1. ホーム
  2. UQモバイル
  3. ≫UQモバイル(UQmobile)のベストな申し込みタイミングは?初月は日割りなので月末と月初のどちらの利用開始でも同じは嘘!

UQモバイル(UQmobile)のベストな申し込みタイミングは?初月は日割りなので月末と月初のどちらの利用開始でも同じは嘘!


実はUQ(UQmobile)の初月のベストな申し込みタイミングは、月初ではなく月末がいいんです!
たしかに初月の月額料金は日割りなので、いつ申し込んでも一緒だと考えがちなのですが、データ通信容量が翌月に持ち越せることを考えると、実は月末がベストです!

一番おトクなUQモバイルはこちら

UQモバイル(UQmobile)に乗り換えたいと思っても、どのタイミングで申し込むのがベストなタイミングなのかイマイチよく分からず、めんどくさくなって、つい適当なタイミングで申し込んでしまいがちです。
もちろん、それでも対して損をするわけではないので問題ないですが、どうせ申し込みするなら、1円でも損をしたくないという方もいらっしゃるかと思います。
そのような方は、月末申し込みが絶対におすすめです。
日割りなら、月初だろうと月末だろうと、いつ申し込んでも一緒じゃないんです。

今回は、UQモバイル(UQmobile)のベストな申し込みタイミングについて解説していきたいと思います。

UQモバイルの初期費用・初月にかかるコスト

まずは、UQモバイル(UQmobile)の初期費用と、初月にかかるコストについて解説していきます。
初月だけは、通常の月額料金の他に、いろいろな費用がかかります。

まず、UQモバイル(UQmobile)の初期費用は、

  • SIMパッケージ料金の3,000円(税別)
  • 端末機種代(新しく購入する場合)
  • 月額料金

が必要となります。
当たり前ですが、初月のみ月額料金だけじゃないんですね。

SIMパッケージ料金(事務手数料)

SIMパッケージ料金というのは、いわゆる初期事務手数料のことです。
UQモバイル(UQmobile)では、このSIMパッケージ代金に3,000円(税別)かかります。
SIMパッケージ代金は、最初の月額料金と合算して請求されます。

【参考記事】UQモバイルを2,000円安くする裏ワザを公開!エントリーコード(エントリーパッケージ)で事務手数料無料にする方法

ちなみに、この事務手数料は、エントリーコードをAmazonで購入することで、無料になります。
もちろん、エントリーコード代が必要なのですが、それでも購入した方が2,000円程度節約できます。

⇛事務手数料無料になるエントリーコードはこちら!

ちなみにですが、UQモバイル(UQmobile)のSIMパッケージ料金は、他の格安スマホ(MVNO)と同じ料金です。
どこの格安スマホ(MVNO)を申し込みしても、この事務手数料はかかります。
UQモバイル(UQmobile)に限らず、スマホとかモバイルWiFiルーターとかを契約するときは、事務手数料に3,000円かかるので仕方ないです。
どうしても節約したいという方は、エントリーコードを試してみてください。

端末代金

端末をセット割で購入される方は、端末代金もかかります。
格安スマホ(MVNO)の端末は廉価版の端末なので、XperiaやiPhoneなどと比べて、比較的安いので、一括で購入される方もいらっしゃいますよね。
そうすると、端末代まるまるが初期費用として初月に必要なコストになります。

もちろん、廉価版の端末といいつつ、それでもそこそこの値段なので、端末を分割で購入される方も多くいます。
むしろ、セット販売の端末を購入される方は、こちらの方が主流かもしれません。
その場合は、端末購入アシスト(分割)に申し込むと、初月の分割費用は0円なので、初月には費用はかからないことになります。

転入手数料

UQモバイル(UQmobile)に申し込むとき、MNP転入手数料はかかりません。
MNP転出のときは転出手数料がいるのですが、転入の際には必要ありません。
初回に、SMパッケージ代金という事務手数料をとられるので、MNP転入手数料まで別にとられるとさすがに辛いですよね。
UQモバイル(UQmobile)の初期費用は事務手数料と端末代金のみです。

月額料金

次に、月額料金が月内の申し込みしたタイミングでの日割りで初月に発生します。
UQモバイル(UQmobile)の各プランの月額料金は、端末をセットで購入するケースと、SIMのみのケースでことなります。
それぞれの月額料金は、

端末とSIMカードのセット

  • ぴったりぷらんS(1GB→2GB):1,980円
  • ぴったりプランM(3GB→6GB):2,980円
  • ぴったりプランL(7GB→14GB):4,980円
  • おしゃべりプランS(1GB→2GB):1,980円
  • おしゃべりプランM(3GB→6GB):2,980円
  • おしゃべりプランL(7GB→14GB):4,980円

SIMカードのみの契約

  • データ高速プラン(3GB):980円
  • データ高速プラン(3GB)+音声プラン:1,680円
  • データ無制限プラン(無制限、送受信500Kbps以下):1,980円
  • データ無制限プラン(無制限、送受信500Kbps以下)+音声プラン:2,680円

となっています。
端末セットの料金プランでは、2017年2月22日から1回5分かけ放題のおしゃべりプランが加わり、プランの幅が広がりました。
ぴったりプランとおしゃべりプランは、W増量キャンペーンで、データ通信容量が2倍となっています。
さらに、ぴったりプランに関しては、無料通話分も2倍になっています。

UQモバイルの初月日割りって?

