1. ホーム
  2. 楽天モバイル
  3. ≫楽天モバイルの特徴と評判・口コミの徹底分析!

楽天モバイルの特徴と評判・口コミの徹底分析!


サッカーの本田圭佑選手が出演するCMで、楽天モバイルが今大人気になっていますね。
日本のスマホを適正料金にするというキャッチコピーが印象的で、CMを見ない日はないくらいよく流れています。

slide_1

■オンライン限定のキャンペーンがあるおススメの楽天モバイルはこちら

CMを見る限り、なんかスマホの月額料金が安そうというイメージを持つかと思いますが、楽天モバイルの特徴や実際の評判・口コミはいろいろ調べないとわからないかと思います。
特に、最近はたくさんの格安スマホが出てきて、楽天モバイル以外でもYmobile(ワイモバイル)やmineo(マイネオ)などもガンガンCMを入れてきているので、どれがいいのかわからなくなりがちです。
今回は、そんな楽天モバイルの特徴や、ほんとのところどうなのという評判・口コミをまとめていきたいと思います。

楽天モバイルの特徴

では、まずは、楽天モバイルの特徴を解説していきたいと思います。いろんな格安スマホ(MVNO)がある中で、多くの方が楽天モバイルを選んでいる理由が、これからご紹介する特徴人気なためです。その特徴にフィットする方には、楽天モバイルは非常にオススメです。でも、もちろんそうでない方もいらっしゃいます。そのような方向けに、のちほど注意点も解説していきます。まずは、楽天モバイルの特徴から見ていきましょう!

月額料金が大手キャリアから約60%オフ!

まずは、何よりも料金が安いことがポイントです。
docomo、ソフトバンク、auなどの大手キャリアか乗り換えた場合、月額料金が約60%も安くなります。

まず、スマホからみると、通常docomo、au、ソフトバンクなどの大手キャリアのスマホだと、標準的な5GBのプランで月額7,000円程度します。
これが楽天モバイルの5GBのプランだと、月額3,000円程度。
差額がなんと60%オフになって、4,000円も毎月の月額料金が下がることになります。
年間に換算すると、48,000円も安くなります。

次に、ガラケーからの乗り換えだとどうかというと、docomo、au、ソフトバンクなどの大手キャリアのガラケーが月額3,000円程度。
それが楽天モバイルだと、3.1GBプランで月額2,450円。
さすがにスマホで楽天モバイルに乗り換えたときほどのインパクトはありませんが、それでも楽天モバイルのスマホにすると、約20%も月額料金を下げることができます。
ガラケーってなんとなく安いイメージをお持ちの方が多いですが、実は格安スマホだとガラケーより安くスマホが持てるので、人気なのです。

一人で楽天モバイルにしただけでもこれだけ節約できるので、家族でみんなで楽天モバイルにしたら、めちゃくちゃ節約できますね。
なので、最近は家族全員で申し込みをする方も増えています。
楽天モバイルを家族で最大限に活用する方法はこちらにまとめましたので、ご参考にしてみてください。

5分かけ放題オプション

2016年1月に開始した、いわゆる通話し放題プランです。
通話アプリ「楽天でんわ」を利用したかけ放題サービスで、楽天モバイルユーザー限定のサービスとなっています。

楽天でんわを通じての通話で、5分以内の通話が月間何度でも無料という画期的なサービスです。
5分を超えると、30秒10円が掛かってきますが、4分59秒で一回電話を切って、すぐにかけなおせば、月間どれだけ通話しても無料ということになります。

格安スマホというのは、なにが「格安」かというとデータ通信料なんです。
少し難しい話ですが、一定の帯域幅をdocomoやau、ソフトバンクなどのMNOから借りて、そこにdocomo、au、ソフトバンクよりも多いユーザーを詰め込むことで、実効速度は遅くなる代わりに、データ通信量を格安にしています。
なので、通話料は、どの格安スマホ(MVNO)でも、大手キャリアと比べて、そんなに変わらず、むしろ卸契約をしている関係で、若干高くなっているんです。

