grand M】
  • GRAND X-LTE【Grand X LTE】
  • FLEAZ Que【CP-L45s】
  • BREEZ X5【CP-X510】
  • i-dio Phone【CP-VL5A】
  • FLEAZ NEO【CP-B43】
  • FLEAZ POP【CP-L42A】
  • FleaPhone【CP-F03a-KS】
FRONTIER(SIMフリー版)

FR7101AK【FR7101AK】

geanee(SIMフリー版)
  • GM-01A
  • FXC-5A
Google[HUAWEI](SIMフリー版)

Nexus 6P

Google[LG](SIMフリー版)
  • Nexus 5X
  • Nexus5
  • Nexus
Google[Motorola](SIMフリー版)

Nexus6

HTC(SIMフリー版)
  • Desire 626
  • Desire EYE
HUAWEI(SIMフリー版)
  • HUAWEI P10 Plus【VKY-L29】
  • HUAWEI P10 lite【WAS-LX2J】
  • HUAWEI P10【VTR-L29】
  • HUAWEI nova lite【PRA-LX2】
  • HUAWEI nova【CAN-L12】
  • HUAWEI Mate 9【MHA-L29】
  • honor 8【FRD-L02】
  • HUAWEI P9【EVA-L09】
  • HUAWEI P9 lite【VNS-L22】
  • HUAWEI Y【SCL-L02】
  • honor6 Plus【PE-TL10】
  • HUAWEI GR5【KII-L22】
  • HUAWEI Mate S
  • HUAWEI P8 max
  • HUAWEI P8 lite【ALE-L02】
  • Ascend Mate 7
  • Ascend P7
  • Ascend G620S
  • Ascend G6
HP(SIMフリー版)

HP Elite x3

KYOCERA(SIMフリー版)

SKT01

Lenovo(SIMフリー版)

PHAB2 Pro【Lenovo PB2-690M】

LG(SIMフリー版)

G2 mini

Motorola(SIMフリー版)
  • Moto G5S Plus【XT1805】
  • Moto Z2 Play【XT1710】
  • Moto G5 Plus【XT1685】
  • Moto G5【XT1676】
  • Moto Z【XT1650-03】
  • Moto Z Play【XT1635-02】
  • Moto G4 Plus【XT1642】
  • Moto X Play【XT1562】
  • Moto G【XT1550】
ONKYO(SIMフリー版)
  • CAT S40【S40】
  • GRANBEAT【DP-CMX1】
Panasoinc(SIMフリー版)

LUMIX【DMC-CM10】

Polaroid(SIMフリー版)
  • PolaSma
  • LINEAGE【PRO5043POJ01】
UPQ(SIMフリー版)
  • UPQ Phone A01X
  • UPQ Phone A01
SHARP(SIMフリー版)
  • AQUOS【SH-M04】
  • AQUOS mini【SH-M03】
  • g04【AQUOS SH-M02】
  • AQUOS【SH-M01】
Sony Mobile Communications(SIMフリー版)

Xperia J1 Compact

VAIO(SIMフリー版)
  • VAIO Phone A【VPA0511S】
  • VAIO Phone Biz【VPB0511S】
  • VAIO Phone
FUJITSU(SIMフリー版)
  • arrows M04
  • arrows M03
  • arrows M02
  • ARROWS M01
Wiko(SIMフリー版)

Tommy【P4903JP】

ZTE(SIMフリー版)
  • BLADE E02【ZTE BLADE A521】
  • BLADE V8【ZTE BLADE 0800】
  • AXON 7【A2017G】
  • AXON 7 mini【B2017G】
  • ZTE Blade V7 Max【V0710】
  • ZTE BLADE V7 Lite【V0720】
  • ZTE BLADE E01
  • ZTE Blade V580
  • ZTE Blade S6
  • AXON mini
  • ZTE Blade S7【g05】
  • ZTE Blade V6
  • g01
  • g02
  • g03
  • ZTE Blade Vec 4G
キャッセイ・トライテック(SIMフリー版)

AS01M

クロスリンクマーケティング(SIMフリー版)
  • g07+【CP-J55aW】
  • g07【CP-J55a】
  • g06+【CP-L43s-Ab-2GB】
  • g06【CP-L43s-Ab】
  • AuBee elm.【CP-B43-Ab】
サードウェーブデジノス(SIMフリー版)

