1. ホーム
  2. モバイルWiFiルーター
  3. ≫WiMAX(ワイマックス)を口座振替で契約できるプロバイダーは?申し込みにクレジットカードが不要なので大丈夫

WiMAX(ワイマックス)を口座振替で契約できるプロバイダーは?申し込みにクレジットカードが不要なので大丈夫


WiMAX(ワイマックス)は、口座振替で契約できるプロバイダーがあります。
口座振替なら、クレジットカードは不要で、毎月銀行の口座からの引き落とされていきます。
何らかの事情でクレジットカードを持っていない方でも問題ありません。

SAYA160312050I9A3455_TP_V1 (1)

⇒クレジットカード不要で口座振替ができるUQ WiMAXの申し込み先はこちら

最近はクレジットカードの審査もゆるく、多くの方がクレジットカードを保有しているため、クレジットカードでしか申し込みできないという通信キャリアも出てきています。
そんな状況の中、何等かの事情でクレジットカードの審査が通らない方や、学生さんや留学生などクレジットカードを持っていない方は、インターネットやスマホの回線を申し込みするときに不便に感じることが多いですよね。

クレジットカードを持っていないと、取りうる選択は、

  • 口座振替
  • デビットカード

しか選択はないです。
今回は、このうちの口座振替について、口座振替でWiMAX(ワイマックス)が申し込みできるのか、できるプロバイダーはどこかなどを解説していきたいと思います。

口座振替ってなに??

まずは、口座振替ってなに?って方のために、口座振替とは何かを解説していきます。
口座振替くらいはさすがに知っている方も多いかもしれませんが、意外と口座振替と口座振込みの違いがしっかり理解されていない方多いので、詳しく解説しましょう。

口座振替とは、つまり毎月の通信料金や光熱水費、家賃など定期的に支払う額を、定期的に自分の銀行口座から引き落とすことをいいます。
毎月ATMやネットバンクで指定の振込み先に振り込み指示をするのはめんどくさいですよね。
そこで、あらかじめ登録しておいた銀行口座に一定の金額が毎月自動的に振り込まれていきます。

ちなみに、よくこんがらがる単語に「銀行振り込み」というのもあります。
この銀行振り込みは、毎月特定の銀行口座に一定の金額を自動的に振り込みするのではなく、振り込みたい金額を振り込みたい時期に都度指定する送金のことを言います。

  • 口座振替⇒「口座自動振替(口振、自振)」とも呼ばれ、銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合などの金融機関の預金(貯金)口座から、毎月の支払いを自動引落しするサービス
  • 口座振込み⇒送金方法の一種。金融機関に開設された預貯金口座に宛てて、金銭を払い込むサービス

つまり、口座振替は毎月自動的に引き落としてくれるのに対して、口座振り込みは自分で必要な時に振り込みの手続きをしないといけません。

WiMAX(ワイマックス)では、この口座振替に対応しているため、毎月の月額料金の引き落としを、自分の口座から行うことができます。
そうすると、クレジットカードはいりませんよね。
なので、クレジットカードを持っていない人でも、WiMAXに申し込みすることができるんです。

口座振替ができるWiMAXのプロバイダー

WiMAX(ワイマックス)ではクレジットカードがなくても、口座振替で毎月の月額料金を支払えます。
ただし、すべてのWiMAXのプロバイダーで口座振替ができるわけではありません。
ここでは、口座振替ができる代表的なWiMAXをご紹介していきます。

ちなみに、WiMAXは、本家本元のUQコミュニケーションズが提供するUQ WiMAX以外にも、GMOやニフティなど様々な会社がWiMAXをプロバイダーとして提供しています。商品としてのワイマックスに違いはありませんが、契約内容や月額料金は違います。なので、口座振替のできるワイマックスのプロバイダーと、口座振替のできないワイマックスのプロバイダーがあるわけです。

UQ WiMAX(UQコミュニケーションズ)

まずは、本家本元のUQ WiMAXです。
こちらは、本家本元なので、一番口座振替の審査も緩く、ワイマックスを口座振替で契約するなら一番オススメです。

  • 支払い方法:クレジットカード(VISA、Master、JCB、Diners、American Express)、口座振替、デビットカード
  • 口座振替の手数料:0円(但し払込用紙による支払いの場合、月額100円の窓口支払手数料が必要)
  • 口座振替の場合の振替日:毎月26日(金融機関休業日の場合は翌営業日)です。
  • 口座振替のWeb申し込み:OK
  • 提出書類:預金口座振替依頼書、本人確認書類のコピー(ワイマックスの本人確認書類とアップロード方法はこちら)
  • 申し込みから利用開始までの期間:約2週間
  • 初月料金:日割り