そんな格安スマホ(MVNO)の事情から、よくあるのはIP電話を活用して通話料が安いですよというパターンです。
ところが、このIP電話だと、電話番号が090や080ではないので使い勝手が悪いのと、110や119などの緊急通報ができません。
楽天モバイルの楽天でんわは、そのようなIP電話ではありません。
プレフィックス型の通話サービスで、通常のスマホと同様に通常に番号で利用できるのに、通話料が定額のプランが誕生したわけです。
格安スマホ(MVNO)業界では、画期的なサービスで、この5分かけ放題オプションは非常に人気があります。

単身赴任で家族と離ればなれで生活している方や、遠距離恋愛しているという方など、通話をよく使う方はまだまだ多いですよね。
LINEやSkypeでもいいですが、そうすると通話料の代わりにデータ通信料が発生してしまいますし、電波も不安定です。
よく通話するという方は、この5分かけ放題オプションがあるという理由だけで楽天モバイルにしても損はないと思います。

docomoの回線なのでエリアが広い

次は、肝心の電波やネットワークです。
いくら楽天モバイルが安いからといっても、実際に使えないと意味がありませんからね。

結論からいうと、楽天モバイルの電波やネットワークは、

  • エリア⇒docomoと同じで広い
  • 速度⇒docomoほどの実効速度は出ないけど、十分な速度がでる

といったところです。

楽天モバイルは、MVNOといって、自社でネットワーク設備をもっていません。
基地局などのネットワークインフラは、全てNTT docomoから借りて共用しています。

ですので、docomoの基地局などのネットワークを利用しているので、エリアはdocomoと全く同じなのです。
docomoのネットワークというと、田舎や山奥など、auやソフトバンクよりもエリアが広いいいイメージありますよね。
楽天モバイルも、この田舎や山奥でもつながるdocomoの最強のネットワークが使えるんです。
エリアについては、ソフトバンクやauよりもはるかに広いのが特徴です。

では、速度はどうかというと、ここは理論値としては下り最大225Mbpsですが、実際はここまでの速度はでません。
通信状況やネットワークの混雑状況によって、実際にでる実効速度は変わります。
格安スマホ(MVNO)が「格安」でデータ通信を提供できているのは、この実効速度がdocomoやau、ソフトバンクと比べると遅くなるためなんです。

遅くなるといっても、3G回線みたいに、全然使いものにならないとかではありません。
普通に動画もできますし、LINE通話もできます。
特に、ネットワークの回線がすいている田舎や山では、めちゃくちゃ快適に利用できるはずです。
逆に、ネットワークの込み合う場所や時間帯は、正直なところ少し実効速度が落ちます。
朝の通勤電車や新宿駅などのターミナル駅などは、人が多く同時に通信するので、基地局が込み合うのです。
そのようなときに、少し遅いなと感じると思います。
それ以外の場所や時間では、ソフトバンク、au、docomoからMNPで乗り換えても違和感はない速さの実効速度がでると思います。

もちろん、docomo、au、ソフトバンクほどではありませんが、そこそこの実効速度ができるので、デザリングでも使えます。
動画や音楽でも余裕です。

ネットワークや電波という観点は、そんなに問題はないといえます。

番号そのままのMNPも可能

楽天モバイルでは、docomoやau、ソフトバンク、他の格安スマホ(MVNO)から番号そのままで乗り換えることができます。

そんなに当たり前じゃないかと思われるかもしれませんが、実は格安スマホ(MVNO)業界では全てがMNPできるキャリアではありません。
たとえば、TSUTAYAのスマホとして人気のトーンモバイルでは、基本プランで使えるのはIP電話のみ。
MNPをしようと思うと、オプションで090/080の番号を付与してもらわないといけません。

最低利用期間が短い

ソフトバンク、au、docomoだと、2年縛りと呼ばれますが、最低利用期間が通常2~3年と長く設定されています。
最低利用期間の途中で解約やMNPをしようと思うと、高い解約金・違約金をとられてしまいます。
これが本当にうざいですよね。