Diginnos Mobile【DG-W10M】

トリニティ(SIMフリー版)
  • NuAns NEO [Reloaded]【NEO[Reloaded]】
  • NuAns NEO
ピーアップ(SIMフリー版)
  • Mode1 RETRO【MD-02P】
プラスワン・マーケティング(SIMフリー版)
  • RAIJIN【FTJ162E-RAIJIN】
  • Priori 4【FTJ162D-Priori4】
  • KIWAMI 2【FTJ162B】
  • SAMURAI REI【FTJ161B】
  • MUSASHI【FTJ161A】
  • Priori3S LTE【FTJ152B】
  • KATANA 02【FTJ152F】
  • Priori3 LTE【FTJ152A】
  • KATANA 01【FTJ152E】
  • SAMURAI KIWAMI
  • FREETEL SAMURAI MIYABI【FTJ152C】
  • freetel priori2 3G【FT142A】
  • freetel XM【FT142D】
  • freetel nico
マウスコンピューター(SIMフリー版)
  • MADOSMA【Q601】
  • MADOSMA【Q501】
FUJITSU(ドコモ版)
  • arrows Be【F-05J】
  • らくらくスマートフォン4【F-04J】
  • arrows NX【F-01J】
  • arrows SV【F-03H】
  • arrows NX【F-02H】
  • arrows Fit【F-01H】
  • ARROWS NX【F-04G】
  • ARROWS NX【F-02G】
  • ARROWS NX【F-05F】
  • Disney Mobile on docomo【F-03F】
  • ARROWS NX【F-01F】
  • らくらくスマートフォン プレミアム 【F-09E】
  • Disney Mobile on docomo【F-07E】
  • ARROWS NX【F-06E】
  • ARROWS X【F-02E】
  • ARROWS Kiss【F-03E】
  • ARROWS V【F-04E】
  • ARROWS Me【F-11D】
  • ARROWS X【F-10D】
  • ANTEPRIMA【F-09D】
  • Disney Mobile on docomo【F-08D】
  • ARROWS μ【F-07D】
  • ARROWS X LTE【F-05D】
  • ARROWS Kiss【F-03D】
  • F-12C
  • F1100
HTC(ドコモ版)
  • HT-03A
  • HT-02A
  • HT-01A
  • HT1100
  • hTc Z
HUAWEI(ドコモ版)
  • Ascend D2【HW-03E】
  • Ascend【HW-01E】
LG Electronics(ドコモ版)
  • V20 PRO【L-01J】
  • Disney Mobile on docomo【DM-02H】
  • Nexus 5X
  • Disney Mobile on docomo【DM-01G】
  • Optimus LTE【L-01D】
  • Optimus G【L-01E】
  • G2【L-01F】
  • PRADA phone by LG【L-02D】
  • Optimus LIFE【L-02E】
  • Optimus chat【L-04C】
  • Optimus G Pro【L-04E】
  • Optimus it【L-05D】
  • Optimus it【L-05E】
  • Optimus Vu【L-06D】
  • Optimus bright【L-07C】
Motorola(ドコモ版)

M1000

NEC(ドコモ版)
  • MEDIAS X【N-06E】
  • MEDIAS W【N-05E】
  • MEDIAS X【N-04E】
  • Disney Mobile on docomo【N-03E】
  • MEDIAS U【N-02E】
  • MEDIAS X【N-07D】
  • MEDIAS ES【N-05D】
  • MEDIAS LTE【N-04D】
  • MEDIAS PP【N-01D】
  • MEDIAS WP【N-06C】
  • MEDIAS【N-04C】
  • ELUGA P【P-03E】
  • ELUGA X【P-02E】
  • ELUGA power【P-07D】
  • ELUGA V【P-06D】
  • P-04D
  • Disney Mobile on docomo【P-05D】
  • LUMIX Phone【P-02D】
  • P-01D
  • P-07C
SAMSUNG(ドコモ版)
  • Galaxy Feel【SC-04J】
  • Galaxy S8【SC-02J】
  • Galaxy S8+【SC-03J】
  • Galaxy S7 edge【SC-02H】
  • Galaxy Active neo【SC-01H】
  • Galaxy S6 edge【SC-04G】
  • Galaxy S6 【SC-05G】
  • GALAXY Note Edge 【SC-01G】
  • GALAXY S5 ACTIVE【SC-02G】
  • GALAXY S5 【SC-04F】
  • GALAXY J 【SC-02F】
  • GALAXY Note 3【SC-01F】
  • GALAXY S4 【SC-04E】
  • GALAXY S III α 【SC-03E】
  • GALAXY Note II【SC-02E】
  • GALAXY S III 【SC-06D】
  • GALAXY Note 【SC-05D】
  • GALAXY NEXUS 【SC-04D】
  • GALAXY S II LTE 【SC-03D】
  • GALAXY S II 【SC-02C】
  • GALAXY S 【SC-02B】
SHARP(ドコモ版)
  • SC-01B
  • AQUOS R【SH-03J】
  • Disney Mobile on docomo 【DM-01J】
  • AQUOS EVER【SH-02J】
  • AQUOS ZETA 【SH-04H】
  • Disney Mobile on docomo 【DM-01H】
  • AQUOS Compact 【SH-02H】
  • AQUOS ZETA 【SH-01H】
  • AQUOS EVER【SH-04G】
  • AQUOS ZETA 【SH-03G】
  • Disney Mobile on docomo 【SH-02G】
  • AQUOS ZETA 【SH-01G】
  • Disney Mobile on docomo 【SH-05F】
  • AQUOS ZETA 【SH-04F】
  • AQUOS PHONE EX 【SH-02F】
  • AQUOS PHONE ZETA 【SH-01F】
  • AQUOS PHONE Si 【SH-07E】
  • AQUOS PHONE ZETA 【SH-06E】
  • AQUOS PHONE EX 【SH-04E】
  • AQUOS PHONE ZETA 【SH-02E】
  • AQUOS PHONE si 【SH-01E】
  • AQUOS PHONE sv 【SH-10D】
  • AQUOS PHONE ZETA 【SH-09D】
  • AQUOS PHONE st 【SH-07D】
  • AQUOS PHONE 【SH-06D】
  • Q-pot.Phone 【SH-04D】
  • AQUOS PHONE slider 【SH-02D】
  • AQUOS PHONE 【SH-01D】
  • AQUOS PHONE f 【SH-13C】
  • AQUOS PHONE 【SH-12C】
  • LYNX 3D 【SH-03C】
  • LYNX 【SH-10B】
Sony Mobile Communications(ドコモ版)
  • Xperia XZ Premium【SO-04J】
  • Xperia XZs【SO-03J】
  • Xperia XZ【SO-01J】
  • Xperia X Compact【SO-02J】
  • Xperia X Performance 【SO-04H】
  • Xperia Z5 Premium 【SO-03H】
  • Xperia Z5 Compact 【SO-02H】
  • Xperia Z5 【SO-01H】
  • Xperia A4 【SO-04G】
  • Xperia Z4 【SO-03G】
  • Xperia Z3 Compact 【SO-02G】
  • Xperia Z3 【SO-01G】
  • Xperia A2 【SO-04F】
  • Xperia Z2 【SO-03F】
  • Xperia Z1 f 【SO-02F】
  • Xperia Z1【SO-01F】
  • Xperia A 【SO-04E】
  • Xperia Z 【SO-02E】
  • Xperia AX 【SO-01E】
  • Xperia SX 【SO-05D】
  • Xperia GX【SO-04D】
  • Xperia acro HD 【SO-03D】
Sony Ericsson(ドコモ版)
  • Xperia NX 【SO-02D】
  • Xperia PLAY 【SO-01D】
  • Xperia ray 【SO-03C】
  • Xperia acro 【SO-02C】
  • Xperia arc 【SO-01C】
  • Xperia 【SO-01B】
TOSHIBA(ドコモ版)
  • REGZA Phone 【T-02D】
  • REGZA Phone 【T-01C】
  • dynapocket 【T-01B】
  • T-01A
ZTE(ドコモ版)
  • MONO【MO-01J】