私の印象ですが、やはり本家本元のUQコミュニケーションが提供しているので、一番口座振替の審査が柔軟で迅速な印象です。
口座振替による申し込みの流れとしては、

  1. 申込
  2. 口座振替用紙が送られてくる
  3. 口座振替用紙を返送する
  4. 口座振替用紙を受付てもらう
  5. 機器が発送される
  6. 機器が手元に到着
  7. 利用開始

という感じで、申し込み後に口座振替用紙が送られてきて、それを記入して返送して最終的に申し込みが完了します。
この一連のやり取りに、大体2週間程度かかります。

UQ WiMAXの口座振替はこちら

ちなみに、私もこのUQ WiMAXを使っています。
WiMAX(ワイマックス)の口コミ・評判と実際に購入した感想はこちらです。

@nifty WiMAX

次はnifty(ニフティ)が提供する@nifty WiMAXです。
初月無料なので初期費用が安いのとキャッシュバックが高いことがあるので、人気です。

  • 支払い方法:クレジットカード(VISA、Master、JCB、Diners、American Express)、口座振替、デビットカード
  • 口座振替の手数料:200円
  • 口座振替の場合の振替日:毎月27日(金融機関休業日の場合は翌営業日)です。
  • 口座振替のWeb申し込み:OK
  • 提出書類:口座振替依頼書
  • 申し込みから利用開始までの期間:約2週間
  • 初月料金:無料

ただし、@nifty WiMAXはいろいろめんどくさい条件があり、

・2014年1月より口座振替決済管理費として200円/月(税抜)
Wi-Fiモバイルルーター+タブレット端末セットをお申し込みの場合、お支払い方法はクレジットカード決済

など注意が必要です。

@nifty WiMAXの口座振替はこちら

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXもキャッシュバック額が大きいことと、端末代実質0円が人気のワイマックスです。
こちらもインタネットの大手BIGLOBEが提供しているので、安い割には安心できます。

  • 支払い方法:クレジットカード(使用できるブランドは下記参考)、口座振替、デビットカード
  • 口座振替の手数料:200円
  • 口座振替のWeb申し込み:OK
  • 提出書類:支払方法登録申込書
  • 申し込みから利用開始までの期間:約2~3週間
  • 初月料金:無料

実は口座振替ができることも便利なのですが、利用できるクレジットカードのブランドが多いことも便利です。
あと、もちろんデビットカードも使えるので、支払い方法には非常に柔軟と言えます。

【利用できるクレジットカード】

VISA、JCB、DC、UC、NICOS、UFJ(MUFGカード)、AMEX、DinersClub、オリエント、セゾン、セディナ(OMC)、楽天KC、セディナ(CF)、ティーエスキュービック、AEON(イオン)、UCS、ライフ、JACCS(ジャックス)、マスターカード、NTTグループカード、エポスカード

BIGLOBE WiMAXの口座振替はこちら

Broad WiMAX

Broad WiMAXは、違約金なしでの乗り換えができる点が安心で人気のワイマックスです。
株式会社LinkLifeが提供しています。

  • 支払い方法:クレジットカード(VISA、Master、JCB、Diners、American Express)、口座振替、デビットカード
  • 口座振替の手数料:200円
  • 口座振替の場合の振替日:毎月27日または3日
  • 口座振替のWeb申し込み:OK
  • 提出書類:口座振替申込書、ライフペイメント入会申込書、本人確認書類
  • 申し込みから利用開始までの期間:約2週間~
  • 初月料金:日割り
Broad WiMAXの口座振替はこちら

口座振替NGのプロバイダー

ここまでは、口座振替で契約できる4つのプロバイダーを紹介してきましたが、もちろん口座振替で申し込みできないプロバイダーも多くあります。
やはり毎月の支払いをクレジットカードのみに一本化して、できるだけコストカットをして、月額料金の割引やキャッシュバックをしているプロバイダーがあります。
スマホでいう、格安スマホみたいなところですね。