ところが、楽天モバイルでは、この最低利用期間が、

  • 通話SIM⇒12ヶ月
  • データSIM⇒なし

と、非常に短いんです。

たしかに、まだまだ格安スマホ(MVNO)というと、まわりの友人や家族で使っている人がいなかったりして、少し躊躇してしまうかもしれません。
でも、この最低利用期間が短いので、気軽にためしてみることができるんです。
1回使ってみてだめだったら、またソフトバンク、au、docomoなどの大手キャリアに戻るなり、他の格安スマホ(MVNO)にするなりすればいいんです。

楽天スーパーポイントが貯まる

楽天モバイルだと、大手キャリアから乗り換えると、月額料金が約60%オフになると説明しましたが、それ以外にもおトクになる仕組みがあります。
それが、楽天スーパーポイントが貯まることです。

  • 月額料金や楽天でんわの支払100円につき1ポイント
  • 楽天市場でのポイントがずっと2倍

ANAやJALなどの航空会社のマイレージと同様に、気づいたら楽天スーパーポイントが貯まっていたなんてことも。
あとは、楽天市場でよく買い物するひとには、めちゃくちゃありがたいですね。

さらに、加速度的に楽天スーパーポイントを貯めようと思う方は、月々の支払を楽天カードでするという裏ワザもあります。
楽天カードは、キャンペーンで新規加入で5,000ポイントもらえますし、支払の度に楽天スーパーポイントが貯まります。
入会金や年会費が無料なので、出費は一切ありません。
なので、楽天モバイルと楽天カードの組み合わせで、さらに楽天スーパーポイントをためると、さらにおトクになります。

■楽天カードの新規加入で5,000ポイントもらえキャンペーンはこちら

実店舗があるのでサポートもばっちり

格安スマホ(MVNO)は、基本的には実店舗を持たず、オンラインのみということ多いです。
そうすると、実際にスマホを購入したあとで、壊れたときや使い方がわからないときに、どうしようと不安になりますよね。

楽天モバイルでは、全国に店舗があります。
まだ主要都市を中心に、店舗数自体は限られていますが、今後全国に拡大していく予定です。

なので、購入後にわからないことやサポートが必要で、電話のサポートでは不安という方は、この店舗サポートも受けられるので、安心です。

申し込みしやすいオンラインストア

最後は、あまり楽天モバイルの特徴として挙げられることが少ないですが、個人的にはオンラインストアの申し込みがすごくしやすいのが特徴だと思います。
楽天会員ならその情報を使えるので、住所などを再度入力する必要がないですし、申し込みするときにずっとオンラインチャットが使えるので、申し込みをしながらわからないところが聞けます。

もちろん、申し込みをしやすいから楽天モバイルにしようという方はいないかと思いますが、楽天モバイルの特徴としては取り上げてもよいかと思います。
さすが楽天市場などイーコマースの会社が提供しているスマホだけあります。
格安スマホおたくとして、いろいろな格安スマホの申し込みページを見てみましたし、実際に申し込みもしてみましたが、楽天モバイルが一番申し込みしやすいです!

■申し込みがしやすい楽天モバイルの公式オンラインストアはこちら

楽天モバイルの料金プラン

ここまで特徴の説明だったんだけど、やっぱり一番気になるのは料金ですよね。データSIMと通信SIMごとに違うので、解説しておきますね。

音声SIMの料金プラン

まずはじめは、音声SIMの料金プランです。
音声SIMというのは、普通のスマホのSIMと同様、ネットと電話ができるSIMです。
普通にスマホとして楽天モバイルを使いたい方は、この音声SIMをご利用ください。

  • ベーシックプラン⇒1,250円
  • 3.1GBプラン⇒1,600円
  • 5GBプラン⇒2,100円
  • 10GBプラン⇒2,960円

データSIMの料金プラン

次はデータSIMです。
音声通話なんて使わないという方は、こちらのSIMをご利用ください。
音声がない分、音声通話のSIMよりは安くなっています。

【SMSなしプラン】

  • ベーシックプラン⇒545円
  • 3.1GBプラン⇒900円
  • 5GBプラン⇒1,450円
  • 10GBプラン⇒2,260円

【SMSありプラン】

  • ベーシックプラン⇒625円
  • 3.1GBプラン⇒1,020円
  • 5GBプラン⇒1,570円
  • 10GBプラン⇒2,380円

ちなみに、余ったデータは、翌月に繰り越すことができます。
なので、ちょっとおおめのデータプランにしても問題はありませんので、安心してください。

楽天モバイルの注意点

ここまで楽天モバイルの特徴を解説してきましたが、もちろん完璧なキャリアなんてありません。楽天モバイルにも申し込みをする前に注意しておくべきことはあります。評判や口コミに移るまえに、最後に楽天モバイルの注意点を解説しておきます。