なお、Dプランでは、シングルタイプ(データ通信SIM)で、SMS機能有り/無しを選択することができます。
シングルタイプ(データ通信SIM)については、SMSは付けておくほうがオススメです。
SMS機能有りにした方が、一部端末に発生するセルスタンバイ問題(アプリケーション等を動作させていない状態で、通信端末の電池消耗が早くなる問題)が起こらないと言われているためです。

一番おトクなmineoの申し込み先はこちら

mineoの動作確認端末一覧の要点整理
  • Aプラン/Dプランともに、最新のiPhone/Androidが利用可能
  • iPhoneについては、SIMロック解除をすれば、Aプラン/Dプランどちらでも利用可能

mineoの対応機種でオススメのスマホは?

mineoの対応機種でオススメのスマホについて見ていきたいと思います。
mineo(マイネオ)では、元々利用しているドコモやauのスマホでなくても、SIMフリーのスマホや中古のスマホを購入して、SIMを挿して使うという方法もあります。
端末代を節約したいという場合は今のスマホをそのまま利用するのが一番ですが、端末が古くなって買い替えたいという方もいらっしゃると思うので、参考にしてみてください。

スマホの選び方

mineo(マイネオ)のSIMでスマホを利用するに当たって、スマホの選び方を確認しておきましょう。
スマホの選び方としては、以下の4つのパターンがあります。

  1. 今のスマホをそのまま利用する
  2. セット端末を購入する
  3. 中古スマホを購入する
  4. SIMフリースマホを購入する

mineo(マイネオ)の契約時のみしか、セット端末を購入することはできませんが、中古スマホやSIMフリースマホは、mineo(マイネオ)契約前でも後でもどちらでも購入することはできます。
なので、一旦、今利用しているドコモ/auのスマホでmineo(マイネオ)のSIMを利用して、しばらくしてから端末を買い替えるという方法も可能です。

①今のスマホをそのまま利用する

mineo(マイネオ)のSIMを利用するに当たって、一番多いのが、今のスマホをそのまま利用するという方法です。
今のスマホをそのまま利用するので、端末代はかからず、最安でmineo(マイネオ)に乗り換えることができます。
mineo(マイネオ)に契約する際は、Dプラン/Aプランどちらを利用するかと、SIMカードのサイズ(nano/micro/標準)に気をつけましょう。

②セット端末を購入する

mineo(マイネオ)セット端末を購入するという選択肢もあります。
セット端末は、mineo(マイネオ)のオンラインストアから申込む際に、SIMと同時に購入することができます。


【出典】mineo公式サイト

iPhoneはありませんが、SIMフリーのAndroidは機種も豊富です。
分割払いが可能なのは、セット端末のメリットだと思います。

③中古スマホを購入する

mineo(マイネオ)のSIMを利用するに当たって、オススメなのが中古スマホを購入するという方法です。
特に、機種代は抑えたいけど、機種は買い替えたいという方は、中古スマホを購入すると良いと思います。


【出典】中古サイトで販売されているドコモのXperia(ムスビー)

中古といっても、状態はピンきりで、上記のように未使用品のものも販売されています。
状態は未使用なのに、Amazonなどで購入するよりも1万円程度端末代が安くなっており、品質の割に端末代が安いのが特徴です。
ドコモやauのスマホは、SIMフリーのスマホと違って、海外のSIMを挿した場合は利用できませんが、その分SIMフリーのスマホよりも端末代は安くなっています。

④SIMフリースマホを購入する

ドコモ回線・au回線に関係なく、海外でも利用したいという方は、SIMフリースマホを購入するという方法もあります。
SIMフリースマホは、アップルストアでiPhoneを購入する、もしくは、中古サイトでSIMフリーの機種を購入するという方法があります。
やはり中古サイトで購入した方が、公式ストアで購入するよりも、端末代は安くなります。


【出典】中古サイトで販売されているSIMフリーのiPhone(ムスビー)

上記はSIMフリーモデルのiPhone6ですが、Appleストアで購入すると5万円〜6万円程度するものが、3万8千円で販売されています。
状態は未使用のものなので、公式ストアで購入することにこだわりがなければ、未使用品を購入するのはオススメです。