たとえば、

あたりは、月額料金の安さやキャッシュバックの高さで好評のプロバイダーですが、やはり口座振替はできず、クレジットカードでのみ申し込みができます。
もしくは、どうしてもクレジットカードを持っていないけど、この月額料金が安かったり、キャッシュバックの多いプロバイダーに申し込みたいという場合は、口座振替同様のデビットカードでの申し込みは可能です。

■WiMAX(ワイマックス)をデビットカードで申し込みする方法はこちら

口座振替のデメリット/注意点

ここまで口座振替でクレジットカードなしでも契約できるWiMAX(ワイマックス)のプロバイダーを紹介してきました。でも、実際のところ、口座振替よりもクレジットカードを使っている人が多いのは事実です。その理由をここでは解説していきましょう。

WiMAX(ワイマックス)に口座振替で申し込みすると、クレジットカード申し込みにはないデメリットや注意点があります。
具体的には、

  • 口座振替手数料が発生(200円~300円程度)
  • 口座振替の審査がある
  • 口座振替開始まで1~2ヶ月かかる
  • 家電量販店などでは口座振替では契約できないプロバイダーがあるので、オンラインでの契約が必要

などです。
どうしてもクレジットカードを作れない事情がある方(金融ブラック、クレジットカードを信用していない)などは仕方がありませんが、わざわざ口座振替にするだけで毎月手数料取られるなんてばかばかしいです。

できればクレジットカードを作る方がお得!

そこで、口座振替には、クレジットカード支払いではないデメリットや注意点があるため、正直クレジットカードが作れるならクレジットカードを作った方がよいかと思います。

特にWiMAX(ワイマックス)におススメしているのは、

です。
なぜかというと、

  • 年会費無料で申し込み無料なのに、申し込みするだけでポイント
  • 毎月の支払でポイントが貯まる

からです。

つまり、年会費も申し込みにも費用が掛からないのに、ただ単にクレジットカードを作るだけで、

がもらえます。
一応、キャンペーン期間によってもらえるポイントが違うので、上記のサイトに行って確認してください。
一年を通して変動はしますが、大体5,000円分相当から7,000円分相当のポイントがもらえることが多いです。
楽天の場合は楽天スーパーポイントで、YJカードの場合はTポイントでもらえます。
ただただカードを作るだけでポイントがもらえるので、実質的にはキャッシュバックが5,000円~7,000円増えるイメージですね。
しかも、これに加えて、毎月の支払で楽天スーパーポイントやTポイントが貯まります。

楽天カードとYJカードのどちらがいいのかは難しいところですが、2通りの考え方があるかと思います。まずは、どちらかタイミングによって初期に貰えるポイントが多い方を作ることです。その方が、もらえるポイントが多いので、実質的にはおトクになります。もしくは、楽天カードは楽天スーパーポイント、YJカードはTポイントが貯まっていくので、普段どっちのポイントを貯めているかで選ぶ方法もあるかと思います。

どちらもそんなに審査が厳しいというカードでもないので、申し込みしてみる価値はあるかと思います。

デビットカードという選択もあり!

次に、それでも金融ブラックやどうしてもクレジットカードを信頼していないなどの理由がある方は、口座振替以外にもデビットカードという選択もあります。
デビットカードは、クレジットカードではなく、キャッシュカードとクレジットの中間みたいなものです。
ただし、クレジットカードみたいな後払いではなく、決済の時に銀行口座から自分の預貯金の額の範囲の金額が引き落とされるので、審査がありません。
イメージとしては、その場で「キャッシュカードでお金を引き出して支払う」という行為を、クレジットカード見たいに番号を入れたり、機会で読み取るだけでできるようなものです。

詳しくは、

■WiMAXや格安スマホ(MVNO)をデビットカードで申し込みする方法はこちら

にまとめてあるので、読んでみてください。

まとめ

今回は、WiMAX(ワイマックス)をクレジットカードではなく、口座振替で申し込みができるのかを解説してきました。
一部の大手プロバイダーでは、クレジットカードがなくても、口座振替で申し込みができます。
ただし、余計な審査や申し込みまでの期間が掛かったり、場合によっては手数料がかかります。
なので、クレジットカードを作るというのも選択肢としてはよいかと思います。
また、クレジットカードがどうしても作れない方には、デビットカードという選択肢もあります。

一番おトクなWiMAXの申し込み先はこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。