UQモバイル(UQmobile)の月額料金は、初月は申し込みのタイミングで日割りになります。
日割りは、利用した分の料金を日割りで計算され、初月に支払う料金は、利用した日数分だけ請求されます。
例えば、1日から利用し始めたら丸々1か月分請求されますが、25日から利用し始めたら
残り7日分(25日~31日)の分だけが請求されます。

ぴったりプランSで日割計算してみると、もし25日に利用し始めたら、

  • 1,980円÷31日=1日あたり64円
  • 64円×残り7日=448円

なので、初月の月額料金はたったの448円だけとなります。
この月額料金が日割り計算でいうと、初月に関しては月末に申し込んだ方が請求される料金は安くなります。

データ通信容量は日割りではない!

UQモバイル(UQmobile)では、月額料金は日割りになりますが、日割りにならないものがあります。
それが、毎月のデータ通信容量です。
月間3GBとかという、データ通信量は、初月にどのタイミングで申し込みしたからといって、割引になることはありません。

データ通信容量は日割りされないので、月内の日数分のデータ通信容量しか使えないということはありません。
だから、ひと月に3GBの契約をしているのであれば、30日に利用し始めたとしても、3GB分が使えるということです。

「え?でも30日だと、あと1日しかないのに、3GB使い切れないよ!」

という方でも、余ったデータ通信容量を翌月に持ち越せるので、大丈夫です。
だから、仮に2GBが残ってしまったとしても、その2GBは翌月に持ち越せるので、翌月は2GB+3GB=5GB利用することができるんです。
翌月にたっぷり使おうと考えれば、月末に申し込んだ方がいいですよね。

現在使っているスマホの解約時の月額料金に注意!

UQモバイル(UQmobile)の料金やデータ通信量だけを考えると、ここまで解説してきたように、月末の申し込みがデータ通信量の観点から最もパフォーマンスがよいタイミングといえます。
ただし、現在使っているスマホを解約するときにも注意が必要なんです!

現在使っているスマホでも、契約更新月以外に解約すれば、解約違約金や端末の分割代金の残り分の請求が発生します。
その解約する日によって、現在使っているスマホの月額料金の支払いが変わってくるので、要注意です。

解約月の月額料金が日割りではない場合、月初に解約したらもったいないですよね。
解約するタイミングがたった一日違いで、1ヶ月分の月額料金が請求されると、ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアだと月額料金が6,000円から7,000円かかりますよね。
そうすると、データ通信量分は月末がトクすると思って申し込みしても、結局その方が月額料金の支払いという点で、かなり損をすることになります。

ドコモ、au、ソフトバンクの解約時の締日と日割り計算については、

  • ドコモ:月末締め(カケホ―ダイ、パケホーダイは日割り計算なし)
  • au:月末締め(日割り計算なし)
  • ソフトバンク:締日が人によって異なる(プランによって日割り計算あり)

となっています。
ドコモの場合、料金に占める割合が大きいパケホーダイが日割り計算ではないので、できるだけ月末解約の方が損をしなくて済みます。
auの場合、日割り計算が廃止されたので、月末に解約した方が損をしません。
ソフトバンクだけは、締日が月に3回あるので、まずは問い合わせて自分がどの締日なのかを確認しておきましょう。
さらに、日割り計算もプランによってあったりなかったりするので、一緒に確認しておきましょう。

結局いつ申し込みするのがオススメ?

UQモバイル(UQmobile)側の視点と、現在使っているスマホのキャリア側の視点があって、

「結局いつ申し込んだらいいの?」

というのが、なかなか判断しづらいかと思います。
いろいろな意見があるかと思いますが、

  • UQモバイル(UQmobile)の初月は日割り計算
  • データ通信量は日割り計算ではないが、翌月に繰り越し可能
  • 使ってるスマホが日割り計算で解約できない場合、月末解約の方がベター
  • 今使っているスマホが日割り計算だと、どのタイミングで解約しても無駄がない

という点を踏まえると、スマホの解約は基本的に月末に解約した方が無駄な月額料金を払わずに済むと思います。
このタイミングでUQモバイルを利用開始できるように、月末20日あたりに申し込みして、月末に端末やSIMカードの到着と利用開始をあわせると、ベストなタイミングといえます。

現在のスマホの解約違約金が気になるという方もいらっしゃるのですが、UQモバイルにすることで、月額料金6,000〜7,000円かかっていたものが半額以下になります。
そうすると、毎月3,000円以上節約できることになるので、中途半端に解約違約金のかからない契約月を待っていたら、逆に損をするので、あまり気にしない方がいいと思います。

まとめ

今回は、UQモバイル(UQmobile)の初月のベストな申し込みタイミングについて、解説してきました。
UQモバイル側の視点と、現在使っているスマホ側の視点があって、結局いつ申し込みをするのがいいのか、なかなか判断しにくいですよね。
ただ、あんまりこだわっていると、UQモバイル(UQmobile)の2倍以上になる月額料金を毎月大手キャリアに払わないといけないので、どんどんムダが発生してしまいます。
タイミングをミスして損をしても数百円くらいの違いなので、思い切ってさっさと格安スマホ(MVNO)にするのが、基本的にはオススメです。
UQモバイル(UQmobile)でいうと、大体下旬に申し込み→到着・利用開始すると、一番おトクになるケースが多いかと思います!

一番おトクなUQモバイルはこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。