Androidのオススメ機種

今のスマホをそのまま使い続けるのではなく、新たにAndroidを購入されるという方もいらっしゃると思います。
Androidのオススメの機種は、最新のXperiaの1世代前のモデル SOV32 Xperia Z5です。
SOV32 Xperia Z5は、auのXperiaです。


【出典】中古サイトで販売されているauのXperia(ムスビー)

  • 商品名:au SOV32 Xperia Z5
  • カラー:ゴールド
  • 価格:22,300円

状態が未使用のものだと、6万円以上はするのですが、状態をA(良品)にすると、一気に端末代金が下がり、2万円代でXperiaを手に入れることができます。
ヤフオクのように出品者と何度もやり取りするやり方ではなく、Amazonや楽天のように一発で購入できるので、手間もありません。
Xperiaを安く利用するなら、1世代前の型落ちモデルを利用するのが賢いと思います。

iPhoneのオススメ機種

一方、iPhoneのオススメ機種は、iPhone6です。
iPhone6はAppleStoreでは販売終了となっていますが、中古サイトでは未だに人気で、iPhone6s/7/8と同じ大きさの4.7インチモデルです。

実際、ムスビー(国内No1中古スマホサイト)で、iPhone6を購入してみたのですが、1年経った今でも、特に動作が遅くなったりすることなく使うことができています。
バッテリーについては、ちょっと持ちが悪くなったかなと思ったので、街の修理屋さんで、バッテリーだけ6,000円ほどで交換したら、かなり電池が持つようになりました。


【出典】中古サイトで販売されているSIMフリーのiPhone6(ムスビー)

私が購入した1年前では、iPhone6は3万4千円程度したのですが、現在は18,700円と半額くらいになっいました。
たしかに商品は中古なので、写真には映りきらない傷などがある場合もありますが、状態確認をして商品に不具合があり7日以内に連絡すれば、交換対応をして頂くことも可能です。
試しにムスビーに連絡をしてみましたが、かなり丁寧に対応してもらいました。

ムスビーは、iPhoneの取り扱い件数が、ドコモのiPhoneだけでも8,000件以上あります。
状態はEランク(不具合商品)〜SSランク(新品)で分けられていて、写真でも本体を確認できます。
大黒屋など大手のショップも出品しているため、安心して購入することが出来ます。

私が購入したiPhoneの購入先はこちら

mineoの対応機種でオススメのスマホの要点整理
  • mineoの対応機種でオススメのスマホは、1〜2世代前のiPhone
  • バージョンが一つ古くなるごとに1万円程度端末代が安くなる
  • iPhoneもAndroidもムスビーで購入すると、新品が定価よりも1万円引きで手に入る

mineoの対応機種で端末保証は付けるべき?

mineo(マイネオ)の対応機種で端末保証は付けるべきか迷われている方もいらっしゃると思います。
結論的には、ガラスシートやカバーを付けておけば、ガラス割れにはまずならないので、端末保証は付けなくても良いと思います。

mineo(マイネオ)では、セット販売機種用の端末保証「端末安心保証サービス/端末安心サポート」と、持ち込み端末用の端末保証「持ち込み端末安心保証サービス」の二つの保証が用意されています。
それぞれの端末保証の内容は以下のようになります。

①端末安心保証サービス/端末安心サポート

  • 月額料金:370円
  • 交換代金/修理代金:1回目⇒5,000円、2回目⇒8,000円、3回目以降⇒実費
  • 対象端末:
    端末安心保証サービス→HUAWEI nova、ZenFone3、ZenFone3Laser、HUAWEI MediaPad T2 8 Pro、arrowsM03、HUAWEI P9 lite、ZenFoneGo
    端末安心サポート→arrows M02、LUCE KCP01K、DIGNO® M KYL22、AQUOS SERIE SHL25、Aterm® MR04LN、SI-LA SILA01、Aterm® MR03LE

②持ち込み端末安心保証サービス

  • 月額料金:500円
  • 交換代金/修理代金:1回目⇒5,000円、2回目⇒8,000円、3回目以降⇒実費
  • 対象端末:SIMフリー端末、ドコモ、au、ソフトバンクの端末

端末の故障として、多いのはなんといっても、画面割れです。
原因は、移動中に、スマホをアスファルトなどに落としてしまって、画面にヒビが入ったり、割れてしまったりする事故です。
なので、端末の故障は、落下事故を防ぐのが一番重要になってきます。
そして、端末の落下を落下させても、

  • ケースで端末の側面をしっかりカバーする
  • ガラスシートで画面を保護する

の二つの対策で画面割れはかなりの確率で防ぐことが可能です。
実際、私も何度もスマホを落としてヒヤっとすることがありますが、画面割れや本体が破損したことは一度もありません。
ポイントは、ディスプレイの保護シートは100均のものではなく、ちょっと高めのガラスシートを利用することです。
ちょっと高めといっても、2,000円〜3,000円くらいのもので十分です。
ガラスシートがちゃんとしていれば、側面をカバーするケースは意外と100均のものでも大丈夫だったりします。
つまり、合計たったの3,000円くらいのガラスシートとカバーを揃えるだけで、端末保証のオプション料を節約することも全然可能なわけです。
ちょっと不安に思われるかもしれませんが、ディスプレイの破損がガラスシートで守られていると思うと、後は注意するのは、水濡れだけです。
注意するポイントが水濡れの一点に絞られてくると、意外と事故を起こしてしまう確率が減ってくるものです。