音声SIMは最低利用期間12ヶ月の縛りがある

楽天モバイルの特徴のところで解説しましたが、音声SIMのみ12ヶ月縛りがあります。
docomo、au、ソフトバンクなどの大手キャリアの2年縛りと比べると緩いとはいえ、一応12ヶ月以内に音声SIMを解約する場合は違約金を支払わなくてはなりません。
利用期間に関わらず、12ヶ月以内だと9,800を請求されます。

物事はとらえ方次第だと思うのですが、大手キャリアで毎月7,000円を12ヶ月だとちょっと大きいですが、毎月2,000~3,000円の格安な支払なので、仮に12ヶ月続けるとしてもそんなに大きな痛手ではないかと思います。

このへんは、どこのキャリアでもあるので、仕方がないですね。

通常のキャリア同様の通信制限あり

これも楽天モバイルに限ったことではありませんが、毎月の契約したデータ量を超えると、通信速度が制限されます。
その場合、下り最大200Kbpsに低速化し、高品質の動画視聴や重たいファイルのやり取りがスムーズにできなくなります。
100MBあたり300円で、追加の高速通信が購入できますので、どうしても低速に耐えられないときは、追加料金を支払うことになります。

また、直近3日間のデータ通信量の制限もあります。
通常のキャリアだと、3日間で1GBとか、3日間で3GBとかなのですが、楽天モバイルの場合はプランによっ異なります。
プランごとに、

  • 3.1GBパック⇒540MB/3日間
  • 5GBパック⇒1GB/3日間
  • 10GBパック⇒1.7GB/3日間

となっております。
こちらも、この通信量を超えると、直近3日のデータ通信量がそれ以下になるまで通信速度が制限され、低速になります。

通信制限については、よくネットとかで炎上するんですが、それはWiMAXとか大手キャリアなどのデータをたくさん使う人がそもそも契約するキャリアだからです。
格安スマホは、そもそもそんなにデータ通信を激しく使わない人向けなので、これらの通信制限はそんなに影響がないという方が多いかと思います。

楽天モバイルの評判・口コミ

では、ここまでは楽天モバイルとはそもそもなんぞやということで、特徴や人気の理由をみてきましたが、ここからはネット上の評判や口コミを見ていきたいと思います。なんですが、格安スマホって、向く人向かない人がはっきりしていて、評判・口コミも結構バイアスがかかってしまいます。たとえば、通信速度も、ほんとだったら大手キャリアを使うべきなくらいがんがんネットする人からすると遅いでしょうし、逆に普通にスマホでネットサーフィンやニュースをする程度の人からすると十分という評価になります。なので、あくまで参考程度にみてください。

普通につながるし、快適。これが一番不安だったのだが、なんの問題もなかったので満足している。docomoを使っていたときと、全然変わらない。

みんな通信速度やネットワークに不安を覚えつつ、実際に使ってみると普通に使えたという声が多いようです。
docomoを使っていたときと全然かわらないとありますが、普通にメールやネットサーフィン程度ならそうだと思いますし、混みあう時間帯や場所でなければそうだと思います。

お昼時や夕方などは特に遅い。遅い時間帯は、動画をみるのが厳しい。

やはり混雑時はこういった意見がありますね。
これは格安スマホなので、仕方がないです。
どこの格安スマホも同様なので、混んでいる時間帯に快適に使うには、ソフトバンク、au、docomoなどの大手キャリアにしましょう。