というわけで、高額な端末保証には入らずに、ガラスシートやカバーでしのぐのが、一番オススメの方法です。

また、mineo(マイネオ)では一応、交換機の貸出はあるものの、修理後に、

  • 修理に出す時:故障端末→交換機にデータ移行
  • 修理完了後:交換機→故障端末にデータ移行

データ移行が2回が必要です。
全部のデータを二回も移し替えるのは結構大変なので、端末保証は結局のところ不要だと思います。
ディスプレイの保護シートと、カバーを装着しておけば、よほどのことがない限りガラスが破損したりはしませんし、最悪、水没や紛失をしてしまったら、新しいスマホを購入すれば良いからです。

mineoの対応機種で端末保証は付けるべきかの要点整理
  • mineoの対応機種購入時には、端末保証オプションは不要
  • 修理・交換手続きを申請すると、故障品⇒代替え機、代替え機⇒故障品に、データ移行が必要なため、手間が多い
  • 壊れないようにガラスシートやカバーを付けるのがオススメ

mineoで対応機種を使い始めるまでの流れ

mineoで対応機種を使い始めるまでの流れは、以下のようになります。

  1. 動作確認済み端末の確認
  2. SIMロック解除の手続き
  3. SIMカードサイズの確認
  4. オンラインストアで申し込み
  5. 到着後に利用開始

mineo(マイネオ)の動作確認済み端末になっているかや、SIMカードのサイズの確認が終わって、オンラインストアで申し込みをすれば、申込日の3〜4日後には、mineo(マイネオ)のSIMカードが到着して、すぐに使い始められます。

動作確認済み端末の確認

まずは、利用しようとしている機種が、mineo(マイネオ)で動作確認済み端末になっているかを確認しましょう。
以下の持ち込み端末チェッカーを利用すると、スマホに使えるSIMカードのサイズや、電話・ネット・SMS・テザリングが使えるかどうかを確認することができます。


【出典】持ち込み端末チェッカー

SIMロック解除の手続き

mineo(マイネオ)で他社のスマホを利用する場合、どの通信キャリアの端末を利用するかによって、SIMロック解除が必要かどうかが以下のように変わってきます。

  • ドコモスマホ⇒Dプラン利用時は、SIMロック解除不要
  • auのスマホ⇒auVoLTESIM利用時は、SIMロック解除必要
  • ソフトバンクのスマホ⇒D/Aプラン利用時、どちらもSIMロック解除必要
  • SIMフリーのスマホ⇒D/Aプラン利用時、どちらもSIMロック解除不要

ドコモやSIMフリーのスマホを、mineo(マイネオ)で利用する場合、SIMロック解除は不要です。
しかし、auのスマホをmineo(マイネオ)で利用する場合は、SIMロック解除が必要なので注意しましょう。
通信キャリアごとのSIMロック解除の条件や方法をまとめると以下のようになります。

■ドコモ

条件
  • 分割払いで機種を購入:機種購入日から100日が経過した日より
  • 一括払いで機種を購入:機種購入日よりSIMロック解除可能
    ※ただし、同回線でSIMロック解除申請をした日から100日以上経過している必要がある
解除方法
  • Mydocomo(費用:無料)
  • 電話:151(費用:3,000円)
  • ドコモショップ(費用:3,000円)

■au

条件

端末購入から101日後以降解除方法

解除方法
  • auお客さまサポート(費用:無料)
  • auショップ(費用:3,000円)

■ソフトバンク

条件

端末購入から101日後以降解除方法

解除方法
  • MYSoftbank(費用:無料)
  • ソフトバンクショップ(費用:3,000円)

SIMカードサイズの確認

mineo(マイネオ)のSIMカードは、AプランはauVoLTE対応SIM/nanoSIM/microSIM、DプランはnanoSIM/microSIM/標準SIMから選択します。
他社端末を利用する場合、SIMカードのサイズを間違うと、スマホにSIMカードが入らず、動作しません。

  • iPhone→nano
  • Android→micro

というパターンが多いですが、Androidは機種によってnanoSIMもしくはmicroSIMか違うので、注意してください。
SIMカードを間違うと、SIMカードの再発行手数料3,000円が発生してしまいます。
端末側の準備ができたら、申し込みの前にSIMカードサイズの確認をしておきましょう。

オンラインストアで申し込み

端末・SIMカードの確認ができたら、オンラインストアから申し込みをしましょう。
申し込みの大まかな流れは、以下のようになります。

  1. SIMのみ/SIM+スマホセットかを選択
  2. 音声通話SIM/データSIM(SMSあり)/データSIM(SMSなし)を選択
  3. 新規契約/MNPを選択
  4. 料金プラン(1GB/3GB/6GB/10GB/20GB/30GB)を選択
  5. SIMカードサイズ(nano/micro/auVoLTEnano)を選択
  6. オプション(端末保証/留守電など)を選択
  7. 登録者情報(氏名・生年月日・住所、クレジットカード情報など)を入力

SIMや、料金プランなどどれを選んでも、到着日数は変わりませんが、特に住所の入力は慎重に行いましょう。
住所は、本人確認書類に記載されている内容と全く同じように入力するのが、申込み不備(審査落ち)しないコツです。

  • 本人確認書類の住所:1-4-4 401号室
  • 申込み時に入力した住所:1-4-4401号室

と、番地と部屋番号の間にスペースがないというだけでも、申込み不備になってしまうことがあります。
電話番号が入っているSIMカードを、別住所に送ってしまってはいけないということで、mineo(マイネオ)側も、住所については特に厳しくチェックすると言われています。
スペース一つを省略しただけで、イチから申込みし直しになってしまうのも面倒なので、特に住所については気をつけて入力してください。

到着後に利用開始

通話SIMの到着までにかかる日数は、申し込み日を除いて2〜3日程度です。
申し込みから到着までの流れは以下のようになります。

  • 当日:申し込み
  • 当日〜1日後:審査
  • 1日後〜2日後:発送
  • 3日後〜4日後:到着

mineo(マイネオ)の通話SIMを申し込むと、当日もしくは翌日中に審査が行われます。
mineo(マイネオ)の審査は土日も含めて毎日行われているため、平日に申し込みをしても、土日に申し込みをしても到着日数は変わらないです。
午前中に申し込みをすれば、審査とSIM・スマホの発送を当日中にしてくれると、最短翌日に到着する可能性もあります。
実際私も午前10時ごろに申し込みを完了して、翌日15時ごろに到着したので、早く受け取りたい方は職場や出先から、午前中に申し込みをしておくと、早くmineo(マイネオ)を使い始められます。
申し込みが終わったら、3〜4日後に、SIMカードが到着するので、同梱の説明書に沿って設定を行えば利用開始ができます。

一番おトクなmineoの申し込み先はこちら

mineoで対応機種を使い始めるまでの流れの要点整理
  • mineoで対応機種を使い始めるまでの流れは、動作確認済み端末であることを確認⇒必要に応じてSIMロック解除⇒SIMカードのサイズを確認⇒申し込み⇒到着後に利用開始というステップ
  • SIMカードサイズやAプラン/Dプランを間違えると、変更する際に手数料がかかるので、申し込み時には注意する

mineoの対応機種の設定方法

mineoの対応機種の設定方法は、auプラン/ドコモプラン共通で、いずれも、開通手続き⇒APN接続設定という順に手続きを行うと、電話もネットも使えるようになります。

開通手続きの方法

auプランの開通手続の方法は、9:00~21:00の間にマイページから行うというものです。

  1. マイページにアクセス
  2. 「eoID」「eoIDパスワード」を入力して、「ログイン」をクリック
  3. 「登録情報の変更・サポート」から「MNP転入切替/回線切替手続き」を選択

と進むと、以下の画面が現れます。

SIMカード台紙記載の「ICCID/製造番号」の下4桁を入力後、「回線切替」をクリックして完了を押します。
すると、申し込みの際に登録したメールアドレスに「回線切替受付メール」が送られてきます。
メール受信後、30分程度で回線切り替えが完了するので、端末の電源を入れて、テストコール「111」(通話料無料)をダイヤルしてください。
ガイダンスが流れたら、切替手続は完了です。

「ICCID/製造番号」は、SIMカード台紙に記載されています。
SIMカードに記載のICCID/製造番号と、マイページで表示されているICCID/製造番号が異なっていないか確認するようにしてください。

APN接続設定の方法

開通作業が完了したら、APN接続設定を終えれば、インターネットに接続することができるようになります。
APN接続設定はAndroid/iPhoneでそれぞれ方法が異なります。

■Androidの場合

Androidを利用する場合も、まずはSIMカードをAndroidの本体に挿入します。
Androidの場合は、iPhoneのようにクリップや画鋲は不要で、手でだけでSIMカードを挿入することができます。

AndroidのAPNの設定は、設定画面からAPN情報を入力することによって行います。そして、[その他の設定] >[モバイルネットワーク]>[アクセスポイント名]>○○○>[新しいAPN]>[アクセスポイントの編集]と進み、下記の項目を設定します。

  • APN(アクセスポイント)mineo.jp
  • ユーザー名 mineo@k-opti.com
  • パスワード mineo
  • 認証タイプ:CHAPを選択

APNの設定、MMSの設定の各項目を入力し終わったら、右下の○○○のボタンを押して、保存を押せば完了です。

■iPhoneの場合

iPhoneの場合は、まず上記のようにSIMカードをiPhoneの本体の右側に、差し込みます。
先端の尖ったクリップや画鋲のようなもので、iPhone本体の側面を押して、SIMカードのトレイを出して、SIMカードを挿入しましょう。
そして、iPhoneを起動したあとに、WiFiに接続後、Safariブラウザを開いて、こちらのAPN設定用の構成プロファイルをインストールすると、iPhoneがネットや電話が使えるようになります。

mineoの対応機種の設定方法の要点整理
  • mineoはAプランもDプランも開通の受付時間は9:00-21:00
  • 回線切替をすると、「回線切替受付メール」を受信後、30分程度で回線切り替えが完了する
  • 回線切替が完了すると、今利用中の携帯電話は利用停止となる

mineoに乗り換え後のデータ移行の方法

mineoに乗り換え後のデータ移行の方法は、AndroidはGoogleアカウントで同期、iPhoneはiTunesで行うというものです。
Android、iPhoneそれぞれのデータ移行の方法について見ていきたいと思います。
SIMカードのみの契約で端末が変わらない場合はデータ移行は不要ですが、機種変更をする場合は、データ移行が必要になるので、参考にしてみてください。

Androidの場合

mineoに乗り換え後のAndroidのデータ移行の方法は、Googleアカウントで行います。

  • 古い機種:Googleアカウントにログインした状態で、データをGoogle上のサーバーにバックアップ
  • 新しい機種:同じGoogleアカウントでログインして、Google上のバックアップデータを復元

という手順で行えば、データ移行は完了です。
保存されるデータは、Chromeブラウザの設定/ブックマーク、Gmail、アプリデータ、カレンダー、Googleドライブ、連絡先情報といったデータです。
iPhone同様、基本的には写真とLINEのデータ以外は、以下の方法でバックアップを取ることが可能です。