WEBサイト閲覧、アプリ、LINE、ゲーム全然問題なくできて満足

込み合う時間帯や場所では、少し実効速度が落ちますが、それ以外ではなんの問題もありません。
LINEやゲームなどのデータ通信が重要なアプリも、余裕です。

楽天モバイルは海外でデータ通信ができないのが不便

海外で通話できないので不便という声が多くありますが、こちらは2016年3月10日から海外でのサービスが開始されます。
世界190ヶ国以上で、ネットやデータ通信ができるようになります。

3日間の容量制限が540MBなので、Wi-Fiがない環境で動画を見たりすると、速度制限されてしまいます。通信制限を受けると、遅くなりすぎる。

このあたりは、楽天モバイルだけでなく、格安スマホ(MVNO)の弱点ですね。
そもそもそんなにヘビーにデータ通信をしたいのでしたら、大手キャリアにするか、WiFi環境を整えるかが必要です。
この部分は、安い分仕方がないと思って、あきらめてください。

Webで簡単に申し込めました。到着後の設定も簡単だったので、特に不満はありません。

やはり、申し込みのページの評判がいいです。
楽天会員の方は、会員情報をそのまま使えますし、そうでなくてもわかりやすい申し込み画面です。
到着後の設定もアプリがあるので、簡単ですね。

サポートは普通につながったし、親切に対応してくれた。メールでの問い合わせにも、すぐに返信がある。

サポートの満足度も高いですね。
電話やメールでもサポートが受けられますが、他に店頭に直接いってサポートが受けられるのも魅力的です。

総合的には、満足しているという方が多いです。
たぶん、いろいろ不満はあるのだと思いますが、月額料金が約60%も安くなれば、仕方がないかという感じなのでしょうか。
コストパフォーマンスでみると、満足度はきっと高いはずです。

楽天モバイルを申し込む際に気になる疑問

まずは一番安いプランにしてあとで変更できる?

データSIM⇔通話SIMの変更はできませんが、データSIM間や音声SIM間での変更は可能です。
まずは、一番安いプランにして、楽天モバイルを試してみるのもよいですね。
逆に、楽天モバイルでは初月の月額料金が無料なので、最初に一番高いプランにしておいて、使う量を見て下げるというのでもよいかもしれません。

オンラインで購入しようと思うけど、設定は大変?

SIMカードをさして、APNを設定する作業がありますが、対して難しくありません。
アプリを使って設定できるので、以下のサイトを参考に簡単にできますよ。

■アプリを使ったAPN設定方法

オンラインと店頭でどっちで申し込みするのがおトク?

絶対にオンラインでの申し込みをオススメします。
というのは、

  • オンラインでしかないキャンペーンがあるときがある
  • 接客を受けなくてすむ
  • 24時間365日申し込みが可能
  • 都市部しかない頭まで行く手間がかからない

などの理由です。

「スマホをオンラインで申し込みするのって、なんか慣れない」

という方もいらっしゃると思いますが、今はみんなオンラインで申し込みしています。
本人確認書類もスマホで撮影してそのままアップロードできますし、楽天会員の方は会員情報も使えるので、簡単です。
ぜひこれを機にオンラインストアにトライしてみてください。

支払いはクレジットカードだけ?

基本的にはクレジットカードだけですが、クレジットカードをお持ちでない方は、デビットカードによる申し込みにも対応しています。
詳しくは、こちらの記事にデビットカードで格安スマホを申し込みするのに必要な情報を全てまとめましたので、ご参考にしてください。

まとめ

以上が楽天モバイルの特徴、評判や口コミになります。
今シェア急拡大中の人気の楽天モバイルなだけあって、総合的に満足度は高い格安スマホという評価を得ています。

繰り返しになりますが、もちろん格安スマホに向かない方もいます。
データをすごく使う方や、通勤ラッシュ時などの混雑する時間帯に快適にネットをしたい方など、使い方がフィットしない方は、大手キャリアにされることをオススメします。

そうではなく、少しくらい不便はあっても、月額料金が約60%オフになる方がよいという方は、楽天モバイルは十分満足できると思います。

一番おトクな楽天モバイルの申し込み先はこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。