利用中のスマホのホーム画面>[メニュー]>[設定]>[アカウント]>[Google]とタップします。
そして、アカウント欄に、利用中のGoogleアカウント(Gmailアドレス)が表示されるので、同期(保存)するGoogleアカウント名をタップします。
バックアップを取りたいデータにチェックを入れると、スマホ本体に保存されているデータが、Googleのサーバー上に保存されます。

iPhoneの場合

mineoに乗り換え後のiPhoneのデータ移行の方法は、iTunesで行います。

iPhoneの電源ケーブルをパソコンにつなぐと、自動的に以下のiTunsが起動します。
そして、バックアップという項目の中の左側にある「このコンピューター」にチェックを入れて、右側にある「今すぐバックアップ」というボタンを押します。
利用中のiPhoneのすべてのデータがバックアップされます。
音楽データなど、iCloudではバックアップできないデータも、iTunesならパソコン上に保存することができます。

バックアップが終わったら、新しいiPhoneをパソコンに繋いで、iTunesを立ち上げます。
バックアップの項目の中の「今すぐバックアップ」の横に、バックアップを復元というボタンがあるので、そこをクリックすれば、データ移行完了です。
iCloudのように、写真や動画は別で移行する必要もないので、手間も全然かかりません。
iCloudはパソコンを持っていない方のための簡易的なデータ移行で、それに比べるとiTunesは完全版のデータ移行の方法です。
パソコンをお持ちの方は、iPhone⇒iPhoneのデータ移行は、iTunesでやるのがオススメです。

mineoに乗り換え後のデータ移行の方法の要点整理
  • Androidは、Googleアカウントの同期ボタンを押しておくと、機種変更した後も、同じGoogleアカウントでログインすればデータ移行は簡単にできる
  • iPhoneはiTunesでデータ移行をすると、全データがそのまま新しいiPhoneに移せる

mineoの最低利用期間

mineo(マイネオ)の最低利用期間は、音声通話SIM/データSIMともになしです。
ただし、音声通話SIMについては、利用開始月から13カ月以内のMNP転出は手数料11,500円が発生します。

音声通話SIMの場合

mineoの音声通話SIMは最低利用期間はなしです。
ただし、MNP転出をする場合については、契約月を含めて13ヶ月間以内に行うと、違約金が発生してしまうので、注意してください。

データSIMの場合

mineoのデータSIMは最低利用期間はなしです。
なので、データ通信専用SIMは、契約後すぐに解約をしても、解約違約金はかかりません。
ただ、音声通話SIM、データ通信専用SIMどちらを利用するかに関わらず、以下の初期費用がかかります。

  • 契約時の初期費用(事務手数料):3,000円
  • SIMカード準備料:294円

なので、データ通信専用SIMであっても、契約してすぐ解約すると、初期費用+SIMカード準備料294円が発生することになります。
データSIMは、最低利用期間も解約違約金もありませんが、契約時に費用が発生する点に注意してください。

一番おトクなmineoの申し込み先はこちら

mineoの最低利用期間の要点整理
  • mineoの音声通話SIMは解約違約金はかからないが、契約から12ヶ月以内にMNP転出をすると転出手数料がかかる
  • データSIMについては解約違約金はかからない

mineoをより便利に使う方法

mineoをより便利に使う方法を詳しく見ていきたいと思います。
というのもmineoは、無料で使えるサービスが豊富なので、契約後はぜひ設定や登録をしておいた方がよいものが結構あるからです。

  1. mineoアプリで通話料を半額にする
  2. mineoスイッチで通信量を節約する
  3. マイネ王登録・eoID連携で1GBを貰う
  4. フリータンクで毎月1GBを貰う
  5. カバー・シートをAmazonや100均で買う

についてそれぞれ解説していきます。

mineoアプリで通話料を半額にする

mineoをより便利に使う方法としてオススメなのが、mineoアプリという通話料を半額にするというものです。
mineoでんわアプリとは、iPhone/Androidのスマホで利用できる通話アプリのことで、通話料が通常の電話の半額で済むようになります。

  • 電話番号:090/080/070の電話番号がそのまま発信できる
  • 通話料:30秒=20円
  • 利用条件:mineoの通話SIMに契約し、mineoでんわに申込み

格安SIM(MVNO)は、通話料が30秒=20円と高く、あまり気軽に電話ができないのが弱点だったりしますが、mineoでんわアプリを利用すると、30秒=10円と通話料が節約になるんです。
また、通話アプリというと、通話料が半額になっても、電話番号が050に変わってしまうサービスもありますが、mineoでんわアプリの場合、090/080/070の電話番号でそのまま発信できるというのがポイントです。

mineoスイッチで通信量を節約する

mineoをより便利に使う方法として次にやっておきたいのが、mineoアプリという通話料を半額にするというものです。
mineo(マイネオ)の場合、下記「mineoスイッチ」というアプリで、今月残りどれだけのデータ量が使えるかを確認できて、アプリの画面の下にある「mineoスイッチ」をONにすると、自動的に200kbpの低速モードに切り替わります。
この低速モードの状態で、ウェブサイトやLINEを使えば、月々のデータ容量を一切使うことなく、スマホが使えます。

マイネ王登録・eoID連携で1GBを貰う

mineo(マイネオ)契約後に利用できるマイネ王に無料会員登録して、マイページからマイネ王のアカウントとeoIDを連携すると、1GBが無料でもらえます。
余ったデータ容量は繰り越しもできるので、少ないデータ容量のプランでも、たくさんパケットが利用できます。

フリータンクで毎月1GBを貰う

mineo(マイネオ)にはフリータンクといって、毎月1回1GBまでパケットを無料でもらえるサービスもあります。
フリータンクは、毎月21日〜月末の前日の間に、パケットを1GBもらえるサービスで、mineo(マイネオ)契約者の方ならどなたでも利用することができます
2017年2月21日より、フリータンクの累計OUT量が累計IN量以上の方の場合、残容量が1,000MB以下でないとOUTできないようにするというルールが出来ましたが、速度制限を受けている状態であれば、毎月21日〜月末の末日の間であれば、無料でデータをチャージできるので、ぜひ利用しましょう。

mineo(マイネオ)は、他の格安SIMに比べて、データを追加する方法が豊富です。
パケットギフトやフリータンクを使えば、格安(もしくは無料)でデータをチャージできます。
速度制限を受けても、そこまでお金をかけずに通信速度をもとに戻せるのはmineoの魅力です。

カバー・シートをAmazonや100均で買う

最後に、端末を新しく買う方は、カバーやシートをAmazonや100均で買うのがオススメです。
mineo(マイネオ)を運営するケイ・オプティコムが提供するeoショッピングモールというところで、アクセサリーを購入することができますが、eoショッピングモールはやや割高です。
iPhoneなら100均で、AndroidはAmazonで基本的にはどの機種もカバーやシートを安く購入することができるので、100均やAmazonで購入する方がオススメです。

mineoをより便利に使う方法の要点整理

  • mineo契約後は、mineoアプリを利用すると通話料が半額になり、mineoスイッチでデータ容量が確認できる
  • また、マイネ王登録・eoID連携で1GBがもらえ、月の下旬になると、フリータンクで毎月1GBが貰える
  • カバーやシートはAmazonや100均で購入がオススメ

mineoのオススメの料金プランは?

最後にmineo(マイネオ)のオススメの料金プランを見ていきたいと思います。
mineo(マイネオ)の料金プランは。以下のようになっています。

■Aプラン

  • 500MB→1,310円
  • 1GB→1,410円
  • 3GB→1,510円
  • 6GB→2,190円
  • 10GB→3,130円
  • 20GB→4,590円
  • 30GB→6,510円

■Dプラン

  • 500MB→1,400円
  • 1GB→1,500円
  • 3GB→1,600円
  • 6GB→2,280円
  • 10GB→3,220円
  • 20GB→4,680円
  • 30GB→6,600円

mineo(マイネオ)ではフリータンクが使えるので、毎月1GBは余分にもらえます。
なので、3GBで契約しても、4GBまでは利用できるわけです。
もう一つ、mineo(マイネオ)ではデータ容量を、たくさん利用するための裏ワザがあります。
その方法とは、パケットギフトというサービスを使って、ヤフオクでデータ容量を買うという方法です。

mineo(マイネオ)のマイページから、データ容量を追加購入すると、150円/100MBです。
つまり、たったの1GBで1,500円を支払うことになります。
しかし、mineo(マイネオ)には、データ容量をこんなに高いお金を払って追加購入しなくても、パケットギフトというお得な仕組みがあります。
パケットギフトは、mineo(マイネオ)を契約している別の方から、余ったパケットをメールやLINEで送りあえるサービスです。

実はパケットギフトは、ヤフオクやメルカリに行くと落札することができます。
たとえば5GBで810円で販売されています。
なので、データ容量が足りなくなっても、安くチャージすることができるので、毎月そこまで大容量のデータを利用しないという場合は、3GBプランでも十分だと思います。

mineoのオススメの料金プランの要点整理
  • mineoではフリータンクで1GB毎月余分にもらえたり、パケットギフトで安くデータチャージが可能
  • したがって、そこまで大容量で利用されない方は3GBでも十分たくさんネットが使える

まとめ

mineo(マイネオ)にはAプラン/Dプランの二つのプランがあり、対応機種(動作確認済み端末)が豊富なのですが、それゆえに、今持っているiPhoneやAndroidがちゃんとmineoのSIMで動作するのか慎重に確認する必要があります。
mineo(マイネオ)の対応機種(動作確認済み端末)についてまとめると、以下のようになります。

  • ドコモの端末⇒DプランでSIMロック解除不要で利用可能
  • auの端末⇒AndroidはAプランで、iPhoneはSIMロック解除後Dプラン/Aプランで利用可能
  • ソフトバンクの端末⇒iPhoneのみSIMロック解除後Dプラン/Aプランで利用可能
  • SIMフリー・セット販売の端末⇒Dプラン/AプランでSIMロック解除不要で利用可能

注意したいのは、AプランのSIMではドコモ/au/ソフトバンク/SIMフリーのすべてのiPhoneでテザリングが利用不可という点です。
なので、auやソフトバンクのiPhoneを使う場合でも、実はAプランではなくDプランのSIMを契約するのがオススメです。
iPhoneについては、auやソフトバンクのiPhoneであっても、SIMロック解除をすればmineoのSIMで問題なく動作します!

iPhone/Androidいずれの場合も、mineo(マイネオ)のSIMを使い始める流れは変わらず、動作確認済み端末であることを確認⇒必要に応じてSIMロック解除⇒SIMカードのサイズを確認⇒申し込み⇒到着後に利用開始というステップで、mineoを使い始められます。
特に、Dプラン⇔Aプランのプラン変更、nano⇔micro⇔標準のSIMカードのサイズ変更については、変更手数料がかかってしまうので、契約時にはプラン(Dプラン/Aプラン)とSIMカードのサイズ(nano/micro/標準)を間違えないように確認してから、mineo(マイネオ)に申込むようにしてください!

一番おトクなmineoの申し込みはこちら